トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  機械部品のばねをおしゃれな雑貨に

注目のニュービジネス
機械部品のばねをおしゃれな雑貨に

東京下町のばね工場が生み出した小さな雑貨が売れている。ばねをゆるやかにたわませ留めただけというシンプルな構造ながら、しっかりとメモ用紙を挟む機能を備えた商品だ。デザイナーとのふとした出会いがきっかけで生まれ、グッドデサイン賞も受賞。単純に見えるこの雑貨には、実は日本の職人の技が細部にまで行き届いている。

目次

職人技が生み出したおしゃれなホルダー

20081120_1.PNG市場にモノがあふれる時代、机上の整理に役立つ小物といっても便利なだけでは売れない。名刺やハガキ、メモ用紙などをコイルばねの間に挟んでおける「hane(はね)ペーパーホルダー」がヒットしたのは、デザイン性の高さが支持されたからだ。

長方形にグルグルと巻かれた鋼のコイルばねは、職人技が生み出す機能美で目を引きつける。その一辺をくぐらせるようにカラーアルマイト処理をしたアルミニウムの台座があり、重心の低さと安定感を生み出している。精巧なばね独特の柔軟性により、やや厚めのものでもしっかりと挟み込み、手やモノが軽く当たったくらいでは倒れることもない。

「hane」というネーミングは、「跳ね(はね)」が転じて「ばね」という言葉が生まれたことに由来する。台座の色は赤、青、黒、オレンジの4通り。1999年10月の発売から08年6月までに約6万個を売り上げ、現在も国内だけで月に700個のペースで売れている。 開発・製造を手がけたのは、半世紀以上も前から東京の下町で産業機械のばねを製造してきた楓岡ばね工業だ。

工業デザイナーの提案で雑貨の共同開発を始める

20081120_2.PNG精度と性能を求められる工業用部品と、趣味嗜好で選ばれるデザイン雑貨は、対極に位置する。工業用部品ばかりを作っていた楓岡ばね工業がデザイン雑貨に挑戦したきっかけは、99年に突然訪れた。地元墨田区の異業種交流会で、工業デザイナーの大高知子さんから声をかけられたのだ。

「それ何ですか? おもしろいですね」。大高さんが手を伸ばした先には、楓岡ばね工業の楓岡武之社長が遊びで作ったキーホルダーがあった。それは2つのばねがそれぞれの溝で合体するように工夫したものだった。話が弾み、ばねを使った雑貨の共同開発を大高さんから持ちかけられ、その場で快諾した。

20081120_3.PNG「自分にとって、ばねはばねでしかなかった」という楓岡社長が乗り気になったのは、プロのデザイナーである大高さんが、ばねの形状を利用すれば、おもしろい雑貨を作ることができると発案してくれたからだ。

楓岡社長と大高さんは二人三脚で試作を繰り返しながら開発を進めた。大高さんは早い段階で「ペーパーホルダーでいきましょう」と提案してきた。ばねの特性をどう生かすか、線材の太さやコイル間の幅、全体のシルエットや台座の色など、2人で意見を出し合いながら詳細を詰めていく。

20081120_4.PNGそうして完成したのが、コイルねじと台座を手作業で組み立てるペーパーホルダーだ。外観は簡素な作りだが、均等な幅のコイルを作る職人技により機能性とデザイン性を見事に融合させている。艶つやのあるメッキ加工、がたつきがなく発色のいい台座も確かな技術なくして実現できない。メッキや台座づくりを担う業者は、楓岡社長が自ら足を運び、腕が確かなことを見て選んだ。

文具店では売れずに雑貨店でヒットする

苦労の末に誕生したhaneペーパーホルダーだが、文房具店では売れなかった。発売初年度の販売実績は、わずか100個足らず。「しかも、友だちが義理で買ってくれたようなもの。この時点では私自身も正直なところ、ペーパーホルダーのようになくても困らない雑貨は、売れなくても仕方ないのかなあとも思いました」と楓岡社長は苦笑する。

ヒットを呼び込んだのは、販路の見直しだった。「商品の特性はデザイン性にあるのだから」と、デザイン雑貨を扱う店に並べたところ、注文がじわじわと増えるようになったのだ。なかでも、世界中から選り抜きの雑貨を集めた「青山スパイラルマーケット」(東京都港区)が02年に販売を始めたことが大きな転機となる。

おしゃれな人たちの間で話題となったうえ、米ニューヨーク近代美術館(MoMA)の代理人の目にもとまった。MoMAデザインストアでの取り扱いはデザイン性が高いことのお墨付きであるとともに、22ドル(約2500円)の高値にもかかわらず、和の扇をイメージさせると好評を得て、今も年に2000個のペースで売れている。さらに、06年にはグッドデザイン賞を受賞した。

発売開始後の値上げもヒットの一因となった。輸入文具を扱う友人から「パッケージもしゃれているし、ギフト商品としても売れるはず。ギフト路線も狙うなら価格は安すぎないほうがいい」とアドバイスされて値上げに踏み切った。それまで実勢価格1500円程度のオープン価格にしていたが、定価を1890円に改定した。 「元々オープン価格でしたし、これから販路を広げようという過渡期だったので、値上げ当初も悪影響はほとんどありませんでした」(楓岡社長)

haneペーパーホルダーの開発・販売を通じて、楓岡社長は工業用のばねについても新たな発見をしたという。機能が重視される部品であっても、「美しい」「見ていて癒やされる造形」「使っていて気持ちいい」という要素が大切ということだ。 「人間関係も大きく広がり、様々な意味で目からうろこが落ちました。また、購入者の『とても気に入った』『愛着が持てる商品』と喜ぶ声を耳にするたび、心が豊かになります。作って本当によかったと思います」(同)

haneペーパーホルダーがヒット商品に育ち、楓岡ばね工業では「ばね雑貨のシリーズ」をもう1つの事業と位置づけている。同シリーズではキー(鍵)リング、卓上時計、写真立て、ペンスタンドなどを手がけ、今後もアイデアとデザイン性に富んだばね雑貨の開発を積極的に推し進めていく予定だ。

●会社概要

企業名 楓岡ばね工業
本社 〒131‐0043 東京都墨田区立花5‐9‐5 テクネットすみだ401
創業 1950年
資本金 300万円
売上高 3600万円(06年4月期)
従業員 1人
事業内容 ばねおよびばね製品の製造
URL http://www.kaedeoka.co.jp
掲載日:2008年11月20日
  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。