注目のニュービジネス

成長性の高い新規事業、本業との相乗効果を見込める新規事業をレポートします。

託児施設付きフレンチレストラン

保育園や企業・病院・大学内保育サービスを展開する株式会社サクセスアカデミーは、保育業界では初めてとなる子ども用プレイルームを併設したフレンチレストラン「suc's avenue(サクスアベニュー)」を、7月1日、横浜市都筑区にオープンした。

目次

子育て時期は、限られた空間で過ごす......

20080723_001.png

神奈川県内を中心に保育施設を展開する同社では、かねてより保育施設を利用する若い父親や母親から「子どもと一緒にしっかりと食事がとれる店がほしい」との要望が寄せられていたという。

結婚する前までは、主要な客層として居酒屋やファミリーレストランなどに足を運んでいた若い夫婦が、結婚をし、子どもが産まれてからは外食すらままならない。場合によっては、入店すら断わられることもある。子育て時期は、限られた空間で過ごすことが強いられているというのだ。

「『数年前までは同じ店に行っていたのに、子どもができてからは行けない......』という切実な、そして身近なニーズとして、託児所施設が併設された飲食店を望む声が寄せられていました。保育のプロを自認する当社として、そのニーズに応えるためにどうしたらいいのか。試行錯誤しながら3年の月日をかけてコンセプト、ノウハウを開発しました。それがサクスアベニューです」と、サクセスアカデミーの柴野豪男社長は、そう語る。

「親子が食を楽しめるフレンチ」

20080723_002.png

同店では独自の会員組織「ピコットクラブ」の会員になると、食事を終わった子どもが自由に遊べ、専門スタッフが預かるプレイルーム「ふわふわルーム」の利用が可能になる。専門スタッフはフロアに1人、プレイルームに2人が常駐。いずれも保育士の資格をもつプロが配置されるという徹底ぶりだ。

ただ昨今では、キッズカフェと呼ばれる、室内用のすべり台やブランコなどの遊具を置いたキッズルームを作り、親子が安心して来店できるカフェ業態も登場。さらにファストフード店などにも子どもが遊べる空間を作られていることが多い。そのあたりはどう考えているのか。

サクスアベニューは、たんに子どもをあずかるレストランではなく、1つに食育、マナー講習などのイベントの開催、もう1つとして地域のコミュニティという性格をもたせていく。

20080723_003.png

料理は「親子が食を楽しめるフレンチ」を標榜。午前8時からのモーニング、ランチ、ディナーというそれぞれのシーンで、親と子が食を楽しむ時間を意識したという。食材は地元神奈川の漁港、農家と契約し、朝獲れの野菜、魚介類を仕入れる。

地産地消という視点からの食育も試み、かつそれぞれのシーンにふさわしいマナーを学ぶ機会を作っていきたいと考えている。また「ピコットクラブ」を通じて、育児の悩みや不安の情報交換できる場として店を提供していく予定だ。

パッケージ化されたFC展開をめざす

同店の場合、一番気になるところは立地であろう。今後はフレンチに関わらず、たとえば託児施設付きの和食店、洋食店などと可能性を広げていきたいと考えているが、「単に駅前であるとか、道路脇といういわゆる1等立地ではなく、たとえば子どもが多くいる新興住宅地などといった地域性が立地の条件となります」

20080723_004.png

「昨今、少子化と言われているが、その分1人の子どもにかけられる金額は多くなっていると認識しています。その金額に見合うだけの、大人も子どもも満足のいくサービスを提供していけば、当然需要はあるでしょう」

事実7月1日のオープンにも関わらず、オープン告知のポスターを見ただけのお客から予約が殺到し、2週間は満杯になったという。人気は上々のようである。来年早々には直営店2店舗目を出店。その後はパッケージ化されたFC展開を目指していくという。

外食店に子どもが遊べる施設を併設したのではなく、店全体を食を通じて親子や地域がつながる施設と考えたことを特徴とするサクスアベニュー。保育サービス業界からの進出は、外食業界に一石を投じるかもしれない。

●会社概要

名称 suc's avenue(サクスアベニュー)
業態 プレイルーム(託児施設)併設フレンチレストラン
住所 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-39-37
連絡 045-309-8100
営業時間 火水木日 8:00〜22:00
   金土 8:00〜23:00
面積 レストランフロア約38坪 ふわふわルーム約8坪
客席数 テーブル68席/テラス11席
メニュー数 40品目以上
客単価 モーニング880円 ランチ1,500円 ディナー5.000円
URL http://www.sucsavenue.net/


掲載日:2008年7月23日

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

あわせて読みたい