トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  「町おこし」につながるか郷土料理ブーム

注目のニュービジネス
「町おこし」につながるか郷土料理ブーム
人気投票で第1位となった「山形のいも煮」 いま世はひそかに郷土料理ブーム。東京には地元食材を直送した本場の店が軒を並べ、農水省も郷土料理百選の選定に乗り出した。官民上げての取り組みの先にあるものは、食を通じての町おこし、村おこしになりそうだ。

目次

郷土料理でオンリーワンの店づくり

昨今東京でよく見られるのが、郷土料理店。それも食材を地元から直送し、本物の郷土料理を東京で味わうというコンセプトの店が多く出店している。

食の安全やスローフード、ロハスと言われ始めてから地方の田舎料理が見直され、起業家が地方の生産者団体などとパートナーとなるスタイルの郷土料理店が目立ってきているのだ。

たとえばエイチワイシステムの安田久社長などは、「全国47都道府県すべての郷土料理店を銀座に出店する」計画を進めている。それは他社に真似されたり、飽きられたりする不安が少ない郷土料理店は、時代に左右されないオンリーワンの店づくりが可能という安田社長の考えから生まれた。

現在までに、秋田県をテーマにした"なまはげ"、"きりたんぽ"、石川県をテーマにした"能登輪島"、鹿児島県をテーマにした"黒薩摩"など10店舗をオープン。今後も続々と都道府県にある郷土料理を東京に集結させる予定だ。

農水省が進める「郷土料理百選」

この9月からは国も積極的に郷土料理に関与し始めている。農林水産省が推進する「郷土料理百選」の選定がそれ。これは「地方の農山漁村の地域住民の間で受け継がれ、現在も食されている郷土料理を対象」とし、「食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味」として、広く支持されうる料理を郷土料理百選として選定するというものだ。

選定後には、その郷土料理にまつわる歴史や文化、レシピ、伝承活動などについてもとりまとめ、全国に情報発信をし、食文化を通じて地域振興を図っていきたいとしている。また旅行会社と提携した郷土料理ツアーなどの企画もあるという。

既存の刊行物や各都道府県からの推薦などにより、百選の候補料理リスト約1,700点が作成され、インターネットによる人気投票(9月1日〜10月10日が投票期間だった)により、すでに百選候補が選ばれている。今後12月中旬に料理研究家などで構成される「郷土料理百選選定委員会」で、まさに100の郷土料理が絞られていく予定だという。

20071211_001.png

人気投票の結果は先日、1万2,132人が投票した7万2,566票を集計した人気投票の結果として発表されている。それによると「山形のいも煮」(3,746票)が第1位となり、「鹿児島の鶏飯(けいはん)」(3,232票)、「秋田のきりたんぽ鍋」(1,586票)が続いている。

ただこの中には「神奈川の海軍カレー」「熊本のラーメン」など、昔からの農村漁村の郷土料理ではないとの見解が示されるものもあり、人気投票はあくまでも参考資料の一つとして扱われそうである。

地方自治体も地元ブランドの育成に

一方で、その流れに呼応してか、最近では多くの都道府県で、独自のブランド食材を作り育てようという試みが盛んに行なわれ始めてきた。ブランド化の推進を図る部署を役所内に設置し、多角的な取り組みを開始しているのだ。

20071211_002.png

たとえば長野県では、昨年4月に長野県農政部農業政策課内にマーケティング係が発足した。長野県産の農産物、畜産物の中で、これぞ長野ブランド、信州ブランドと正しく認知されているものがないというのが現実との認識から、広く長野産農産物の販促、PRをしていくセクションである。

ただ単に農産物、畜産物を作ればいいというのではなく、川上にいる生産者が、明確に川下にいる消費者を意識し、マッチングさせていくことを主眼としている。いわば「作って売る」から「売れるものを作る」とシフト転換し、よりブランド力の強い商品を作り、流通していこうというものだ。その中から信州黄金シャモや、信州サーモンなどのオリジナルブランドが生まれ、現在積極的に販促している最中である。

いずれにせよ官民入り混じっての地元発の"郷土料理ブーム"。民間にすれば貴重な食材を提供してもらい、店の特徴を際立たせることができ、官としても地元産の物産の宣伝効果につながる。まさに食を通じての「まちおこし」、「村おこし」となるブームと言えそうだ。

郷土料理人気投票ランキング50

順位都道府県料理名票数
1 山形 いも煮 3,746
2 鹿児島 鶏飯 3,232
3 秋田 きりたんぽ鍋 1,586
4 熊本 馬刺し 1,124
5 鹿児島 きびなご料理 1,064
6 大分 ブリのあつめし 1,060
7 愛媛 宇和島鯛めし 931
8 鹿児島 豚骨料理 690
9 愛媛 じゃこ天 673
10 鹿児島 さつますもじ 648
11 北海道 ウニ・イクラ丼 642
12 大分 ごまだしうどん 635
13 鹿児島 つけあげ(さつまあげ) 594
14 神奈川 海軍カレー 585
15 香川 讃岐うどん 579
16 熊本 いきなりだご 571
17 北海道 海鮮丼 540
18 沖縄 沖縄そば(ソーキソバ) 537
19 大分 手延べだんご汁 518
20 熊本 からしれんこん 486
21 宮城 牛タン焼き 480
22 埼玉 冷汁うどん 450
23 長崎 皿うどん・ちゃんぽん 395
24 宮崎 地鶏の炭火焼 380
25 東京 もんじゃ焼 375
26 鹿児島 あくまき 366
27 北海道 ジンギスカン 362
28 鹿児島 地鶏の刺身 358
29 鹿児島 パパイヤ漬け 354
30 北海道 石狩鍋 349
31 熊本 熊本ラーメン 349
32 大阪 お好み焼き 328
33 秋田 稲庭うどん 323
34 広島 広島風お好み焼き 319
35 大阪 たこ焼き 318
36 北海道 生ウニどんぶり 306
37 長野 信州そば 305
38 福岡 もつ鍋 301
39 沖縄 ゴーヤチャンプルー 288
40 佐賀 呼子のいか料理 284
41 熊本 太平燕(タイピーエン) 284
42 石川 カブラ寿司 279
43 群馬 焼きまんじゅう 273
44 高知 かつおのたたき 271
45 茨城 あんこう鍋 268
46 大分 鳥(とり)天 261
47 愛知 ひつまぶし 259
48 福岡 鶏の水炊き 257
49 山梨 ほうとう 252
50 青森 いちご煮 249


掲載日:2007年12月11日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。