トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  テントのハギレでバッグを製造 職人技と1点ものの希少性が人気に

注目のニュービジネス
テントのハギレでバッグを製造 職人技と1点ものの希少性が人気に
ゴミも使い方次第で、宝に変わる。大阪市に本社を置く産業用テントメーカー太陽工業は、廃材を利用したユニークなバッグ「MAKTANK」を開発し、新しいもの好きの若者の支持を集めている。 ゴミも使い方次第で、宝に変わる。大阪市に本社を置く産業用テントメーカー太陽工業は、廃材を利用したユニークなバッグ「MAKTANK」を開発し、新しいもの好きの若者の支持を集めている。

目次

傷もデザイン。1点ものの希少性と丈夫さがウリ

「MAKTANK」(マクタンク)は、産業用テントを作る際に出るハギレや使用済みの輸送用コンテナバッグを再利用して作ったバッグ。生地に印刷された柄や文字などに加え、使用中についた傷までも活かしてデザインしているため、すべてがオリジナルの1点ものだ。また、縫製は、「なにわの名工」などの称号をもつベテランの職人が担当しており、つくりもしっかりしている。

こうした点が評価され、2007年5月からインターネット通販で販売をはじめたところ、1つ1万6,800円からと、決して安くないにもかかわらず、注文が殺到、「12個用意した商品はわずか10分で完売したうえ、販売終了後も多数引き合いが寄せられた」(荒木秀文「MAKTANK」プロジェクトリーダー)という人気商品となった。

廃材の活用と知名度アップを目的に事業化

太陽工業がバッグの製造を決めたのは、1年ほど前。目的は、会社の知名度アップと廃棄物の削減だった。

同社の顧客は企業や自治体が中心であることから、一般の消費者の間ではあまり知られていないため、知名度を高めたいという思いがあった。また、使用期間を終了したレンタル用のコンテナバッグは年間数十万個に及ぶため、その活用も課題となっていた。

「そこで、廃棄する材料を使ったカバンを作って販売すれば、一般消費者にも知られるようになり、廃材も削減できる」(荒木リーダー)と考えたわけだ。

社内から参加希望者を募ってプロジェクトチームを結成、試作品を作り、実際に自分で使ってみながら改良を重ねて仕様を決め、今年5月からインターネット上で販売をはじめたところ、上述のような人気となったのだ。

国内でブランドイメージを向上、米国で量産化

現在、「MAKTANK」は、月に1〜2回程度、日時を決めてネット上で販売する方式をとっている。理由は、生産数が、「月間、多くて100個程度」(荒木リーダー)と限られているため。というのも、この事業は、兼任メンバーによるプロジェクトチームで取り組んでいるため、時間が限られるうえ、製品のデザインから縫製まですべて手作業のため、大量生産ができないのだ。

1つの事業として成果を出すためには、量産化は欠かせないが、同社は、国内での量産化は考えていないという。その代わりに検討しているのが米国での量産化だ。

量産に使う生地は、レンタル用コンテナバッグだが、「こうしたリサイクル生地のバッグが日本で広く受け入れられるとは考えにくい」(荒木リーダー)からだ。

そこで、"日本では、匠の技をウリにした希少性の高い商品を限定販売することで、MAKTANKのブランドイメージを高める。一方、リサイクル素材への抵抗が少ない米国で量産、一般販売を行ない、商品の認知度を高める"という戦略を考えた。

「米国で人気が出れば、日本でも需要は伸びるはず。そうなれば、日本でも逆輸入の形で販売できる」(荒木リーダー)というわけだ。

現在、米国での展開の具体化に向け、あるファッション関連の卸売業と提携を進めており、具体的な提携方法については調整中だが、太陽工業が素材とデザインを提供し、製造は外部に委託、販売は提携先の卸売業が担当することも考えているという。

当面は、マーケティングを兼ね、今年のクリスマス商戦で、100〜200程度の商品を米国で販売する予定だ。

廃材を利用したユニークなバッグ「MAKTANK」廃材を利用したユニークなバッグ「MAKTANK」

ハギレやコンテナバッグの柄や傷などを活かして生地をカットハギレやコンテナバッグの柄や傷などを活かして生地をカット

大阪府の大阪府の"優秀技術者表彰(なにわの名工)"の受賞者など、匠の技をもつ職人が縫製するため、しっかりとした作りも商品の特徴だ

商品は、シリアルナンバーや製作者のメッセージを入れたカードをつけて送る。作り手の顔が見える商品だという点も消費者の心をくすぐる商品は、シリアルナンバーや製作者のメッセージを入れたカードをつけて送る。作り手の顔が見える商品だという点も消費者の心をくすぐる

●会社概要

社名 太陽工業株式会社
代表者 能村 光太郎
資本金 25億7,059万3,000円
従業員数 533名
売上高 438億円(連結:05年12月期)
電話 06-6306-3033
所在地 大阪府大阪市淀川区木川東4-8-4
URL http://www.taiyokogyo.co.jp/
http://www.maktank.com/(MAKTANK)


掲載日:2007年8月17日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。