トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  起業ノウハウ  >  給与の差押命令について

起業ノウハウ
給与の差押命令について
先日、社員の給与差押命令書なるものが裁判所から送られてきました。どうやら消費者金融への借金の返済が滞ったことによる法的措置のようですが、実務上、会社としてはどのように対応すればよいでしょうか?(愛知県 L社人事課長)
まずは社員への告知と事実確認を。差押命令に従って給与を差押え、弁済(または供託)します。
男性

解説者

社会保険労務士 富岡英紀(とみおか・ひでき)
経営・労務に関するコンサルティングのほか、ベンチャー企業への助成金コンサルティングや就業規則によるリスクヘッジなど付加価値の高いサービスにとくに力を入れている。
社会保険労務士 加藤美香(かとう・みか)
労働基準監督署労働条件相談員、労働時間短縮アドバイザー、就業規則普及指導員等公的業務の経験を生かし、企業への人事労務コンサルティングに力を入れている。

目次

解説

銀行や消費者金融等の貸金業者は、債務者の返済が滞っている場合に、給与の差押えという法的手段を用いることで債権の回収を図ります。裁判所から社員の給与差押命令書を受け取った会社は、給与をそのまま社員に支払うことができなくなります。
 ただし、給与全額を差押えてしまうと社員も生活ができなくなってしまうため、差押えをしてはいけない範囲が定められています。具体的には、給与支給総額から税金や社会保険料等を差し引いた額(手取額)の4分の3に相当する額は、差押えることができません。

つまり、差押えの効力が及ぶのは、原則として手取額の4分の1ということになります。ただし、給与が比較的高い社員で、手取額が44万円以上の場合、33万円を超えた額が差押えの対象となります。

差押通知は債務者である社員のもとにも送られますが、給与に関係する話なので、社員とも十分に話をすることが重要です。その際に、

  • 債権者と交渉して、差押えを取り下げてもらえる余地がないのか
  • 差押えの対抗手段として自己破産や個人民事再生等を考えていないか
  • 取立ての違法性を訴えて、命令の取消・変更を求める異議申し立てを起こせないか...

いろいろな可能性を検証してみてください。

差押えた給与は、債権者に直接支払うか、法務局に供託することになります(差押命令書が2通以上ある場合には供託となります)。

以上、給与の差押えについて回答してきましたが、多重債務問題に関しては、あくまでプライベートな問題なので、会社が介入するにも限界があります。金策に走りまわって業務に支障をきたしたり、同僚からも借金をしたりといった事態へ発展しないよう、社員が早めに相談できる体制づくりを推進していきましょう。

20100810.PNG

掲載日:2010年8月10日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。