経営ノウハウ

中小企業が直面する経営課題について、各分野の専門家が実践的にお応えします。

若年者等正規雇用化特別奨励金について
人を採用する場合に、助成金などをもらえる制度がありましたら教えてください。
若年者等正規雇用化特別奨励金をご紹介します。この奨励金は、年長のフリーター、30代後半の不安定な就労状態にある者、採用内定を取り消されて就職先が未決定の学生などを正規雇用する場合に、雇用している期間毎に奨励金が支給されるものです。
女性

解説者

社会保険労務士・中小企業診断士 加藤美香(かとう みか)
労働基準監督署労働条件相談員、労働時間短縮アドバイザー、就業規則普及指導員等公的業務の経験を生かし、企業への人事労務コンサルティングに力を入れている。

目次

解説

【受給するためのおもな要件】

受給するためのおもな要件は次の通りです。なお、雇い入れ対象者については【雇い入れ対象者】をご参照ください。

1.雇用保険を事業所に適用していること

2.雇い入れ対象者を正規雇用(※)し、6カ月以上継続していること

3.一定期間内(雇い入れ対象者を正規雇用する日の前日から起算して6カ月前の日から、この奨励金の支給申請をする日まで)に、雇用保険の被保険者を、会社都合で辞めさせていないこと

4.一定期間内(雇い入れ対象者を正規雇用する日の前日から起算して6カ月前の日から、この奨励金の支給申請をする日まで)に、雇用保険の被保険者を、特定受給資格者となる離職理由(過剰な残業などが原因で労働者が辞める場合など)によって、3人を超え、かつ、被保険者数の6%を超えて離職させていないこと

20100330_正規雇用.PNG

【雇い入れ対象者】

1.年長フリーターなど(25歳以上40歳未満)
【直接雇用型】
 ハローワークに奨励金の対象になる求人を提出し、ハローワークからの紹介により正規雇用する場合が該当し、以下の要件が必要です。
・対象者の雇い入れ日現在の満年齢が25歳以上40歳未満であること
・雇い入れ日前1年間に雇用保険の一般被保険者でなかった者、その他職業経験、技能、知識等の状況からこの奨励金を活用することが適当であることをハローワークが認める労働者であること
  【トライアル雇用活用型】
 有期実習型訓練(※1)の修了者(※2)を正規雇用する場合であり、有期実習型訓練修了後の雇い入れ日現在の満年齢が25歳以上40歳未満であることが必要です。

2.採用内定を取り消された者(40歳未満)
 ハローワークに奨励金の対象となる求人を提出し、採用内定を取り消されて就職先が未決定の新規学校卒業者をハローワークの紹介により正規雇用する場合であり、対象者の雇い入れ日現在の満年齢が40歳未満であることが必要です。

20100330_トライアル.PNG

【受給できる額】

受給できる金額は、以下の通りです。

20100330_受給額.PNG

【受給するための手続き】

1.ハローワークに奨励金の対象となる求人を提出します。

2.ハローワークから雇い入れ対象者の紹介を受けます。

3.雇い入れ対象者を正規雇用します。

4.第1期の支給申請は、正規雇用開始日から6カ月経過してから1カ月以内に申請します。

5.第2期の支給申請は、正規雇用開始日から1年6カ月経過してから1カ月以内に申請します。

6.第3期の支給申請は、正規雇用開始日から2年6カ月経過してから1カ月以内に申請します。

※各期の支給申請後、審査があり、奨励金が支給されます。

【よくある質問】

Q1.奨励金の額が優遇される中小企業の範囲はどのようなものですか。
  A1.中小企業の範囲は以下の通りです。
  ◇製造業、建設業、運輸業、その他の業種
   資本金または出資の額が3億円以下、
   または労働者数が300人以下

  ◇卸売業
   資本金または出資の額が1億円以下、
   または労働者数が100人以下

  ◇サービス業
   資本金または出資の額が5,000万円以下、
   または労働者数が100人以下

  ◇小売業(飲食店を含む)
   資本金または出資の額が5,000万円以下、
   または労働者数が50人以下

Q2.ハローワークの紹介以前に、内定または就職面接を行なった雇い入れ対象者を正規雇用する場合は対象となりますか?
  A2.そのような場合は対象となりません。

Q3.関係会社ではないのですが、主要取引先でアルバイトをしていた者を正規雇用する場合は対象となりますか?
  A3.資金・資本・人事や取引等からみて、雇い入れ対象者を雇用していた事業主と、密接な関係にある事業主が正規雇用する場合は対象となりません。

Q4.以前短期的なアルバイトで働いていた者を正規雇用する場合は対象となりますか。
  A4.雇い入れ対象者を正規雇用する日の前日から起算して3年前の日から正規雇用する日までの間において、その者を雇用したことがある場合は対象となりません。

【問い合わせ先】

 最寄りのハローワークまたは都道府県労働局
   ハローワーク所在地一覧:http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html
   都道府県労働局一覧:http://www.mhlw.go.jp/link/index.html#roudoukyoku

掲載日:2010年3月30日