トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  闘いつづける経営者たち  >  04.「社員が辞めない会社」が目標

闘いつづける経営者たち
株式会社ウドノ医機【鵜殿 直子】

目次

 ウドノ医機は2013年秋に新シリーズ「UMシリーズ」を投入した。「どこの会社にも負けない装置を作った」(鵜殿直子社長)。日々忙しい医療現場で使われる装置が、看護師ら作業者にとってどうしたら更に使いやすくできるかを追求し、社運をかけて開発に力を注いだ製品だ。しばらくは経営再建を優先したこともあり、久しぶりの大幅に刷新した新製品の投入だ。

販売よりもサービスを強化

 ウドノ医機が近年、顧客ニーズをしっかりくみ取った製品作りを意識した成果が、着実に形になりつつある。ウドノ医機では設計担当は製造部に、開発担当は営業部に所属する。本来は製造部に所属することが多い開発を営業部に置いたのにはウドノならではの思いがある。「どうしても設計ばかりだと外が見えなくなる」(直子社長)。開発担当を展示会、営業に同行させて顧客のニーズや意見を直接聞くことで、今まで見えなかったものが見えてくるためだ。
 また、近年注力しているのがサービスメンテナンス部門だ。販売、製造、設計よりも「サービスメンテナンスが一番お客さまに近いところにいるし、長いおつきあいができる」(同)との思いがあるからだ。修理はもちろん、点検・保守などのメンテナンスは自社でかけつける。応急処置や1次修理は販売代理店が駆けつけることもあるが、ほとんどのケースはウドノ医機の社員が直接出向いて修理する。
 現在、サービスメンテナンスは全体の売上高の約30%を占め、業績を安定させる基盤となった。販売代理店を開拓するなど、販売網の拡大よりも納入先に対してきっちりサービスできることを優先させてきた。今後は人材育成を含めて、サービス部門をさらに拡充しようとしている。

女性の視点も生かす

ep-fight-058-4.jpg 「社長になったのは周りの方のおかげなんです」
 一時は会社存亡の危機も味わった直子社長。オーナー会社ということもあり、幼い頃から"社長"と言われながら育ち、気持ちの準備はできていた。4年前に社長になったとき、外部の人から「ベンチャーの社長になったつもりで業務をやらなくてはいけないよ」と言われた。
 社長になるにあたって「男、女を自分が意識したことはない」と言う。ただ、女性ならではのこまやかな視点は常に意識している。「もともと重箱の隅をつつく人間」と社員に対しても細かく「報・連・相」も徹底している。これにより社員がPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルの中で、常に何を改善するのかを考えることを意識づけている。ウドノ医機が中小企業で今後も滅菌装置を作りつづけていくために、何が必要なのかを女性の視点で見ることも大切にしている。

社員に恩返しを

 社長としての仕事は、回りのみんながどう仕事がしやすいように運営できるか。目標は「社員が辞めない会社をつくりたい」と言い切る。売上を上げ利益を確保しながら、辞めない社員を育て続ける。そのため直子社長は、自分なりのモチベーションや自分の考えている事を常に社員に語りかけている。
 「6年前の大変だったときに命を救ってくれたのは社員だと思っている」
いかに社員と会社に恩返しをできるか。直子社長の経営者としての挑戦はまだ続いていく。

鵜殿直子 プロフィール(うどの・なおこ)

1961年生まれ。1983年に国士舘大学を卒業後、八王子市内の旋盤加工企業で1年間アルバイトし、機械加工技術や企業内部統制を学ぶ。1986年にウドノ医機に入社。2年間、製造や営業、メンテナンス、経理などを経験し1996年に専務、2010年に社長に就任。「社員資格取得推進による多能工育成」「見える数値化による業務改善」「それらによって得た利益を社員に還元する」をモットーとする。ビジネスでは「石橋を叩いて渡る」性格であるが、プライベートでは「超短気、せっかち」と自己分析。休日はもっぱら2頭の愛犬との散歩。愛犬たちとGT-Rに乗り、国内巡りをするのが将来の夢とか。

企業データ

株式会社ウドノ医機

東京都八王子市元横山町2-1-9
業種:高圧蒸気滅菌装置、酸化エチレンガス滅菌装置などの設計・製造・販売・メンテナンス
資本金:5,000万円
売上高:21億1,000万円(2013年8月期)

掲載日:2014年4月21日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。