トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  闘いつづける経営者たち  >  02.計測データの蓄積で勝負

闘いつづける経営者たち
株式会社タニタ【谷田 千里】

目次

市場の変化に迅速対応

ep-fight-023-3.jpg 競合他社が市場シェアを奪いに来る中、谷田千里社長は他社の市場参入を「市場拡大や製品の認知度アップにつながり、売り場に来てもらえる」と前向きにとらえる。「最近の消費者はよく調べてから購入することが多く、そうした人は我々の製品を選んでくれる」と自信たっぷりに話す。

 その根底にあるのは製品の品質の高さへの自信だ。体組成計は体に微弱な電流を流し、これを計測することで脂肪量や筋肉量を算出する。会社によって算出方法などが違い、他社製品の中には電流を流さずに計算のみで体脂肪量を計算するものもある。

 同社は古くから体重計などを手がけ、膨大な計測データの蓄積があり、これが高精度の製品を支える大きな財産となっている。そのため「見かけは同じでも、他社にはまねできない」(谷田社長)高品質の製品を生み出している。

 市場ニーズをくみ取り素早く製品に生かせるのがタニタの強み。企画から設計、デザイン、生産までをすべて自社の人材で行うことで、市場の変化に柔軟かつ迅速に対応する。本社のデザイン室では9人のデザイナーが新製品の開発に参画し、生産は秋田県と中国・広東省の自社工場が担う。

「ニコニコ動画」に公式サイト

ep-fight-023-4.jpg TVCMや広告だけに頼らない販促方法も積極的に取り入れる。入社前からITに明るかった谷田社長は、2008年9月に動画コミュニティーサービス「ニコニコ動画」内で公式コミュニティーサイト「Come Sta Channel(コメ・スタ チャンネル)」を開設。ここで製品などの情報を発信している。社長就任後すぐだったこともあり「社内の堅い雰囲気を変えたい」との思いもあったという。社長自身も動画に出演し、「お客さまに伝えたいことを直接伝えられるのが動画のメリット」と強調する。コメ・スタ チャンネルは若者を中心に人気を集め、現在の会員数は約6600人となっている。

 コメ・スタ チャンネルでは自社製品の使用説明が動画で見られる。説明動画は「必ず箱を開ける時点から始める」とこだわりを話す。「お客さまの気持ちになって使うことで、これまで気づかなかったことに気づく」という。こうした気づきを説明動画に取り入れるだけでなく、新製品の開発にもフィードバックすることで、より顧客の立場に立った製品を生み出している。

 また、体脂肪計で粗悪な類似品が出回った際、コメ・スタ チャンネル内で両製品の性能を比較する実験で自社製品との違いを明確にしたところ、これを見た会員らの間で体組成計に対する認知が定着したという。
 高い製品力を武器に顧客に近いツールを使いながら、品質の高さをアピールしていく。

谷田 千里 プロフィール

1972年6月6日生まれ。97年佐賀大学理工学部卒業。97年(株)ニュートン入社、98年(株)船井総合研究所入社、01年(株)タニタ入社、05年タニタアメリカINC取締役、07年(株)タニタ取締役。

企業データ

株式会社タニタ

〒174-8630
東京都板橋区前野町1-14-2
事業概要:家庭用・業務用計量器(体組成計、体内脂肪計、脂肪計付きヘルスメーター、ヘルスメーター、クッキングスケール、活動量計、歩数計、タイマー、尿糖計、塩分計、血圧計、脈拍計、デジタルカロリースケール、体温計、温湿度計)などの製造・販売
創業:1923年3月
設立:1944年1月
資本金:5,100万円
事業所:東京営業所、大阪営業所、名古屋営業所、福岡営業所、北日本営業所(秋田県)
社員数:1,200人(グループ)

掲載日:2010年9月 9日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。