トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  闘いつづける経営者たち  >  01.活動量計で新市場確立

闘いつづける経営者たち
株式会社タニタ【谷田 千里】

目次

業界初の製品

ep-fight-023-1.jpg 胸ポケットにつけるだけで、一日の総消費カロリー量が計測できる-。体脂肪計や歩数計など計測機器大手のタニタは、2009年4月に業界初となる活動量計「カロリズム」を発売した。1日のエネルギー総消費量(基礎代謝と活動量)を計測できるのが特徴。手のひらサイズの本体の中に3次元(3D)センサーを搭載し、従来の歩数計では把握できなかった家事やデスクワークなど上半身の動きも計測できる。また、睡眠時の代謝も把握でき、本体画面に1時間単位でグラフ表示できるため、1日の生活リズムも分かる。

 発売開始半年足らずで売り上げは当初の年間販売計画の3万台を達成。初年度の販売計画を7万台に上方修正するなど、活動量計という新たな市場を立ち上げた。
 業界初の製品だっただけに、社内では「消費エネルギー量の9割を占めるのは基礎代謝。残り1割の活動量を測る意味があるのか」と否定的な意見もあった。だが、開発陣のリードにより製品化にこぎつけた。

 発売後の顧客アンケートでは、若い女性向けのニーズも高いことが判明。ターゲットを発売当初に設定したメタボリック症候群が気になる40代だけでなく、健康にダイエットしたい若い女性にまで広げて、発売半年後には女性が好む新色も追加した。
 さらに、今年7月に発売した「カロリズムスマート」では、さらに小型化するとともに外装にアルミを使って高級感を出した。胸ポケットがない女性にも使いやすいよう、従来のクリップだけでなく、上着の内側から磁石を使って装着できるよう改良した。両製品累計でこれまでに約11万台を販売した。

他社の市場参入

ep-fight-023-2.jpg 同社は活動量計だけでなく、これまでも多くの新製品を開発し、新市場を開拓してきた。かつてはオーブントースターのOEM生産や体重計が主力製品だったが、1974年に「はかるもの」への進出方針を打ち出す。谷田大輔前社長の「世界にまだないものをつくろう」という方針の下、92年に世界初の体内脂肪計を、03年に家庭用体組成計を発売。新市場を確立し、ヘルスケアメーカーとして盤石の地位を築いた。08年に就任した谷田千里社長も「健康をはかる」製品を作り出していくと強調する。

 だが、当然のことであるが、成長性が見込める市場には新規参入者が増える。活動量計市場でも同業の有力メーカーが続々と参入してきている。他社の派手な広告宣伝に押されるとともに、価格競争にも巻き込まれ始めている。市場開拓者としてのアドバンテージは薄くなり始めているように見えるが、それでも谷田千里社長は「他社の市場参入は我々にもメリットがある」と自信たっぷりに話す。

谷田 千里 プロフィール

1972年6月6日生まれ。97年佐賀大学理工学部卒業。97年(株)ニュートン入社、98年(株)船井総合研究所入社、01年(株)タニタ入社、05年タニタアメリカINC取締役、07年(株)タニタ取締役。

企業データ

株式会社タニタ

〒174-8630
東京都板橋区前野町1-14-2
事業概要:家庭用・業務用計量器(体組成計、体内脂肪計、脂肪計付きヘルスメーター、ヘルスメーター、クッキングスケール、活動量計、歩数計、タイマー、尿糖計、塩分計、血圧計、脈拍計、デジタルカロリースケール、体温計、温湿度計)などの製造・販売
創業:1923年3月
設立:1944年1月
資本金:5,100万円
事業所:東京営業所、大阪営業所、名古屋営業所、福岡営業所、北日本営業所(秋田県)
社員数:1,200人(グループ)

掲載日:2010年9月 7日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。