J-Net21  >  起業をする  >  コラム・インタビュー  >  闘いつづける経営者たち  >  01.世界でも類を見ないナビ用検索エンジンを開発

闘いつづける経営者たち
株式会社ナビタイムジャパン【大西 啓介】

目次

ユニークなのはCMだけではない

ep-fight-014-1.jpg 白・緑色のドライビングスーツに身をかためた自動車ラリーのナビゲータが、目的地までビジネスマンを道案内する。そんなユニークなテレビCMでナビタイムジャパンは世間の耳目を引く。ユニークなのはCMだけではない。むしろ、経路検索サービス「NAVITIME」の心臓部である検索エンジンこそ、同社の独創性の象徴だ。その独創を生み出したのが、社長兼CEOの大西啓介と副社長の菊池新だった。
 「ナビゲーションエンジンで世界のデファクトスタンダードを目指します」
 大西は事あるごとに熱く語る。経路検索のアルゴリズムはそう簡単に構築できるものではない。また、いまとなってはナビタイムジャパンと同じようなサービスを提供できる企業もそう簡単には現れないだろう。その意味からしてNAVITIMEのサービスは、誰も追随できない領域へと突入したようである。

トータルナビゲーションが可能になる

ep-fight-014-2.jpg 1996年、大西と菊池による経路検索アルゴリズムの開発が始まった。クルマ、電車、バス、飛行機、そして徒歩とすべての移動手段を組み合わせて経路を検索するアルゴリズム。世界でも類を見ない、トータルナビゲーションを支える検索エンジンだ。
 「人生に与えられた限りある時間を効率よく使うことができれば、新たな時間が生まれます」
 大西は、人々が移動にかける所要時間のロスを最小限にすることで、新しい時間を生みだそうと考えた。それが経路検索システムの基本思想だ。「新しい時間の単位を世界標準として確立することを目指している」という言葉からも時間の効率活用に対する挑戦がうかがえる。

ep-fight-014-3.jpg 大西は大学で「大規模道路ネットワークデータにおける経路探索アルゴリズム」の研究に没頭した。道路を移動し目的地に到達するための最適経路探索システムの開発である。同じ研究室に菊池がいた。菊池は鉄道などの時刻表による経路探索アルゴリズムを研究していた。
 大西は93年、祖父が起こした株式会社大西熱学に入社。菊池も「自分の手で研究開発をしたい」と95年に大手企業から大西熱学に転職してきた。大西にとってみれば気心の知れた研究室の仲間であり、互いに研究内容も熟知した間柄だ。「双方のアルゴリズムを合体すればトータルナビゲーションが可能になる」と考えた2人は、トータルナビゲーションの開発に心血を注いだ。96年にインターネットの商用化が始まったこともあり、将来に対する展望が開けつつあった。

寝食を忘れて開発した

ep-fight-014-4.jpg そしてトータルナビゲーションの姿が見え始めた事を機に、2000年に「株式会社ナビタイムジャパン」を立ち上げた。
 「ナビタイムジャパンにとって大西熱学はいわばインキュベーターでした」
大西は当時を振り返る。ナビタイムジャパンを創業するまでの間、実用的なエンジンにするために96年から2年、さらに最適ルートの検索が可能になるまでに2年の歳月を費やした。
 当時はデジタル化された地図などはなかったため、すべて自分たちで地図を手入力してシステムをつくらなければならなかった。そのため開発に多くの時間を要してしまったが、ようやくプラットホームの形が見え始める。この成果を持って2人はモバイル端末向けに営業を開始。00年にGPS搭載のPDAに採用が決まったが、本格的なビジネスには程遠い状況が続いた。

携帯とGPSの普及で会員拡大

ep-fight-014-5.jpg モバイル端末コンテンツを意識して商品化したということでもわかるように、トータルナビゲーションシステムはパソコン以上に携帯端末と親和性が良い。そう考えた大西らは、携帯電話のキャリア向け営業に力を入れ、いかに利用者に便利で、利用すれば効率的な時間活用が可能かということをプレゼンテーションの中でアピールした。
 その結果、01年に採用第1号に決まったのがKDDIである。KDDIが携帯電話の公式サービスとしてNAVITIMEの導入を決めたことから、02年にNTTドコモとソフトバンク、06年にウィルコム、08年にはイー・モバイルと次々にキャリアへの提供が決定した。すでに会員数は、KDDIのEZナビウォークが約200万人、EZ助手席ナビが約100万人、NAVITIMEが約100万人と総計で約400万人に達している(2009年7月現在)。
 携帯端末と親和性の良いNAVITIMEはキャリアを介して着実に普及していった。そして、会員拡大に大きな役割を果たしたのが携帯電話とGPSの普及だった。

大西啓介プロフィール

1965年生まれ。93年上智大学大学院理工学研究科 電気電子工学博士後期課程修了。同年、父親が代表を務める大西熱学に入社。研究室で環境試験装置の制御プログラムなどの開発を手がける。やがて菊池新(現・副社長)と二人でトータルナビゲーションの検索エンジン開発を始め、96年には社内ベンチャーとして経路探索エンジンのライセンスビジネスを立ち上げる。98年、電車・飛行機・クルマ・徒歩のすべての移動手段に対応したトータルナビゲーションを完成。2000年に(株)ナビタイムジャパンを設立し、社長兼CEOに就任。
KDDIなど大手通信キャリアにサービスを提供し、中国や米国の企業ともライセンス契約を結ぶ。目標は"ナビゲーションエンジンで世界のデファクトスタンダードを目指す"こと。

企業データ

株式会社ナビタイムジャパン

〒107-0062
東京都港区南青山3-8-38
TEL:03-3402-0701
事業概要:経路探索および地図配信のASP、経路探索エンジンおよび地図描画エンジンの開発・ライセンス、経路探索用データおよび描画用地図データフォーマットの開発・ライセンス、自社エンンジンおよびデータフォーマットをコアにした位置情報処理システムの構築
設立:2000年3月
資本金:1億7800万円
売上高:非公開
従業者数:300人

掲載日:2009年11月24日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright c WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。