トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  闘いつづける経営者たち  >  02.失敗するしか成長する方法はない。危機を乗り越えた経験が貴重な財産

闘いつづける経営者たち
株式会社大創産業【矢野 博丈】

目次

9度の転職

 矢野の経歴は、まさに「七転び八起き」だ。借金を抱え、9度の転職―。

ep-fight-010-7.jpg 「自分の人生はもう終わったというところまで、追いつめられた」と思ったこともあった。自信家で、「社会で出世して、ひとかどの人間になれる」と自負していたが、数々の挫折を味わい、この自信は打ち砕かれた。

 大学を卒業すると、学生結婚した妻の実家の魚問屋に入った。ハマチの養殖業を兼ねていて、馬車馬のように働いたが、事業は軌道に乗ることはなかった。700万円の借金を抱え、トラックに家財道具を積み、夜逃げ同然で東京にたどりつく。このとき「運がなかった」と悟ることになる。

 東京で最初に手掛けたのは、書籍のセールスだ。給料は歩合制だったので、かなり稼げると期待していたが、本は一向に売れなかった。「売るぞ」と意気込んでも、24人のセールスマンのうち22番目くらいの成績だった。ここで、「運もないが、能力もなかった」と思い知ることとなる。

 書籍のセールスを辞めて、次に始めたのは「ちり紙交換」。皆が敬遠するエレベーターの無いビルを回って、こちらは大成功した。そんな矢先に広島の父親に呼び戻され、資産家の養子にならないかという誘いを受けた。順調だったちり紙交換を辞めて広島に戻ったが、養子の話は半年で御破算になった。

ep-fight-010-8.jpg 困っていると、医者をしている義兄から、所有しているボーリング場で働かないかと誘われた。ボーリング場を管理するかたわらで、移動販売を始めた。バッタ屋でタオルやシャツを仕入れ、義兄から車を借りて団地を回って売り歩いた。これが、現在のダイソーの起点だ。

 その後も、何度か転職を繰り返したが、やがて移動販売の仕事に落ち着いた。それからは寝る間も惜しんで夫婦で働き続ける日々が続いた。値札を貼る手間ももったいないと、100円均一を導入した。100円ショップの始まりである。大きく創るという願いを込めて社名を「大創産業」とした。

「これも100円?」「本当に100円?」

ep-fight-010-9.jpg 100円均一にはしたものの、客の中には、「安かろう悪かろう」、「安物買いの銭失い」という感覚があった。矢野社長は、ここで「利益を度外視してでも、売れるものを」と、品質の良い商品を集めた。

 「本当に100円?」、「これも100円なの?」。客の反応は疑心暗鬼から驚きへ変わっていった。

 売上げが上がり商品が多くなればなるほど、積み込み、陳列、撤収作業がきつくなり、社員の疲労は日を追うごとに大きくなっていった。

 そんな時、とあるスーパーから、固定の店舗で展開しないかと誘われた。スーパーの4階での営業は集客が見込めなかったが、社員の疲労を考えて、固定の店舗で事業を行うことに決めた。

 実際に営業を始めてみるとどうだろう。客は4階まで足を運び、スーパーの来客数も増えた。矢野は固定の店舗でも十分営業できることを実感し、常設店の展開に着手することにした。現在のザ・ダイソーの始まりである。

 その後は店舗数を増やし、日本全国に出店した。広く出店し、全国の人にまず商品を見てもらおうという狙いだ。多いときは月に50〜60店を出店し、2500店舗に至るまでになった。

 2001年からは、海外出店も精力的に行った。台湾を皮切りに、韓国、シンガポール、タイ・・・、ヨーロッパや北米、中東にも出店し、現在、海外店舗は500店というグローバル企業に成長した。

儲けようなど大それたことを思うな

ep-fight-010-10.jpg こうした成長の影には、2度の大きな危機を乗り越えた経験がある。1度目は、倉庫の火事に遭ったとき。倉庫、商品、トラック、すべてが焼けてしまった。このとき矢野社長は、無我夢中で、バケツの水で火を消そうとしたらしい。

 「火事とはもの凄いものです」。いろいろな局面を乗り越えてきた社長だが、さすがにこのときばかりは大きな痛手を負った。この後、1カ月、ふて寝が続いたという。

 2度目は、倒産しかけたとき。倒産を目の前にした異常な状況に、一週間、こげ茶のような紫のような小便が出たという。「今週くらいに死ねるかな」、「死ねば楽になれるかな」という考えも浮かんだ。

ep-fight-010-11.jpg なんとか倒産は免れたが、このときの尋常でない体験と、危機から立ち上がった経験が、後の経営哲学に大きな影響を与えたのは言うまでもない。

 「大きなことを願うな。儲けようなど大それたことを考えるな。生きられればいい」という考え方が生まれ、社員にも、「私たちは能力など無いのだから、儲けようなど大それたことを思うな。売れればいい。食えればいい。生きられればいい」と、言い続けている。

 求めない。気負わない。といったシンプルな信条が功を奏して、「ひたすら頑張る」社風が徐々に根付いていった。規模が大きくなった今も、それは変わらない。

ep-fight-010-12.jpg

矢野博丈プロフィール

1943年生まれ。66年中央大学卒業後、学生結婚した妻の実家のハマチ養殖業を手伝う。3年後に倒産し、借金を抱え夜逃げ同然で上京。その後、書籍の営業やちり紙交換など転職を9回重ねる。ある時、移動販売に集まった人だかりを目にして、移動販売業を始めることに。「矢野商店」を立ち上げ、夫婦で一心に働き、値札を貼る手間も惜しいと、100円均一を導入した。社名も大きく創るという願いを込めて「大創産業」とし、質の高い商品展開に力を注いだ。移動販売を続けるなか、とあるスーパーから出店の誘いを受け、固定の店舗での展開を始める。固定の店舗での集客、売り上げは順調で、1991年に直営第1号の「高松店」をオープン。その後、着々と店舗を増やし続け、今では毎月、20〜30店舗を新しくオープンするまでになった。近年は、100円以上の高額商品の扱いも始めている。

企業データ

株式会社大創産業

〒739-8501
東広島市西条吉行東1丁目4番14号
TEL:082(420)0100(代表)

事業概要:100円ショップ ザ・ダイソーのチェーン展開
設立:1977年12月
資本金:27億円
売上高:3380億円(2008年3月期)
従業者数:400名

掲載日:2009年4月13日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。