HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第4回 「小平浪平――国産自主技術にこだわり続けた男(4)」

■昭和電工のアンモニア計画に協力
 鮎川義介は企業再生を見事にやってのけた。不良債権の山だった久原財 閥を、日産コンツェルンとしてよみがえらせたのである。第一次世界大戦 の恩恵で二桁成長を遂げ、世界の一等国入りした日本。それが急落したの だ。必要なのはいまでいう構造改革だ。過剰生産の余力のはけ口を、鮎川 は満州に求め、満州を担保にすることで信用創造を図り、市場から資金を ふんだんに調達し、余勢を駆ってコンツェルン形成に動いた。それを小平 は唖然として見守った。日立製作所が日産コンツェルンの傘下に入ったか らといっても、小平浪平の立場が変わったわけでない。鮎川義介は日立製 作所の会長に就任し、小平は晴れて社長の座につくのである。資金的なゆ とりもでき、日立製作所は再び積極策に出る。まず本拠地茨城の日立に1 0万坪の工場用地を取得し、事業を拡張していく。

 小平が着目したのは発電部門だった。大型水力発電所計画にともなう長 距離送電計画が相次ぎ発表されたからだ。小平は先行投資を意欲的に進め たのである。しかし、経済は芳しくなかった。なお昭和恐慌が続いていた のだ。そこは政商鮎川とは異なる。製造業の内実は地味なのである。余剰 電力のもとでは発電機は売れない。10万坪もの広大な工業用地を取得し、 設備投資をしてみたものの、世間は不況の暗雲に覆われている。しかし、 明治のベンチャーは考えた。ある日、小平は昭和電工の森矗昶を訪ねた。 科学的方法で生産する硫安は膨大な電力を必要とすると聞いたからだ。お りから森矗昶は、電力を利用して硫安を生産する計画を構想していた。森 矗昶の構想は雄大だった。水を電気分解して水素と窒素に化合させ、アン モニアを作る反応漕2500基をつなげる壮大なプラントを構想していた のである。誰が考えても、ホラ話に聞こえたに違いない。

■日立の軍需工場化
 実際、そんなことができるのか! 創業以来の幹部たちはひるんだ。し かし、小平は森矗昶の話を聞き、やる気になった。実は、その決断が日立 製作所を救った。日産コンツェルンの総師・鮎川義介は憂国の人士であり、 大東亜共栄圏の実現を本気で信じていた男である。鮎川は日立の満州進出 を促したが、小平は動かなかった。しかし、時代は動く。昭和12年7月、 日中間に全面戦争が勃発し、日本は総動員体制に入る。小平には選択の余 地はなかった。電気機器メーカーは軍需と密接なつながりがある。日立製 作所が戦時体制に引き込まれていくのは必然だった。扇風機、冷蔵庫、井 戸ポンプ、エレベータなど民需製品は工場から姿を消し、日立製作所は軍 需工場の色彩を帯び、小平が構想した「総合家電メーカー」の夢はつえゆ く。小平浪平は時代の要請に応え、軍と国が求める軍需産業化に全面協力 していくのだった。しかし、現場で指揮をとったのは倉田主税だった。

 明治22年、福岡で生まれた倉田は、仙台高等工業(現東北大学)を卒 業し、久原鉱業に入社し、大正9年に日立製作所独立とともに移籍し、小 平と苦楽をともにしてきた男である。工場は軍事管制のもとにある。愚直 な小平では軍と衝突する恐れがあった。何しろ士官学校を出たばっかりの 若い将校が軍刀を引きつづり、工場内を闊歩し、工場幹部を顎でこき使う のである。当然ながら工場の各所で諍いが起こった。小平が正面に立てば、 全面衝突になる。何せ、軍のいうことはめちゃくちゃなのだから……。そ こで電線部長をしていた倉田が軍納部長に就任して責任を一身に背負い、 軍当局との折衝にあたった。太平洋戦争が勃発するにおよび、会社そのも のが軍需工場化し、従業員の多くも徴兵され、工場から姿を消していく。 そればかりか、幾多の空襲を受け、工場は灰燼にきす。小平浪平はきまじ めな技術者である。事態をなすすべもなく見守るだけだった。

■遊び好きで知られた学生時代
 やがて終戦を迎える。日本本土に上陸した占領軍は、財閥解体に乗り出 す。日産コンツェルンも解体された。続いて占領軍は戦争協力者をかり出 し、公職から追放する。日立製作所は軍需工場の役割を担ってきたという 理由で、小平以下15名の幹部が公職追放の指名を受け、会社から去って いった。明治・大正・昭和にかけ、40年の歳月をひたすら電気産業の自 立のためつくしてきた小平浪平。しかし、占領軍には抗うことはできない。 以後、小平は一切の公職から身を引く。心残りはあった。それでも後任者 に40年の歳月を苦楽をともにしてきた倉田主税が選任されたことはひと つの救いであった。社長就任の指名を受けたとき、小平邸を訪ねてきた倉 田に小平は「事業の繁栄を期すためには、寸時も協和一致の精神を忘れな いで欲しい」とだけ言っている。

 小平は学生時代に『晃南日記』を書き残している。そこには、青年らし い大望を抱きつつも、「一畝の田、一歩の林、故山に帰臥し父老と相親し むは余が年来の宿望なりき。いまは早其心なきなり、否無きに非ず、其望 を達する前に、如何にして大々的事業を為さむとよくする念強くして、遂 に故山に帰るの期を想ふに及ばざるなり」と呻吟する姿があった。小平は 栃木県都郡の裕福な家庭に生まれている。しかし、彼が第一高等学校に入 学する直前、父惣八が事業に失敗し、家運が傾き、第一高等学校に在学中 だった兄儀平は退学を余儀なくされる。兄儀平が故郷に帰り、銀行に勤め るのと入れ替わりに、浪平は一高に入学する。浪平はテニスに興じ、ボー トに野球、旅行という具合で、決して勉強熱心な学生ではなかった。その ため、東大工学部に進学してから、写真に凝ったりして、落第している。 そんなことがあってか、一高以来書き付けてきた『晃南日記』を絶筆して いる。

 小平は社会人になり、経験を通じて「技術の自立」を考え、それを自ら 創設した日立製作所という舞台で実践した。それを見事になし得た。公職 追放を受けて以来、小平は文字通り謹慎の日々を送り、好きなゴルフも絶 った。遊び好きで知られた学生時代を知る友人たちには驚きであった。昭 和26年6月、小平は公職追放解除を受ける。久しぶりに訪ねた本社工場 で出迎えた倉田主税は「社長に復帰して欲しい」と懇請した。しかし、そ れを柔らかく断り、ただ相談役だけは引き受けた。小平は倉田の案内で工 場を見て回った。敗戦の痛手から、工場はすっかり回復していた。倉田君、 よくやったね――と、小平は目を細め、倉田の手を握るのだった。そのと き、小平は「以和為貴」と染め抜いた手ぬぐいを全社員に配った。その年 の10月、明治のベンチャーは78歳の生涯に幕を閉じた。(完)