HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第4回 「森下博――広告宣伝で「仁丹」を世界に広げた男(4)」

■森下仁丹の経営手法−1人1業
 森下は信義にこだわる経営者であった。例えば、その販売方法にも、そ れはよく現れている。森下は創業当初から「製品生産」と「製品販売」を きっちりと分け、小売りは全国のタバコ屋で、卸は代理店以外にはどんな 好条件でも販売しなかった。そうしたのは「大代理店主義」を一貫してと り続けたからである。森下仁丹の大代理店は、関西では仁平を筆頭に小林、 高橋に決め、関東では大木、玉置の5代理店に限定した。売ってもらえる からこそ、森下仁丹は生きられるのであるという代理店に対する信義が、 そうした販売方法を採ったのである。代理店の選定も商品ごとに細かく決 めていた。例えば、仁丹体温計にあっては当初、藤本商店だけであったが、 その後、東西4代理店に拡大したのは例外だった。仁丹歯磨きは山桝商店 一社のみであった。この基本方針は戦時統制経済のもとでも多少の変遷は あったが、今日でも踏襲されている森下仁丹の販売戦略である。

 それは小売店や代理店と「共存共栄」から発する販売戦略でもあり、森 下の経営哲学の根幹をしめる「信義」という考え方にもとづくものである。 その考え方は同時に「1人1業・本業専念」という1業主義に結びつき、 森下仁丹の社是となる。森下は明治38年に仁丹を発売し、爆発的な売れ 行きをみせ、当時の価格で10万円以上の売り上げを収めたときも「1人 1業」を守り、決して多角経営に走らなかった。ちなみに、10万円の売 り上げを上げたとき、森下仁丹の主力商品はわずか4種類に過ぎなかった。 その「1人1業主義」が効を奏して、看板商品の仁丹だけで、発売2年目 で19万円、発売3年目では実に35万円の売り上げを突破し、この種の 商品としては史上空前の売り上げを示したのであった。森下は「1人1業 主義」を墨守し、小売店や代理店を大事にすることを、終生代わらぬ経営 の基本方針としたのであった。

■取引銀行の倒産で苦境
 森下は中国大陸への進出を手始めに、次々と海外市場での展開を図って いく。明治45年にはボンベイ支店を開設し、ジャワ仁丹公司を設立する のは大正5年のことだ。さらにブラジルの奥地にまで仁丹が販売された。 森下は仕向け地ごとに外装や容器に細心の注意を払った。ジャワ向けには ジャワ向けの、インド向けにはインド人好みの、中国向けには中国人好み のデザインを採用している。文化や生活習慣が異なれば、同然ながら好み も変わってくる。そうした情報を細かく集め、それぞれの仕向け地に対応 するデザインを施し輸出したのである。森下は「社会奉仕・広告益世・海 外発展」を社是として、とくに貿易においては、小資源の日本は貿易で生 きていかねばならぬと力こぶをいれ、こうして森下は仁丹を『メイド・イ ン・ジャパン』として、世界に広めていくのであった。

 森下仁丹が危機に直面するのは昭和恐慌である。第一次世界大戦の戦争 景気の反動から経済は低迷を続け、モノを作ってもさっぱり売れず、いわ ゆるデフレが深化するなか、そこに金融恐慌が襲った。台湾銀行とつなが りの深かった鈴木商店が倒産に追い込まれ、渡辺銀行の倒産で取り次ぎ騒 ぎが起こり、世情は騒乱状態に陥った。世に言う昭和金融恐慌の勃発であ る。これがため若槻内閣は総辞職する。業績が順調に推移していた森下仁 丹もその荒波に巻き込まれたのである。きっかけは取引銀行であった第1 5銀行が、この金融恐慌のさなかに倒壊に追い込まれたことだ。元来、森 下は取引先の拡散を避け、創業以来30余年に渡り、第15銀行とつき合 ってきた。それは「人間の信用と信用関係」が事業の根幹をなすものと考 えるからであった。それが災いしたのである。(つづく)

提供: