HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第1回 「根津嘉一郎――鉄道王国を築き上げた甲州の荒くれ(1)」

 明治人のキーワードを、事業の面から上げれば「鉄道と電力」だ。関西 で鉄道事業を起こし、後に電力業界に転じた小林一三も、博多で電気軌道 会社を創設し、盟友福沢桃助に請われて、電力事業を手がけるようになる 松永安左エ門もみな「鉄道と電力」に生涯を捧げた経済人だ。事業だから もちろんカネもうけは大切だ。しかし、明治の経済人はカネもうけよりも、 人びとのためになること、社会奉仕の精神を大切だと考えた。すなわち、 公益性に着目し、事業に取り組み、後世に遺産を残した。ここでの主人公 根津嘉一郎も「鉄道と電力」に生涯を捧げた人物だ。根津嘉一郎は茶人と しても知られ、茶道を通じた松永安左エ門との淡い交友は有名だ。茶人と しての遺産のひとつに根津美術館がある。蔵品の基幹となっているのは、 創立者根津の収集になる東洋古美術品で、絵画、書跡、彫刻、陶磁、漆芸、 金工、木竹工、染織、そして考古と多岐にわたり、それぞれの分野に数々 の名品が含まれ、それは見事なコレクションだ。公益事業の実現を夢み、 そして文化人としても超一流というのが明治人のもうひとつのキーワード である。

■東京遊学から地方政治家に転身
 人びとは根津嘉一郎を「鉄道王」と呼んだ。現在の東武鉄道を見事に再 建した立て役者であるからだ。嘉一郎は、東京電灯や東武鉄道などのほか、 幾つもの事業を手がけ、甲州財閥の当主と呼ばれた。甲斐東山梨に万延元 年(1860)年に生まれ、幼名を栄次朗という。生家は「油屋」の屋号 で看板商品の油のほか雑穀などを扱う商家であり、父嘉市郎は村役人を務 めるなど、村では人望家として知られた。栄次朗は次男坊だが、兄一秀が 病弱であったため、嘉市郎は栄次朗に期待をかけ育てた。このため東京に 出て、中央財界で活躍するまでは、少し道草をくっている。若き時分の根 津は玉木懿夫著『根津翁伝』によれば「早くも紅灯緑酒を覚え、父をして 家産を放蕩することなきや」を、心配したほどだったという。家業を手伝 いながら、根津は政治に関心を持ち、村会議員や県会議員を務め、いっぱ しの地方政治家としてならしたものだった。

 さて、少年時代の嘉一郎は寺子屋の師匠が留守にしているとき、代理を 務めたというほどだから勉強はできた方だろう。嘉一郎は江戸遊学を、父 に申し出た。しかし、長男は病弱で、その上に嘉一郎は利発で商才があっ た。そうであってみれば「油屋」の跡取りと考えるのは親として当然だ。 願いは許されず、悶々としながらも、商売に励む。それでも向学の念絶ち がたく、出奔する格好で東京に出て、軍人として大成することを夢み、陸 軍士官学校への入学を目指す。明治13年、嘉一郎21歳のときだ。しか し、士官学校は年齢制限があった。やむなく上野池之端の恩知塾に入る。 恩知塾で2年ほど学んだ。しかし、伯父の嘉平に居場所を突き止められ、 学業途中で故郷に連れ戻される。地方政治に関心を持ち、前述の村会議員 を経て県会議員になるのは帰郷してからのことだ。おりから全国規模で自 由民権運動がわき起こり、政党政治の波は嘉一郎の故郷にも押し寄せてい た。

■村長としての行政手腕と経営能力
 もちろん、父親は反対した。今も昔も、政治にカネがかかる。そんなこ とをやっていれば家が傾く。父嘉市郎は心配した。県議会では官憲の政治 への干渉を激しく論難し、予算審議にあたっては、土木業者と県当局との 癒着を暴露するなど大活躍した。県当局を追いつめ、当初予算を三分の一 に減額させ、それでも工事は初期の目的を達成することができたと往事の 嘉一郎は胸を張っている。県会議員は一期で辞め、今度は村長に立候補し て当選を果たす。地方政府の首長に問われるのは経営手腕だ。村長時代の 事績として評伝作家の多くは「笛吹川氾濫対策」を取り上げている。ある 年のこと、豪雨が続き笛吹川が氾濫した。放置すれば堤防は決壊し、田畑 は全滅する。嘉一郎は村の神木を伐採し、これを防水に充てることを決断 した。もちろん、後でとがめを受けることを覚悟しての決断であった。即 時の判断が村を救い、その果敢な資質を人びとは称賛したと持ち上げてい る。

 しかし、このとき嘉一郎の心は故郷にはなかった。転機を作ったのは、 若尾逸平との邂逅であった。若尾は郷里の先輩で、江戸での奉公や郷里で の行商など辛苦を重ね、横浜開港を機に生糸や綿製品など貿易を手がけ、 とくに貨幣乱発による価格下落に着目し、生糸を買い占め巨利を博し、大 地主となった人物だ。その若尾が中央政界で覇を唱えようと野望に燃える 嘉一郎を知り、株を薦め、こういったものだった。まず、カネをつくらね ばならぬ、将来を見るにこれからは「乗り物」と「灯り」だ、とヒントを 与える。乗り物とは「電気軌道」のことであり、「灯り」とは電力のこと だ。投資をするなら、この二つがねらい目だと若尾は教えたのである。こ うして株式の売買を始め、まず買い始めたのが東京電灯株だった。おりか ら東京電灯は漏電騒ぎと内紛で株価は低迷していた。その間にも嘉一郎は 若尾に薦められた東京電灯株を少しずつ買い占めていくのだった。(つづく)