HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第5回 「山本条太郎―情報をカネに替えた草分けの商社マン(5)」

★カネでポストを買う政治家
 こうなると、三井としても山本条太郎を庇うわけにはいかない。大正4 年、条太郎は三井物産重役を辞職する。失意の山本を救ったのは、折から の大戦景気だった。都内ホテルに事務所を構え、次々と新規事業を興す。 大洋汽船、日本火薬、農州鉱山など、山本が関与した事業会社の数は十指 にあまる。山本はシーメンス事件で世間の指弾を受けた。しかし、彼は平 然と新しい事業に立ち向かうのだった。

 とはいえ、三井財閥が抱える事業に比べれば事業規模も小さく、実態は 中小企業だ。そんな事業に関わっていることが、彼の自尊心を許さなかっ たのか、政界転出を決意するのだった。生まれ故郷の福井選挙区から衆議 員に打って出るのは、大正9年のことだ。所属したのは、三井が支援する 政友会。政界に打って出たのはシーメンス事件を、政治の謀略だったと受 け止め、反転攻勢に出ようと決意したのだった。大正12年に政友会政務 調査会副会長、13年行政整理特別委員長、昭和2年には、政友会の幹事 長に就任する。トントン拍子の出世といってよいだろう。

 しかし、政治家としての評判は芳しいものではなかった。政友会での地 位も、カネをバラまき、カネで買った地位であったからだ。カネでポスト を仕留める手法は、政界を堕落させただけだった。政友会の幹事長にまで 上りつめながら、政治家として最後まで固執した大臣の椅子だ。しかし期 待は空振りに終わる。シーメンス事件に連座したことが祟ったのだ。政界 に出てからの山本は、あの少年時代のような覇気を失っている。大戦景気 で儲けたカネはふんだんにある。カネをバラまき、カネでポストを買う政 治。昭和・平成の政治家も同じようなものだが、それが政党政治家の必須 の条件と考えたのが間違いだ。いまや自分が育てた森恪は、犬養内閣で内 閣書記官長を務めているのだから、面白うかろうはずもない。やはり、山 本条太郎には政治家は似合わなかったのだ。

★最後の仕事・満鉄総裁
 そんな失意のなかにあった条太郎のもとに、満鉄総裁就任の話が持ち込 まれる。山本は小躍りして就任を受けた。昭和2年7月、山本条太郎は大 連に赴任する。条太郎は根っからの商売人だ。政界転出は失敗に終わった が、満鉄の立て直しでは、事業家として辣腕を発揮した。初代総裁後藤新 平、松岡洋右と並ぶ名総裁と呼ばれるにふさわしい仕事をしている。化学 工業を興し、製鉄事業の立ち上げに助力するなど、山本条太郎の満鉄での 事績を訪ねるならば数え切れないほどある。満鉄改革をやり遂げたことも 特筆しなければならない。とくに重視したのは満鉄調査部の強化だった。

 情報を整理分析することの意味を、米の買い付けに利根川の集積地へ出 向き書き上げた業務報告書に重ね合わせながら、彼は思い出していたのか もしれない。満鉄総裁は短期間だった。昭和4年、山本は辞任する。山本 が満州から去った直後、満州事変が勃発する。やがて日中全面戦争に突入 する。その昭和11年3月、切迫する大陸情勢を耳にしながら病に倒れた。 享年70歳であった。中国と山本条太郎は切っても切離すことができない。 最後の仕事が満鉄総裁であったことは、仕事師山本条太郎にも満足であっ たに違いない。(完)