HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第2回 「福沢桃助――電力業界の奇才(2)」

★目指すは公益事業
 さて、桃助は明治元年6月、武蔵野国横見郡荒子村(埼玉県川越市)で、 岩崎紀一の次男として出生。明治16年慶應義塾の教師を務めていた真野 観我の推薦を受け、慶應義塾に入っている。前途のように福沢ふさと結婚 し、福沢家に入籍するのは、明治20年のことだ。その年、桃助は欧米知 識を得るためアメリカに留学している。夢は鉄道事業を興すことでアメリ カ留学では、ペンシルバニア鉄道で見習いとして働いた。明治22年に帰 国し、ふさと正式に結婚式を挙げている。帰国すると、人の薦めもあり、 北海道炭鉱鉄道に入り、実業家としての第一歩を歩み始める。北海道炭鉱 鉄道を退社し、王子製紙の取締役に就任するのは明治28年のことだが、 在籍期間は短い。明治33年には同社を退社し株式投資を始める。これが 日露戦争で株価が暴騰し、たちまち大金持ちになる。新橋の料亭で豪遊生 活をしていて、政界の実力者・西園寺公望の知遇を得るのはこのころだ。

 手持ちの資金で東京に地下鉄を建設する構想を思い立ち、会社設立を発 起出願するのは明治33年12月。いよいよ実業家桃助の登場というわけ だ。しかし、地下鉄会社は紆余曲折の末に挫折を余儀なくされる。それに しても、この時代に首都東京に地下鉄を作ろうというのは、卓抜の構想と いえるだろう。しかし、彼の終生の事業となる電力会社を創業するのは、 もっと先のことだ。すなわち、豊橋電気の取締役に就任するのが、最初の 手がかりだった。アメリカに留学したのが、一つの契機になったのかもし れない。彼が目指すのは公益事業だった。最初に務めたのが鉄道会社であ り、事業家として起業を思い立つのも地下鉄会社だった。そして今度は電 力会社である。せっかく事業を興すなら、国家人民のためになる事業を、 と桃助は考えたのが公益事業というわけだ。豊橋電気では多くのことを学 んだ。ついで桃助は古屋電灯顧問に就任するのは明治43年のことだ。

★電力事業への参入
  ちなみに、桃助が構想した首都東京地下鉄計画は、東京市内外交通調査 委員会が大正8年に発表した調査書によって始まった。この計画はその後 関東大震災があったため修正されて、大正14年、東京特別都市計画の一 部として決定、告示された。同年、東京地下鉄道会社によって着工された 上野―浅草間の2.2キロメートルが昭和2年に開通し、ついで昭和11 年東京高速鉄道会社によって完成された渋谷―新橋間との直通運転が、昭 和14年に開始された。この両社の路線は昭和16年に設立された帝都高 速度交通営団に引き継がれ、現在の営団銀座線となっている。桃助が地下 鉄計画を構想するのは、明治33年のことだから、計画が実現するまで2 0余年の歳月を要したことになる。しかし、このころの桃助には、鉄道の ことなど忘れ、電源開発に情熱を燃やしていた。

  桃助が電力事業に着目するのは、大正に入ってからのことだ。すでに先 人たちが電力事業を興したのは明治20年のことである。これは西洋の電 気事業の創業に比べて僅か数年遅れのこと。明治の日本人がいかに起業の 精神に富んでいたかがわかる。当時、最初の電気供給は、当代随一の社交 場として名高かった鹿鳴館の白熱電灯への供給だった。電気事業は、まさ に文明開化のシンボルとしてスタートしたのである。東京電灯の創業を皮 切りに、明治20年代から30年代にかけて全国各地に相次いで電灯会社 が設立された。主要な都市部には神戸電燈、大阪電燈、京都電燈、横浜共 同電燈、名古屋電燈、更にそれが地方の中小都市へと波及して、熊本電燈、 札幌電燈、岡山電燈、仙台電燈、徳島電燈、高松電燈、富山電燈等が開業。 明治29年には事業者数33、供給電灯は22万灯にも及んだと東京電力 の元役員が書いている。(つづく)