HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第4回 「藤岡市助――我が国最初の大学ベンチャー(4)」

★発明王エジソンとの出会い
 電灯の啓蒙と普及のため、藤岡は機会あるたびに観衆を集め公開実験を行 っている。ひとびとを啓蒙するには、実証的な方向がもっとも効果的である と心得ていたからだ。しかし、アーク灯は仮の姿に過ぎない。やがて白熱灯 に代わるものと藤岡は確信していた。藤岡が白熱灯の研究で一歩大きく踏み 出すのは、米フィラデルフィアで開催された万国電気博覧会に出席したとき からだ。やはり主流は白熱灯に移っていた。博覧会では、藤岡ら一行は大歓 迎を受ける。しかし、藤岡は工場廻りに忙しく動いた。エアトン教授から聞 かされていたアメリカ工業の実情を確かめるためであった。

 旅の途中で藤岡市助は二人の重要な人物と会う。一人はエアトン教授の恩 師トムソン教授だ。トムソン教授はボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学 で教鞭をとっていた。特別講義を拝聴したあと、藤岡はトムソン教授に面会 を求める。極東からやってきた孫弟子にトムソン教授は、このとき、二冊の 講義ノートを贈っている。藤岡はさらにニューヨークに足を伸ばす。すでに 事業として成功を収めている電灯会社を見学するためだ。しかし訪米での何 よりの収穫は、発明王エジソンに逢えたことだ。変わり者で気むずかしいエ ジソンは、このとき藤岡を大歓迎し、発明したばかりの電話機や白熱灯を見 せられる。

★白熱灯にかけ退路を断つ!
 エジソンが示した電気製品の精密なことに驚き、藤岡市助は強い衝撃を受 ける。後に藤岡は「電気器具を輸入するようじゃ、国は滅びる」と周囲に語 っている。電気工業は材料から加工に至る総合技術であり、どれが欠けても 、精緻な製品はできない。藤岡は電気器具を、国力の象徴とみなしたのであ る。藤岡はいよいよ白熱灯の国産化に情熱を燃やすのであった。他方では藤 岡は自ら電灯普及のため、宣伝役を引き受け、大学の同僚たちから顰蹙を買 ったりもした。大学ベンチャーに対する風当たりは、いまも昔も変わらない のである。しかし、藤岡は平気だった。白熱灯用発電機の製造を、親友三吉 正一と始めるのは明治18年のころである。

 藤岡は派手なパフォーマンスを繰り広げた。それもまた白熱灯の普及と啓 蒙のためだと割り切った。東京銀行集会所の開所式に際しては、自ら発電機 を会場に持ち込み、点灯してみせた。これが来賓をびっくりさせ、白熱灯の 人気が高まる。この成功で、東京電灯はアーク灯か、白熱灯の論争に決着を つけ、白熱灯方式を採用する。明治18年6月末のことであった。同年12 月、工部大学校は東京帝国大学に統一され、翌年、藤岡は帝国大学工科大学 助教授の辞令を受ける。しかし、藤岡は大学での立身など望まず、助教授の 職を辞して、東京電灯に技師長として入る。白熱灯にかけた藤岡は退路を断 ったのである。

★白熱灯国産化の熱い思い
 この年、東京電灯は本格的な営業を開始する。藤岡が大学ベンチャーと して電灯事業を構想してから四年の歳月が流れていた。藤岡市助は国家が やるべき大事業を、大学ベンチャーとしてやり遂げたのだった。明治19 年夏、日本で最初の白熱灯を採用した工場ができた。内閣官報局の赤坂紀 尾井工場が採用したのだ。これが評判となった。工場やホテルあるいは公 共施設など、全国各地から白熱灯設置の依頼が急増した。発電機は三吉の 力で何とか自前のものを提供できたが、しかし、白熱灯だけは依然輸入に 頼らなければならぬ状況にあった。藤岡は再び研究室にもどる。

 材料選びや電球の真空化、その量産技術の確立など、藤岡市助は実験室 にあって苦闘を演じていた。幾度も失敗し、挫折しかけた。しかし、白熱 灯への熱い思いを、断ち切ることはできなかった。東京電灯の研究室で、 国産第一号の白熱灯の量産化にメドをつけたのは明治22年のことである。 国産第一号の白熱灯は炭素フィラメントを用い、試作に成功したのは12 個であった。これで量産化にメドをつけ、翌年、藤岡は三吉とともに、電 球製造会社・白熱舎を設立し、自ら社長におさまる。

★国産白熱灯は2時間点灯
 白熱舎の本社は東京京橋におかれた。発熱電球の日本で最初の点灯は、 上野・高碕館の鉄道開通の記念式で行われたと記録される。このころから、 藤岡らの努力が実り、白熱電球がひとびとの暮らしや、社会において利便 性・事業性の認識が高まっていく。エジソンが発明した白熱灯を、国産化 するには幾つも高いハードルがあった。それらをすべてブレークスルーす る必要があった。例えば、ガラス管球を作ること、電球から空気を抜き出 す技術、耐用性の高い、長持ちするフィラメントを製造する技術などなど だ。

 それらをクリヤーするため、藤岡市助は東京京橋の東京電灯の研究室( とはいっても社宅を改装した建物だが)で実験を繰り返し、試作を試みた のであった。藤岡が採用したのは竹のフィラメントで、試作から9ヶ月、 エジソンの開発から遅れること11年後の8月12日に、国産白熱灯は2 時間点灯し続けたと記録される。ついでながら、当時の電球生産量は一日 10個から15個程度で、一ヶ月300個が限度であった。値段も高価で 10燭光で80銭というから、ずいぶん高価なものであった。ちなみに米 一升が8銭の時代のことである。しかし、ともかく「自給自足・国産化」 の夢は実現したのである。

★バトルで学力をつける学風
 よく知られるように東京電灯は現在の東京電力の基礎を作り、他方、三 吉正一とともに創立した白熱灯製造会社・白熱舎は、その後、田中久重率 いる田中製作所と合流し、東芝のエレクトロニクスの源流を形作るのであ った。もちろん、藤岡市助が手がけた研究や事業は電灯ばかりではない。 実学を重んじ、行動の人であった藤岡は、冒頭に紹介したようにエレベー タの試作や、自分で考案設計した電車を、上野で開かれた勧業博覧会に出 品している。いっとき東京・大阪間を走る高速鉄道を企画したこともあっ た。

  岩国藩(周防)は小藩ながら教育熱心な藩だった。そのおかげがどうか、 多くの逸材を排出している。先に亡くなった女流作家の宇野千代、マルク ス経済学者で『貧乏物語』で有名な京大教授河上肇、日本を代表する文芸 評論家河上徹太郎は市内曲尺の生まれで、海軍軍楽隊長を務め、名曲「美 しき天然」で有名な田中穂積などがいる。幼少のころ、市助は、毎日錦帯 橋をわたり、横山にあった養老館の素読寮に通った。そこに通う子供たち はみんな熱心で、勉強会をするために夜も集まったそうだ。市助は、凝道 社という名前の班を作り、話し合いのバトルをしたりして学力をつけたと いう話が残される。共通するのは岩国のひとびとはとても勉強好きだとい うことだ。

 先の上野の勧業博覧会で「電車」を発表するのも、三吉正一と白熱舎を 立ち上げるのも凌雲閣に12人乗りエレベータを稼働させたのも、藤岡3 3歳のときだ。例の白熱灯の試作に成功するのは前年である。いかにも大 学ベンチャーらしいのだが、藤岡は若い時分にそのほとんどの仕事を成し 遂げている。白熱舎を東京電気に改め、三吉正一から社長の座を引き継ぐ のは41歳のときだ。しかし、晩年の藤岡は恵まれなかった。55歳で脳 の病に倒れ、肺炎を併発し、60歳で生涯を終える。奇才藤岡市助の記録 は、その仕事に比較して意外に少ない。藤岡は親思いの孝行息子だった。 東京に出てから頻繁に親元に手紙を書き送っている。その書簡が岩国学校 教育資料館に残されている。(完)