HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第2回 「渋澤栄一――日本資本主義の父(2)」

★イデオロギーにはこだわらぬ
 しかし、人間の運命というのはわからないものだ。京都には似たもの同士が 、うようよしている。殺人を繰り返すことを、尊皇攘夷と勘違して、ダンビラ を振り回すだけの無知な連中。御用金と称し、強盗を働くような悪党だ。他人 と違う――は、青年の自意識というものだ。自意識過剰な渋澤には、耐えられ なかったのだろう。激越な尊皇攘夷の志士が今度は一転、一橋慶喜の家臣にな ってしまうのだ。変わり身の早さは渋澤栄一の信条でもある。ひょんなことで 「オレはサムライになる」が、現実になるのだ。もっとも4石2人ぶちの小兵 の身分。故郷の代官を見下すほどの身分ではないが、それでも一橋家の直参で ある。これが渋澤の生涯の転機となる。ときに渋澤24歳の春だった。

 時代は目まぐるしく動いていた。一つのイデオロギーにとりつかれていたら 、時代に乗り遅れる。そういう自覚が渋澤にはあった。将軍家茂が急逝し、主 君慶喜が15代将軍になる。主君の栄達は家臣たちの栄達でもある。渋澤は引 き立てられ、陸軍奉行支配調役に栄進した。晴れてのサムライの仲間入りだ。 渋澤はよくよく幸運に恵まれた男で、将軍慶喜の実弟徳川昭武がフランスで開 催された万国博覧会に代表使節として渡欧するとき、渋澤は随員に選ばれ、初 めての外国旅行を体験することになった。慶喜に恩義を感じたであろう。渋澤 は終生、慶喜に忠を尽くした。尊皇攘夷を唱え、妻を故郷に残し、過激な行動 に走った青年は、このとき27歳になっていた。

★はれて侍身分で訪欧
 渋澤が渡欧随員に選ばれた、その理由については諸説ある。渋澤の理財の才 覚を見込んで一橋慶喜が選んだというのがもっとも有力な説だ。渡欧代表は慶 喜の実弟民部公子(後の水戸藩主徳川昭武)だった。その実弟が異境で金子に 不自由するようでは困る、そこで理財に明るい渋澤を選んだという説だ。渋澤 は半農半商の出自であるだけに、ソロバンもよくできて理財に明るい男だった 。気分は侍だが、身についたのは、やはりソロバン勘定であり、それを慶喜は よくみていたというわけだ。

日本からヨーロッパに向かうには3ヶ月の長い船旅になる。横浜を出航し、 香港、シンガポール、インド、エジプトを経てマルセイユに到着したのは慶応 3年(1867年)4月のことだった。一行27名は、パリを本拠に据え、ス イス、オランダ、ベルギー、イタリア、イギリスなどヨーロッパ各国を精力的 に回っている。幕府から情報収集を命じられていたからだ。19世紀のヨーロ ッパは「西から太陽が昇る」ほどの勢いで、石造りの街並み、蒸気を吐きなが ら鉄道が走り、高炉に噴煙が上がる。300年近く国を閉ざした封建の国から やってきたサムライたちには、見るもの聞くもの、驚きの連続だった。

 渋澤栄一も、その一人に違いなかった。だが、渋澤はただ驚いていただけで はない。随伴したのは、いずも旗本のお歴々だ。高級官僚というべき幕臣たち は、建造物やモノに驚嘆の声を上げた。しかし、百姓出の渋澤は、他の随員と は少しばかり違っていた。じっくりと観察したのは、表層的なものではなく彼 が着目したのはヨーロッパ諸国の発展を促した「システム」そのものだった。 つまりものを動かす仕組みやモノの考え方であった。とりわけ渋澤は「株式会 社」の存在に着目した。感嘆したのは、零細な大衆資金を動員し「株式資本」 を作り、それによって巨大事業を起こすやり方だ。これは日本人にはない事業 の考え方だ。なるほど、と渋澤は膝を打った。渋澤が合点したのは、すなわち 渋澤の言葉でいうところの「合本主義」というシステムで、そのシステムに渋 澤はとりつかれた。(つづく)