HOME > 起業する > 明治・大正・昭和のベンチャーたち

第3回 「中部幾次郎――大洋漁業の創業者(3)」

★しつっこい性分
 スマートな船体で迅速に動き回る巡航船。幾次郎は巡航船を見て得心した。 今でいう焼きダマエンジンだ。ぽんぽんと快適なエンジン音を上げて走ってい る。どうか――と幾次郎は船大工に向かって聞く。船大工は思い出した。古蒸 気缶を和船に取り付け、蒸気船に仕立てる、あの失敗に終わった計画のことを ……。幾次郎は、あの失敗を忘れていなかったのだ。さすがに船大工はうなり 声を上げた。しかし、幾次郎は決めていた。棟梁頼むと頭を下げた。巡航船の エンジンを押し送り船に取り付ける計画は、すぐに実行に移されることになっ た。こうなると、松五郎も断るわけにはいかない。よろしゅうおます、松五郎 は応える。それにしても幾次郎はしつっこい性分だ。自前の蒸気船を持つ、そ れが彼の夢なのだ。問題は資金だが、昵懇の魚問屋の主人を口説き、資金を捻 出した。明石のアイデアマン幾次郎を信用して魚問屋の主人は融資に応じたの だった。

 決断と行動力を身上とする幾次郎は、資金調達にめどをつけると、早速船会 社に自ら設計図を描き、こういう船が欲しいと注文した。学問はないが、この 男は設計図まで書いてしまうのだ。建造を引き受けたのは、明石の小杉造船所 だ。設計図とはいっても、そこは素人のことだ。まあ、スケッチと言った方が 正確だろう。小杉造船所の松五郎は腕利きの船大工だが、和船が専門で動力船 は初めてのことだ。最初は冗談半分で話を聞いていた松五郎だが、幾次郎の心 根に打たれ、引き受けた。しかし、作業は難航した。押し送り船に発動機をつ けるだけじゃ――と、幾次郎は言った。巡航船のエンジンは米国製の電気着火 石油発動機だ。構造は簡単だが、その分故障が多かった。外洋で故障すれば、 えらいことになる。これは致命的な欠陥だ。エンジンだけは、さすがの松五郎 にも手が出ない。専門のところに当たってみなはれ――と、松五郎は匙を投げ た。

 2、3鉄工所に当たってみた。しかし、引き受け手はなかった。船舶用の発 動機はまだ未開拓の分野で、どこも経験がなかったからだ。どこも同じ返事だ 。ならば、自分で作ってみようじゃないか――と、大胆にもこの男は考えるよ うになる。周囲は呆れた。しかし本人は本気だった。幾次郎は発動機の研究に 没頭し出した。しつっこい性分で、いったん決めると後には引けぬのだ。そう こうしているうちに、日露戦争が勃発した。戦争は一大好況をもたらし、つら れて魚業界も活況にわいた。軍需の発注も増えた。こうなると発動機どころで はなくなる。ひとまず、発動機の研究は置き、幾次郎は土佐、九州、日本海へ と出かけ、不眠不休で魚の買い付けに動き回った。しつっこい性分ではあるが 、このあたりはさすが商売人というべきで、気分の切換えは早い。日露戦争の 特需で、林兼は本拠地を下関に移す。将来、魚の商売は大陸の関係は重要とな ると判断したからだ。

★変人鍛冶職人との出会い
 予感されたのは、以後、買い付けの距離が伸びることだ。漁船に発動機を積 み込めば距離が伸びるのはわかっている。日露戦争の行方は五分五分。明治3 1年1月、難攻不落の旅順陥落、同年3月奉天海戦、5月日本海海戦でバルチ ック艦隊を破り、国民は熱狂していた。しかし、世間が戦勝気分に浮かれてい るとき、幾次郎はすでに終戦後のビジネス構想を練っていた。日露戦争は思わ ぬ商機をもたらした。けれども、それは戦争が終われば泡と消える。いそがな ければならぬのは軍需から民需への切換えだ。冷戦が終結したときソ連は民需 転換が遅れ、経済は疲弊した。日露戦争が終わってみると、戦争景気に燃えた 多くの企業が倒壊したのと、よく似ている。実際、軍需景気の反動を一番最初 に被ったのは中小の鉄工業者だった。幾次郎は、そこに目をつけた。発動機の 製作で、幾度も足を運び頼み込んだ鉄工所も同じことだ。今度は動く――と、 判断した。

 幾次郎の判断に狂いはなかった。発動機の原図を持ち、牧田鉄工所を訪ねた 。牧田は考え込み、一人の鍛冶職人を紹介した。裏長屋に住む鍛冶職人で、仲 間内から変人扱いにされていた男だ。会ってみると、なるほど変人には違いな い。しかし、新しいものに挑戦するチャレンジ精神にあふれ、研究熱心な男で あるのがわかった。原図を見ながら鍛冶職人は言ったものだ。わけないさ、陸 用発動機を縦にするようなもんじゃ――と、意外にもあっさりと言った。そう は言ったものの、心配である。本業の方は使用人に任せ、毎日のように鍛冶職 人のもとに通った。二人は意気投合した。完成すれば、日本で一番最初の舶用 エンジンとなる。しかし、開発は難航した。ここでもしつっこさを発揮した。 その熱心さは変人の鍛冶職人も音を上げるほどだった。開発に着手し、1年余 。鍛冶場の床を揺さぶりエンジンが動きだした。長さは14メートル、幅3メ ートルの和船に、八馬力12トン、速力6ノットのエンジンが取り付けられた のは明治38年暮れのことだった。(つづく)