■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

□━━━━━━━━━━━Vol.507/2011.11.24━━━━━━━━━━━━━□

<今週のインデックス>

★巻頭コラム★「単独では生き残れない」

★こんにちは!中小企業庁です★
 「第三次補正予算に係る官公需に関する中小企業者の受注機会の増大に関
  する要請文の発出」など

★今週のトピックス★

【全国向け】1.「商店街の新たな取り組み企画提案事業」における研修受講
       希望商店街、支援機関等の募集
      2.「企業の持続性を支える人材戦略〜女性の力を活かすための
       ポジティブ・アクション研修〜」の開催
      3.「リスク分散の適地」北海道立地環境セミナー

【東北地域】4.元気TOHOKUものづくりシンポジウム」の開催
      5.平成23年度経済産業省第三次補正予算等施策説明会の開催

【関東地域】6.中小機構虎ノ門セミナー
      「不確実な電力供給時代のエネルギーマネジメント」の開催
      7.東京都デザイン普及啓発セミナーの開催
      8.無料省エネルギー診断の実施
      9.東京都足立区「創業支援館かがやき」入居者の募集
      10.「あなたのビジネスに役立つ色彩活用術」セミナーの開催
      11.ビジネスプラン作成講座の開催
      12.冬の省エネ経営セミナーの開催
      13.第2回公的補助金活用セミナー兼個別相談会開催の開催
      14.「”仕事力”ブラッシュアップセミナー」の開催

【中部地域】15.平成23年度 特許侵害警告模擬研修の開催

【近畿地域】16.「水ビジネス・シンポジウム in 関西」の開催
      17.チームマネジメントを創る「リーダーシップ力強化研修」

【中国地域】18.中国地域太陽電池フォーラム
       「産学官ビジネスマッチング交流会」の開催

★支援機関ニュース★
 「小規模企業共済制度」など

★編集後記★

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
              ★巻頭コラム★
           「単独では生き残れない」

◆家庭用金物・荒物、住居収納用品などを扱う商社(問屋)は元々、規模が小
さく、しかも数が多い。「異形物、不定形」という商品特性から、こうした形
態になる。富山市に本社を置く(株)サンプラス(小池博文社長)は、一度も
赤字を経験することなく北陸地域のナンバーワン商社(問屋)になった。

◆その秘けつは小池社長の生き残りにかけた知恵と工夫があったためだ。まず
「単独で、しかも北陸だけでやっていけば先行き、間違いなく落ち込む」と、
他社との協業を模索。本体から分離独立した物流部門の会社が北海道・東北・
関東および中国・四国での卸販売をそれぞれ手掛ける地場有力問屋2社と協業
し、各社の地盤とする地域ごとに物流・販売の相互活用を図った。

◆共同販売会社も3社共同出資で設立。「地域を超えたネットワークができ、
単独で行うよりもはるかにコスト効率が高まった」という。さらに経営面では
「徹底した効率経営を目指した」。このため在庫、物流、営業マンの質という
「問屋の3本柱」を総洗いした。これについて、中小機構北陸支部に出向いて
相談し、さっそく専門家派遣事業の支援を受けた。

◆営業マンの意識改善を図るため「売れ残っている商品の在庫を直接見せ」と、
その原因を追い求めた。商品力強化では商品入れ替え時に、新しい商材をでき
るだけ投入、問屋、販売店双方の売り上げ増を図った。販売店も新規売り上げ
を増やす目標があり、これにマッチした提案である。

◆「受け身の営業から主体的な営業へ」と小池社長の目標とする経営路線は今
も前進している。本社内にはホームセンターの売り場を想定した商品陳列棚が
立ち並ぶ。また、事業承継を円滑に進めるため「2015年に社長は交代する」と
社員に宣言した。本人はその時65歳になるが、後継者になる予定の子息が40歳
に。現社長が社長就任した時と同年齢での就任になる。チャレンジ魂と盤石な
経営体制は、今後の堅調な航路を予感させる。(編集子)

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
         ★こんにちは! 中小企業庁です!★
         ☆☆☆今週のトップニュース☆☆☆

◆平成23年度第三次補正予算に係る官公需に関する中小企業者の受注機会の増
 大に関する要請文の発出

中小企業庁では、平成23年度第三次補正予算の成立を受け、各府省及び地方公
共団体などに対して、復旧・復興事業などについて、被災地域の中小企業者の
受注機会の増大に努めるよう要請しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.meti.go.jp/press/2011/11/20111121010/20111121010.html
……………………………………………………………………………………………
◆下請取引の適正化及び下請事業者への配慮等に係る通達の発出

中小企業庁では、親事業者などに対し「下請取引の適正化」及び「下請事業者
への配慮等」に係る通達を発出しました。
具体的には、年末に向けた下請事業者の資金繰りを確保するため親事業者が下
請代金を早期にかつ可能な限り現金で支払うことや、円高の進展等による影響
が立場の弱い下請事業者に不当にしわ寄せされることがないよう配慮すること
などを要請しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2011/111121ShitaukeTsutatsu.htm
……………………………………………………………………………………………
◆原子力災害に伴う「特定地域中小企業特別資金」の制度拡充部分の申込受付
 開始

福島県及び経済産業省では、本年9月30日に基本合意した特定地域中小企業特
別資金の制度拡充部分について、11月25日より申し込み受付を開始することに
しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/111122NCAarea-fin.html
……………………………………………………………………………………………
◆タイ洪水被害に関する金融支援の拡充

中小企業庁では、タイの洪水被害の影響が長期間に渡って広く国内中小・中堅
企業などの経営に波及する恐れがあることに鑑み、11月18日付けで「特別相談
窓口」の設置を日本政策金融公庫、商工組合中央金庫等関係機関に要請し、以
下の金融支援を開始しました。

1.セーフティネット貸付(日本政策金融公庫)
2.危機対応貸付(商工組合中央金庫・日本政策投資銀行)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2011/111118Thai.htm
……………………………………………………………………………………………
         ☆☆☆今週の主なニュース☆☆☆

◆平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業(平成23年度第3次補正予算事業)
 の公募

中小企業庁では、鋳造、鍛造、切削加工、めっきなどの20分野技術の向上につ
ながる研究開発からその試作までの取組を支援します。

特に、東日本大震災及び昨今の円高の影響を踏まえ、複数の中小企業、最終製
品製造業者や大学、公設試験研究機関などが協力した研究開発であって、この
事業の成果を利用した製品の事業化についての売上見込みやスケジュールが明
らかとなっている提案を支援します。

[公募期間]11月11日(金)〜12月12日(月)
[採択予定件数]30件程度

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2011/111111senryaku_koubo.htm
……………………………………………………………………………………………
◆「岩手産業復興機構」の設立〜全国初の「産業復興機構」設立〜

二重債務問題への対応について、「岩手産業復興機構」が、岩手県、地域金融
機関及び中小企業基盤整備機構との共同出資により設立されました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2011/111111Iwatefukkou.htm
……………………………………………………………………………………………
◆「宮城県産業復興相談センター」の設立

二重債務問題への対応について、宮城県における被災事業者への支援・相談体
制を構築するため、「宮城県産業復興相談センター」が開所し、11月16日(水)
から相談受付を開始しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2011/111114Miyagifukkou.htm
……………………………………………………………………………………………
◆規模別製造工業生産指数(中小企業製造工業生産指数)9月分確報

平成23年9月分確報値を公表いたしました。詳細は、以下のサイトをご覧くだ
さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.htm
……………………………………………………………………………………………
◆「中小企業の会計に関する基本要領(案)」の公表

中小企業関係者などが主体となり、中小企業庁及び金融庁を共同事務局とする
「中小企業の会計に関する検討会」において、「中小企業の会計に関する基本
要領(案)」が取りまとめられました。

パブリックコメントを募集しています。詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2011/111108kaikeiPubcom.htm
……………………………………………………………………………………………
◆地域商業活性化支援補助金(平成23年度第3次補正予算事業)の募集

中小企業庁では、地域コミュニティの担い手である商店街などに、賑わいを創
出することで地域商業の活性化を図り、被災地域の復興の支援を行います。

[募集期間]11月4日(金)〜11月25日(金)(各地の経済産業局に17時必着)
詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2011/111104KasseiHojyo-3th.htm
……………………………………………………………………………………………
◆平成23年度知的財産権制度説明会(実務者向け)の開催(相談会も併催)

特許庁では、知的財産権の業務に携っている実務者の方を対象に、知的財産権
の制度の円滑な運用を図るため、実務上必要な知識の習得を目指した説明会を、
全国主要都市で開催しています。(弁護士・弁理士による無料相談会も併催)

[11月第5週・12月第1週の開催日程・場所]
 名古屋  11月28日(月)名古屋市中小企業振興会館
 高松   11月28日(月)サンポートホール高松
 福岡   11月28日(月)アクロス福岡(相談会併催予定)
 札幌   11月29日(火)北海道経済センター(相談会併催予定)
 仙台   11月29日(火)ホテル白萩
 京都   11月29日(火)京都リサーチパーク
 盛岡     11月30日(水)岩手県工業技術センター(相談会併催予定)
 那覇   11月30日(水)沖縄産業支援センター
 東京   12月1日 (木)サンパール荒川
 浜松   12月1日 (木)アクトシティ浜松
 東京   12月2日 (金)ゆうぽうとホール

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 https://apollon.nta.co.jp/chitekizaisanken23_jitsumusha/
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業庁HPに「東日本大震災関連情報」特設サイトを開設中

被災された中小企業の皆さんなどに関連する様々な情報をタイムリーにお知ら
せします。是非ご活用下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆携帯用サイト「モバイル中小企業庁」

「東日本大震災」関連情報を検索しやすくするとともに、特別相談窓口の電話
番号を掲載し、直接電話ができるようにしています。
iモードなどの震災関連情報からもアクセスできます。是非ご活用ください。
 http://chusho.mjmk.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                         ★今週のトピックス★

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆全国向け◆◆◆

1.「商店街の新たな取り組み企画提案事業」における研修受講希望商店街、
 支援機関等の募集

◆全国商店街支援センターでは、商店街が主体的に現状を把握し、新たな取り
組みのための研修企画を独自に提案することにより活性化の機運を高め、活性
化策の実行につなげることを目的とする研修受講希望商店街、支援機関などを
募集します。
 [申込締切]12月20日(火)
 http://www.syoutengai-shien.com/shotengai-list/533-aratana-torikumi.html
……………………………………………………………………………………………
2.「企業の持続性を支える人材戦略〜女性の力を活かすためのポジティブ・
 アクション研修〜」の開催

◆厚生労働省では、企業において女性が意欲と能力を発揮し、活躍できる職場
環境をつくるための対応策や取り組み方についての研修を全国で開催します。
平成24年2月まで各地で開催します。

[平成23年12月〜平成24年1月の開催日程・場所]
 福岡      12月 5日(月)博多バスターミナル(福岡市博多区)
 広島    12月 6日(火)アステールプラザ(広島市中区)
 鹿児島    12月 9日(金)宝山ホール(鹿児島県文化センター)
                        (鹿児島県鹿児島市)
 船橋      12月12日(月)サン・グランドホテル船橋(千葉県船橋市)
 東京      12月15日(木)みずほ情報総研株式会社(東京都千代田区)
 秋田      12月16日(金)アキタ・スクエア(秋田県秋田市)
 浜松      12月21日(水)アクトシティ浜松 研修交流センター
                           (静岡県浜松市)
 名古屋    12月22日(木)愛知県産業労働センター ウインクあいち
                          (名古屋市中村区)
 横浜    1月11日(水)かながわ労働プラザ(横浜市中区)
 高松    1月16日(月)サンポートホール高松(香川県高松市)
 岡山       1月17日(火)オルガビル(岡山市北区)
 東京       1月18日(水)みずほ情報総研株式会社(東京都千代田区)
 さいたま  1月23日(月)大宮ソニックシティ(さいたま市大宮区)
 高崎       1月26日(木)高崎商工会議所(群馬県高崎市)

  時間はいずれも13:00〜16:00(広島会場のみ14:00〜17:00)
[参加費]無料
 http://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2011/positiveaction.html
                                   (セミナーの詳細及び参加申込)
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku04/
                  (ポジティブ・アクションについて)
……………………………………………………………………………………………
3.「リスク分散の適地」北海道立地環境セミナー

◆北海道経済産業局、北海道、中小機構北海道支部では、北海道の優れた立地
環境を理解いただき、「ビジネスの場」として北海道に目を向けていただくた
めのセミナーを全国3カ所で開催します。
[日時、場所]
 12月13日(火)14:00〜16:00 ホテル フロラシオン青山(東京都港区)
 12月14日(水)13:30〜15:30 キャッスルプラザ(名古屋市中村区)
 12月15日(木)14:00〜16:00 ホテルモントレ大阪(大阪市北区)
[参加費]無料 [定員]各100名
 http://www.hkd.meti.go.jp/hoksi/20111115/index.htm

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆東北地域◆◆◆

4.元気TOHOKUものづくりシンポジウム」の開催

◆東北経済産業局では、東北地域から日本のものづくりが進むべき未来を描き、
東北地域の企業の取り組みを広く情報発信していくことを目的に、シンポジウ
ムを開催いたします。

[日時]12月6日(火)13:30〜19:00
[場所]ホテルメトロポリタン仙台(仙台市青葉区)
[参加費]無料
 http://genkitohoku.jp/
……………………………………………………………………………………………
5.平成23年度経済産業省第三次補正予算等施策説明会の開催

◆東北経済産業局では、第三次補正予算に盛り込まれた、復旧・復興に向けた
各種施策の説明会を開催します。

[日時・場所]
 秋田 11月29日(火)13:30〜15:30 メトロポリタン秋田(秋田県秋田市)
 山形 12月 1日(木)13:30〜15:30 山形商工会議所(山形県山形市)
 会津若松 12月 6日(火)13:30〜15:30 会津若松商工会議所
                         (福島県会津若松市)
 いわき  12月 7日(水)13:30〜15:30 いわきワシントンホテル椿山荘
                         (福島県いわき市)
 郡山 12月 8日(木)13:30〜15:30 ホテルプリシード郡山
                           (福島県郡山市)
 福島 12月 9日(金)13:30〜15:30 ホテル福島グリーンパレス
                           (福島県福島市)
 八戸 12月12日(月)13:30〜15:30 八戸商工会議所(青森県八戸市)
[参加費]無料 [定員]各会場100名
 http://www.tohoku.meti.go.jp/s_ki_richi/topics/pdf/111116setsumeikai_3hosei.pdf

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

6.中小機構虎ノ門セミナー
 「不確実な電力供給時代のエネルギーマネジメント」の開催

◆(独)中小機構では、東日本大震災以降、企業の最重要テーマになったエネ
ルギー・電力問題について、今後の予想や中小企業が取り組むべき対策につい
て解説し、実対策に取り掛かかるキックオフの場となるセミナーを開催します。

[日時]12月8日(木)14:00〜16:30
[場所]中小機構本部(東京都港区)
[参加費]無料 [定員]50名(申し込み先着順)
 http://www.smrj.go.jp/jinzai/tokutei/063593.html
……………………………………………………………………………………………
7.東京都デザイン普及啓発セミナーの開催

◆(公財)東京都中小企業振興公社では、これからのデザインのあり方につい
て、「スマートデザイン」をキーワードに分かりやすく解説するセミナーを開
催します。

[日時]12月6日(火)13:30〜15:30
[場所]東京都立産業貿易センター浜松町館(東京都港区)
[参加費]無料 [定員]100名(先着順)
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1110/0005.html
……………………………………………………………………………………………
8.無料省エネルギー診断の実施

◆(財)東京都環境整備公社では、中小規模事業所向けに無料省エネ診断を実
施しています。技術専門員が直接事業所へ伺い、電気やガスのエネルギーの使
用状況や設備の運用方法を確認し、事業所に適した改善策を提案します。

 http://www.tokyo-co2down.jp/c1-jigyou/j1/
……………………………………………………………………………………………
9.東京都足立区「創業支援館かがやき」入居者の募集

◆足立区では、意欲ある起業家を積極的に支援するため、低廉な賃料で使用で
きる事務所スペースを提供しています。 千住一丁目創業支援館「かがやき」
は、東京芸術センターの11階にあります。

[募集する部屋の入居予定日]
 4号室:平成24年1月1日(日)入室
 7号室:平成24年3月1日(木)入室
 8号室:平成24年3月1日(木)入室
[申込み期限]11月30日(水)(郵送の場合は必着)
 http://www.city.adachi.tokyo.jp/005/d03700384.html
……………………………………………………………………………………………
10.「あなたのビジネスに役立つ色彩活用術」セミナーの開催

◆東京商工会議所台東支部では、色彩心理の基礎から色彩が経営に与える効果
などについて学ぶセミナーを開催します。

[日時]12月16日(金)14:00〜16:00
[場所]台東区民会館(東京都台東区)
[参加費]無料
 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-41591.html
……………………………………………………………………………………………
11.ビジネスプラン作成講座の開催

◆(公財)神奈川産業振興センターでは、「創業を目指す方・ビジネスアイデ
アをお持ちの方」を対象としたビジネスプラン作成講座を5回シリーズで開催
します。

[日時](第1回)12月17日(土)13:00〜17:00
     (第2回) 1月14日(土)13:00〜17:00
     (第3回) 1月28日(土)13:00〜17:00
    (第4回) 2月 4日(土)13:00〜17:00
    (第5回) 2月11日(土)13:00〜17:00
[場所] 神奈川中小企業センタービル(横浜市中区)
[参加費]10,000円(5回分) [定員]20名
 http://www.kipc.or.jp/content/view/972/115/
……………………………………………………………………………………………
12.冬の省エネ経営セミナーの開催

◆横浜市では、中小企業者がすぐ取り組める対策を中心に、事業の継続性を確
保するための方策を考えるセミナーを南部地域、北部地域の2回開催します。

<南部地域>
[日時]12月7日(水)14:00〜17:30
[場所]横浜市工業技術支援センター(横浜市金沢区)
[参加費]無料

<北部地域>
[日時]12月22日(木)14:00〜17:30
[場所]都筑区役所(横浜市都筑区)
[参加費]無料
 http://joint.idec.or.jp/syoene/
……………………………………………………………………………………………
13.第2回公的補助金活用セミナー兼個別相談会開催の開催

◆(公財)神奈川産業振興センターでは、中小企業の新製品・技術開発を促進
するため、補助金の交付や特許料の軽減、債務保証に関する枠の拡大などの措
置が受けられる中小企業技術革新(SBIR)制度説明と個別相談会を開催します。

[日時]12月15日(木)13:30〜15:00(セミナー)
           15:00〜16:30(個別相談会)
[場所]神奈川中小企業センタービル(横浜市中区)
[参加費]無料
 http://www.npo-pro.com/sbir/
……………………………………………………………………………………………
14.「”仕事力”ブラッシュアップセミナー」の開催

◆神奈川県中小企業団体中央会では、業務に活かせる「整理・収納術」や「時
間管理術(タイムマネジメント)」の視点から、仕事のパフォーマンスを上げ
るノウハウを学ぶセミナーを開催します。

[日時]12月6日(火)13:30〜16:50
[場所] 横浜酒販会館(横浜市中区)
[参加費]2,000円(神奈川県中央会会員組合の企業は1,000円)
 http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/topics/topic.asp?Id=6530&wn=

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中部地域◆◆◆

15.平成23年度 特許侵害警告模擬研修の開催

◆(独)工業所有権情報・研修館では、特許侵害警告を受けた場合の対処法に
ついて、実践的な指導や解説を行う受講生参加型の研修を開催します。また、
模倣品を発見した場合の対処法も参考情報として提供します。

[日時]平成24年1月16日(月)13:00〜18:00
[場所]名古屋商工会議所(名古屋市中区)
[参加費]6,000円(中小企業の方は無料)[定員]30名
[申込締切]12月19日17:00
 http://www.inpit.go.jp/jinzai/kensyu/venture/mogikenshu/23kenshu_shingai_2.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆近畿地域◆◆◆

16.「水ビジネス・シンポジウム in 関西」の開催

◆近畿経済産業局では、環境・水分野で企業の海外ビジネス展開を支援するた
め、中国から政府関係者やユーザー企業を招き、現地の詳細なビジネスニーズ
や日本企業への期待などを紹介するシンポジウムを開催します。

[日時]12月13日(火)10:00〜17:00
[場所]追手門学院大阪城スクエア(大阪市中央区)
[参加費]無料(ただし、交流会参加の場合は3,000円)[定員]150名
 http://www.kansai.meti.go.jp/5-1shiene/h23waterbusiness_symposium/
h23waterbusiness_symposium.html
……………………………………………………………………………………………
17.チームマネジメントを創る「リーダーシップ力強化研修」

◆尼崎商工会議所では、リーダーとして自らの役割認識を強め、チームの方向
性を明確にし、部下のモチベーションや目的意識などを引き出すコミュニケー
ション手法を習得する研修会を開催します。

[日時]12月6日(火)、12月13日(火)13:00〜17:00
[場所]尼崎商工会議所(兵庫県尼崎市)
[参加費]20,000円(尼崎商工会議所会員18,000円)[定員]15名
 http://www.amacci.or.jp/seminar/leader1112/

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中国地域◆◆◆

18.中国地域太陽電池フォーラム「産学官ビジネスマッチング交流会」の開催

◆中国経済産業局では、太陽電池分野における「世界に向けた部素材・製造装
置の供給基地となる」ことを目標に、研究者とメーカーとの連携体制を構築す
るためのビジネスマッチング交流会を開催します。

[日時]12月13日(火)13:00〜17:00(懇親会17:30〜19:00)
[場所]広島国際会議場(広島市中区)
[参加費]無料(懇親会出席の場合は3,000円必要)[定員]100名
 http://www.pvforum.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★支援機関ニュース★

◆実感してください、『小規模企業共済』の節税効果!

中小機構が運営する「小規模企業共済制度」の掛金は税法上、「小規模企業共
済等掛金控除」として、各年の課税対象となる所得金額から控除できます。
また、1年以内の前納掛金も課税所得金額からの控除対象となります。

 http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/020350.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業ビジネス支援サイト【J-Net21】

繁盛するお店には理由がある!店舗力UPを目指す特集「入店率、リピート率の
高いお店になる“店舗力診断シート”」を公開しています。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/akinai/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業関係機関リンク集
 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★編集後記★

◆いつもe−中小企業ネットマガジンをご愛読いただきまして、どうもありが
とうございます。

あと一ヶ月でクリスマス。そろそろクリスマスケーキの予約をと考えておられ
る方も多いと思います。

ガラスケースの中には、たくさんのケーキやお菓子が並んでいますが、中でも、
イチゴのショートケーキは“ケーキの王様”のような存在です。

古代ギリシャ発祥で紀元前776年の第一回古代オリンピックに出場した選手に
振る舞われたのがチーズケーキ。
夏に体を冷やすための健康食品だったシャーベットを楽しむために求めたのは
古代ローマのジュリアス・シーザー。

このほかにもチョコレートケーキはオーストリア、パイやミルフィーユはフラ
ンスとヨーロッパ発祥の歴史あるスイーツが、後に日本に伝わったケースが多
いです。

これに対して、ショートケーキは昭和初期に日本で生まれ、冷蔵技術が発達し
た戦後に全国に普及したもので、海外では、今もほとんど作られていません。
英語圏で「ストロベリー ショート ケイク」と言うと、ビスケットに生ク
リームとイチゴをはさんだものが出てくるそうです。

スポンジに生クリーム、上にイチゴというのが定番で、極めてシンプルな構造
ですが、パティシエの方々が、細部にこだわりを持って作り上げ、伝統を守り、
改良を重ねてきました。とても日本らしいスイーツと言えます。

2年前にパティシエ世界選手権でフランス代表キャプテンだったサントス・ア
ントワーヌさんは「間違いなく日本のスイーツのレベルは世界一」と言ってい
ます。

クリスマスに美味しくいただくスイーツを楽しみに、師走をもう一踏ん張りし
たいものです。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。(S.K.)

中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ!
 chusho-netmagazine@meti.go.jp

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

戻る