■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

□━━━━━━━━━━━Vol.485/2011. 6.22━━━━━━━━━━━━━□

<今週のインデックス>

★巻頭コラム★「「琉球島和牛」ブランドを立ち上げ」

★こんにちは!中小企業庁です★
 「経済産業省広報誌「METI Journal」最新号のお知らせ」など

★今週のトピックス★
【東北地域】1.被災者支援施策説明・ワンストップ相談会
       (仙台市、気仙沼市)の開催
      2.「海外の放射能規制に係る輸出対策セミナー」の開催

【関東地域】3.一緒に作ろう!BCP(事業継続計画)策定講座の開催
      4.省エネルギー相談会の開催 
      5.「東京しごとの日」ファミリーデー実施企業の募集
       6.「東京ワークライフバランス認定企業」の募集 
 
【中部地域】7.「セミナーinなごやサイエンスパーク」(第4回)の開催
 
【近畿地域】8.ワークショップ「デザイン発想(プロダクトデザイン編)
        実践的なプロセスとバランスのとれた発想法」の開催
      9.経理業務改善もできる!パソコン会計活用セミナーの開催 
      10.「中小企業のための「節電」・「省エネ」対応セミナー」
      11.京都工業会・中小機構連携「イノベーション創出交流会」
      12.セミナー「『響く』PRで採用活動は今の3倍上手くいく!」

【中国地域】13.「店舗活性化セミナー」の開催

★支援機関ニュース★
 「中小企業ビジネス支援サイト【J-Net21】」など

★編集後記★

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
              ★巻頭コラム★
        「「琉球島和牛」ブランドを立ち上げ」

◆お産を経た母牛のことを「経産牛」と呼ぶ。母牛が黒毛和牛なら子牛たちも
高級ブランド牛として育っていく。一方、母牛はお産という役割を終えると価
値がなくなり、仮に市場に出されても下からのランクになり、せいぜいミンチ
の材料にされるのが落ちといわれる。生産農家にとっても母牛は頭痛のタネに
なっている。

◆沖縄産黒毛和牛の母牛に注目したのが琉風(株)(那覇市、河野圭一社長)
だ。沖縄食材の流通卸を手掛け、親会社である飲食店経営のワールド・ワン
(神戸市、同社長)などに供給している。ちなみに河野社長は元プロレスラー、
琉風の沖縄責任者の粟國尚貴氏は高校ラグビー強豪校の元プロップ。体育会系
でウマが合う。この2人がある離島に視察に出掛けた際、こうした経産牛の実
情を知った。

◆「これを何とかできないか」と粟國氏は考えた。そして経産牛をブランド商
品化するための仕組みが必要と考えた。肉質を高め従来のブランド牛とは異な
る土俵で、美味しくて値段の手頃な新ブランド牛を実現するためには、まず沖
縄の連携体を作る必要があると。このため互いに強みを持ち寄って新商品を生
み出す、中小機構の農商工連携事業を活用した。

◆その連携体の特徴はブランド豚(アグー豚)の開発実績のある県立北部農林
高校が入っていること。飼料の作り込みや肉質改善などを、授業に組み入れて
行う。出産後再肥育するのは普通の子牛から育てるのと違ったノウハウがいる
が、高校生たちは熱心に挑戦した。経産牛に関するノウハウを持つ山原牧場と
も連携を組んだ。

◆琉風が流通、ワールド・ワンが販売を担当し生産から販売までの点が線につ
ながった。ブランド名は「琉球島和牛」。4月から5月にかけ沖縄ファミリー
マートの全204店舗で4週間の計画で琉球島和牛を使った「カルビ重弁当」な
どを販売し、何と1週間で売り切れた。一方、安心安全を徹底するため6月か
ら全頭の菌検査を行っている。沖縄の新たな市場が回り出す日も近い。
(編集子)
       
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
         ★こんにちは! 中小企業庁です!★

被災された皆さま方に心からお見舞いを申し上げます。
……………………………………………………………………………………………
        ☆☆☆今週のトップニュース☆☆☆

◆経済産業省広報誌「METI Journal」最新号のお知らせ

「METI Journal 7月号」がホームページにアップされました。
 http://www.meti.go.jp/publication/journal/journal_new.html

<特集> 被災地の事業活動の「いま」
     復興を目指して「わが町」ではたらく!

大地震、津波によって残された深い爪痕。傷が癒えるまでには長い時間を要し
ますが、うつむいているばかりではありません。支援策を活用して「わが町」
の復興を期す、被災地の姿をお届けします。

<特集> 企業も、家庭も、商店も、スクラムを組んで15%節電へ

7月1日から「15%節電」が、本格的にスタートします。対象となるのは、
東京電力と東北電力管内の1都15県。電力使用量が急増する夏場へ向け、
大規模停電を引き起こさないためにも家庭や企業、地域社会が一丸となった
取り組みが求められています。
         
<Special Report> 工業製品の風評払拭のために
東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の放出により、我が国の
輸出向け工業製品が放射性物質に汚染されているのではないかと、海外の政府
や事業者から厳しい視線が向けられています。経済産業省の取組についてご紹
介します。

<Top Interview>
「反省しても後悔するな」
 (財)地球環境産業技術研究機構・副理事長、エネルギー環境工学研究者
  茅 陽一さん
……………………………………………………………………………………………
◆政府の節電ポータルサイトでの「節電行動計画」作成のお願い

資源エネルギー庁では、今夏に向けた節電の取組として、小口需要家(契約電
力500kW未満の事業者※)の皆様に、節電行動計画を自主的に作成していただく
ことをお願いしています。

節電行動計画を、政府の節電ポータルサイト内のツールでご作成いただいた場
合、その計画は同サイトに登録・公開されます(登録は既に可能、公開は7月1
日より開始)。
ぜひ、このツールをご活用いただき、更なる節電へのご協力をお願いします。

※オフィスビル、卸・小売店、食品スーパー、医療機関、ホテル・旅館、飲食
 店、学校、製造業(工場)等の全ての小口需要家が対象となります。
 https://jigyo.setsuden.go.jp/plan/
……………………………………………………………………………………………
◆出張節電説明会の開催

中小企業支援団体などが主催され、東京電力・東北電力管内の小口需要家(主
に低圧受電)の皆様を対象とした節電についての説明会を開催する場合、説明
員を派遣し、節電行動計画の説明や節電方法を紹介します。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://jigyo.setsuden.go.jp/session/
……………………………………………………………………………………………
◆小口需要家向け節電説明会の開催(東北地方)

東北電力管内の小口需要家向けに、具体的な節電方法の紹介や、節電行動計画
の策定・登録などに関する節電説明会を順次開催しています。

[日時・場所]
【山形】6月23日(木)13:30〜 山形テルサ(山形県山形市)定員:350名
【福島】6月24日(金)13:30〜 南東北 総合卸センター 共同組合
              (福島県郡山市) 定員:400名
【宮城】6月27日(月)13:30〜 仙台国際センター(宮城県仙台市)
               定員:450名
[参加費]いずれの会場も無料
 http://www.setsuden-support.jp/
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業庁と日本弁護士連合会の連携の拡充について
(共同コミュニケの策定)

中小企業庁と日本弁護士連合会は、中小企業の法的課題解決の支援に取り組ん
でいるところですが、東日本大震災への対応も含め、両者の連携をより強化し
ていくこととし、共同コミュニケを策定しました。 
 
詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/110615Comu.htm
……………………………………………………………………………………………
         ☆☆☆今週の主なニュース☆☆☆

◆「就職応援フェア」の開催

やる気のある若手人材と、人材を求める中小企業との出会いをサポートするた
め、被災地において合同就職説明会を開催します。参加企業の募集も行ってい
ます。人材の対象は、大学4年生・短期大学2年生・専門学校2年生・今春大学
等卒業の未内定者・内定取り消し者・若手社会人など。

<千葉県>
[日時]6月30日(木)11:00〜17:00
[場所]船橋市民文化創造館(きららホール)(千葉県船橋市)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/jinzai.htm
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業等の施設設備の復旧整備補助事業の募集開始

1.中小企業などが一体となって進める復興事業計画に不可欠な施設・設備の
 復旧に対する補助
2.商工会・商工会議所の施設等の復旧に対する補助
3.事業協同組合等の中小企業組合の共同施設等の復旧に対する補助
 以上について、募集を行っています。

1.については、
[募集期限]6月24日(金)まで
[申請]青森県、岩手県、宮城県の担当課まで
(福島県においては、別の時期に募集が行われる見込みです。)
2.3.及び詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/110609Eq-Fukkyu.htm
……………………………………………………………………………………………
◆「DREAM-MATCH PROJECT」(ドリーム・マッチプロジェクト)の開始

経済産業省では、若い人材を採用して成長したいとする中小企業と社会に出て
活躍したいとする新卒者などとのマッチングを支援するプロジェクトの今年度
事業を開始しました。
イベントを通じた面接・選考やオンライン企業説明会などを実施します。 

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://dream-match.jp
……………………………………………………………………………………………
◆規模別製造工業生産指数(中小企業製造工業生産指数)4月分確報

平成23年4月分確報値を公表いたしました。詳細は、以下のサイトをご覧くだ
さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.htm
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業庁HPに「東日本大震災関連情報」特設サイトを開設中

被災された中小企業の皆さんなどに関連する様々な情報をタイムリーにお知ら
せします。是非ご活用下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆携帯用サイト「モバイル中小企業庁」

「東日本大震災」関連情報が検索しやすくするとともに、特別相談窓口の電話
番号を掲載し、直接電話ができるようにしています。
iモードなどの震災関連情報からもアクセスできます。是非ご活用ください。
 http://chusho.mjmk.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                         ★今週のトピックス★

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆東北地域◆◆◆

1.被災者支援施策説明・ワンストップ相談会(仙台市、気仙沼市)の開催

◆東北経済産業局などでは、被災事業者を支援するため、平成23年度一次補正
予算に基づく国の支援施策などについての説明を行うとともに、被災事業者の
個別相談会も開催します。

【仙台市】
[日時]6月24日(金)13:30〜15:30
[場所]仙台商工会議所(仙台市青葉区)
[参加費]無料
 http://www.tohoku.meti.go.jp/s_cyusyo/topics/pdf/110606soudankai_2.pdf

【気仙沼市】
[日時]6月27日(月)13:30〜15:30
[場所]気仙沼市魚市場(宮城県気仙沼市)
[参加費]無料
 http://www.tohoku.meti.go.jp/s_cyusyo/topics/pdf/110610soudankai.pdf
……………………………………………………………………………………………
2.「海外の放射能規制に係る輸出対策セミナー」の開催

◆東北経済産業局、東北農政局などでは、各国の輸入規制に対する政府の取り
組み、放射線検査の申請方法などについて、実務的に解説するセミナーを開催
します。

[日時]6月28日(火)10:00〜12:00
[場所]宮城県自治会館(仙台市青葉区)
[参加費]無料 [定員]100名
 http://www.tohoku.meti.go.jp/s_kokusai/topics/110614seminar.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

3.一緒に作ろう!BCP(事業継続計画)策定講座の開催

◆東京商工会議所では、BCPの必要性を感じていながらも、どのように策定
していいか分からないと、お悩みの中小企業向けに勉強会を開催します。

[日時]7月12日(火)・21日(木)・25日(月)・8月1日(月)4日間
   (全日9:30〜12:00)
[場所]東京商工会議所(東京都千代田区)
[参加費]12,000円(東京商工会議所会員は3,000円) [定員]30社
 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-40281.html
……………………………………………………………………………………………
4.省エネルギー相談会の開催 

◆東京都では、節電対策の推進や省エネ改修などについて、助成事業の説明や
省エネビジネス事業者と無料相談ができる省エネルギー相談会を開催します。 

[日時]6月30日(木) 13:30〜16:30
[場所]江東区総合区民センター(東京都江東区)
[参加費]無料 
 http://www.tokyo-co2down.jp/c1-jigyou/j4/post-17.php 
……………………………………………………………………………………………
5.平成23年度「東京しごとの日」ファミリーデー実施企業の募集
 
◆東京都では、働く人のワークライフバランス推進の気運を醸成するため、
「東京しごとの日」(本年8月5日)を設定し、普及啓発イベントなどの取組み
を行います。 その一環として7月〜8月の期間に従業員の家族が職場を訪問する
「ファミリーデー」を実施する企業を募集しています。 

[募集期間]8月12日(金)まで
 http://www.twd.metro.tokyo.jp/familyday_procedure.html
……………………………………………………………………………………………
6.「東京ワークライフバランス認定企業」の募集 
 
◆東京都では、従業員が仕事と生活を両立しながら、いきいきと働き続けられ
る職場の実現に向けて、優れた取組を実施している中小企業を募集しています。

[募集期限]7月29日(金)まで
 http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/ikiiki/index.html#nagare

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中部地域◆◆◆

7.「セミナーinなごやサイエンスパーク」(第4回)の開催
 
◆中小機構中部支部では、産業技術総合研究所中部センター、名古屋産業振興
公社研究推進部とともに、「知らないと損をする!共同研究と産学連携の活用」
をテーマにセミナーを開催します。 

[日時]7月6日(水)13:30〜16:00
[場所]名古屋市サイエンス交流プラザ(名古屋市守山区)
[参加費]無料 [定員]100名 
 http://www.smrj.go.jp/incubation/nagoya/seminar/059810.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆近畿地域◆◆◆

8.ワークショップ「デザイン発想(プロダクトデザイン編)
 実践的なプロセスとバランスのとれた発想法」の開催

◆大阪府産業デザインセンターでは、デザインの進化を現場からどう取り組み、
発展させるか、バランスのとれた発想法を考えるワークショップを開催します。

[日時]7月7日(木)・14日(木) 各日 14:00〜17:00
[場所]マイドームおおさか(大阪市中央区)
[参加費]8,000円(2日間)[定員]30名(先着申込順)
 http://www.pref.osaka.jp/mono/oidc/h23_2.html
……………………………………………………………………………………………
9.経理業務改善もできる!パソコン会計活用セミナーの開催 

◆尼崎商工会議所では、会計ソフトを活用しての経理業務改善をテーマに、経
理の基礎から経理コストの削減やさらに決算書の見方まで習得できるセミナー
を開催します。

[日時]7月7日(木)・14日(木)13:00〜17:00
[場所]尼崎商工会議所(兵庫県尼崎市)
[参加費]20,000円(尼崎商工会議所会員15,000円)
[定員]15名(定員になり次第、締切り) 
 http://www.amacci.or.jp/seminar/paso_kaikei1107/
……………………………………………………………………………………………
10.「中小企業のための「節電」・「省エネ」対応セミナー」の開催

◆大阪商工会議所では、企業の皆様の「節電」・「省エネ」対策を支援するた
め、今後の電力供給の見通しや、中小企業が今すぐ容易に取り組める節電・省
エネ対策ポイントなどを分かりやすく解説するセミナーを緊急開催します。

[日時]6月30日(木)13:30〜16:30
[場所]大阪商工会議所(大阪市中央区)
[参加費]3,000円(大商会員1,000円)
 http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/230630sdse.pdf
……………………………………………………………………………………………
11.京都工業会・中小機構連携「イノベーション創出交流会」の開催
 
◆中小機構近畿支部では、企業の交流と連携構築を促進し、ものづくり活力を
創出するための交流会を開催します。特別講演のほか、京大桂ベンチャープラ
ザ入居企業による発表などを行います。

[日時]7月12日(火)13:00〜18:30
[場所] 京都工業会館(京都市右京区)
[参加費]無料(ただし懇親会参加の場合は3,000円)
 http://www.smrj.go.jp/incubation/kkvp/seminar/059964.html
……………………………………………………………………………………………
12.セミナー「『響く』PRで採用活動は今の3倍上手くいく!」の開催

◆豊中商工会議所では、中小企業のための人材確保戦略の構築に向けたセミ
ナーを開催します。

[日時]7月21日(木)13:30〜16:30
[場所]豊中商工会議所(大阪府豊中市)
[参加費]無料
 http://www.ooaana.or.jp/seminar/2011/jinzaikakuhosenryaku/

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中国地域◆◆◆

13.「店舗活性化セミナー」の開催

◆広島市中小企業支援センターでは、小売店のコンセプト(こだわり)を明確
にした店づくりを行う方法を学ぶセミナーを開催します。

[日時]7月11日(月)13:30〜16:30
[場所]まちづくり市民交流プラザ(広島市中区)
[参加費]1,000円 [定員]50名(先着順。定員になり次第締切)
 http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/shousai.cgi?no=3

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★支援機関ニュース★

◆中小企業ビジネス支援サイト【J-Net21】
「資金調達ナビ」なら、全国の公的機関から発表された資金・助成金情報を、
目的や方法に応じて、簡単に検索できます。

 http://j-net21.smrj.go.jp/raise/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業関係機関リンク集

 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
             ★編集後記★

◆いつもe−中小企業ネットマガジンをご愛読いただきまして、どうもありが
とうございます。

「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」「宇宙海賊キャプテンハーロック」と
宇宙を舞台にした漫画を世に送り出した松本零士さん。昭和13年の生まれです。

漫画は小学5年の時から描いていました。授業中に描いているところを、しば
しば先生に見つかりましたが、「そんなに好きなら描いてもいい。でも、ここ
は大事という時は、授業に集中して。」と言われたそうです。

この桝屋タマエ先生は厳しく、往復ビンタされることもありましたが、一方で
は、学級文庫をつくって、松本さんの漫画もそっと加えてくれました。

松本さんの父親は戦時中、陸軍航空隊のパイロットでした。戦争から戻ってき
ましたが、士官学校の同期で唯一生き残ったということで、申し訳ないという
思いを常に持っていました。貧乏で生活が苦しい中、民間パイロットへの誘い
も何度かありましたが、操縦桿を握ることは二度とありませんでした。

そんな父が松本少年に「南方は星が綺麗なんだ。南十字星も見えた。夜は星の
またたきしか見えないんだ。まるで星の海にいるみたいだ。宇宙もあんな感じ
なんだろうな」とよく話してくれました。

松本さんは18歳で東京へ行き、漫画家を目指す決意をします。父は「お前自身
で決めたんだな」と賛成してくれました。

小倉から東京まで24時間。松本少年の夢をのせた列車は、未来世界へと続く
「銀河鉄道」だったに違いありません。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。(S.K.)

中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ! 
 chusho-netmagazine@meti.go.jp

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

戻る