■■  
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■    
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html 
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

□━━━━━━━━━━━Vol.458/2010.12. 1━━━━━━━━━━━━━□

<今週のインデックス>

★巻頭コラム★「「麦ごはん」にこだわり続けて60年」
  
★こんにちは!中小企業庁です★〜中小企業庁から最新情報のお知らせです〜
  「年末に向けた中小企業金融対策」など

★今週のトピックス

【北海道地域】1.平成22年度「北の匠プロジェクト」成果報告会 in 旭川
       2.省エネルギー・地球温暖化対策のための「国内クレジット
        制度」活用セミナーの開催

【関東地域】3.「第171回 産学交流サロン」の開催
       〜パワーエレクトロニクス&スマートグリッド〜
      4.「第172回産学交流サロン」の開催〜潜在価値のある食材を
       活かして新たなフードサプライチェーンを構築する〜
      5.「第5回 創エネ技術研究会」の開催
       〜創エネ・省エネ・HEMSとエネルギー自立ロハスの家〜
      6.「第3回 横浜・金型加工技術研究会」の開催

【近畿地域】7.テクノフロンティア堺の入居者募集
      8.「経営ゼミ 明日からすぐできる“シンプルな”21の行動
       プラン策定講座」の開催
      9.「投資協定・経済連携協定(投資章)」セミナーの開催

【中国地域】10.「経営者のための日常管理実践セミナー」の開催

【九州地域】11.「販売戦略GOアップセミナー&個別相談会」の開催

★支援機関ニュース★
  「「年末金融あんしん相談窓口」の設置」
  「中小機構の産業用地の分譲制度の見直し」など

★調査・研究レポート★

★編集後記★

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                         ★巻頭コラム★                    
       「「麦ごはん」にこだわり続けて60年」

◆「麦ごはん」は健康に良いと言われるが、一般には、なじみが薄いのではな
いだろうか。豊橋糧食工業(株)(愛知県豊橋市:伴野乙彦代表取締役社長)
は、昭和21年の創業開始以来60年余り、麦ごはん製造一筋だ。原料の大麦は国
産のみを使用し、「無洗米の麦ご飯」や麦の黒いすじを極限まで細くした「白
い麦ご飯」などを開発・販売してきた。

◆麦ごはんの消費は、戦後まもなくは年間約 100万トンだったが、今は2〜3
万トンになっている。かつては、米の価格が高くて、仕方なく麦を混ぜて量を
増やしていたとも言われる。当時から、脚気になりにくく身体に良いと言われ
ていたのも事実だ。食物繊維は非常に豊富で、胃腸の調子を整え、コレステロ
ールも押さえるという。

◆栄養価が認められている一方、なかなか消費が伸びない。豊橋糧食工業(株)
では、平成18年度に発芽させた大麦の周りを削って、蒸気で過熱し、ローラー
でつぶす「発芽押麦」を製品化させた。これ以前にも発芽させた大麦の製品や
押麦の製品はあったが、発芽と押麦の両方の要素を取り込んだものは日本で初
めてだ。実は技術的に相当難しかったという。

◆発芽している大麦は柔らかくなり、従来の方法では砕けてしまい、加工でき
ない。発芽大麦を粒として残したまま製品にするため、加工方法は根本から考
え直さなければならなかった。4年の開発期間をかけ、栄養価はもちろん、香
ばしい香りと自然の甘みが広がる製品が完成した。

◆ネット販売では着実にリピーターが増えているが、課題は、やはり販路の開
拓だ。パートナーを求めて、今年度の「中小企業総合展」にも出展し、PRし
た。徐々に病院での食事や学校での食育など広がりつつある。毎日、日本人が
主食としている「ごはん」でより健康に。麦ごはんは多くの可能性を秘めてい
ることは間違いない。(S.K.)               

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
         ★こんにちは! 中小企業庁です!★

中小企業を全力をあげて応援します!
……………………………………………………………………………………………
         ☆☆☆今週のトップニュース☆☆☆

◆年末に向けた中小企業金融対策

資金需要が高まる年末に向けて、総額15兆円規模の資金繰り支援策を実施する
ための平成22年度補正予算(5653億円)が成立したことを踏まえ、以下のとお
り具体的支援を実施します。

1.借換え・条件変更の推進 
2.既存の資金繰り対策の積極的な利用(新規資金ニーズへの対応) 
3.金融機関に対する中小企業金融の円滑化に向けた配慮要請 
4.相談窓口の拡充 
5.全国各地での意見交換の実施 

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2010/101129YearEndAction.htm
……………………………………………………………………………………………
◆「安心・安全 キッズデザイン」の動画を公開中

キッズデザインとは、子どもが安心・安全で、健やかに成長・発達するように
配慮されたデザインのことです。
経済産業省では、キッズデザインによる製品の拡大・普及に向けた取組につい
て、政府インターネットテレビに動画を掲載しております。
ぜひご覧ください。
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4021.html
……………………………………………………………………………………………
         ☆☆☆今週の主なニュース☆☆☆

◆平成22年度地域商業活性化事業(平成22年度補正予算事業)の公募

1.商店街振興組合などが実施する、商店街への来街者減に歯止めをかける取
 組や空き店舗を活用した事業について、公募を行っています。
 (集客力向上促進事業、商店街における新事業展開支援事業)

2.買い物の場所や移動手段などの日常生活に不可欠な機能が弱体化している
 ことを踏まえ、買物弱者の生活利便性を向上させる事業について、公募を
 行っています。(買物弱者対策支援事業)

<申請先>
 市区町村の商業振興担当課を通じて、所管の経済産業局に提出。

<公募期間>
 11月24日(水)〜12月15日(水)(経済産業局に17時必着)

※詳細は、以下サイトをご覧下さい。
 1.http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2010/101117LocalRevitalizeKoubo.htm
 2.http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2010/101122ShoppingWeakerKoubo.htm
……………………………………………………………………………………………
平成22年度補正予算地域イノベーション創出研究開発事業の公募

◆経済産業省では、地域において産学官連携による事業化に直結する実用化技
術開発を促進することにより、新産業の創出につながる研究開発事業の提案公
募を行っています。
<提出先>
 各地の経済産業局

<公募期間>
 11月5日(金)〜12月13日(月)

※詳細は、以下サイトをご覧下さい。 
 http://www.meti.go.jp/information/data/c101105aj.html
……………………………………………………………………………………………
◆「下請取引適正化セミナー2010」の開催

下請取引適正化施策や下請かけこみ寺の相談事例、親事業者の下請取引適正化
に向けた取組事例の紹介を行う下請取引適正化推進に向けたセミナーを開催し
ます。参加費は無料です。

[福岡]12月 8日(水)13:30〜15:25 エルガーラホール(福岡市)先着150名
[札幌]12月10日(金)13:30〜15:25 北海道経済センター(札幌市)
                               先着150名
 ※名古屋・仙台・広島会場は、終了しました。
 ※下請取引適正化推進シンポジウム2010(東京・大阪会場)は終了しました。

詳細は、以下サイトをご覧ください。
 http://www.shitauke-tekiseika.jp/
……………………………………………………………………………………………
◆「下請代金法トップセミナー」の開催

大企業及び中小企業の管理者クラスの方々を対象としたセミナーを来年 1月ま
で全国47都道府県で開催します。下請法や企業間取引紛争解決に精通した弁護
士によるポイント解説を行います。企業コンプライアンスの確立に向け、是非
ご参加ください。随時受講申込を受付中です。受講料は無料。各回先着50名。

直近の開催予定は、以下のとおりです。
[京都]12月 2日(木)14:00〜16:30 メルパルク京都(京都市) 
[滋賀]12月 2日(木)14:00〜16:30 大津商工会議所(大津市) 
[鳥取]12月 2日(木)14:00〜16:30 鳥取商工会議所(鳥取市)
[和歌山]12月8日(水)14:00〜16:30 和歌山商工会議所(和歌山市) 
[高知]12月14日(火)14:00〜16:30 高知県教育会館高知城ホール(高知市) 
[徳島]12月15日(水)14:00〜16:30 徳島経済センター(徳島市) 
[広島]12月16日(木)14:00〜16:30 アステールプラザ(広島市) 
[兵庫]12月16日(木)14:00〜16:30 神戸商工会議所会館(神戸市) 
[香川]12月16日(木)14:00〜16:30 高松商工会議所(高松市) 
[福井]12月17日(金)14:00〜16:30 福井商工会議所ビル(福井市) 
[岡山]12月17日(金)14:00〜16:30 岡山商工会議所(岡山市) 
[愛媛]12月17日(金)14:00〜16:30 愛媛県生活文化センター(松山市)

その他の開催日程など詳細は、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.shitauke-top.jp/
……………………………………………………………………………………………
◆「下請かけこみ寺」をご活用ください。

全国47都道府県(48か所)に設置している『下請かけこみ寺』では、「納品後
に代金の値引きを求められた」「不当に費用負担を求められた」「代金を支払っ
てもらえない」「突然発注を停止された」等の取引に関する中小企業の様々な
悩みの相談に相談員や弁護士が親身になって応じ、問題解決に向けたアドバイ
スを無料で行っています。秘密は厳守いたします。

また、中小企業が抱える取引に係る紛争を迅速に解決するため、調停人として
登録された全国の弁護士が、裁判外紛争解決(ADR)の調停手続きを無料で
行っています。
 
詳細は、以下サイトをご覧下さい。
 http://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/
……………………………………………………………………………………………
◆平成22年度下請取引適正化推進セミナー(実務者コース)開催のお知らせ

(財)全国中小企業取引振興協会では、主に企業の資材・購買担当者等実務者
を対象とした1日コースのセミナーを全国で16回開催します。
随時受講申込を受付中です。

受講料:1万4千円(受講料先払い)

12月〜 2月開催分は、次のとおりです。

・下請代金支払遅延等防止法コース【製造業、サービス業の方対象】
[大阪府]12月10日(金)10:00〜17:00 大阪社会福祉指導センター(大阪市)
[愛知県]12月14日(火)10:00〜17:00 名古屋国際会議場(名古屋市)
[東京都] 1月18日(火)10:00〜17:00 東京塗料会館(東京都渋谷区)
[大阪府] 1月20日(木)10:00〜17:00 たかつガーデン(大阪市)
[福岡県] 1月21日(金)10:00〜17:00 福岡県中小企業振興センター(福岡市)
 [東京都] 2月 3日(木)10:00〜17:00 東京ファッションタウンTFTビル東館
                                                      (東京都江東区)
[愛知県] 2月15日(火)10:00〜17:00 名古屋国際会議場(名古屋市)
[東京都] 2月17日(木)10:00〜17:00 東京ファッションタウンTFTビル東館
                                                      (東京都江東区)

詳細は、以下サイトをご覧ください。
 http://www.zenkyo.or.jp/seminar/yuryo.htm
……………………………………………………………………………………………
◆新卒者就職応援プロジェクト(平成22年度下期以降)

実習生及び受入企業の登録受付を再開しています。

実習生の対象を「平成19年9月以降、高等学校、高等専門学校、大学、大学院、
短大、専修学校を卒業(予定)した方で、現在未就業の方」に拡大しています。

詳細は、以下のサイトをご覧ください。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/jinzai.htm
……………………………………………………………………………………………
◆ケータイから見られる「モバイル中小企業庁」開設中

携帯電話専用の中小企業施策検索サイト「モバイル中小企業庁」を用意してい
ます。外出先から、携帯電話で、最新の中小企業支援策などの情報を、簡単に
入手することができます。

ポケットブック「中小企業の皆さんを応援します!」や毎月発行するチラシ
「中小企業を応援します!」12月号も見ることができます。
 http://chusho.mjmk.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                         ★今週のトピックス★

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆北海道地域◆◆◆

1.平成22年度「北の匠プロジェクト」成果報告会 in 旭川の開催

◆北海道経済産業局では、(財)北海道中小企業総合支援センターとともに、道
内の工業高校と地域産業界が連携し、若手ものづくり人材の育成を目的とした
「北の匠プロジェクト」の成果報告会を開催します。

[日時] 12月14日(火)13:30〜15:00 
[場所] ロワジールホテル旭川(北海道旭川市)
[参加費] 無料 [定員]50名
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokij/h22takumi_a/index.htm
……………………………………………………………………………………………
2.省エネルギー・地球温暖化対策のための「国内クレジット制度」活用セミ
 ナーの開催

◆北海道経済産業局では札幌商工会議所とともに、道内でのクレジット制度の
普及促進を目的としたセミナーを開催します。

[日時] 12月17日(金)14:00〜16:30 
[場所] 札幌商工会議所(札幌市中央区)
[参加費] 無料 [定員]100名
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokni/cdm_s/index.htm

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

3.「第171回 産学交流サロン」の開催
〜パワーエレクトロニクス&スマートグリッド〜

◆(財)横浜企業経営支援財団では、地球温暖化防止の諸対策(スマートグ
リッド、再生エネルギーなど)に必要な基本技術である「パワーエレクトロニ
クス」について、紹介するサロンを開催します。

[日時]12月9日(木)15:00〜17:30(〜18:30交流会)
[場所](財)横浜企業経営支援財団(横浜市中区)
[参加費]1,000円
 http://joint.idec.or.jp/koryu/101209.php
……………………………………………………………………………………………
4.「第172回 産学交流サロン」の開催
〜潜在価値のある食材を活かして新たなフードサプライチェーンを構築する〜

◆(財)横浜企業経営支援財団では、全国各地の特産物で未利用となっている
素材から付加価値を創出して商品開発し、首都圏などで消費されるまでの「新
たなフードサプライチェーン」の構築事例を紹介するサロンを開催します。

[日時]12月17日(金)15:00〜18:30
[場所](財)横浜企業経営支援財団(横浜市中区)
[参加費]1,000円
 http://joint.idec.or.jp/koryu/101217.php
……………………………………………………………………………………………
5.「第5回 創エネ技術研究会」の開催
〜創エネ・省エネ・HEMSとエネルギー自立ロハスの家〜

◆(財)横浜企業経営支援財団、(社)横浜市工業会連合会では、エネルギー
の自立や自然共生に関する「ロハス工学」やHEMS(ホームエネルギーマネ
ージメントシステム)技術などの最新状況、CO2発生量ゼロを目指す創エネ
ハウスの紹介を行う研究会を開催します。

[日時]12月10日(金)14:00〜18:10(〜18:40名刺交換会)
[場所](財)横浜企業経営支援財団(横浜市中区)
[参加費]1,000円
 http://joint.idec.or.jp/kenkyu/101210.php
……………………………………………………………………………………………
6.「第3回 横浜・金型加工技術研究会」の開催

◆(財)横浜企業経営支援財団では、「金型」を対象に、「加工技術」に特化
したテーマについて、学界・産業界の協力を得て実践的かつ体系的に技術を学
ぶ研究会を全5回で開催しています。スポット参加も歓迎です。

[日時]12月16日(木)15:00〜17:30(〜18:30交流会)
[場所]横浜市産学共同研究センター(横浜市鶴見区) 
[参加費]2,000円
 http://joint.idec.or.jp/kenkyu/101216.php
 
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆近畿地域◆◆◆

7.テクノフロンティア堺の入居者募集

◆中小機構が運営する試作開発型事業促進施設(大阪府堺市)の居室賃貸申込
を受付中です。オフィスタイプの1室(100平方メートル)です。
[受付期限]12月8日(水) 

このほか、オフィスタイプ1室(65平方メートル)と試作開発棟1室(130平方
メートル)についても随時受付中です。
 http://www.smrj.go.jp/site/kobo/syosai/056669.html
……………………………………………………………………………………………
8.「【経営ゼミ】緊急開催!!明日からすぐできる“シンプルな”21の行動
 プラン策定講座」の開催

◆大阪市の中小企業支援センター「大阪産業創造館」では、不況を突破し、ど
んな時代でも成長できる経営基盤へと強化するための行動プランづくりを行う
全4回の連続講座を開催します。

[日時]1月14日(金)、21日(金)、28日(金)、2月4日(金)
    ※全4回、全て18:30〜20:30
[場所]大阪産業創造館(大阪市中央区)
[参加費]13,000円(税込、交流会費込)[申込締切] 1月6日(木)17:00
 http://www.sansokan.jp/semi/
……………………………………………………………………………………………
9.「投資協定・経済連携協定(投資章)」セミナーの開催

◆近畿経済産業局では、日本が締結した投資協定の概要やその活用事例につい
て紹介するセミナーを開催します。
[日時]12月17日(金) 14:00〜15:30
[場所]近畿経済産業局(大阪市中央区)
[参加費]無料 [定員]50名(定員に達し次第締め切り)
 http://www.kansai.meti.go.jp/2kokusai/seminer/toushi101217.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中国地域◆◆◆

10.「経営者のための日常管理実践セミナー」の開催

◆広島市中小企業支援センターでは、業務目標の達成、問題点の早期発見・解
決などの取組みを円滑に行うことができる日常管理を職場に定着させるための
セミナーを開催します。
 
[日時]1月14日(金)13:30〜17:00
[場所]広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区)
[参加費]1,000円[定員]30名(先着順)
 http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/shousai.cgi?no=13

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆九州地域◆◆◆

11.「販売戦略GOアップセミナー&個別相談会」の開催

◆日本政策金融公庫長崎支店では、長崎市立図書館と(独)中小機構との共催
で、「マーケティングの基本と販売戦略」などについて学ぶセミナーを開催し
ます。

[日時]12月6日(月)13:00〜17:00
[場所]長崎市立図書館(長崎市興善町)
[参加費]無料(個別相談会参加の場合は事前予約要)[定員]50名
 http://www.k.jfc.go.jp/sinkikaigyou/center/14_fukuoka/index.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★支援機関ニュース★

◆「年末金融あんしん相談窓口」の設置

日本政策金融公庫は中小・小規模企業や農林漁業者の皆さまからの年末資金繰
りに関する融資相談や返済相談に対応するため、本日12月1日から「年末金
融あんしん相談窓口」を設置し、平日の電話相談時間の延長や土日・祝日の電
話相談を実施しています。
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/
……………………………………………………………………………………………
◆中小機構の産業用地の分譲制度の見直し

中小機構では事業の拡張などで新たに用地の手当をお考えの企業に、インフラ
などが整備された産業用地を活用していただけるよう新たに分譲制度を見直し
ました。
 詳細は、以下サイトをご覧ください。
 http://www.smrj.go.jp/sy-navi/merit/installment_payment/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業施策普及紙『中小企業振興』12月1日号発行のお知らせ(中小機構)

「中小企業総合展2010 in Tokyoに過去最多の621社700ブース出展」
「SAITAMAから景気回復〜第6回新事業創出フォーラム in 埼玉」
「APEC中小企業サミット2010、25カ国・地域から600人参加」他、中小企業施
策情報満載。
 http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業ビジネス支援サイト【J-Net21】

 オイルを作る微細藻類、自由自在に水分を操るオクラ・・・。新コンテンツ
「ネイチャーテック」では、自然の持つ機能から、モノづくりのヒントを探り
ます。
 http://j-net21.smrj.go.jp/develop/nature/
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業関係機関リンク集
 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★調査・研究レポート★

◆10月の中小企業月次景況調査(11月22日発表)(全国中小企業団体中央会)
 http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei10-09.htm

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                         ★編集後記★
◆いつもe−中小企業ネットマガジンをご愛読いただきまして、どうもありが
とうございます。

先日、山梨県の河口湖に行ってきました。雲一つない快晴で、富士山もはっき
り姿を見せてくれました。

富士山は日本人が古くから愛し、また、信仰の対象としてきました。

江戸時代、葛飾北斎が富士を描いた「冨嶽三十六景」は、北斎の代表作のみな
らず、浮世絵風景画の代表作といえるでしょう。

「凱風快晴(がいふうかいせい)」や「神奈川沖浪裏」は国内はもちろん海外
でも評価されている傑作で、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないで
しょうか。

「凱風快晴」はダイナミックに赤富士を描いた作品ですが、実際は、年間を通
じてごく稀にしか見られません。また、「神奈川沖浪裏」は、現在の横浜沖か
ら眺めた富士で、波の間から見える富士です。この構図は、現在のカメラにお
いて5000分の1のシャッタースピードでようやく撮影できるのだそうです。
  
「冨嶽三十六景」を発表したとき北斎は70歳を超えています。富士を描きたい
という熱い想いが伝わってきます。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。(S.K.)

中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ! 
 chusho-netmagazine@meti.go.jp

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

戻る