■■  
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■    
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html 
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

□━━━━━━━━━━━Vol.397/2009.09.16━━━━━━━━━━━━━□

◆今週の巻頭コラムは、「魔法のフライパン」を手がける鋳物企業をご紹介し
ます。来週23日は祝日ですので、本ネットマガジンは翌24日に配信いたしま
す。(S.K.)

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                          ★巻頭コラム★
         鋳物の持つ特性が料理をおいしくする

◆調理で使うフライパンが、これほど世の中の話題をさらったのは珍しい。
「焦げない、こびりつかない、はやい」等々、おいしく焼き上げ、炒めること
ができるというわけで、現在でも注文してから品物が届くまで約1年もかかる
という。誰がネーミングしたのかわからないが、「魔法のフライパン」ともい
われるゆえんである。
◆これを製造しているのは、典型的な中小企業である錦見鋳造(三重県木曽岬
町、錦見泰郎社長)。社名からもわかるように以前は機械、電機メーカーの下
請けとして鋳造部品を納めていたが、バブル経済崩壊の影響を受けて注文が激
減した。これでは立ち行かないと、「脱下請け」目指して鋳造部品を活用した
フライパンの開発に専念し始めた。それは鉄に含まれている炭素の成分比率な
どを工夫することで、全く新しい、おいしく調理できるフライパンを完成させ
ようというものだった。
◆製品化するまで10年という年月を費やした。開発上のテーマは鋳物の薄肉
化で、4−5ミリメートルだった従来の肉厚を、その3分の1の1.5ミリメ
ートルまで薄くしようという挑戦だ。開発費は数千万円かかったが、まずは肉
厚2ミリメートルのフライパンを完成して一般に売り出した。
◆たちまちテレビなどで話題になり爆発的に売れた。だが決定的な欠点があっ
た。重さが1200グラムもあるため、女性やお年寄りに使いづらくリピート
オーダーが止まってしまった。このため製造方法を改良して2001年に肉厚
1.5ミリメートル、重さ980グラムの超薄肉フライパンを完成した。
◆さらに02年に裏底面に補強リブを施し電磁調理器でも使えるようにした。
この超薄肉フライパンは「魔法のフライパン」として多くのマスコミに紹介さ
れ、今も売れ続けている。これは鋳物材料に含まれる炭素の遠赤外線効果で表
面が均等に熱くなり、食材のうま味を逃がさないほか、使えば使うほど油が鉄
と炭の隙間に浸透し、表面に皮膜を作るため焦げ付きにくいという特質を持っ
ていることが理由だ。しかも生産は現在も手作り。
◆それにしても「鋳物の持つ特性が料理をおいしくする」ということを見出し
た錦見社長の慧眼と粘り強い研究開発には頭が下がるばかりだ。これも同社長
の「鋳物」に対する愛着があればこそだろう。(編集子)
                         
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
         ★こんにちは! 中小企業庁です!★

中小・小規模企業を全力をあげて応援します!

……………………………………………………………………………………………
        ☆☆☆今週のトップニュース☆☆☆

◆「一日中小企業庁inくまもと」の開催概要が決定
「一日中小企業庁」は中小企業庁の幹部などが各地を訪問し、中小・小規模事
業者の皆様と交流するイベントです。今回節目となる50回目の開催を10月15日
(木)に熊本県のホテル熊本テルサ(熊本市)で開催します。
会場では、熊本県内各地の産品も販売します。相談コーナーは金融、事業承継
技術開発など分野に分けて受け付けます。
参加費は無料(交流会のみ会費制)。奮ってご参加下さい。

申込みは以下サイトから。
http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/56/ichinichi-smb-kumamoto01.html
……………………………………………………………………………………………
◆情報化月間2009〜Global,Open, Green!ITの力で次世代を切り拓く〜
  『記念講演会・特別行事のご案内』

経済産業省では関係府省と連携し、10月を「情報化月間」と定め、情報化の促
進に関する普及啓発等各種の行事を行っております。
本年度の情報化月間のオープニングイベントとして、10月1日(木)にANAイン
ターコンチネンタルホテル東京にて情報化月間記念講演会・特別行事を実施い
たします。
本年は、ITを活用した企業経営の向上、グリーンIT、クラウド・コンピュ
ーティング、人材育成などをテーマに、20名を超える有識者の方々から講演
をいただくほか、「体験・J−SaaS!」では、財務会計、給与計算、顧客
管理などのソリューションを実際におためしいただけます。

情報化月間2009公式サイト(参加申し込みはこちら)
 http://www.johogekkan.jp/special/index.php
……………………………………………………………………………………………
         ☆☆☆今週の主なニュース☆☆☆

◆分かりやすく解説したパンフレットの申込みスタート

平成21年度「経営革新」「新連携」「創業」のパンフレットが完成しまし
た。入手希望の皆様へサイトからの受付を開始しました。なお、発送スケジュ
ールや送料につきましてはサイトの注意事項をご一読下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/pamfsystem/pamfsystem.html
……………………………………………………………………………………………
◆「モバイル中小企業庁」配信中

中小企業の皆様に有益な情報をタイムリーに配信していきます。是非ご活用下
さい。http://chusho.mjmk.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                         ★今週のトピックス★

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆全国向け◆◆◆

1.第22回「中小企業優秀新技術・新製品賞」への参加募集!

◆(財)りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は標記募集を行います。本
表彰制度は、昭和63年から中小企業が開発した優れた「新技術・新製品」と
「新ソフトウエア」を毎年表彰しています。
[募集期間]10月1日から11月30日まで。
http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu1.html

……………………………………………………………………………………………
2.「中国CCCマーク動向セミナー」開催

◆(財)日本規格協会では、2003年以降完全施行されています中国CCC(中
国強制性製品認証制度)マークについてのセミナーを東京、名古屋、大阪で開
催します。[日程]東京10月5日 名古屋10月21日 大阪10月27日
http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=ccc2009.htm

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

3.第3回ライフプランセミナー「ひとりで抱え込まない認知症介護」の開催

◆(財)東京都中小企業振興公社は標記セミナーを開催します。認知症の症状の
意味や利用できるサービスを知り、具体的な事例を通して対応方法を学びます。
[日程]10月24日(土)10:00〜16:00
[会場]東京都産業労働局秋葉原庁舎
[参加費]1,500円 [定員]70名(先着順)
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/0909/0003.html
……………………………………………………………………………………………

4.セミナー等へ改正省エネ法の講師を派遣します(関東経済産業局)

◆関東経済産業局は、各種事業団体等の皆様が開催する各種のセミナーや勉強
会に「改正省エネ法」(平成22年度施行)講師を派遣いたします。旅費、派
遣費用等は無料。説明内容は、改正省エネ法の制度や主な改正点などです。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/enetai/2-2shoene_kousihaken.html
……………………………………………………………………………………………
5.セミナー「ロシア・ビジネス1日コース」の開催

◆(財)海外職業訓練協会が、10月 6日に如水会館(東京都千代田区)で開催し
ます。ロシア駐在経験の講師がロシアで業務を行うのに理解すべき社会制度や
人事・労務などについて話します。定員30名。受講は無料。
http://www.ovta.or.jp/announce/090903pdx.html
……………………………………………………………………………………………
6.「協創マッチングフォーラム」の開催(中小機構委託事業)

◆かながわサイエンスパークが 9月29日に東京ステーションカンファレンス
(東京都千代田区)で開催。中小ベンチャー33社の技術プレゼンテーションと
シンポジウム「電気自動車が創るニュービジネス」。定員300名。入場無料。
http://www.ksp.or.jp/k-forum/
……………………………………………………………………………………………
7.セミナー「川崎市知的財産スクール」の開催((財)川崎市産業振興財団)

◆本セミナーは、企業の経営戦略に知的財産の視点を取り込むためのポイント
を第一線の実務家がわかりやすく解説します。川崎市外企業も歓迎します。
[日程]9月29日(火)〜12月1日(火)全6回
[受講料]無料 [定員]20名(申込み先着順)
[会場]川崎市産業振興会館
http://www.kawasaki-net.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
8.「アライアンスプロモーション in BioJapan 2009」の開催

◆首都圏バイオネットワーク(事務局:(財)バイオインダストリー協会)で
は、日本全国の有力バイオベンチャー42社がプレゼンテーションを行うイベ
ントを開催します。参加は無料。定員は50名。
[日時]10月7日(水)〜9日(金)10:00〜17:00
[場所]パシフィコ横浜 BioJapan 2009展示会場内(神奈川県横浜市)
http://www.shutoken-bio.net/jp/BF2002SY.php?event_id=82
……………………………………………………………………………………………
9.大学・大学院起業家教育推進ネットワーク 第1回全国フォーラム

◆起業家教育の関係者が一同に介して、教育内容や教授手法の実例などについ
て議論し、有益な情報交換を行います。(主催は大学・大学院起業家教育推進
ネットワーク、日本ベンチャー学会、経済産業省)
[日時]10月12日(月・祝) 10:00〜17:50(交流会18:00〜)
[場所]グラントウキョウノースタワー(東京都千代田区)
[参加費]無料(交流会は会費1000円)
http://www.jeenet.jp/zenkoku_forum/

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆近畿地域◆◆◆

10.きららwebアカデミーの開催(枚方市立地域活性化支援センター)

◆本セミナーは webをビジネスに活用するために、業界の第一線で活躍する講
師から効果的、効率的なノウハウを学んでいただくとともに、 web業界の最新
動向をお知らせするセミナーです。テーマは「モバイル」と「文章術」。
[日程]9月19日(土)、9月26日(土)
[受講料]1.000円 [定員]50名(先着順)
[会場]枚方市立地域活性化支援センター
http://www.kirara.city.hirakata.osaka.jp/
……………………………………………………………………………………………
11.〜Google Japanのアンドロイド担当者が語る〜
 『 the world of ANDROID 』 セミナーのご案内

大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会(ODCC)は、携帯電話用ソフ
トウェアの新しいプラットフォームとして注目される「アンドロイド」の担当
者に講演をいただくセミナーを開催します。
[日時]9月28日(月) 14:00 〜 16:30
[会場]大阪大学中之島センター(大阪市北区)
[定員]200名 [参加費]3,000円(一般)
http://www.odcc.jp/jp/event/archive/events_0909090830.php
……………………………………………………………………………………………
12.創業キックオフセミナー
栄養士の資格を活かし起業!〜食品粉末をおいしく食べて健康を作り出す〜

◆尼崎商工会議所では新たに事業を起こそうとしている方を対象に、「起業に
おける基礎知識」が習得できるセミナーを開催します。
[日時]平成21年9月26日(土)13:30〜15:30
[場所]尼崎商工会議所  [受講料]無料
http://www.amacci.or.jp/seminar/kickoff2009/index.html
……………………………………………………………………………………………
13.中小企業大学校関西校「女性リーダー研修」の開催

◆11月5日、6日の 2日間、経営支援プラザUMEDA(大阪市北区)で開催。
女性リーダーとしての考え方やマネジメントスキルの基礎知識・実践法を学び
ステップアップを目指します。定員30名。参加費2万1000円(税込み)。
http://kansaiko.jp/course/0946.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中国地域◆◆◆

14.「第2回地域づくり連携サミット」の開催

◆中国経済産業局、岡山県真庭市、中小機構中国支部が主催し10月22日に
久世エスパスランド(真庭市)で。中国地域などで地域の資源の活用にチャレ
ンジしている先進的な取り組み事例などを紹介します。参加は無料。
http://www.smrj.go.jp/chugoku/branch/news/048995.html
……………………………………………………………………………………………
15.創業アカデミー「ホップ・ステップ・ジャンプ」ステップコースの開催

◆広島市中小企業支援センターでは、広島市内でこれから創業しようとする
方、又は創業後間もない市内中小企業者に対して創業に必要な知識・実務を段
階的に習得・体験していただく研修を開催します。定員は10名(先着順)。
[日時]11月7日(土)・15日(日)・22日(日)・28日(土)
    10:00〜17:00
[会場]広島ミクシス・ビル(広島市西区)他
[受講料]4,000円(全4日分)(ホップコース受講者は3000円)
 http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/shousai.cgi?no=4

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆沖縄地域◆◆◆

16.那覇商工会議所「知的財産権セミナー」の参加者募集

◆那覇商工会議所と沖縄総合事務局は、知的財産権について、権利の特徴や活用
の方法を事例を交えて解説するセミナーを開催します。
参加費は無料。事前申込制。
[日時]10月5日(月)14:00〜16:00
[場所]那覇商工会議所
 http://www.nahacci.or.jp/event/detail?eid=25

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★支援機関ニュース★

◆月刊『石垣』9月号発売のお知らせ(日本商工会議所)
【特集】勝てる中小企業のデザイン
【まちの解体新書】北海道小樽市
本誌は、中小企業経営者らの経営判断に資するような、上質でしかも俯瞰的に
選別された情報を提供する「日本商工会議所のビジネス情報誌」です。
 http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業ビジネス支援ポータルサイト
【J-Net21こんなときどうする 中小企業の税金と会計】
中小企業の財務面をサポートする、税制上の優遇措置や融資制度の上手な使い
方がわかります。
 http://j-net21.smrj.go.jp/well/zeikin/
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業施策普及紙『中小企業振興』9月15日号発行のお知らせ(中小機構)
「感性価値創造ミュージアムin KOBE開催」「地域産品の販路拡大へ、SOCO COCO
スタート」「TEXTILE SPIRITセミナー開催」他、最新の中小企業施策情報満載。
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/index.html
……………………………………………………………………………………………
◆中小企業関係機関リンク集
 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                       ★調査・研究レポート等★
 
◆官公需発注情報(9月8日更新:全国中小企業団体中央会)
 http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp
……………………………………………………………………………………………
◆商工中金の危機対応業務への取組みについて
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090907_01.pdf

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                ★編集後記★
◆いつもe−中小企業ネットマガジンをご愛読いただきまして、どうもありが
とうございます。

自らを犠牲にしてでも空腹の人のところにパンを届ける。通常、正義の味方と
いうのは悪いやつをやっつけるイメージですが、この「アンパンマン」は少し
違いますね。
今年90歳になられる作者の「やなせたかし」さんは24歳の時に日中戦争末期に
 2年間中国大陸で従軍されました。戦うことが正義でした。
しかし食料の補給がほとんどなく、追い詰められていきます。ご自身も相当苦
しんだそうです。飢えている人を救えない正義とは何なのか。自らに問い続け
ます。「正義なら最初に空腹の人を救うべきだ。」
こうした思いからアンパンマンが生まれます。おもちゃ売り場や子供用品店で
はアンパンマンキャラクターが多く並んでいます。昭和44年に初めて登場して
以来40年、今もって子供たちに大人気です。

今週も最後までお読み頂き本当にどうもありがとうございました。(S.K.)

中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ! 
  chusho-netmagazine@meti.go.jp
                    
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

戻る