■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
          http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

■━━━━━━━━━━━Vol.373/2009.03.25━━━━━━━━━━━━━■
             ★巻頭コラム★

        「ゆりかごから墓場まで」あくなき挑戦
 
◆「葬儀」は、30年ほど前までは一般に、自宅か公民館で執り行うのが当た
り前だった。それが今では、まさしく「故人を主役としたイベント」の感があ
り、立派な葬祭会館で音楽と生花、花輪に囲まれ厳かに式を進行させる。これ
が都会でも田舎でもごく普通の葬儀風景となっている。この火付け役となった
企業の一つが、日本で最初の葬祭会館「小倉紫雲閣」を九州に開設したサンレ
ー(北九州市、佐久間庸和社長)である。

◆同社はそれまでの常識を覆して、葬儀をイベントの観点からとらえ直し、こ
れを前面に押し出すという全く新しい試みを始めた。当時、これは反発される
どころか、またたく間に世の中に受け入れられ全国に広がっていった。しかも、
こうした葬儀ビジネスをわが国に誕生させただけではなかった。一般の人々の
悩みの種だった葬儀費用負担について、「互助会制度」を導入して負担を軽減
させたのである。

◆新たな発想での葬儀スタイルはこの互助会制度と相まって、広く支持されて
いったと言っていいだろう。それまで不透明だった料金体系を明確化し、少額
の資金の積み立てで葬儀を営みやすくしたことは、わが国の社会風土ともマッ
チして普及することになる。しかし時代は変わって現在は、少子高齢化社会を
迎え冠婚業は冬の時代、葬祭業は顧客の奪い合いが演じられている。

◆佐久間社長はこんな今こそ、冠婚葬祭という人生の一大イベントにふさわし
いソフトを提供することが求められているという。同社長はこのため「ブルー
オーシャン戦略」と呼ぶ未開拓市場を切り開く作戦を推進する。具体的には
「他社にはない低価格および高付加価値のサービスを提供すること」(同)だ。
その結果、「結婚と葬儀だけが我々の仕事ではない。出産や七五三、長寿の祝
いまで長期的にサービスを提供する」(同)という発想につながっていく。す
なわち、ゆりかごから墓場まで、人の一生を通じたサービスである。

◆例えば地域の産婦人科医院と提携して、出産後の乳児撮影サービスを実施。
これは子供の誕生という慶事を機に、サンレーブランドを浸透させる狙いがあ
る。同社長が家業を引き継いだ当時は赤字だったというが、拠点の統廃合を実
施、再生を果たした。また、厚生労働省認定の「一級葬祭ディレクター」数が、
業界トップクラスを占めている。人材が豊富におり、地域発の瑞々しい発想に
よるビジネスを次々と生み出していく。感動、癒しなどを提供する同社のあく
なき挑戦はとどまる所を知らない。(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      》》》》こんにちは! 中小企業庁です!《《《《

       中小・小規模企業を全力をあげて応援します!

◆注意喚起!「手助けのふりをした勧誘・斡旋にご注意下さい!」
 中小企業倒産防止共済制度などの勧誘・斡旋を装い、年会費や保証料を振り
込ませる、といった事例が発生しています。くれぐれもお気を付け下さい。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/2009info.htm

◆雇用情勢が厳しさを増す中、厚生労働省の助成制度である「雇用調整助成金」
及び「中小企業緊急雇用安定助成金」の対象となる教育訓練の判断基準が3月
19日に公表されました。
 本助成制度の活用を希望する中小・小規模企業の皆様が電話で気軽に相談で
きる「なんでも相談ホットライン」を開設しておりますのでご利用ください。
 電話番号:0570−009111(通話料:利用者負担)
 受付時間:平 日:9時〜19時、土曜日:10時〜15時
 雇用調整助成金制度の概要は下記URLをご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a-top.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
       ◎農商工連携フォーラムin富山 開催結果◎
          (平成21年2月25日開催)

◆みなさん、「北陸」といえば何を思い浮かべますか?新鮮な海の幸やおいし
い地酒。いやいやそれでだけではありません。北陸地域では中小企業者と農林
漁業者とが連携して、新商品の開発などに取り組んでいます。

◆その取り組みを一同に集めた「農商工連携フォーラムin富山」を平成21年
2月25日に富山県富山市で中部経済産業局、北陸農政局、中小企業基盤整備
機構北陸支部、富山県等の主催により開催いたしました。

◆当日は、200名の参加者募集のところ330名の来場があり食の宝庫であ
る北陸における農商工連携への期待と関心の高さが伺えました。

◆前日経トレンディ編集長の北村森氏による基調講演及び農事組合法人和郷園
の木内博一代表理事等によるパネルディスカションでは、農商工連携がいかに
新ビジネスに結びつくものであり、企業や地域の発展に有用であるか理解を深
めました。

◆同時に開催した農商工連携の認定を受けた企業による試食会では、実際に開
発された新商品等を口にしながら、熱心な商談や農商工連携の秘訣などを伺う
姿が多数見られました。当日、第3回農商工等連携事業計画の認定を受けた事
業者さんも試食会に参加しており、北陸の地魚を使ったすり身揚げにはおいし
い!との声が会場からあふれました。能登地域の産物では石川県の戦略作物で
ある中島菜をつかった中島菜プリンも好評でした。苦みのありそうな見かけに
よらず甘さが引き立つ味わいです。飲み物では純米甘酒。すっきりとした味が
人気でした。試食だけではなくこの場で販売しても良いのにという嬉しいお声
もいただきました。

◆北陸地域の企業および農商工連携関連商品にご関心のあります方は、中部経
済産業局電力・ガス事業北陸支局(076−432−5401)までご連絡下
さい。

◆農商工連携パークは下記URLからご覧ください。
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      ☆☆☆「METI Journal 3・4月号」の発行☆☆☆

◆3月4日(水)、「METI Journal 3・4月号」が経済産業省のホームペー
ジにアップされました。
 今号の特集は、「縮み志向から未来志向へ!不況に負けない、中小企業」で
す。その他に、未来型農業生産システム「植物工場」ほか各地域での取り組み
などをご紹介します。ぜひご覧下さい!
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.meti.go.jp/publication/data/2009_03.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
          ▲「モバイル中小企業庁」配信中▲
 
◆中小企業施策の紹介や各種セミナーの開催案内など、携帯電話で情報収集で
きるサービスを行っています。
 配信をご希望の方は下記URLをご覧下さい。
 http://chusho.mjmk.jp/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ◎◎◎電子ブック政府広報「Cabiネット」3月号◎◎◎
       〜 特集「知っておきたい!家電のイロハ」 〜

◆詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.gov-online.go.jp/pr/media/prm/cabinet/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      ◇◇◇「第3回キッズデザイン賞」の募集◇◇◇

◆経済産業省がアドバイザーとして参画し、キッズデザインの普及・推進に取
り組んでいるNPOキッズデザイン協議会は、3月3日から「第3回キッズデ
ザイン賞」の募集を開始しました。
 玩具などの子ども向け製品・サービスに限らず、大人向けでありながら、子
ども目線をもった製品・サービスのご応募をお待ちしております。
 詳しくは下記をご覧ください。
 http://www.kidsdesignaward.jp/index.html
[問い合わせ先]
 第3回キッズデザイン賞応募事務局
 TEL:03−3549−0171(平日10:00〜17:00)
 FAX:03−3549−0173
 お問い合わせ専用メールアドレス:2009kids@kidsdesign.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
             ★今週のトピックス★

【全国向け】

1.「メッセナゴヤ2009」無料セミナー&説明会の開催
                     (4/16:東京、4/28:大阪)

……………………………………………………………………………………………
【関東地域】

2.TKTビジネススクールの受講生募集(4月〜12月実施分:千葉県柏市)

3.農工大・多摩小金井ベンチャーポートの入居者を募集
                      (〜4/30:東京都小金井市)

……………………………………………………………………………………………
【中部地域】

4.「情報通信セミナー in 三重」の開催  (4/14:三重県四日市市)

5.「ETCで実用化されたDSRC技術の高度化に関する講演会」〜DSR
 C技術のITS(安全安心・便利・快適)への応用〜の開催(4/24:名古屋)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆◆◆全国向け◆◆◆

1.「メッセナゴヤ2009」無料セミナー&説明会の開催

◆名古屋で新たなビジネスを発掘しませんか?中小企業の販路拡大と異業種交
流を目的とした展示会メッセナゴヤでは、この度出展をご検討される方を対象
に、東京・大阪にてセミナーおよび説明会を開催します。ぜひお越しください。
東京会場)日時:4月16日(木)14時〜16時 場所:品川区立総合区民会館
大阪会場)日時:4月28日(火)14時〜16時 場所:大阪国際会議場
 詳しくは下記URLをご覧ください。
  http://www.messenagoya.jp/setsumei_pr.html
[お問合わせ先]
 メッセナゴヤ実行委員会(名古屋商工会議所 企画振興部内)
 電話:052−223−5709 FAX052−231−5703
 E-mail :messenagoya@nagoya-cci.or.jp

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

2.TKTビジネススクールの受講生募集

◆経済産業省の産業クラスター計画に基づく「東葛川口つくば(TX沿線)地
域新産業創出推進ネットワーク」は、人材育成を目的にビジネススクールを東
葛テクノプラザ(千葉県柏市)で開講します。
 前期(4月〜8月)、後期(9月〜12月)と分け、それぞれ全8回を平日
午後6時からか土曜日に講座日程を組んでいます。ただいま募集中の前期講座
は(1)デザインマネジメント(2)アカウンティング(3)ベンチャー企業
論の3講座です。企業の底力をアップしていくには、有益な講座です。是非ご
活用ください。詳しくは、下記のURLをご覧下さい。
 http://www.ttp.or.jp/tkt-business-school.htm
[問い合わせ先]
 千葉県産業振興センター 東葛テクノプラザ 事業推進グループ
 電話:04−7133−0139

……………………………………………………………………………………………
3.農工大・多摩小金井ベンチャーポートの入居者を募集

◆中小機構は、オープンした標記のインキュベーション施設(東京農工大学連
携型起業家育成施設、東京都小金井市の農工大小金井キャンパス内)の入居者
を募集しています。
 募集しているのは鉄骨造り地上3階建て(全21室)のうちラボ(実験室)
タイプ5室(46〜54平方メートル)、オフィスタイプ2室(25〜35平
方メートル)です。賃借人の資格は(1)大学発ベンチャー(2)大学の研究
資源・人的資源を活用したベンチャー企業設立の計画がある方などです。
 受け付けは4月30日まで。詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.smrj.go.jp/site/kobo/syosai/041320.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 農工大・多摩小金井ベンチャーポート
 電話:042−382−3855

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中部地域◆◆◆

4.「情報通信セミナー in 三重」の開催

◆近年、テラヘルツ波の利用は、技術開発の急速な進展により小型の発振デバ
イスや受信デバイスなどが開発され、様々な分野で利用が開始されようとして
います。本セミナーでは、テラヘルツ波の利活用の研究を行っている研究者か
ら講演をいただくことで、東海地域における情報通信技術の普及・発展を図る
とともに、産業経済活動の活性化に資することを目的として開催します。
 参加費は無料。
 場所については下記URLにてご確認下さい。
 http://yokkaichi-shinko.com/yonbun/raikan/raikan.htm
 申し込み等、詳細については下記URLをご覧下さい。
 http://www.tokai-bt.soumu.go.jp/tool/kohosiryo/hodo/20/03/0312-1.htm
[問い合わせ先]
 東海情報通信懇談会 事務局
 TEL:052−957−1803 FAX:052−961−6315
 電子メール:tnk@newton.or.jp

……………………………………………………………………………………………
5.「ETCで実用化されたDSRC技術の高度化に関する講演会」
   〜DSRC技術のITS(安全安心・便利・快適)への応用〜の開催

◆東海総合通信局では、東海情報通信懇談会・電波部会と共催で4月24日に
ホテル名古屋ガーデンパレスにて講演会を開催いたします。
 場所については下記URLにてご確認下さい。
 http://hotelgp-nagoya.com/acs/acs.html
 申し込み等、詳細については下記URLをご覧下さい。
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/tool/kohosiryo/hodo/20/03/0318.htm
[問い合わせ先]
 東海総合通信局無線通信部企画調整課 TEL:052−971−9182

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            ★支援機関ニュース★

        「第8回女性起業家大賞」候補者を募集!

◆全国に約2万5000人の女性経営者のネットワークを持つ全国商工会議所
女性会連合会では、「第8回女性起業家大賞」の候補者を募集しています。
 同大賞は、女性の視点で革新的・創造的な創業や経営を行い、事業を成功さ
せている創業期の女性起業家を奨励・支援する顕彰制度です。
 創業から10年未満の女性経営者を対象とし、商工会議所等の会員、非会員
は問いません。応募締切は、5月29日。
 詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://joseikai.jcci.or.jp/info/2009/kigyoka.html
[問い合わせ先]
 日本商工会議所 総務部(全国商工会議所女性会連合会 事務局)
 電話:03−3283−7829

……………………………………………………………………………………………
      海外での事業展開に関心のある中小企業の皆様へ
      〜海外展開資金が従来より使いやすくなります!

◆日本政策金融公庫では、海外での事業展開に関心のある中小企業の皆様のた
め、平成21年度より、海外展開資金の対象を大幅に拡充致します。
 現行制度からの大きな変更は次の三点となります。
(1)貸付対象業種の制限が撤廃され、原則として全業種が対象となるほか、
  対象要件が緩和されます。
(2)設備資金に加え、運転資金も支給の対象となります。
(3)無担保融資については、金利引き下げ措置(0.3%の金利引き下げ)
  が新たに追加されます。
 なお、以上のポイントについては、一部例外や条件が設定されている場合も
ございます。詳細は、以下の問い合わせ先にお尋ね下さい。
[問い合わせ先]
 株式会社 日本政策金融公庫中小企業事業 相談センター
 東京:03−3270−1260 名古屋:052−551−5188
 大阪:06−6314−7627 福岡:092−781−2396

……………………………………………………………………………………………
      ◎「特別相談窓口」の相談態勢の強化について◎
       〜電話相談時間の延長および土日の電話相談〜

◆商工中金は、現在開設している「中小企業特別相談窓口」で、中小企業の皆
さまからの融資相談に、より円滑かつ迅速に対応するため、既に実施している
相談態勢を3月末日まで延長しました。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_081230_02.pdf

……………………………………………………………………………………………
            ☆日本政策金融公庫は
     中小企業・農林漁業のみなさまを全力で応援します!

◆株式会社日本政策金融公庫は、現在の深刻な金融経済環境の影響を受けてい
る中小企業・農林漁業のみなさまの資金繰りを支援するため、セーフティネッ
ト貸付を取り扱っております。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/c_news/safetynet.html
 
 また、当公庫では、年度末に向けた相談態勢拡充の一環として、毎週土曜日
に全国10支店で相談窓口を開設し、来店される中小・小規模企業のお客さま
に対する相談を実施しています。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/common/pdf/t_news_090122_a.pdf

……………………………………………………………………………………………
   「高病原性鳥インフルエンザ関連特別相談窓口」の開設について
 
◆商工中金は、今般の愛知県における高病原性鳥インフルエンザ発生により、
影響を受けられた中小企業の方を対象とした「高病原性鳥インフルエンザ関連
特別相談窓口」を平成21年3月2日、全営業店に開設しました。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090303_01.pdf

……………………………………………………………………………………………
     日本版LLP(有限責任事業組合)に対する融資
  〜2月27日、商工中金がNK生コン有限責任事業組合に1億円融資
 
◆商工中金(佐世保支店)は、2月27日、NK生コン有限責任事業組合(所
在地:長崎県佐世保市、21年2月新設)に対し、生コン工場の取得及び事業
開始に必要な資金1億円を融資しました。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090310_01.pdf

…………………………………………………………………………………………… 
   「畜産業の生産性向上に貢献する分娩見守りシステム」の
        開発・販売を金融面からサポート!
    〜株式会社ワコムアイティに対し、1,200万円融資
 
◆商工中金(松江支店)は、3月13日、株式会社ワコムアイティ(本社:島
根県松江市、代表者:多久和厚氏)に対し、農商工連携事業に必要な資金1,
200万円を島根県信用保証協会との連携により融資しました。
 株式会社ワコムアイティは、「畜産業の生産性向上に貢献する分娩見守りシ
ステムなどのIT利活用普及事業」の事業計画について、平成20年9月19
日に「農商工等連携促進法」の認定を受けています
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090317_02.pdf

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            ★調査・研究レポート等★

◆2月の中小企業月次景況調査(3月23日発表:全国中小企業団体中央会)

 http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei09-02.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ▼「経営セーフティ共済」を賢く活用して節税を!▼

◆中小機構が運営する「経営セーフティ共済」では、積み立てられた掛金は税
法上、法人の場合は損金に、個人の場合は必要経費に算入できます。
 また、決算期に翌年度分の掛金を納付すると本年度分の掛金として全額が経
費に算入できるので、節税しながら強固な経営基盤づくりが可能となります。
 今期、利益の出る企業は必見です。
 下記URLをクリックし、「経営セーフティ共済」の節税効果を実感してく
ださい!
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/020676.html
【問い合わせ先】
 中小企業基盤整備機構 共済相談室 電話:050−5541−7171

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net21」★

◆中小企業者と農林漁業者が連携し、相互の経営資源を活用して、新商品や新
サービス、新たな需要を生み出す「農商工連携」。その概要や支援の内容、支
援のスキームを解説するほか、先進的な取組を選定した「農商工連携88選」
や関連する施策情報の紹介などを随時、情報発信する「農商工連携パーク」を
開設しました。
 「J-Net21」は、農林漁業と商業・工業のビジネス連携を応援します!

【J-Net21】
 http://j-net21.smrj.go.jp/

【J-Net21農商工連携パーク】
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/index.html

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報統括室 広報課(J-Net21)
 http://j-net21.smrj.go.jp/common/mail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ★皆様からのご質問、ご意見、ご感想をお待ちしています★

◎中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ!
 chusho-netmagazine@meti.go.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
          ★中小企業関係機関リンク集★

 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

戻る