■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
          http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

■━━━━━━━━━━━Vol.371/2009.03.11━━━━━━━━━━━━━■
             ★巻頭コラム★

        「帽子ひと筋に、日本一を目指して」

◆「プレス機械を使って1回でポンとできてしまうような製品と違って、帽子
は各パーツがきめ細かく分かれているため大量生産ができません。ここにこそ
大手との競争の中で生き残っていける要素があるんです」−帽子作りひと筋に
37年。(株)ヤザキ(大阪市)の矢崎高清社長はさらりと言いのける。

◆帽子の小売価格は1個1500円から5000円程度。消費者には手ごろな
値段のようだが、誰でも手軽に買うかとなると、そうとは言いがたい側面があ
る。しかも大人用、子供用、女性用、男性用、業務用と、色、デザインなどが
流行や季節によって微妙に変わり、変化が激しい。言わば帽子は野菜や果物と
同様の「生鮮商品」のようなもの。このため商品作りにはファッション性に加
えて、スピード開発・生産が求められる。

◆矢崎社長は街を歩いていても、すれ違う人の帽子のファッションにいつも注
意を凝らす。売れ筋情報は素早くチェックし、いつも自分の目で確認する。評
論家の見通しや販売時点情報管理(POS)のデータは頼りにならないという。
 帽子は何かのきっかけで爆発的に売れることもあるが飽きられるのも早い。
 だから参入と撤退のタイミングを少しでも見誤ると大量の返品在庫を抱える
ことになる。

◆商品の性質を考えれば、メーカーでありながら小売業のセンスも必要だ。体
力のある大手企業に対し、同社は基本的には手作りで、職人の腕と商品開発力、
小回りの良さで生き残ってきた。本社ショールームに並ぶ帽子の数は常時12
00種類以上。しかも「1年で3分の2に近い商品が入れ替わる」(矢崎社長)
と言い、流行のスピードの速さには驚くばかり。

◆最近売れた商品に例えば「モコモコ」の愛称で親しまれる女性向けのニット
帽がある。「女子高生がよく買ってくれる」(同)。また安定成長を目指す点
から広告宣伝のノベルティーグッズ用として売り込んだり、宅配便会社のドラ
イバー向け制帽分野も開拓した。矢崎社長は「帽子で日本一を目指す」とし、
創業以来他のファッション品への多角化を行わなかった。この帽子にこだわる
「一本道」が、不況の風にも耐えられる強い企業を作り上げたと言える。
(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
       》》》》こんにちは! 中小企業庁です!《《《《

       中小・小規模企業を全力をあげて応援します!

◆中小・小規模企業の方々が資金繰りに不安がないよう30兆円規模の保証・
融資枠を確保し、2月27日から「緊急保証制度」の対象業種が760業種へ
拡大しました。「緊急保証制度」「セーフティネット貸付」「予約保証制度」
「中小企業金融貸し渋り110番」などの詳細については下記URLをご覧下
さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/shikinguri/index.htm

◆地域商店街活性化法(略称)案を、本通常国会に提出することになりました。
 本法案は、ソフト事業も含めた商店街活動への支援を強化し、高齢者・子育
て支援や宅配サービスなどの取り組みを応援するほか、空き店舗利用支援、人
材育成・確保支援などを行い、商店街を活性化することを目的としています。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2009/090306ShoutengaiKasseikaHouan.htm

◆注意喚起!「手助けのふりをした勧誘・斡旋にご注意下さい!」
 中小企業倒産防止共済制度などの勧誘・斡旋を装い、年会費や保証料を振り
込ませる、といった事例が発生しています。くれぐれもお気を付け下さい。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。 
 http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/2009info.htm

◆雇用情勢が厳しさを増す中、「中小企業緊急雇用安定助成金」の申請が増加
しています。このため、本助成制度の活用を希望する中小・小規模企業の皆様
が電話で気軽に相談できる「なんでも相談ホットライン」を、3月2日から開
始しました。 
 ☆電話番号 全国一律:0570−009111(通話料:利用者負担) 
 ☆受付時間 平日:9時〜19時、土曜日:10時〜15時 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      ☆☆☆「METI Journal 3・4月号」の発行☆☆☆

◆3月4日(水)、「METI Journal 3・4月号」がホームページにアップさ
れました。今号の特集は、「縮み志向から未来志向へ!不況に負けない、中小
企業」です。
 その他に、未来型農業生産システム「植物工場」ほか各地域での取り組みな
どをご紹介します。ぜひご覧下さい!
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.meti.go.jp/publication/data/2009_03.html
    
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ◎◎◎電子ブック政府広報「Cabiネット」3月号◎◎◎
       〜 特集「知っておきたい!家電のイロハ」 〜 

◆特集では、賢い家庭用電気製品の使い方、選び方などを紹介しています。
 家計にも優しく、地球温暖化防止にも貢献できます。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.gov-online.go.jp/pr/media/prm/cabinet/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
          ▲「モバイル中小企業庁」配信中▲
 
◆中小企業施策の紹介や各種セミナーの開催案内など、携帯電話で情報収集で
きるサービスを行っています。
 配信をご希望の方は下記URLをご覧下さい。
 http://chusho.mjmk.jp/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      ◇◇◇「第3回キッズデザイン賞」の募集◇◇◇

◆経済産業省がアドバイザーとして参画し、キッズデザインの普及・推進に取
り組んでいるNPOキッズデザイン協議会は、3月3日から「第3回キッズデ
ザイン賞」の募集を開始しました。
 玩具などの子ども向け製品・サービスに限らず、大人向けでありながら、子
ども目線をもった製品・サービスのご応募をお待ちしております。
 詳しくは下記をご覧ください。
 http://www.kidsdesignaward.jp/index.html
[問い合わせ先]
 第3回キッズデザイン賞応募事務局
 TEL:03−3549−0171(平日10:00〜17:00)
 FAX:03−3549−0173
 お問い合わせ専用メールアドレス:2009kids@kidsdesign.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
             ★今週のトピックス★

【北海道地域】

1.「旭川産業活性化フォーラム」のご案内    (3/26:北海道旭川市)

……………………………………………………………………………………………
【関東地域】

2.「経営者交流会「切磋琢磨の会」〜若手経営者のイノベーション〜」
                         の開催(3/12:東京)

3.「サブクラスターマネージャー、広域連携コーディネーター」
                        の募集(〜3/23:東京)

4.「平成21年度下請取引適正化推進セミナー(基礎コース)東京」
                         の開催(4/15:東京)

……………………………………………………………………………………………
【近畿地域】

5.中小企業の国際化支援セミナー
  「新たなビジネス・パートナーの可能性を探る!」の開催(3/17:大阪)

6.平成21年度新技術・サービス創造資金貸付(無利子)募集のご案内(4/6〜24)
 
……………………………………………………………………………………………
【中国地域】

7.しまね知的財産フォーラム〜農林水産分野における知的財産の事例から学
          ぶ「攻め」と「守り」のブランド戦略〜(3/23:松江)
 
8. 地域振興セミナー「瀬戸内・故きをたずねて地域資源
    〜地域づくりと新商品・新サービス開発のヒント〜」(3/28:広島)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◆◆◆北海道地域◆◆◆

1.「旭川産業活性化フォーラム」のご案内

◆北海道経済産業局は、旭川市と連携し、「産学官金融連携による新事業創出
支援スキーム」が旭川地域に根付き、実効的に機能していくための方策につい
て検討するため、平成20年11月に「旭川産学官金融連携検討委員会」を設
立し、次年度以降の「アドバイザリーボード(目利き委員会)」立ち上げに向
けた準備を進めてまいりました。
 本検討委員会事業の一環として、旭川地域における「産学官」と「金融機関」
の連携のあり方・実効性等に関し、第一線の産学官金融関係者が議論すること
により、機運醸成・普及啓発を図ることを目的に平成21年3月26日(木)、
旭川グランドホテルにて、標記フォーラムを開催しますので、是非ご参加くだ
さい。
 詳細、お申し込みは下記URLをご覧下さい。
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokid/asa_kasseika/index.htm
[問い合わせ先]
 北海道経済産業局 地域経済部 新規事業課・産学官連携推進室
 TEL:011−709−2311(内線:2583〜4)
 または、(株)旭川産業高度化センター(フォーラム開催業務受託者)
 担当:川田 TEL:0166−68−2834

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

2.「経営者交流会「切磋琢磨の会」〜若手経営者のイノベーション〜」
                                の開催

◆東京商工会議所足立支部では、標記セミナーを3月12日にあだち産業セン
ター(東京都足立区)で開催します。
 対象は中小企業経営者・経営幹部の方です。若手の経営者に、自ら成し遂げ
た経営革新事例等を、わかりやすく解説して頂きます。
 参加は無料。定員は先着30名。
 申込方法等、詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-19339.html
[問い合わせ先]
 東京商工会議所 足立支部 TEL:03−3881−9200

……………………………………………………………………………………………
3.「サブクラスターマネージャー、広域連携コーディネーター」の募集

◆千葉県産業振興センターは、標記の募集を3月23日(必着)まで行ってい
ます。
 募集しているのは、経済産業省の推進する産業クラスター計画に基づく「東
葛川口つくば(TX沿線)地域新産業創出推進ネットワーク」に係る事業の企
画立案及びその推進に携わる「サブクラスターマネージャー」1名と「広域連
携コーディネーター」2名です。勤務地は千葉県柏市にある東葛テクノプラザ
です。詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.ttp.or.jp/
[問い合わせ先]
 千葉県産業振興センター 東葛テクノプラザ 事業推進グループ
 電話:04−7133−0139

……………………………………………………………………………………………
4.「平成21年度下請取引適正化推進セミナー(基礎コース)東京」
 の開催

◆全国中小企業取引振興協会では、4月15日、東京ファッションタウンにて、
標記セミナーを開催します。
 主に企業の資材、購買担当者で実務経験の浅い方を対象に、外注(下請)先
との取引時に注意すべき下請代金支払遅延等防止法等の法律の基礎が学べます。
 参加費は1万2千円(テキスト代含む)。
 場所は下記URLをご覧下さい。 
 http://www.tokyo-bigsight.co.jp/tft/access/index.html
 申し込み方法等、詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.zenkyo.or.jp/seminar/seminar_kanto.htm
[お問い合わせ先]
 財団法人全国中小企業取引振興協会 セミナー担当
 電話:03−5541−6688 FAX03−5541−6680
 E-mail :info@zenkyo.or.jp

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆近畿地域◆◆◆

5.中小企業の国際化支援セミナー
  「新たなビジネス・パートナーの可能性を探る!」の開催

◆経済産業省近畿経済産業局と中小機構近畿支部は、標記セミナーを3月17
日に経営支援プラザUMEDA(大阪市北区梅田)で開催します。
 「新時代に備える外資系企業との連携」をサブテーマに、戦略的に外国企業
とパートナー関係を築きビジネスを展開している関西の中小企業経営者が、そ
の経緯や経験について話します。また、関西地域を代表する外資系企業を招き、
中小企業との連携に期待する点や求めるパートナー像も考えます。
 定員は先着100名。参加は無料。
 申し込み方法など詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.kansai.meti.go.jp/3-1toukou/seminer_090317/seminer20090317.html
[問い合わせ先]
 近畿経済産業局 投資交流促進課 電話:06−6966−6033

……………………………………………………………………………………………
6.平成21年度新技術・サービス創造資金貸付(無利子) 募集のご案内
   ―事業化目前の研究開発等に要する資金調達をお考えの方へ―

◆(財)ひょうご産業活性化センターでは、次世代成長産業(健康、医療・福
祉、生活文化、情報通信等)において、産学連携や事業連携による実用化開発、
企業が有する独自技術・ノウハウを活かした新事業展開等を無利子貸付(10
年間・うち3年間据置、半年賦償還)により支援します。
 なお、平成21年度から、第三者保証人なしで申請していただけます。
 受付期間(第1回):平成21年4月6日(月)〜24日(金)
 制度の概要、申請様式は下記URLをご覧ください。
 http://web.hyogo-iic.ne.jp/jigyo/page_8534.html
[問い合わせ]
(財)ひょうご産業活性化センター 新事業創出・IT支援課
 TEL:078−230−8110

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆中国地域◆◆◆

7.しまね知的財産フォーラム
 〜農林水産分野における知的財産の事例から学ぶ
              「攻め」と「守り」のブランド戦略〜
 
◆(社)発明協会では、農林水産分野における知的財産に関するトラブル事例
や、知的財産をうまく活用して成功している事例などを紹介する「しまね知的
財産フォーラム」を、3月23日(月)、テクノアークしまねで開催します。
 参加費は無料。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.h2.dion.ne.jp/~jiiis/h20doc/h20tizaiforamu2.pdf
[申し込み・問い合わせ先]
 (社)発明協会島根県支部 TEL:0852−60−5146
 
……………………………………………………………………………………………
8. 地域振興セミナー
 「瀬戸内・故きをたずねて地域資源〜地域づくりと新商品・新サービス開発のヒント〜」

◆中国経済産業局と中小機構中国支部では、地域の意外な情報を紹介するとと
もに、地域資源とコンテンツを融合させ、更なる地域づくりと、新商品・新サ
ービス開発に向けたヒントを示すためのセミナーを3月28日(土)、ホテル
JALシティ広島にて開催します。  
 参加費は無料。定員200名
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.chugoku.meti.go.jp/event/service/h210304seminar.html
[申し込み・問い合わせ先]
 中国新聞企画開発
 TEL:082−236−2244(平日10:00〜17:30)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            ★支援機関ニュース★

      ◎「特別相談窓口」の相談態勢の強化について◎
       〜電話相談時間の延長および土日の電話相談〜

◆商工中金は、現在開設している「中小企業特別相談窓口」で、中小企業の皆
さまからの融資相談に、より円滑かつ迅速に対応するため、既に実施している
相談態勢を「平成20年12月末日まで」から「平成21年3月末日まで」に
延長しました。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_081230_02.pdf

……………………………………………………………………………………………
   「高病原性鳥インフルエンザ関連特別相談窓口」の開設について
 
◆商工中金は、今般の愛知県における高病原性鳥インフルエンザ発生により、
影響を受けられた中小企業の方を対象とした「高病原性鳥インフルエンザ関連
特別相談窓口」を平成21年3月2日(月)、全営業店に開設しました。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090303_01.pdf

……………………………………………………………………………………………
            ☆日本政策金融公庫は
     中小企業・農林漁業のみなさまを全力で応援します!

◆株式会社日本政策金融公庫は、現在の深刻な金融経済環境の影響を受けてい
る中小企業・農林漁業のみなさまの資金繰りを支援するため、セーフティネッ
ト貸付を取り扱っております。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/c_news/safetynet.html
 
 また、当公庫では、年度末に向けた相談態勢拡充の一環として、毎週土曜日
に全国10支店で相談窓口を開設し、来店される中小・小規模企業のお客さま
に対する相談を実施しています。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/common/pdf/t_news_090122_a.pdf

……………………………………………………………………………………………
        商工中金の危機対応業務への取組みについて
     〜融資の実績3,000件、2,000億円を超える!〜
 
◆商工中金は、危機対応業務を開始して以来、中小企業等向け損害担保付貸出
及び中堅企業等向けツーステップローンに積極的に取り組んでいます。
 危機対応業務に係る「特別相談窓口」を全国の営業店に設置し、危機時にお
ける法定の指定金融機関として、お客さまからの相談に対応しています。
 今般、これらの融資の件数、金額が、2月末日現在、3,402件、2,0
12億円となりましたので、ご報告いたします。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090309_01.pdf

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ☆★☆調査・研究レポート等☆★☆

◆早期景気観測調査(2009年2月調査、2月27日発表:日本商工会議所)

 http://www.jcci.or.jp/lobo/lobo.html

……………………………………………………………………………………………
◆中小企業設備投資動向調査(2009年2月調査:商工中金)
 
 http://www.shokochukin.co.jp/report/toushi/pdf/cb09setsubi1.pdf

……………………………………………………………………………………………
◆官公需発注情報(3月9日更新:全国中小企業団体中央会)

 http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ▼「経営セーフティ共済」を賢く活用して節税を!▼

◆中小機構が運営する「経営セーフティ共済」では、積み立てられた掛金は税
法上、法人の場合は損金に、個人の場合は必要経費に算入できます。
 また、決算期に翌年度分の掛金を納付すると本年度分の掛金として全額が経
費に算入できるので、節税しながら強固な経営基盤づくりが可能となります。
 今期、利益の出る企業は必見です。
 下記URLをクリックし、「経営セーフティ共済」の節税効果を実感してく
ださい!
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/020676.html
【問い合わせ先】
 中小企業基盤整備機構 共済相談室 電話:050−5541−7171
                  
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net21」★

◆中小企業者と農林漁業者が連携し、相互の経営資源を活用して、新商品や新
サービス、新たな需要を生み出す「農商工連携」。その概要や支援の内容、支
援のスキームを解説するほか、先進的な取組を選定した「農商工連携88選」
や関連する施策情報の紹介などを随時、情報発信する「農商工連携パーク」を
開設しました。
 「J-Net21」は、農林漁業と商業・工業のビジネス連携を応援します!

【J-Net21】
 http://j-net21.smrj.go.jp/

【J-Net21農商工連携パーク】
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/index.html

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報統括室 広報課(J-Net21)
 http://j-net21.smrj.go.jp/common/mail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ★皆様からのご質問、ご意見、ご感想をお待ちしています★

◎中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ! 
 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■




戻る