■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
          http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

■━━━━━━━━━━━Vol.364/2009.01.21━━━━━━━━━━━━━■
             ★巻頭コラム★

        ユニークな商品で、おつまみ市場に新風

◆「これが失敗したら会社はなくなる」という瀬戸際の状況の中から、成功へ
の道を歩んだ中小企業を検証するのは、経営のテキストでは得られない生きた
教訓が横たわっている。
 そこにはオリジナルにこだわり、「絶対に売れる」という強い信念を持ち続
ける経営者像が浮かび上がる。
 「もし駄目だったら後処理をああしよう、こうしよう」といったマイナス志
向とは無縁の世界である。

◆食品加工業の壮関(栃木県矢板市)は、新規参入が簡単ではない「おつまみ
市場」に参入、劇的な成功を収めた元気いっぱいの若い企業だ。
 1996年当時、乾き物が主流だったおつまみ市場に生タイプの「茎わかめ」
を投入し、定番商品に育て上げた。現在の国内シェアは何と90%にも上る。
 スーパーやコンビニに並ぶ大手メーカーの茎わかめ商品の中身は、ほとんど
が同社の製造になるもので、いわゆるOEM(相手先ブランド)による製造が
同社の主力となっている。

◆関雅樹社長は「食感がよく、おいしく、体にも良いのに売れないはずがない。
 必ず売れるという確信があった」と発売当時を振り返る。ただ道のりは険し
かった。
 スーパーに売り込んでも返事は「考えておく」だけ。変化が起きたのは地方
スーパーの売り場で「リピーターが増え、数は少ないが安定して売れ続けた。
 やっと手ごたえをつかんだ」と同社長は語る。
 人気に火がついたのはその3年後、コンビニで扱うようになってからだ。

◆当時2億円足らずだった年間売り上げは2007年には27億円に急伸。
 浮き沈みが激しい食品業界で定番商品を育て上げた強みがはっきりと表れて
いる。
 原材料費高など食品業界を取り巻く環境は厳しいが、関社長にひるむ様子は
微塵も見られない。
 それどころか「アゲンストの風はフォローの風となって吹く。
 正面から新たな戦略を練っていく」と意気盛んだ。
 商品陣容は、「種抜き干し梅」「おつまみめかぶ」「種抜きカリカリ梅」と
次第に広がっている。

◆商品の味付けの決め手は、関社長の「舌」。
 自ら調味料の調合を細かく指示し、試作品の一つ一つを味見する。
 自らを信じて追求する姿はまさにベンチャースピリットそのもの。
 こうした企業家魂が商品を通じて「誰かが喜ぶ、体にいい、素材自体を生か
す」ということを消費者に訴えかける。
 しかも「他社と同じことはしない」−そのユニークさが同社の持ち味だ。
 これが社員一人ひとりの理念と行動として花開いている姿は、まさに起業の
モデルケースといえる。(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      》》》》こんにちは! 中小企業庁です!《《《《

       中小・小規模企業を全力をあげて応援します!

◆中小・小規模企業の方々が資金繰りに不安がないよう30兆円規模の保証・
融資枠を確保し、「緊急保証制度」の対象業種を600超の業種へと大幅に拡
大しました。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

◆緊急保証やセーフティネット貸付に関する「緊急相談窓口」が信用保証協会、
日本政策金融公庫、商工会議所、商工会など全国約900か所に設けられてい
ます。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/kinkyuhoshou/madoguchi.htm

◆中小企業の将来の資金需要に迅速に応えることを目的とする「予約保証制度」
が、スタートしました。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081107yoyakuHoshouSeido.htm

◆「中小企業金融貸し渋り110番」を各地の経済産業局に開設し、中小・小
規模企業の皆さんからのご相談をうかがっています。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081104kikyu_hosho.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    === 第3回「ものづくり日本大賞」の募集開始 ===

◆経済産業省では、日本の「ものづくり」の継承と発展のため、総理大臣表彰
制度第3回「ものづくり日本大賞」の応募を受付中です。
 受賞者は「ものづくり名人」として認定!!
 応募に際しての手数料はかかりません。
 応募締切は2009年3月6日(金)まで。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.monodzukuri.meti.go.jp/
[問い合わせ先]
 経済産業省製造産業局参事官室 TEL:03−3501−1689

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
       ◎MITI Journal 1・2月号◎

◆「METI Journal 1・2月号」ができあがりました。
 今号の特集は、「未来をひらく デザイン×ものづくり」 です。
 その他に、カーボンフットプリント制度や長期使用製品安全点検・表示制度、
各地域での取り組みなどをご紹介します。
 ぜひご覧下さい!
 「METI Journal 1・2月号」はこちらからご覧下さい。
 http://www.meti.go.jp/publication/data/2009_01.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ▲「モバイル中小企業庁」配信中▲

◆中小企業施策の紹介や各種セミナーの開催案内など、携帯電話で情報収集で
きるサービスを行っています。
 配信をご希望の方は下記URLをご覧下さい。
 http://chusho.mjmk.jp/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ◆◆◆◆ お伺いします!お聴きします!ご説明します! ◆◆◆◆
     特許庁職員が中小企業の知的財産活動を応援します!
            〜産業財産権専門官〜

◆産業財産権専門官は何をしているの?
 特許庁の職員である産業財産権専門官が、特許、商標等に関する制度、各種
支援策等をユーザーの皆様に知っていただき、制度を事業に効果的に使ってい
ただけるように、全国各地の中小企業の方々にご説明に伺っております。
 この制度は、平成17年4月から始まっております。

◆お伺いします!
 中小企業を個別訪問し「審査請求料等が安くなります」、「審査を早くする
ことができます」、「無料で特許の先行技術を調査します」といった特許取得
支援施策をご紹介するとともに、知財に関する悩み事、困っている事のご相談
にも応じています。
 これまで訪問した企業からは、「パンフレットだけではピンとこなかった支
援策も直接説明を聞いたら利用価値がありそうだ」「特許庁が身近に感じられ
た」といったコメントもいただいています。

◆お聴きします!
 個別訪問の際には、知財制度や特許庁に対するご意見やご要望も伺っていま
す。寄せられた意見、要望については特許庁内で検討し、利用者の利便性の向
上、行政サービスや制度の改善につなげています。
 特に権利取得・維持経費については関心が高く、例えば中小企業にとって十
年目以降高額になる特許料は負担感が大きいとの意見が、特許料引き下げ(平
成20年法律改正)につながったという例もあります。

◆ご説明します!
 無料で知財セミナー講師を派遣しています。産業財産権専門官が中小企業の
社内研修や経営者等が集まる勉強会、産業支援機関が開催するセミナー等にお
いて知財制度・各種支援策等をわかりやすくご紹介しますので、お気軽にご利
用下さい。

◆お申し込みは下記URLから最寄りの経済産業局特許室もしくは特許庁まで
お気軽にお寄せください。
 http://www.jpo.go.jp/torikumi/chushou/chitekizaisan.htm
(特許庁HP>中小企業個人向け支援情報>産業財産権専門官)
[問い合わせ先]
 特許庁総務部普及支援課 産業財産権専門官
 TEL:03−3581−1101 内線2340
 FAX:03−3506−8615 
 E-mail: PA0661@jpo.go.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
             ★今週のトピックス★

【海外ミッション】

1.「インド投資・ビジネスミッション」参加者募集中(2/22〜27:インド)

2.「ベトナム投資・ビジネスミッション」参加者募集中(3/1〜6:ベトナム)

……………………………………………………………………………………………
【全国向け】

3.「下請代金法トップセミナー」の開催 ≪受講無料≫
                   (1/27から全国96会場にて開催)

……………………………………………………………………………………………
【関東地域】

4.インキュベーション・マネージャーの募集     (〜2/2:さいたま)

5.感性価値創造ミュージアム・シンポジウムのご案内
       −ものづくりのものがたり、はじまる!−(1/23〜28:東京)

6.感性価値創造ミュージアムで開催する「感性トーク」の参加者募集
                          (1/23〜25:東京)

7.大企業とベンチャーとのWIN−WINフォーラム 〜我が国におけるコ
 ーポレートベンチャリング推進に向けて〜        (2/19:東京)

8.「ふるさとうまいものフェアin新宿」の開催   (1/22〜23:東京)

9.「第5回かながわ“キラリ”チャレンジャー大賞」
                      の表彰式開催(2/14:横浜)

10.セミナー&交流会
   「経営課題解決セミナー&専門家との交流会」参加者募集(2/4:東京)

……………………………………………………………………………………………
【近畿地域】

11.「ビジネスチャンス拡大!中小企業のWeb実践的活用法」
 ビジネスマッチングブログ(BMB)オフ会 公開セミナー(2/16:大阪)

……………………………………………………………………………………………
【四国地域】

12.『フィルムカフェ & 映像ワークショップ in 香川』
  〜 「フラガール」に学べ!香川からヒット映画を生み出すコツ〜
                          (1/24〜25:高松)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆◆◆海外ミッション◆◆◆

1.「インド投資・ビジネスミッション」参加者募集中

◆日本貿易振興機構(JETRO)では、中小企業の海外進出を支援するため、
海外展開に関心のある中小企業の皆様を中心に、成長著しい新興市場インドへ
の進出およびマーケットシェア獲得の後押しとなるよう、インド投資・ビジネ
スミッションを派遣します。
 本ミッションでは、企業訪問などを通じて、インドビジネスの課題であるイ
ンフラや労務状況等を視察するだけでなく、総合機械や環境関連機器などを中
心として開催される大展示会「第18回インド国際産業&技術フェア(IET
F)」視察や販路拡大のためのビジネスマッチングなども企画しており、お客
様にとって実務的かつ有益なプログラムとなっております。
 インドでのビジネス拡大にご関心の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げて
おります。
 期 間:平成21年2月22日(日)〜平成21年2月27日(金)
 訪問地:バンガロール(カルナータカ州)、デリー周辺
 定 員:40名様(最少催行人数15名様)
     (定員になり次第、締め切らせていただきます。)
 申込締切:平成21年1月27日(火)
 詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.jetro.go.jp/events/others/20081225361-event
[問い合わせ先]
 日本貿易振興機構(JETRO)海外投資課
 TEL:03−3582−5235 FAX:03−3585−7289

……………………………………………………………………………………………
2.「ベトナム投資・ビジネスミッション」参加者募集中

◆日本貿易振興機構(JETRO)では、「ベトナム投資・ビジネスミッショ
ン」の参加者を募集しています。
 ベトナムは今、着実に市場経済に向かっています。そして、幸いにもまだ金
融市場が小さいことから、世界不況の波をまともにかぶっていないとも言えま
す。「ベトナムへの進出を検討している」、「(国内受注の減少などの理由か
ら)ベトナムとのビジネスを考えたい」と考えている企業の参加をお待ちして
います。
 期 間:平成21年3月1日(日)〜平成21年3月6日(金)
 訪問地:ベトナム・ハノイ、ホーチミン
 定 員:50名
 申込締切:平成21年1月30日(金)
 詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.jetro.go.jp/events/others/20081225838-event

[問い合わせ先]
 日本貿易振興機構(JETRO)大阪本部事業推進課
 TEL:06−6447−2316 FAX:06−6447−2336

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆◆◆全国向け◆◆◆

3.「下請代金法トップセミナー」の開催 ≪受講無料≫

◆全国中小企業団体中央会では、経営者層から「下請代金支払遅延等防止法」
の遵守の意識を企業内に徹底していただくため、中小企業・大企業の垣根を越
えて、企業のトップマネジメントを対象とする講習会を開催します。
 CSRへの取組みの一環として、下請代金法の内容を把握し、コンプライア
ンスを意識した経営を行っていただくためにも、無料のこの機会に是非ご受講
下さい。
 日 程:平成21年1月27日(火)富山会場を皮切りに、47都道府県で
     各2回以上(北海道は4回)、合計96会場を予定
 内 容:「下請代金支払遅延等防止法」の概要や運用の注意事項等について
     事例を交えてポイント解説
 対 象:中小企業・大企業問わず、トップマネジメント(経営者・執行担当
     部長等の管理職クラス)、業界団体の役員
 定 員:各会場100名(要事前申込、定員次第〆切)
 受講料:無料(テキスト代含む)
 申し込み方法等、詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/topseminar.htm
[問い合わせ先]
 全国中小企業団体中央会 政策推進部
 TEL:03−3523−4902 FAX:03−3523−4909
 E-mail:shitauke@mail.chuokai.or.jp

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆関東地域◆◆◆

4.インキュベーション・マネージャーの募集

◆埼玉県は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が独立行政法人理化学研究所
敷地内に設置・運営しているインキュベーション施設「和光理研インキュベー
ションプラザ」において入居者支援業務等を行う人材(インキュベーション・
マネージャー)を募集しています。
 応募の締め切りは平成21年2月2日(月)17時必着。
 詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BB00/bosyu/bosyu200114.pdf
[問い合わせ先]
 埼玉県産業労働部新産業育成課 科学技術・インキュベーション担当
 電話:048−830−3738

……………………………………………………………………………………………
5.感性価値創造ミュージアム・シンポジウムのご案内
         −ものづくりのものがたり、はじまる!−

◆経済産業省では、今後の日本のあらたな産業競争力として「感性価値」に着
目し、2008年度から3年間を「感性価値創造イヤー」として様々な施策を
講じています。
 作り手の「感性」が生活者の「感性」と共鳴して生まれる「ものづくりのも
のがたり」を発信するため、今月23日から、「感性価値創造ミュージアム」
を東京・青山スパイラルにて開催します。
 初日には、「経営におけるデザインの役割とは?−感性価値創造型企業から
学ぶ−」という題名で大企業・中小企業の経営陣やデザイナーによるトークセ
ッションを開催し、経営にデザインをどう取り込んでブランドを構築すればよ
いのかという課題への方策を探ります。
 先着順・事前登録制ですので下記URLからお申し込みください。
 [詳細]
 感性価値創造ミュージアム(主催:中小機構、経済産業省 23〜28日)
  http://www.kansei-kachi.com/
 トークセッション(主催:中小機構、経済産業省 23〜25日)
  http://www.kansei-kachi.com/talk/index.html
 感性価値創造シンポジウム(主催:機械産業記念事業財団、経済産業省 27日)
  http://www.tepia.jp/kansei-sy08/

[問い合わせ先]
 感性価値創造ミュージアム事務局
  TEL:03−3502−3266 info@kansei-kachi.com
 感性価値創造シンポジウム事務局
  TEL:03−5545−1352

……………………………………………………………………………………………
6.感性価値創造ミュージアムで開催する「感性トーク」の参加者募集

◆中小機構と経済産業省は、標記イベントを1月23日から6日間、東京・青
山の複合文化施設「スパイラル」で開催します。
 経産省がものづくりの新しい価値軸として提唱した「感性価値」を広く紹介
します。イベントでは伝統、共創、素材、技術、環境の5つのカテゴリーに分
けて感性価値を高いレベルで具現化した製品約60品を分野ごとに展示する
「感性プロダクト展示」に加え、23日から3日間、経営者、開発者、クリエ
ーターなどをスピーカーに迎えての基調講演、パネルディスカッションのトー
クイベント「感性トーク」を日替わりで開催します。
 定員200名の入場は無料ですが、参加は事前申し込み制です。
 申し込みなど詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.kansei-kachi.com/
[問い合わせ先]
 感性価値創造ミュージアム事務局 電話:03−3502−3266

……………………………………………………………………………………………
7.大企業とベンチャーとのWIN−WINフォーラム
   〜我が国におけるコーポレートベンチャリング推進に向けて〜

◆オープンイノベーションモデルによって、新事業創造を図っていくためには、
大企業とベンチャーとが互いの強みを共有しうるWIN−WIN関係の構築が
重要との認識の下、経済産業省ではコーポレートベンチャリングの推進に向け
普及促進策の検討を行っております。
 この度、コーポレートベンチャリングの実態や課題を明らかにし、また、成
功事例からその要因を探るため、標記フォーラムを開催することとなりました。
 大企業とのWIN−WIN関係の構築等にご関心がある方は、是非ご参加下
さい。参加は無料ですが、事前の申込み(https://www.ilcc.com/winwin_forum/)
をお願いします。
 開催日時:平成21年2月19日(木)13:30〜17:30
 開催場所:文京学院大学 仁愛ホール(東京メトロ南北線徒歩0分)
 申 込 先:https://www.ilcc.com/winwin_forum/
 詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/
innovation_policy/WIN-WIN.htm

 なお、翌日(20日)13:30から同会場において、関東経済産業局主催
の「新事業創出フォーラム」が開催されます。
 こちらもお時間が許せばご参加下さい。
 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/sogyo/kigyouhatsu/
090220shinjigyososyutsu_forum.html

[問い合わせ先]
 経済産業省産業技術政策課
 大企業とベンチャーのWIN-WINフォーラム事務局
 TEL:03−3479−8639

……………………………………………………………………………………………
8.「ふるさとうまいものフェアin新宿」の開催

◆中小機構は、標記イベントを1月22日と23日に新宿駅西口広場(東京都
新宿区西新宿)の地下街にあるイベントコーナーで開催します。
 国の「出会う、ふれあう、地域の魅力」キャンペーンの一環で全国各地から
選りすぐった「美味いもの」の即売会を行います。
 詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.smrj.go.jp/keiei/chikipg/038289.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 地域活性化グループ 地域活性化企画課
 電話:03−5470−1619

……………………………………………………………………………………………
9.「第5回かながわ“キラリ”チャレンジャー大賞」表彰式開催

◆企業経営者や起業家支援者等で構成する「挑戦者(アントレプレナー)にや
さしいかながわづくり実行委員会」では、独自のビジネスモデルや経営手法で
実績を上げるなど活躍されている事業家を表彰する「第5回かながわ“キラリ”
チャレンジャー大賞」の表彰式を開催いたします。
 ファイナリストの表彰及び、その中から決定した大賞(県知事賞)受賞者の
発表・表彰を行います。
 日 時:平成21年2月14日(土)14:00〜16:25(開場13:30)
              ※交流会16:40〜17:10
 会 場:横浜シンポジア(横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル9階)
    (交通)みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分
 内 容:(1)ファイナリスト賞の贈呈とファイナリストのスピーチ
     (2)特別講演「すべてはチャレンジから始まる」
        株式会社トレジャー・ファクトリー 代表取締役社長 野坂英吾 氏
     (3)大賞受賞者の発表・表彰
        プレゼンテーター 神奈川県知事 松沢成文(予定)
 参加費:無料(交流会参加の場合は会費千円を当日お支払いください。)
 申込方法:(定員150名 先着順)
 下記の神奈川県ホームページからお申込みください。
 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/sangyo/kirari/index.html
[問い合わせ先]
 挑戦者(アントレプレナー)にやさしいかながわづくり実行委員会事務局
 神奈川県商工労働部産業活性課 担当:森川、若本
 TEL:045−210−5564

……………………………………………………………………………………………
10.セミナー&交流会
   「経営課題解決セミナー&専門家との交流会」参加者募集
◆東京商工会議所経営サービス分科会では、2月4日に知的財産、リスクマネ
ジメント、労務管理に関するセミナーを開催いたします。
 各セミナーでは専門家が1時間の中で、明日から実践できる経営課題の解決
法についてご教示いたします。
 また、当日はセミナー終了後、各種専門家との交流会も併せて開催いたしま
す。交流会では自由な雰囲気の中で懇談や名刺交換等をしていただき、今後の
ビジネスチャンスの発見や今後の経営に役立つ情報の交換にお役立てください。
 もちろん、企業経営者同士での情報交換やお仕事のPR等も大歓迎です。簡単
なお食事やお飲み物もご用意しております。当日はたくさん名刺を持ってお越
しください。
 なお、セミナーのみの場合は参加費無料、交流会ご参加の場合には実費とし
て2,000円を当日申し受けます。
 詳細につきましては下記URLをご覧下さい。
 https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-19069.html
[問い合わせ先]
 東京商工会議所 渋谷支部 電話:03−3406−8141

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆近畿地域◆◆◆

11.「ビジネスチャンス拡大!中小企業のWeb実践的活用法」
     ビジネスマッチングブログ(BMB)オフ会 公開セミナー

◆大阪府直営のものづくり支援サイト「ビジネスマッチングブログ(BMB)」
は、ブログを活用して情報の受発信を行うコミュニケーションサイトとして、
現在、近畿のものづくり企業やデザイン事務所等、約200社が参加(無料)
しています。
 本セミナーではBMBをはじめとするブログポータルサイトを取り上げ、企
業経営におけるWebの実践的な活用法を紹介します。
 あなたも「見て・聞いて・納得して・実践する」ことで、BtoBのビジネス
チャンスを増やしてみませんか。
 日 時:平成21年2月16日(月)16:00〜18:00
 場 所:マイドームおおさか 8階 第1・2会議室
     (大阪市中央区本町橋2−5)
 定 員:80名(先着申込順)
 参加費:無料
 主 催:大阪府産業デザインセンター
 内 容:(1)BtoC ビジネスチャンス編(16:00〜17:00)
      講 師:ジェイ・ライン(株) 取締役 福島 将人氏
      テーマ:『大阪ブログポータル「オオサカジン−Osakazine−」
          の取組み』
     (2)BtoB ビジネスチャンス編(17:00〜17:30)
      講 師:大阪府産業デザインセンター 主任研究員 川本 誓文
      テーマ:『ビジネスマッチングブログ(BMB)が生みだすビジ
          ネスチャンス』
      (3)ビジネスチャンス拡大 実践報告編(17:30〜18:00)
      講 師:株式会社エンジニア 代表取締役  高崎 充弘氏 
      テーマ:『現場からのWeb活用実践報告』
 お申し込みは下記URLからお願いします。
 http://bmb.oidc.jp/
[お問い合わせ先]
 大阪府産業デザインセンター (担当:川本、西村、片山)
 TEL:06−6949−4791 FAX:06−6949−4792
      Eメール:bmb@oidc.jp

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◆◆◆四国地域◆◆◆

12.『フィルムカフェ & 映像ワークショップ in 香川』
   〜「フラガール」に学べ!香川からヒット映画を生み出すコツ〜

◆四国経済産業局は、“映画制作”をキーワードに、地域の映像制作者とのネ
ットワーク構築や人に見せる映像制作体験のイベントを開催します。

<さぬき映画祭 映画制作実践講座 作品上映会>
  日 時:平成21年1月24日(土)14:00〜15:00
  場 所:サンポートホール高松 第一小ホール(高松市サンポート2−1)
<フィルムカフェ>
  日 時:平成21年1月24日(土)15:00〜17:00
  場 所:サンポートホール高松 第一小ホール(高松市サンポート2−1)
  内 容:以下の4氏による映画後まちづくりのトークイベント
      『フラガール』ラインプロデューサー、バンタン映画映像学院顧問
                    ■  映(いのり あきら)氏
  (注:■「いのり」は、旧字体の「しめすへん」に旧字体の「ことぶき」)
      株式会社オーエン代表取締役 東 浩司(ひがし こうじ)氏
      脚本家、俳優        近田容平(ちかだ ようへい)氏
      「TOYAMA地域映画フェスティバル」プロデューサー
                    渡邊竜一(わたなべ りゅういち)氏
  定 員:60名(入場無料)
<映像ワークショップ>
  日 時:平成21年1月25日(日)10:00〜16:30
  場 所:e−とぴあ・かがわ クラスルームB(高松市サンポート2−1)
  内 容:以下の2氏に映像スキルを学ぶ体験型セミナー
      『青空ポンチ』プロデューサー アサオヨシノリ氏
      『青空ポンチ』、『おそいひと』映画監督
                     柴田 剛(しばた つよし)氏
  定 員:15名(参加無料)
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_b1/shougyou/
3_event/090112b/press.htm

[主催及び問い合わせ先]
 四国経済産業局 産業部 コンテンツ産業支援室
 TEL:087−811−8524 FAX:087−811−8556

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
           ▼まだご加入がお済でない方へ▼
          経営者の味方「経営セーフティ共済」

◆中小機構は、取引先企業の倒産の影響による中小企業の連鎖倒産や、著しく
経営が困難な状況に陥ることを防止するためにあらかじめ掛金を積み立ててお
く共済制度を運営しています。
 掛金総額の10倍の範囲内で最高3200万円の共済金貸し付けが受けられ
るほか、税法上法人の場合は損金に、個人の場合は必要経費に算入することが
できるなどの節税効果や、掛金も掛け捨てではない共済制度です(40カ月以
上納付の場合)。
 詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018470.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 共済相談室
 電話:050−5541−7171

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
             ★支援機関ニュース★

  ☆日本政策金融公庫は中小企業のみなさまを全力で応援します!☆

◆株式会社日本政策金融公庫は、現在の深刻な金融経済環境の影響を受けてい
る中小企業のみなさまの資金繰りを支援するため、セーフティネット貸付を取
り扱っております。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/c_news/safetynet.html

 また、当公庫相談センターでは、電話相談時間の延長および土日・祝日の電
話相談を行っております。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/common/pdf/t_news_081230_a.pdf

 みなさまのご利用をお待ちしています。

……………………………………………………………………………………………
     「第4回渋沢栄一ベンチャードリーム賞」が決定

◆埼玉県は埼玉が生んだ偉人、渋沢栄一翁にちなんだ標記の賞の表彰企業を決
めました。
 ビジネスモデルが新規性、独創性などにあふれ、今後の大きな飛躍が見込ま
れるベンチャー企業で、社会に役立つ事業を営むという渋沢栄一翁の起業家精
神を受け継ぐ企業を表彰しています。
 今回は大賞に「富士計測システム(株)」、優秀賞に「(株)ハイパーギア」、
奨励賞に「リングアンドリンク(株)」、特別賞に「(株)スープラディスプ
レイ」が選ばれました。
 詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.biz-startup.pref.saitama.lg.jp/hp/service/dai4kaijyushoukigyou.pdf
[問い合せ先]
 埼玉県創業ベンチャー支援センター 電話:048−711−2222

……………………………………………………………………………………………
 ▼省エネルギー&CO2排出削減で経営コスト改善〜無料診断のご案内▼

◆日本商工会議所は、地球温暖化問題に関する中小企業向けの支援事業として、
省エネルギー・CO2排出削減の無料診断を実施します。
 いまや中小企業にとっても避けられない課題となっている地球温暖化問題に
取り組むことは、環境と社会に対する貢献という観点からも重要ですが、二酸
化炭素などの温室効果ガスの排出を抑制する「低炭素経営」を目指すことは、
コスト削減や業績改善を実現する機会でもあります。
 ぜひご利用ください。
[問い合わせ先]
 日本商工会議所 産業政策部 電話:03−3283−7836

……………………………………………………………………………………………
     ◎「特別相談窓口」の相談態勢の強化について◎
      〜電話相談時間の延長および土日の電話相談〜

◆商工中金は、現在開設している「中小企業特別相談窓口」で、中小企業の皆
さまからの融資相談に、より円滑かつ迅速に対応するため、既に実施している
相談態勢を「平成20年12月末日まで」から「平成21年3月末日まで」に
延長しました。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_081230_02.pdf

……………………………………………………………………………………………
 △「IT技術を活用した牛の発情発見装置」の開発・販売を金融面から
   サポート!   株式会社コムテックに対し、4,360万円融資△

◆商工中金(宮崎支店)は、1月6日、株式会社コムテック(本社:宮崎県宮
崎市、代表者:笹栗 康氏)に対し、農商工連携事業に必要な資金4,360
万円を宮崎県信用保証協会との連携により融資しました。
 株式会社コムテックは、「牛の発情発見をインターネットを通じて各農家へ
知らせるシステムの開発」の事業計画について、9月19日に「農商工等連携
促進法」(※)の認定を受けています。
 商工中金が、「農商工等連携促進法」の認定を受けた企業に対して融資する
のは、九州地区で初となります。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090105_01.pdf

……………………………………………………………………………………………
 ▽「ホワイトアスパラを活用した食酢と道産野菜のピクルス食品」 の開発
 ・販売を金融面からサポート!株式会社大金に対し1,000万円融資▽

◆商工中金(旭川支店)は、12月30日、株式会社大金(本社:北海道旭川
市、代表者:金田 道従氏)に対し、農商工連携事業に必要な資金1,000
万円を北海道信用保証協会との連携により融資しました。
 株式会社大金は、「ホワイトアスパラを活用した食酢と道産野菜のピクルス
食品の開発」の事業計画について、9月19日に「農商工等連携促進法」(※)
の認定を受けています。
 商工中金が、「農商工等連携促進法」の認定を受けた企業に対して融資する
のは、北海道地区で初となります。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090107_01.pdf
……………………………………………………………………………………………
   ▲海外金融機関との業務提携により、
        中小企業の海外展開サポート体制を強化!▲

◆商工中金は、今般、新たにバンコック銀行、および交通銀行とそれぞれ、海
外における金融サービスの提供(お取引先企業の海外現地法人に対する融資取
引、貿易金融取引など)に関する業務提携を行ないました。
 お取引先中小企業の海外展開が加速している状況において、アジア地域にお
ける金融サービス面でのサポートを強化するため、タイにおいてはバンコック
銀行、中国においては交通銀行と新たに業務提携を締結しました。
 今後は、お取引先企業への同提携銀行の紹介や商工中金による直接保証など
により、現地における金融サービスを提供し、中小企業の皆さまの海外展開の
サポートを強化します。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/nl_090116_01.pdf

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:1月19日)○

 http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            ★調査・研究レポート★

◆小企業と大学の連携に関する実態調査
            (平成21年1月14日発表:日本政策金融公庫)
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/common/pdf/sme_findings3.pdf

◆政策公庫総研レポート
 中国自動車産業におけるサプライヤー・システムの現状
            (平成21年1月15日発表:日本政策金融公庫)
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.jfc.go.jp/findings/gri/v_findings/tyousa_souken_08_02.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    ★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net21」★

◆中小企業者と農林漁業者が連携し、相互の経営資源を活用して、新商品や新
サービス、新たな需要を生み出す「農商工連携」。その概要や支援の内容、支
援のスキームを解説するほか、先進的な取組を選定した「農商工連携88選」
や関連する施策情報の紹介などを随時、情報発信する「農商工連携パーク」を
開設しました。
 「J-Net21」は、農林漁業と商業・工業のビジネス連携を応援します!

【J-Net21】
 http://j-net21.smrj.go.jp/

【J-Net21農商工連携パーク】
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/index.html

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報統括室 広報課(J-Net21)
 http://j-net21.smrj.go.jp/common/mail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ★皆様からのご質問、ご意見、ご感想をお待ちしています★

◎中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ!
 chusho-netmagazine@meti.go.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
          ★中小企業関係機関リンク集★

 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■



戻る