J-Net21とは メルマガ登録 RSS一覧 サイトマップ
J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト
あなたのビジネスを、公的機関がバックアップ!
検索エリア
中小機構 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

  • 起業する
  • 事業を広げる
  • 経営をよくする
  • 支援情報・機関を知る
  • 資金を調達する
  • 製品・技術を開発する
  • ニュースを見る



 
      ■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
          http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

■━━━━━━━━━━━━Vol.361/2008.12.24━━━━━━━━━━━━■

              ★巻頭コラム★

        「もの作りのコンビニ」で高収益体質に

◆中小企業においては、誰も真似できない特異な技術に特化するオンリーワン
型が他社との競争で最も優位に立つことは言うまでもないし、これを究極の目
標とする企業も多い。素晴らしいことである。ただ一方では、現実にユーザー
ニーズは種々雑多に存在する。その広範な需要に対し、技術力を基盤に他社に
負けないスピードと利益を生み出すコスト競争力を備え、いかに的確に供給し
ていくか、という観点から経営の方向を決めるのも一つの立派な戦略と言える。

◆金属加工メーカーのアスク(大阪府枚方市)は、経営のキーワードに「もの
作りのコンビニ」を堂々と掲げている。試作部品から小物精密部品まで幅広く
手掛ける。半導体、液晶メーカーの試作品加工が中心業務だが、驚くべきこと
は利益率の高さ。売上高経常利益率2ケタを3期連続でクリアしている。なぜ
こんなにも高収益体質なのか、という問いに対し、山下篤哉社長は「積極的な
設備投資のお陰です」ときっぱり答える。

◆この3年間合計で、年商に匹敵する設備投資を行っており、所有する加工機
械は120台に達する。同社長は「昔はベテラン技術者しかできなかった加工
が、今は若い技術者でも簡単にできる」とし、続けて「最新鋭機を導入するこ
とで技術者が機械に張り付く時間も減り、ワンマン・ツーマシン(一人で2台
操作)の生産が可能になる」とその効用を強調する。

◆利益体質を生む2つ目の理由は、スピードを最優先する受注体制だ。技術者
として鳴らした見積もり担当者が常時3人待機し、「図面を見れば瞬時に製造
工程を考え、価格を提示できる」(同社長)ようにしている。3つ目は清潔で
快適な職場環境。1989年に大阪府守口市で設立した同社は、住工混在と手
狭な工場に悩んだ末に2004年に移転。粉塵や機械油を吸い取るミストコレ
クター15機を配置、トイレも帝国ホテルと同等の内装を施し、バイキング形
式の食堂や体育館も設置した。

◆「社員間に、いい環境を維持しようという気持ちが働き無駄な仕事が減って
生産性も上がる」(同社長)との考えがあった。現在、工場では油の臭いがほ
とんどしないし、工場内に足を踏み入れると、あちこちから元気な挨拶が飛ん
でくる。試作部品加工など「コンビニだからできる」速く、上手い加工―中小
企業の生きる道は幅広く奥行きがあることを痛感させられる。(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    ◎2009年「元気なモノ作り中小企業300社」募集中◎
     (平成20年12月15日〜平成21年1月16日)

◆「元気なモノ作り中小企業300社」とは? 
 中小企業は、高度なモノ作りにより、我が国産業の国際競争力を支え、経済
活力の源となっています。
 このような、目に触れにくいが重要な役割を果たしているモノ作り中小企業
の姿を、広く国民等に対して具体的な姿で分かりやすく示すことにより、中小
企業の今後の励みとなるよう、また、若年者などがモノ作りに対する関心を持
つきっかけになるよう願い、「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業3
00社」の取りまとめを、2006年、2007年及び2008年に実施して
きました。

◆2009年においては、高度な技術を用いて革新的な製品を供給している企
業や、国民生活や産業活動に大きな影響を与えている中小企業などを「日本の
イノベーションを支えるモノ作り中小企業」として、また、モノ作りを通じ地
域経済において重要な役割を担っている小規模企業や、社会的課題解決に役立
つ製品を作っている小規模企業などを、「キラリと光るモノ作り小規模企業」
として、それぞれ150社程度選定いたします。
 選定されました企業には、感謝状と記念品を贈呈するとともに、企業概要を
事例集として冊子にとりまとめます。また、中小企業庁のサイトでも紹介を行
っていく予定です。

◆募集に関するお問い合わせ先
詳しくは貴社の所在地を担当する下記経済産業局へ
 北海道経済産業局地域経済課 011-709-1782
 E-mail:hok-monozukuri300@meti.go.jp 
 東北経済産業局地域経済課 022-215-7142
 E-mail:thk-monozukuri300@meti.go.jp 
 関東経済産業局製造産業課 048-600-0313
 E-mail:kan-monozukuri300@meti.go.jp

 中部経済産業局産業振興課 052-951-0520
 E-mail:chb-monozukuri300@meti.go.jp 
 近畿経済産業局製造産業課 06-6966-6022
 E-mail:kin-monozukuri300@meti.go.jp 
 中国経済産業局参事官(企画担当) 082-224-5626
 E-mail:cgk-monozukuri300@meti.go.jp 
 四国経済産業局企画課 087-811-8507
 E-mail:sik-monozukuri300@meti.go.jp 
 九州経済産業局製造産業課 092-482-5442
 E-mail:kyu-monozukuri300@meti.go.jp 
 沖縄総合事務局地域経済課 098-866-1730
 E-mail:oki-monozukuri300@meti.go.jp 
 中小企業庁 経営支援部創業・技術課 03-3501-1816
 E-mail:monozukuri-300@meti.go.jp 
※なお、選定決定前の候補企業に関するお問い合わせや審査状況に関するお問
い合わせには一切お答えできませんのでご了承ください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         「元気なモノ作り中小企業300社」
    〜〜〜経済産業省ロビー展示を開催中(中小企業庁)〜〜〜

◆中小企業庁では、平成20年11月25日から12月26日までの間、平成
20年6月に「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定
された企業の製品や部品を1週間ごとに入れ替えて、企業紹介パネルとともに
経済産業省本館1階ロビーにて展示し、PRを行っています。
 たくさんの方々のご来庁をお待ちしております。

◆展示の概要は次のとおりです。
(1)日 時:平成20年11月25日(火)〜 12月26日(金)
      (但し、土・日曜日・祝日は除く) 9:30〜18:00
(2)会 場:経済産業省本館1 階ロビー
      (東京都千代田区霞が関一丁目3番1号)
(3)主 催:経済産業省中小企業庁、独立行政法人中小企業基盤整備機構
(4)展示内容:2008年「元気なモノ作り中小企業300社」の中から応
       募のあったものを、次のように展示。
 1.「製品・部品の実物」と「企業概要を紹介したパネル」展示 80社
 2.「企業概要を紹介したパネル」展示             53社
                             計133社

◆展示企業の日程はこちらのURLをご覧ください。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/download/081117mono2008lobby.pdf

◆各社の企業概要についてはこちらのURLからご覧頂けます。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/mono2008/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ☆★☆「e−中小企業ネットマガジン」読者アンケート実施中!☆★☆
         ▼▼あなたの声をお聞かせください▼▼

◆日頃より『e−中小企業ネットマガジン』をご愛読いただき、誠にありがと
うございます。
 みなさまのご意見やご感想を今後の『e−中小企業ネットマガジン』に反映
させてまいりたいと存じますので、アンケートにご協力いただきますようお願
い申し上げます。
 <アンケートはこちらから>
 https://www2.voiceport.jp/0811/081105tnm/jumpopen.asp?flg=8

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      ★電子ブック「Cabiネット」12月号−政府広報★

◆特集「中小企業は“日本の底力”〜技術とアイデアで時代をつくる!」
 日本の“ものづくり”を支えているのは、伝統の技に、最新のテクノロジー
と大胆な発想を加えながら、日夜頑張っている中小企業です。
 今月の特集では、元気な中小企業が連携している街、技術力や発想力で頑張
っている企業を紹介しています。
 また、後継者育成の現場や下請取引に関する相談窓口についても紹介してい
ます。
 詳しくは下記URLからご覧下さい。
 http://www.gov-online.go.jp/pr/media/prm/cabinet/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
       》》》》こんにちは! 中小企業庁です!《《《《

        中小・小規模企業を全力をあげて応援します!

◆中小・小規模企業の方々が資金繰りに不安がないよう30兆円規模の保証・
融資枠を確保し、「緊急保証制度」の対象業種を600超の業種へと大幅に拡
大しました。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

◆緊急保証やセーフティネット貸付に関する「緊急相談窓口」が信用保証協会、
日本政策金融公庫、商工会議所、商工会など全国約900か所に設けられてい
ます。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/kinkyuhoshou/madoguchi.htm

◆中小企業の将来の資金需要に迅速に応えることを目的とする「予約保証制度」
が、スタートしました。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081107yoyakuHoshouSeido.htm

◆「中小企業金融貸し渋り110番」を各地の経済産業局に開設し、中小・小
規模企業の皆さんからのご相談をうかがっています。
 http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081104kikyu_hosho.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ▲「モバイル中小企業庁」配信中▲

◆中小企業施策の紹介や各種セミナーの開催案内など、携帯電話で情報収集で
きるサービスを行っています。
 配信をご希望の方は下記URLをご覧下さい。
 http://chusho.mjmk.jp/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            ★今週のトピックス★

【関東地域】

1.埼玉県産業技術総合センター貸研究室の入居者募集中!
                        (〜2009/1/26:埼玉)
2.「中心市街地活性化促進シンポジウム」の開催  (2009/1/27:東京)
3.「平成20年度情報通信ベンチャービジネスプラン発表会」
                の一般参加者を募集(2009/1/27:東京)
4.「事業承継関連実務家研修」の開催        (2009/2/6:東京)

5.「平成20年度下請取引適正化推進セミナー東京」
                       の開催(2009/1/9:東京)
……………………………………………………………………………………………
【中部地域】

6.「平成20年度下請取引適正化推進セミナー愛知」
                      の開催(2009/1/15:愛知)
……………………………………………………………………………………………
【近畿地域】
7.「起業家ネクストチャレンジ講座」の開催
                   (2009/2/7、2/21、3/7:大阪)
……………………………………………………………………………………………
【四国地域】

8.高知発 がん治療フォーラム〜がんは不治の病ではない〜
                          (2009/2/10:高知)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◆◆◆関東地域◆◆◆

1.埼玉県産業技術総合センター貸研究室の入居者を募集中!

◆埼玉県産業技術総合センターでは、創業しようとする方や新事業分野を目指
す中小企業の皆様などを対象とした貸研究室1室の入居者を募集中です。
 公設試験研究機関ですので、同じ施設内で120もの開放機器を利用でき、
センター研究員による技術支援も受けられます。
 そのほか、インキュベーション・マネージャーによる経営支援や産学官連携
等のサポートもあり、貸研究室に入居することで支援機能をフル活用できます。
 締切りは1月26日(月)。
 詳細は下記のURLをご覧ください。
  http://www.saitec.pref.saitama.lg.jp/kashikan/kashiken.html

[問い合わせ先]
 埼玉県産業労働部 埼玉県産業技術総合センター
  企画室 産学官・起業化・特許担当 多久島
  メールアドレス takushima-yasutoshi@saitec.pref.saitama.jp

……………………………………………………………………………………………
2.「中心市街地活性化促進シンポジウム」の開催

◆中小機構は、標記シンポジウムを平成21年1月27日に丸ビルホール(東
京都千代田区)で開催します。
 全国各地で中心市街地の活性化の取り組みが本格化しています。シンポジウ
ムでは講演や意欲的・先進的な2つの協議会の取り組み紹介に加え、英国のT
CM活動や日本のまちづくりリーダーの取り組みを紹介し、「タウンマネジメ
ント」のあり方を考えます。
 定員は300名。参加は無料。詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://machi-semi.smrj.go.jp/
[問い合わせ先]
 シンポジウム開催事務局(三菱総合研究所)
 電話:03−3277−0718

……………………………………………………………………………………………
3.平成20年度情報通信ベンチャービジネスプラン発表会
                       の一般参加者を募集

◆情報通信研究機構は、標記発表会を平成21年1月27日に秋葉原UDXG
ALLERY(東京都千代田区外神田)で開催します。
 情報通信分野のベンチャー企業及び情報通信分野での創業を目指している個
人を対象に、「ビジネスプランの発表」の場を提供し、資金調達、業務提携、
営業促進などのビジネスマッチングを促進する発表会です。今回は情報通信ベ
ンチャー業界におけるキーパーソンの方々によるパネルディスカッションも併
せて開催します。
 参加は無料。定員は200名。応募締め切りは1月23日。
 応募方法など詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.venture.nict.go.jp/contents/venture/nict__2/20/node_23573/node_23574
[問い合わせ先]
 独立行政法人情報通信研究機構 情報通信ベンチャー支援センター事務局
 event3@venture.nict.go.jp

……………………………………………………………………………………………
4.「事業承継関連実務家研修」の開催

◆中小企業大学校東京校は、標記研修会を平成21年2月6日にウェルシティ
東京(東京厚生年金会館、東京都新宿区)のロイヤルホールで開催します。
 中小企業者の事業承継をサポートする弁護士や税理士、金融機関職員など専
門家の方に向けた研修で、事業承継ガイドラインや関連相続法、中小企業経営
承継円滑化法、会社法、関連税制等について研修します。
 定員は100名。受講は無料。申し込み締め切りは同1月9日。
 申し込み方法など詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/list/032740.html

[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構経営基盤支援部 中小企業大学校東京校支援研修課
 電話:042−565−1170

……………………………………………………………………………………………
5.「平成20年度下請取引適正化推進セミナー東京」の開催

◆全国中小企業取引振興協会では、標記セミナーを下記のとおり開催します。
 「取引業務の流れに沿って見た場合どの場面でどうすることが必要なのか。」
また、「法律のどういうことに気をつけなければならないか」がわかります。
 日 時:平成21年1月9日(金)10:00〜17:00
 場 所:ホテルフロラシオン青山(東京都港区南青山4−17−58)
 内 容:10:00〜14:30 下請代金支払遅延等防止法
     14:30〜16:00 外注(下請)取引基本契約書
     16:00〜17:00 質疑応答
 講 師:下請代金支払遅延等防止法、外注取引基本契約書に精通した弁護士
 受講料:1万4千円(テキスト代含む)
     ※受講料先払い
     (払込取扱票を申込書に貼付し、FAX送信により申込み受付)
 申し込み方法等、詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.zenkyo.or.jp/seminar/seminar_kanto.htm
[問い合わせ先]
 財団法人全国中小企業取引振興協会 セミナー担当
 電話:03−5541−6688 FAX03−5541−6680
 E-mail :info@zenkyo.or.jp

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

◆◆◆中部地域◆◆◆

6.「平成20年度下請取引適正化推進セミナー愛知」の開催

◆全国中小企業取引振興協会では、標記セミナーを下記のとおり開催します。
 「取引業務の流れに沿って見た場合どの場面でどうすることが必要なのか。」
また、「法律のどういうことに気をつけなければならないか」がわかります。
 日 時:平成21年1月15日(木)10:00〜17:00
 場 所:ウィルあいち(愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地)
 内 容:10:00〜14:30 下請代金支払遅延等防止法
     14:30〜16:00 外注(下請)取引基本契約書
     16:00〜17:00 質疑応答
 講 師:下請代金支払遅延等防止法、外注取引基本契約書に精通した弁護士
 受講料:1万4千円(テキスト代含む)
     ※受講料先払い
     (払込取扱票を申込書に貼付し、FAX送信により申込み受付)
 申し込み方法等、詳しくは下記のURLをご覧ください。
 http://www.zenkyo.or.jp/seminar/seminar_chubu.htm
[問い合わせ先]
 財団法人全国中小企業取引振興協会 セミナー担当
 電話:03−5541−6688 FAX03−5541−6680
 E-mail :info@zenkyo.or.jp

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

◆◆◆近畿地域◆◆◆

7.「起業家ネクストチャレンジ講座」の開催

◆中小企業大学校関西校は、標記講座を平成21年2月7、21、3月7日の
3日間、経営支援プラザUMEDA(大阪市北区)で開催します。
 創業前後の難局を乗り越え、次のステップに進みたい方を対象に、ビジネス
プランの見直しや課題解決の方向性について、起業支援実績豊富な講師陣によ
る個別指導やゼミ形式の講義を通じて学んでいただきます。
 受講料は1万円(税込み、3日間分)。定員は20名。
 詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://kansaiko.jp/course/0855.html

[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 近畿支部 中小企業大学校 関西校 研修課
 電話:0790−22−5931

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

◆◆◆四国地域◆◆◆

8.高知発 がん治療フォーラム 〜がんは不治の病ではない〜

◆日本人の死亡原因の第1位であるがんに対する治療薬は、現在も多くのがん
患者が待ち望んでいるものです。
 安価で有効ながん治療法が確立されることは、患者にとっても医療費の抑制
の効果等、経済効果の点からも大変重要であり、社会的影響も大きいといえま
す。JSTイノベーションサテライト高知で支援している研究成果の中には、
世界的にも画期的ながん治療方法として注目され、日本各地からも多くの患者
が治療や相談に訪れてくるものもあります。本フォーラムでは、がん治療研究
の最先端を広く一般に紹介し、「がんは不治の病ではない」といったがん治療
に対する理解促進を図ります。
 高知からの情報発信に、ぜひご期待ください!

 日 時:平成21年2月10日(火)13:00〜16:55
             (交流会 17:10〜18:40)
 会 場:高知会館(高知県高知市)
     http://www.kochikaikan.jp/
 主 催:JSTイノベーションサテライト高知
 詳しくはこちらのURLをご覧下さい。
 http://www.kochi-jst-satellite.jp/forum20090210/
[お問い合わせ先]
 JSTイノベーションサテライト高知 TEL:0887−57−4800
 E-mail: kochi@kochi-jst-satellite.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ☆商工中金「特別相談窓口」の相談体制の強化について☆
           〜土日の電話相談を実施〜
 
◆商工中金は、現在開設している「中小企業特別相談窓口」で、中小企業の皆
さまからの融資相談に、より円滑かつ迅速に対応するため、12月8日(月)以
降の平日の相談時間を延長するとともに、12月13日(土)から営業休日にお
いても電話相談を受け付けています。
 詳しくは下記URLをご覧下さい。
 http://www.shokochukin.co.jp/newsrelease/pdf/ul_081205_02.pdf

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ★「経営セーフティ共済」のご案内★

◆中小機構が運営する国の法律(中小企業倒産防止共済法)に基づく「経営セ
ーフティ共済」は、取引先企業の倒産の影響による中小企業の連鎖倒産や、著
しい経営難に陥ることを防止するため、あらかじめ掛金を積み立てておく共済
制度です。
 月額の掛金を5千円から8万円(5千円単位)までで選択でき、掛金は税法
上、法人の場合は損金に、個人の場合は必要経費に算入することが出来るほか、
掛金の払い込み途中での掛金月額の変更や掛金の前納も可能ですので、自社の
経営状況にあわせて 柔軟に対応できる仕組みとなっています。
 ぜひこの機会に「経営セーフティ共済」への早期の加入をご検討ください!
 詳しくは下記のURLをご覧下さい。
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/025381.html

[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 共済相談室 電話:050−5541−7171

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ☆「小規模企業共済」のご案内☆
 〜〜賢い経営者必見!節税しながら貯蓄する経営者のための退職金制度〜〜

◆中小機構では、小規模企業の経営者の方を対象とした、事業の廃止や役員の
退職に備えてその後の生活資金をあらかじめ積み立てて準備しておくための共
済制度を運営しております。
 毎月の掛金がお客様のご事情にあわせて1千円〜7万円まで自由に選択が可
能で、かつ、積み立てた掛金は課税対象となる所得から全額控除することがで
きます。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018240.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 共済相談室 電話:050−5541−7171

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            ★調査・研究レポート等★

◆11月の中小企業月次景況調査
             (12月22日発表:全国中小企業団体中央会)

 http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei08-11.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     ★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net21」★

◆中小企業者と農林漁業者が連携し、相互の経営資源を活用して、新商品や新
サービス、新たな需要を生み出す「農商工連携」。その概要や支援の内容、支
援のスキームを解説するほか、先進的な取組を選定した「農商工連携88選」
や関連する施策情報の紹介などを随時、情報発信する「農商工連携パーク」を
開設しました。
 「J-Net21」は、農林漁業と商業・工業のビジネス連携を応援します!
【J-Net21】
 http://j-net21.smrj.go.jp/
【J-Net21農商工連携パーク】
 http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/index.html
【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報統括室 広報課(J-Net21)
 http://j-net21.smrj.go.jp/common/mail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
       》》》》 編集部からのお知らせ 《《《《

◆e−中小企業ネットマガジンをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 12月31日号はお休みさせていただき、新年は1月7日(水)からの発行
となりますのでご了承ください。
 みなさま、良いお年をお迎えください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    ★皆様からのご質問、ご意見、ご感想をお待ちしています★

◎中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ!
 chusho-netmagazine@meti.go.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
          ★中小企業関係機関リンク集★

 http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
 http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■





戻る
      

このページの先頭へ

  • リンク集
  • 免責事項
  • 個人情報保護方針
  • ご意見・お問い合わせ
  • このサイトは独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています

Copyright(c) Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, Japan All rights reserved.