■■ 
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■  
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
          http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

■━━━━━━━━━━━Vol.338/2008. 7.16━━━━━━━━━━━━━■
★ 巻頭コラム ★
		新規分野参入は既存事業の延長線で

◆「新規分野に参入する。経営を多角化する」と口にする中小企業経営者は多
いが、将来の経営を左右するだけに決断までは大変だ。新規事業を検討する場
合、自らが持っているマンパワーやノウハウ、資金的な裏付け、外的要因など
様々なことを総合的に判断する必要がある。その上で、どのような分野が自社
にとって最も相応しいか見極め、準備をしていかねばならないだろう。

◆創業百年を目前にしている小出ロール鐵工所(東京都墨田区)も新規事業分
野への参入を進めている。同社は社名にも表れているように「丸モノ加工のス
ペシャリスト」として業界内外に認められている。鉄鋼メーカーや製紙メーカ
ー向けロール、電力業界向けのタービンシャフトなどを手がけ、とくに鉄鋼用
圧延ロールの研磨加工では右に出る企業がないといわれるほどだ。ただ小出明
治社長は「将来を考えるとロールやシャフトだけでは持続的な成長が難しい」
と思っている。

◆新たな事業分野に参入する場合、全く異なった分野に参入することも考えら
れるが、独自に立ち上げるにしても、関係する企業を買収するにしても、これ
まで手がけてきた事業の延長線上で新規事業に参入する方が成功するケースが
多い。中小企業の場合、ただでさえ不足しているマンパワーや営業力、技術力、
資金力などを最大限に活用出来るだけでなく、蓄積されたノウハウを活かすこ
ともできるためだ。

◆既存事業がベースにあっても、思いつきだけで新事業を立ち上げるわけには
いかない。事前の準備を怠れば命取りになってしまう。小出ロールの場合は、
「総合加工メーカーへの脱皮を目指す」(小出社長)ため、早くから準備を進
めてきた。新たなスキル修得のため社内環境を整え、社員の技術レベル向上に
取り組んだ。「社員に対する投資は惜しまない」(同)というほどの徹底ぶり
だ。今では誰もが精密加工できるまでのレベルになっている。スキルが向上し
た結果「角物」などの加工ができるノウハウも備わった。

◆平行してマシニングセンターや5面加工機などの生産設備も計画的に導入、
総合加工メーカーとなるため、着々と手を打ってきた。加工もロール加工とい
う核の事業に加え「角物」にまで拡大、さらに精密加工ができる体制づくりを
進めている。小出社長はステップアップのための次の戦略も頭には入っている
ようだ。完全に総合加工メーカーとして脱皮した時には、社名からロールがは
ずれ、創業当時の小出鐵工所に戻るかも知れない。(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
      》》》》こんにちは。中小企業庁です。《《《《

 本メルマガでも何回かお伝えしましたが、地域の要である農林漁業者と商工
業者が連携することで、ともに元気になろうという「農商工連携」に関連する
3つの政令が7月15日、閣議決定されました。

 これにより、先の国会で成立した法律の施行日が、7月21日と定められると
ともに、支援の対象となる中小企業者の範囲、中小企業信用保険法の特例に関
する保険料率、農業改良資金の特例の償還期間などが定められます。

 詳しくは、下記のURLをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/noushoko/080715noshoko_seirei.htm

(ご参考:農商工連携とは)
http://j-net21.smrj.go.jp/e-mag/backnumber/h20/200409.htm

[問い合わせ先]
 中小企業庁 経営支援部 新事業促進課  電話:03-3501-1767

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★ 今週のトピックス ★

【全国向け】
1.「経営後継者研修 第29期」 〜受講者募集中〜
2.中国地域の地域資源でカラダもココロも美しくなる!
  「美しくなるプロジェクト展」の開催
3.第11回 日韓中小企業商談会ソウル開催 〜参加者募集〜
4.「農工大・多摩小金井ベンチャーポート」の入居者を公募
5.「中小企業経営者のための事業承継セミナー」の開催
6.「クリエイティブビジネス フェア 2008 」
   〜クリエイティブな出会いを求める企業を募集!
7.シリコンバレー日本人起業家ネットワーク(SVJEN)レポート
  〜シリコンバレー起業家の輪(第四回)〜
8.CS経営の人材育成は、消費生活アドバイザーから

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

1.「経営後継者研修 第29期」 〜受講者募集中〜

◆中小企業が成長・存続を図るためには、その変化を読み取る能力と柔軟に対
応する能力とが求められるとともに、「事業承継」という大きな壁を乗り越え
ていく必要があります。本研修ではそのための最重要課題となる経営後継者の
育成に向けて、求められる様々な知識やスキルを習得できるカリキュラムをご
用意しております。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/list/h20shosai/034073.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 経営基盤支援部 中小企業大学校東京校
 電話:042-565-1207
……………………………………………………………………………………………
2.中国地域の地域資源でカラダもココロも美しくなる!
             「美しくなるプロジェクト展」の開催

◆中小機構中国支部は、標記イベントを7月18〜20日にテストマーケティ
ングショップ「Rin」表参道(東京都港区)で開催します。「見て・食べて
・使って・知って…Rinで美しさに磨きをかける!」をコンセプトに女性プ
ロフェッショナルがプロデュースし、女性がセレクトした、女性のための展示
会です。鳥取、島根、岡山、広島、山口県の地域資源を出展し、高感度の商品
を提案します。入場は無料。期間中毎日サプライズイベントを実施します。
詳しくは下記のURLをご覧下さい。
http://www.smrj.go.jp/chiikishigen/jimukyoku/chugoku/035491.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 中国支部 地域振興部 連携推進課
 電話:082−279−7002
……………………………………………………………………………………………
3.第11回 日韓中小企業商談会ソウル開催〜参加者募集(締切は7月31日)〜

◆(財)日韓産業技術協力財団等4機関の主催により、本年10月2日にロッテ・ホ
テル・ソウルにて、今年の「日韓産業技術フェア」のメインイベントとして標記
商談会が開催されます。商談会に参加する、電気・電子・機械・自動車部品・金
型製造・IT関連等の中小企業30社を募集します。(先着順) 参加料・通訳料は
無料で、渡航費・宿泊費のみご負担下さい。詳しくは下記URLまで。
http://www.murc.jp/shodan/k11/
[問い合わせ先]
「第11回 日韓中小企業商談会」事務局 TEL:03-6711-1617 島・大野
……………………………………………………………………………………………
4.「農工大・多摩小金井ベンチャーポート」の入居者を公募

◆中小機構では、標記の募集を7月14日〜8月1日まで行います。本施設は
東京都小金井市の東京農工大学小金井キャンパス敷地内に整備する施設で、同
大学を含む学術機関等の技術シーズを活用したベンチャーの起業及び中小企業
等の新事業展開を支援するものです。また、支援スタッフが常駐し、総合的な
サポートを行います。今回の募集はラボタイプ、オフィスタイプの計21室。
施設概要、申込要件、賃料等詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/kikou/press/honbu/article08/035760.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 農工大・多摩小金井ベンチャポート開設準備室室
 電話:042−382−3855
……………………………………………………………………………………………
5.「中小企業経営者のための事業承継セミナー」の開催

◆中小機構では、中小企業経営者のための事業承継セミナーを、今年度全国で
400回開催致します。本セミナーは、中小企業経営者自身が事業承継問題を
把握し、事業承継に対する計画的な対策の取り組みについて、理解を深めて頂
くと共に、中小企業経営承継円滑化法(本年10月1日施行)についても解説し、
国の施策等の経営基盤強化の方策をご説明致します。参加費は無料。以下のHP
より参加者への開催のお知らせと共に、開催機関の募集も行っております。全
国各地で開催しますので奮ってご参加下さい。詳しくは下記URLをご覧下さい。
http://www.smrj.go.jp/keiei/jigyoshokei/035354.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 経営基盤支援部 事業承継・知的資産経営支援室
 電話:03−5470−1576
……………………………………………………………………………………………
6.「クリエイティブビジネス フェア 2008 」
  〜クリエイティブな出会いを求める企業を募集!

◆近畿経済産業局、大阪府、大阪市等は、10月28日・29日、マイドームおお
さか(大阪市中央区)において、クリエイティブに関わる企業、クリエイテ
ィブの力を必要とする企業、次世代を担う若い人材等が一堂に集結する標記
ビジネスフェアを開催します。現在、出展企業を募集しています。詳しくは
下記URLをご覧下さい。
http://cbf-web.jp/
[問い合わせ先]
大阪創造取引所 事務局 担当:畑山	電話:06-6229-1801
……………………………………………………………………………………………
7.シリコンバレー日本人起業家ネットワーク(SVJEN)レポート
  〜シリコンバレー起業家の輪(第四回)〜

◆米国非営利団体であるSVJENでは、シリコンバレーでの起業を目指す日本人
を支援するため、各種ベンチャービジネス関連情報の提供やイベントの開催等
を行っています。現在シリコンバレーで活躍中の起業家を取材する「シリコン
バレー起業家の輪」の第四回目は、ナノテク・ベンチャー企業としてシリコン
バレーでも草分け的存在であるNanoGram Corporation創立者の神部信幸CTOに、
その成長の軌跡について伺いました。詳しくは下記URLをご覧下さい。
http://www.svjen.org/entry.php?entry_id=172
[問い合わせ先]
 SVJEN(シリコンバレー日本人起業家ネットワーク)
 E-mail: info@svjen.org (日本語対応可)
……………………………………………………………………………………………
8.CS経営の人材育成は、消費生活アドバイザーから

◆企業の消費者志向体制の強化・確立に向け、消費者と企業のかけ橋となる人
材の育成としてスタートした消費生活アドバイザー制度(経済産業大臣事業認
定資格)。昭和55年の開始以来、試験合格者は既に1万人を超え、企業や行政
機関等の多岐にわたる部門で活躍中です。CS経営、人材育成の裏打ちなどに、
消費生活アドバイザー資格の取得を社員の方々にお奨めください。現在、今年
度の受験要項を有料頒布中。申し込み等詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.nissankyo.or.jp/
[問い合わせ先]
財団法人 日本産業協会 電話:03-3256-7731

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★支援機関ニュース★

  中小機構関東支部と青木信用金庫及び新潟信用金庫が業務連携

◆中小機構関東支部は、青木信用金庫及び新潟信用金庫と「業務連携・協力に
関する覚書」を締結しました。地域における中小企業への支援、ベンチャー企
業の育成など中小企業に役立つ情報交換などの連携を円滑にし、中小企業支援
の強化と地域経済への貢献を図ることが目的です。連絡会の開催などにより、
中小企業やベンチャー企業の経営支援事業の活用促進、地域の中小企業の現場
に即した事業展開をしていきます。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/kikou/press/honbu/article08/035853.html
http://www.smrj.go.jp/kikou/press/honbu/article08/035856.html
 [問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構関東支部 企画調整課
 電話:03−5470−1509

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★調査・研究レポート等★

◆規模別鉱工業生産指数(中小企業。7月15日発表)
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/download/2005kakuho.pdf

◆中小企業動向トピックス(7月9日発行)(中小企業金融公庫)
 「中小製造業の設備投資は高水準ながら、前年度実績をやや下回る」
  〜中小製造業設備投資動向調査(第98回)結果の概要〜
http://www.jasme.go.jp/jpn/result/report/c3_08107.pdf

◆創業資金として「成功払い型」融資を実行 〜 制度拡充後、国民公庫として
全国初! 栃木県の企業へ〜(7月14日発表)(国民生活金融公庫)
 http://www.kokukin.go.jp/pfcj/pdf/topi080714a.pdf

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net 21」★

 中小企業者と農林漁業者が連携し、相互の経営資源を活用して、新商品や
新サービス、新たな需要を生み出す「農商工連携」。その概要や支援の内容、
支援のスキームを解説するほか、先進的な取組を選定した「農商工連携88選」
や関連する施策情報の紹介などを随時、情報発信する「農商工連携パーク」
を開設しました。「J-Net 21」は、農林漁業と商業・工業のビジネス連携を
応援します!

【J-Net21】
http://j-net21.smrj.go.jp/

【J-Net21農商工連携パーク】
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/index.html

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報統括室 広報課(J-Net21)
http://j-net21.smrj.go.jp/common/mail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★ 皆様からのご質問、ご意見、ご感想をお待ちしています★

◎中小企業施策に関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想などがござい
ましたら、下記のアドレスへどうぞ!
chusho-netmagazine@meti.go.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★中小企業関係機関リンク集
http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html
★原油価格高騰に関する中小企業対策について 
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/071219genyutaisaku_ichiran.html
★建築関連中小企業に対する金融上の支援について 
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/071219kenchikutaisaku_ichiran.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【配信登録と解除の方法】

◎下記のURLで、本メルマガの登録・配信先変更・解除ができます。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎本メールマガジン記載の巻頭コラムは、出典を明らかにして頂ければご自由
に引用することが可能です。ご不明な点は上記の編集局までお問い合せ下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

戻る