■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Vol.0311/2007.12.26◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆★☆★ 巻頭コラム ☆★☆★

                   地域資源を差別化の切り札に

◆消費者ニーズの多様化、衣料品支出の低下とそれによる市場の縮小、大手メ
ーカーのSPA(製造小売業)、安価な外国製品の流入、日本の繊維業界の空洞化
など中小アパレルメーカーを取り巻く経営環境は大変厳しい。このような状況
下、中小アパレルメーカーには何が求められているかをライフスタイルから探
り適切な商品を提案する仕組みづくりが求められている。

◆広島県福山市新市町は日本三大絣(かすり)の一つである「備後絣」の産地
である。昭和35年頃、一織り毎に多くの利益が上がったことから、織機の“ガ
チャ”という音と1万円札を組み合わせて“ガチャ万”という言葉をよく耳に
したという。当地には現在もこの備後絣を受け継いだ繊維産業が多い。

◆昭和41年に創業した瀬尾株式会社も備後絣の流れを汲む中小企業である。現
在は従業員10名の精鋭部隊が、子供服の「PARTY TICKET」、大人服の「UTAGE」
という絣とは離れた2つの自社ブランドを展開し、東京・自由が丘にある直営
店をはじめ全国のアパレルショップに年間7万点もの商品を製造販売している。
この瀬尾株式会社が、備後絣をシャルムにした新ブランドを発表し、今アパレ
ル業界から注目を浴びている。

◆このきっかけについて瀬尾剛正社長は「他の産地でも生産可能な生地を用い
たデザインにすれば模倣は容易だが、熟練工でしか生産できない備後絣という
地域資源を用いれば絶対に模倣されない。」と語る。さらに福山あしな商工会
の平野陽経営指導員は「中小企業にとって商品開発は経営に莫大な負担を強い
模倣対策は切実な問題。備後絣の新しい用途開発は絣の再興だけでなく新市町
にある繊維産業全体の活性化に繋がる」と語り、平成17年に福山市の「地域振
興活性化事業」、同18・19年は中小企業庁の「JAPANブランド事業」、「地域
資源∞全国展開プロジェクト」といった支援施策を活用し消費者のライフスタ
イルを分析した。

◆市場調査を進める中で、子供にもママと同じナチュラルテーストのファッシ
ョンを共有させたいというニーズを感じ取る。自然素材である“かすり”の優
しさをさりげなくアピールしたいという願いを込めて「Lisca(リスカ)」ブ
ランドを立ち上げた。11月に実施した東京・青山での新作発表会には、BEAMS
、SHIPS、CHIGOといった人気セレクトショップのバイヤー、著名なスタイリス
ト、有名女優までもが訪問し、場内は早くも春夏ファッションを期待する声が
寄せられるほどの大盛況であった。

◆この成功は偶然ではない。平野指導員は瀬尾株式会社の経営革新計画の策定
を通じてビジネスチャンスを感じていた。現在、「活かそう!地域資源」のキ
ャッチフレーズの下、地域資源活用チャンネルには様々な施策・制度が紹介さ
れている。中小企業が商工会と連携し、伝統産業という古くて新しい地域資源
から新規性・独自性という市場の可能性を掘り起こし、売れる商品にまで昇華
した成功事例の一つといえよう。(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   》》》ラジオ番組「大沢悠里のにっぽん元気カンパニー」《《《

番組内容・放送局などはここをご覧ください
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/radio/nippon/007865.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
          》》》中小企業庁からのお知らせ《《《

 最近の原油価格高騰を踏まえて講じた中小企業対策と、建築関連中小企業者
への金融の円滑化を図るために講じた中小企業対策をご紹介します。下記の
URLをご覧ください。
●原油価格高騰に関する中小企業対策について(19年12月19日)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/071219genyutaisaku_ichiran.html
●建築関連中小企業に対する金融上の支援について(19年12月19日)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/071219kenchikutaisaku_ichiran.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
☆★☆★今週のトピックス☆★☆★

1.【全国】平成20年度中小企業対策関係予算案等の概要(中小企業庁)
……………………………………………………………………………………………
2.【全国】地域中小企業応援ファンドによる農商工連携の促進について
   (中小企業庁)
……………………………………………………………………………………………
3.【山梨】「やまなし中小企業活性化フォーラム」の開催
……………………………………………………………………………………………
4.【横浜】東工大YVPすずかけビジネスセミナー「産学連携・資金調達編」
   の開催
……………………………………………………………………………………………
5.【新潟】「地域資源活用シンポジウム in 新潟」の開催
……………………………………………………………………………………………
6.【東京】平成19年度「川上・川下ネットワーク構築支援事業」成果発表
   会の開催
……………………………………………………………………………………………
7.【札幌、仙台、名古屋、高松】「事業承継シンポジウム」(札幌・仙台・
   名古屋・高松)の開催〜次世代へのバトンタッチの計画は描けています
   か!?〜	
……………………………………………………………………………………………
8.【四日市】「2008異業種交流・産学官連携フォーラム中部in三重」
   の開催
……………………………………………………………………………………………
9.【札幌】中小企業地域資源活用促進法第1回目認定先に対して運転資金を
   融資 〜認定先に対する道内初の融資〜	
……………………………………………………………………………………………
10.【愛知】愛知県と商工中金が連携したローンへの貸付対象者の追加につい
   て 〜「愛知県ファミリー・フレンドリー企業応援ローン」〜
……………………………………………………………………………………………
11. 【東京】「19年度第3回特許ビジネス市in東京」の開催
……………………………………………………………………………………………
12. 【東京、名古屋】ISO/SR(社会的責任)事例シンポジウム2008 〜あらゆ
   る組織が対応するSRの気付きのために〜
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

1.平成20年度中小企業対策関係予算案等の概要(中小企業庁)

◆平成20年度中小企業対策関係予算案等の概要についてお知らせします。下
記のURLをご覧ください。     
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/20fy_yosanan.htm
……………………………………………………………………………………………

2.地域中小企業応援ファンドによる農商工連携の促進について(中小企業庁)

◆地域中小企業応援ファンドは、地域の知恵と工夫を生かして新事業の「種」
や「芽」を支援するシステムです。今般、中小企業基盤整備機構に500億円
程度の資金枠を設けて、農商工連携に特化した支援を行います。詳しくは下記
のURLをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/071222fund_nokorenkei.htm
……………………………………………………………………………………………

3.「やまなし中小企業活性化フォーラム」の開催

◆中小機構関東支部と山梨県などは、標記シンポジウムを1月28日にアピオ
甲府(山梨県中巨摩郡昭和町)で開催します。「やまなしの資源力を活かす」
をテーマに、基調鼎談、パネルディスカッションなどで、山梨の豊かな地域資
源を活用した中小企業の活性化を考えます。入場料は無料(事前の申し込みが
必要)。定員は200名。詳しくは下記のURLをご覧下さい。
http://www.sannichi-ybs.co.jp/SP/naka.cgi?p=0712051549
[問い合わせ先]
 山日YBS営業推進局 「やまなし中小企業活性化フォーラム」係
 電話:055−231−3121
……………………………………………………………………………………………

4.東工大YVPすずかけビジネスセミナー「産学連携・資金調達編」の開催

◆東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)では、研究開発型ビジネスを
志向・実施している方や、産学連携による新規事業立ち上げを考えている中小
企業経営者を対象に、標記セミナーを開催します。日程は1月24日が科学技
術振興機構(JST)担当者から活用のポイント直接を聞く「JST産学連携
・資金支援メニューの活用法」、1月31日が補助金・助成金を効果的に活用
する「研究開発型企業向け補助金獲得法」です。定員は25名(定員になり次
第締め切り)。参加費は無料。申し込みなど詳しくは下記のURLをご覧下さ
い。
http://ttyvp.smrj.go.jp/guide/032939.html(1月24日開催)
http://ttyvp.smrj.go.jp/guide/032938.html(1月31日開催)
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 東工大横浜ベンチャープラザIM室
 電話:045―989−2205
……………………………………………………………………………………………

5.「地域資源活用シンポジウム in 新潟」の開催

◆中小機構関東支部、関東経済産業局、新潟県などは、標記シンポジウムを1
月17日に燕三条ワシントンホテル(新潟県燕市井土巻)で開催します。「地
域の“強み”を活かした観光振興戦略」をテーマに、基調講演、パネルディス
カッションなどを行い、「中小企業地域資源活用促進法」の認定事例を踏まえ
て、地域資源を活用した新ビジネスのあり方について考えていきます。入場料
は無料(事前の申込みが必要)。定員は200名。詳しくは下記のURLをご
覧下さい。
http://www.smrj.go.jp/kanto/area/033009.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 関東支部 地域振興部地域資源活用支援課
 電話:03−5470−1640
……………………………………………………………………………………………

6.平成19年度「川上・川下ネットワーク構築支援事業」成果発表会の開催

◆中小機構では、標記発表会を1月21日に虎ノ門パストラルホテル(東京都
港区)で開催します。今年度の川上・川下ネットワーク構築支援事業の成果に
ついて、全国の実施団体(17団体・企業)が取り組み内容、その成果や今後
の目指す方向性について発表します。参加費は無料。定員は先着100名。詳
しくは以下のURLをご覧下さい。
http://www.smrj.go.jp/keiei/tech/kknet/033015.html
〔問い合わせ先〕
 中小企業基盤整備機構 経営基盤支援部 技術連携等支援室
 電話:03−5470−1518
……………………………………………………………………………………………

7.「事業承継シンポジウム」(札幌・仙台・名古屋・高松)の開催
  〜次世代へのバトンタッチの計画は描けていますか!?〜

◆中小機構北海道、東北、中部、四国の各支部は、標記シンポジウムを1月
16日に「かがわ国際会議場(高松市)」にて、1月21日に「ホテルモン
トレ仙台(仙台市青葉区)」にて、1月23日に「札幌すみれホテル(札幌
市中央区)」にて、1月24日に「愛知県信用保証協会(名古屋市中村区)」
にてそれぞれ開催します。定員は先着100〜120名。参加は無料。詳し
くは下記のURLをご覧下さい。
(札幌開催)http://www.smrj.go.jp/hokkaido/seminar/032920.html
 [問い合わせ先]  
  中小企業基盤整備機構 北海道支部 経営支援課
  電話:011−738−1365
(仙台開催)http://www.smrj.go.jp/tohoku/seminar/032761.html
 [問い合わせ先]
  中小企業基盤整備機構 東北支部 経営支援課
  電話:022−302−8602
(名古屋開催)http://www.smrj.go.jp/chubu/seminar/032725.html
 [問い合わせ先]
  中小企業基盤整備機構 中部支部 中小企業・ベンチャー総合支援センター
  電話:052−220−0516
(高松開催)http://www.smrj.go.jp/kikou/press/shikoku/032760.html
 [問い合わせ先]
  中小企業基盤整備機構 四国支部 経営支援部経営支援課
  電話:087−811−3330
……………………………………………………………………………………………

8.「2008異業種交流・産学官連携フォーラム中部in三重」の開催

◆中小機構中部支部は実行委員会などととも、標記フォーラムを1月21日に
四日市都ホテル(三重県四日市市安島)で開催します。中小企業のネットワー
ク戦略に係る国の公的支援施策の活用は、積極的に外部の経営資源を取り入れ
る上で欠かせません。中部ブロック(愛知、岐阜、三重)において異業種交流
活動を行っている技術力の高い中小企業と、幅広く専門的な研究成果や探索能
力を有する大学・高専等の出会いの場を提供するフォーラムです。定員は300
名。申し込みなど詳しくは下記のURLをご覧下さい。
http://www.miesc.or.jp/mitac/2008renkeiforum.htm
[問い合わせ先]
 三重県産業支援センター 技術支援チーム
 電話:059−228−3171
……………………………………………………………………………………………
 
9.中小企業地域資源活用促進法第1回目認定先に対して運転資金を融資
  〜認定先に対する道内初の融資〜
 
◆商工中金(札幌支店)は、12月21日、株式会社スリービー(本社:北海道南
幌町)に対し、地域資源を活用した事業に必要な運転資金を融資しました。
 株式会社スリービーは、「たもぎ茸由来のグルコシルセラミドによる化粧品
の開発」の計画について、10月12日に中小企業地域資源活用促進法の認定を受
けています。商工中金が中小企業地域資源活用促進法の認定を受けた道内の企
業に対して融資するのはこれが初めてとなります。詳しくは下記URLをご覧
下さい。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_sapporo_20071220.html
[問い合わせ先]
 商工組合中央金庫広報部
 電話:03−3246−9366
……………………………………………………………………………………………

10.愛知県と商工中金が連携したローンへの貸付対象者の追加について
  〜「愛知県ファミリー・フレンドリー企業応援ローン」〜
 
◆商工中金(名古屋支店、熱田支店、豊橋支店)は、平成19年 7月20日、愛知
県と連携し、「愛知県ファミリー・フレンドリー企業応援ローン」を創設し、
愛知県が実施している「愛知県ファミリー・フレンドリー企業登録制度」に登
録された企業の皆さまを対象に、事業に必要な設備資金・運転資金をご融資し
ております。
 この度、同ローンの貸付(支援)対象者に、愛知県が実施している「愛知県
子育て家庭優待事業」の協賛事業者を追加しました。「愛知県子育て家庭優待
事業」とは、子育て家庭にカードを配布し、このカードを協賛店舗等で提示す
ることにより、協賛店舗等が独自に設定する割引・得点等様々なサービスが受
けられる制度です。詳しくは下記URLをご覧下さい。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_nagoya_20071220.html
[問い合わせ先]
 商工組合中央金庫広報部
 電話:03−3246−9366
……………………………………………………………………………………………

11.「19年度第3回特許ビジネス市in東京」の開催

◆工業所有権情報・研修館は、標記ビジネス市を1月29日にホテル日航東京
(東京都港区台場)で開催します。今回は食品・バイオ、化学・薬品、材料か
ら8件のシーズ保有者が技術の内容や効果、商品開発のポイントとなるビジネ
スプラン、ライセンス条件などを説明します。定員は150名。参加は無料。
申し込みなど詳しくは下記のURLをご覧下さい。
http://www.ryutu.inpit.go.jp/business/index.html
[問い合わせ先]
 社団法人発明協会 特許流通促進事業センター 特許ビジネス市事務局
 電話:03−5402−8434
……………………………………………………………………………………………

12.ISO/SR(社会的責任)事例シンポジウム2008
   〜あらゆる組織が対応するSRの気付きのために〜

◆SRとは、事業活動の中で組織がステークホルダーと連携し、国内・国際課
題に自発的に取り組み、社会的な期待に応えるものです。
 財団法人日本規格協会では、中小企業、大学、自治体等におけるSRへの取
組み事例の紹介や、SRの国際規格ISO26000策定に向けた最新動向の解説など
を内容とするシンポジウムを開催します。本シンポジウムが皆様にとって「気
付き」の機会となれば幸いです。詳しくは下記のURLをご覧下さい。
http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=isosr-sympo2008.htm
○名古屋会場 2008年2月4日(月)13:30〜18:00 栄ガスビル5階ホール
○東京会場 2008年2月8日(金)13:30〜18:00 全国都市会館2階大ホール
[問い合わせ先]
 財団法人日本規格協会 規格開発部
 E-mail csr@jsa.or.jp

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆★☆★調査・研究レポート等☆★☆★

◆全産業活動指数、全産業供給指数(平成19年10月分/12月19日発表)
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/zenkatu/index.html

◆中小企業月次景況調査(11月末現在:12月20日発表)(全国中小企業団体中央会)
「11月のDI値は、前月と比べ「売上高」「販売価格」「設備操業度」を除
く5指標が悪化した。」
http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei07-11.htm 

◆2008年の中小企業景況見通し
 〜「中小企業景況調査」の付帯アンケート結果報告〜(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/result/c3_0712.pdf

◆平成20年度国民生活金融公庫予算(政府案/12月25日発表)(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/pfcj/pdf/topi071225.pdf

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆★☆セレクト地域通信☆★☆

■東京都■
★経営基盤向上等講習会の開催
 「中小企業の“連携”が未来を開く〜革新と創造の時代を生きる〜」
……………………………………………………………………………………………
■千葉県■
★「創業および事業者のための経営なんでも相談会」の開催
……………………………………………………………………………………………
■大阪府■
★熊取アトムサイエンスパーク構想 見学会の開催
 「新材料からがん治療まで−原子力の医療と産業への新展開−」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■東京都■
★経営基盤向上等講習会の開催
 「中小企業の“連携”が未来を開く〜革新と創造の時代を生きる〜」

 財団法人東京都中小企業振興公社では、1月29日(火)午後、産業労働局秋
葉原庁舎(千代田区神田)にて標記の講習会を開催します。
 セミナーでは、経済産業局の「新連携支援」の事業評価委員長として中小企業
支援政策に携わっている講師が、「時代」を踏まえた企業経営をはじめ、会社と
社会が何をすべきかについて講演します。定員は 100名、参加費は無料。詳しく
は下記のURLをご覧下さい。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/0712/0003.html
 [問い合わせ先]
 財団法人東京都中小企業振興公社 取引振興課(担当:高橋、寺井)
  電話:03−3251−7883
……………………………………………………………………………………………
■千葉県■
★「創業および事業者のための経営なんでも相談会」の開催

開催日時:平成20年1月26日(土)10時〜16時
会  場:佐倉商工会議所
相談時間:各1時間
費  用:無料(要予約)
内  容:事業資金(公庫)借入、税務、登記相談、店舗・住宅建築相談ほか
申し込み方法等詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.sakura-cci.or.jp/
[問い合わせ先]
 佐倉商工会議所経営相談課
 電話043−486−2331
……………………………………………………………………………………………
■大阪府■
★熊取アトムサイエンスパーク構想 見学会の開催
 「新材料からがん治療まで−原子力の医療と産業への新展開−」

◆熊取町、大阪府、京都大学は、1月18日(金)に、産業界の方々を対象とし
た京都大学原子炉実験所(大阪府泉南郡熊取町)などの見学会を開催します。産
業・医療の技術革新に幅広く貢献する放射線利用について、最先端の研究施設や
産業利用の現場をご覧いただきます。参加は無料。申し込み方法など詳しくは下
記のURLをご覧下さい。
http://www.town.kumatori.lg.jp/soshiki/se/kikaku/kikakusuishin/atom-technicalvisit.html
 [問い合わせ先]
 大阪府 政策企画部 企画室
 電話:06−6944−6118

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

       》》》》 編集部からのお知らせ 《《《《

 e−中小企業ネットマガジンをご覧頂き、誠にありがとうございます。今年
最後の発行になりました。

 1月2日号はお休みさせていただき、新年は1月9日(水)からの発行とさ
せて頂きますので、ご了承ください。

 みなさま、良いお年をお迎えください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★お役立ち情報☆★☆★

●中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/index.html
●電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/sodan.html
●中小企業基盤整備機構ホームページ
http://www.smrj.go.jp/
●能登沖地震による被災小規模企業共済契約者に対する災害時貸付けの受付期
間の延長について(中小企業基盤整備機構)
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/announce/021421.html
●中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html
●商工中金の特別貸付のご案内(商工組合中央金庫)
http://www.shokochukin.go.jp/financing/kashitsuke.html
●国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/
●国民公庫ホームページの「こくきん創業支援センター」コーナー
(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/center/index.html
●全国信用保証協会のご案内(全国信用保証協会連合会)
http://www.zenshinhoren.or.jp/access.htm
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

★☆★☆★☆中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net 21」☆★☆★☆★

 中小企業の経営者や起業(創業・ベンチャー)をお考えの方に、経営に役立
つ支援情報をお知らせする「J-Net 21」。最新の支援情報が入手できる「支援
情報ヘッドライン」、経営上のあらゆる質問に答える「ビジネス Q&A」、製品
紹介、企業のマッチングを行う「バーチャル展示会」、地域資源を活用した活
性化を支援「地域資源活用チャンネル」、資金情報を簡単検索「資金調達ナビ」
など経営に欠かせないリソースがいっぱいのポータルサイトです。このたび、
全国の中小企業支援施策を検索できる「支援情報ナビ」を公開しました。

【J-Net21】
http://j-net21.smrj.go.jp/

【支援情報ナビ】
http://j-net21.smrj.go.jp/know/shisaku_db/index.php

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報室 広報課(J-Net21)
http://j-net21.smrj.go.jp/common/mail.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」の購読料は無料です。登録及び登録の解除
は、下記のアドレスから簡単に出来ます。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご感想等につきましては、以下のアドレス(e−
中小企業ネットマガジン編集局)あて電子メールにてお寄せ下さい。
E-mail: chusho-netmagazine@meti.go.jp

◎本メールマガジン記載の巻頭コラム等の記事は、出典を明らかにして頂けれ
ばご自由に引用することが可能です。詳しくは上記の編集局までお問い合せ下
さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

戻る