■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■    
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Vol.0285/2007.6.20◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆★☆★ 巻頭コラム ☆★☆★

              設計力、企画力の強さ武器に新時代に挑む

◆企画力と環境をキーワードに業績を伸ばしている工務店がある。株式会社安
成工務店(山口県下関市、安成信次社長)がそれ。家作り、街づくりを通じて
地域再生の担い手ともなろうと意欲を燃やす。

◆山口県と福岡県を地盤とする同社は昭和26年(1951年)の創業、今年
で56周年。大工工務店としてスタート、1980年代前半から民間建築に移
行。現在は建築事業と不動産事業の二本柱。同社の特色のひとつは自社商品が
豊富な点。約130名の正社員の25%が企画、設計担当者。施工する物件の
90%が自社設計だ。地方の工務店では設計の外注化が一般的。同社の自社設
計率の高さは、企画力、設計の独自性が際立っていることを示している。小規
模宅地向けの戸建て借家「ユニキューブ」はこの中でヒットした自社商品だ。
従来より狭い土地で2階建て2棟ができるという土地の有効活用性がヒットの
大きな要素となった。地元での評判は全国に伝わり、加盟店方式で施工ノウハ
ウが着々と全国化しつつある。

◆環境共生型の商品作りにも力が入っている。特別な装置を使わずに、建物の
仕組み自体を利用して太陽エネルギーを床暖房や採涼に用いる太陽熱利用シス
テムもそのひとつ。「OMソーラー」の名で評判を上げた。セルロースファイ
バーを使った独自の断熱工事手法も開発している。2006年には環境への取
り組みの集大成として「エコタウン」の分譲も始めた。環境配慮、環境活用、
環境共生など、さまざまな工夫が建物だけでなく、街全体に込められた分譲だ。
「地域に必要とされる新しい建設業、ネオ・コンダクターを作りたい」(安成
社長)と意欲を燃やすのも、建物だけでなく地域全体が視野に入っているから
だ。「地域再生」が単なる言葉ではなく重みを持つのはさまざまな実績が背後
にあるのだ。

◆「近くの山の木で家をつくる」のコピーで、地元の育った木材で家作りする
ことも同社は勧めている。地元の自然で育った樹木は家の柱になると、人と同
じようにふるさとの味をかもし出すだけでなく、気象の変化にも強いという。
自然を活かした古来からの、樹木と家作りの好循環を現代化しようというのだ。
独自の企画力、設計力の強さをバックに“環境”の切り口で、同社は高齢化・
少子化の厳しい時代を乗り越えようと懸命だ。(編集子)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     》》》ラジオ番組「大沢悠里のにっぽん元気カンパニー」《《《

番組内容・放送局などはここをご覧ください
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/radio/nippon/007865.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★今週のトピックス☆★☆★

1.【東京】「JAPANブランド エキジビション in TDC」の開催
……………………………………………………………………………………………
2.【東京】「ケースディスカッションセミナー」の開催
……………………………………………………………………………………………
3.【山形】「中国・ASEANにおける日系メーカー企業の海外展開」の開催
……………………………………………………………………………………………
4. 【石川】「平成19年度第1回先進事例セミナー」の開催
……………………………………………………………………………………………
5. 【横浜】「東工大横浜ベンチャープラザ 第二期入居企業」の募集
……………………………………………………………………………………………
6. 【広島】「あなたの創業応援セミナー&個別相談会」の開催
……………………………………………………………………………………………
7.【米子】「事業承継セミナー・個別相談会」の開催
……………………………………………………………………………………………
8.【佐賀】「IT活用・売上アップセミナー個別経営相談会」の開催
……………………………………………………………………………………………
9.【全国】賢い経営者必見!節税しながら貯蓄する経営者のための退職金制度
……………………………………………………………………………………………
10.【米子】レンタルビデオ・DVDを担保に融資枠設定
……………………………………………………………………………………………
11.【富山高岡】北陸初の木質チップ燃料を主体とする蒸気タービン式バイオ
      マス発電設備への融資 〜環境事業に対する積極的な取組みをサ
      ポート〜
……………………………………………………………………………………………
12.【全国】「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2007」募集中!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.「JAPANブランド エキジビション in TDC」の開催

◆JAPANブランド育成支援事業は、地域の事業者が一丸となって、地域の
伝統的な技術や素材を活かし、世界に通用する「JAPANブランド」の実現
を目指しています。このたび、全国からJAPANブランド事業に取組む30
地域のプロジェクトの製品が一堂に集結する展示会『JAPANブランド エ
キジビション in TDC』が、6月25日(月)〜30日(土)の6日間、
東京デザインセンター(東京都品川区東五反田)にて開催されます。入場は無
料です。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/070618jb_exhibition.htm
http://www.design-center.co.jp/events/index.html
 [問い合わせ先]
 ○中小企業庁経営支援課(担当:福本、星野、川本)
  電話:03−3501−2036
 ○日本商工会議所 流通・地域振興部
  電話:03−3283−7874
 ○全国商工会連合会 市場開拓支援課
  電話:03−3503−1256
……………………………………………………………………………………………

2.「ケースディスカッションセミナー」の開催

◆中小機構では、標記のセミナーを、7月24日を第1回とし、計3回にわた
り同機構セミナールーム(東京都港区)で開催します。中小企業の経営を学ぶ
ためのオリジナル教材による、ケースメソッドを取り入れた参加型のセミナー
で、事前に配付の資料をもとにしたグループ討議等を行います。参加は無料。
定員は各回30名。申し込み等詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/keiei/chosa/027545.html
 [問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター
 電話:03−5470−1521
……………………………………………………………………………………………

3.「中国・ASEANにおける日系メーカー企業の海外展開」の開催

◆中小機構東北支部、東北経済産業局では、標記セミナーを7月12日に山形
県高度技術研究開発センター(山形県山形市)で開催します。講演内容は「中
小企業のASEAN事業展開〜自動車及び自動車関連部品メーカーを中心とし
て〜」と「中国で成功する日系企業の現地経営方法〜現地会社経営経験者が語
る中国経営の真髄〜」の2テーマです。参加は無料。定員50名。申し込み等
詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/tohoku/seminar/026094.html
 [問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 東北支部 経営基盤支援課
 電話:022−302−8604
……………………………………………………………………………………………

4.「平成19年度第1回先進事例セミナー」の開催

◆中小機構北陸支部では、標記セミナーを6月26日にインキュベーション施
設「いしかわ大学連携インキュベータ」(石川県野々市町)で開催します。地
域の農産物や水産物をはじめとする「地域資源」を活用した新事業の創出につ
いて、原材料の生産者・加工事業者・加工機器メーカーが連携して新商品開発
を行っている先進事例を紹介します。参加は無料。定員は40名。申し込み等
詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://i-bird.smrj.go.jp/news/026628.html
 [問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 北陸支部 いしかわ大学連携インキュベータ
 電話:076−246−4150
……………………………………………………………………………………………

5.「東工大横浜ベンチャープラザ 第二期入居企業」の募集

◆中小機構・東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)では、大学シーズ
やノウハウを活用した新規事業を実施している、または具体的な事業計画を持
つ方を対象に、標記の募集を6月21日から7月13日まで行います。本プラ
ザは、横浜市緑区に位置するインキュベーション施設で、今回募集スペース数
は11。また、本インキュベーション施設の入居手続き等に係る公募説明会を
6月22日に同施設で行います。募集要項、説明会等詳しくは下記のURLを
ご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/site/kobo/syosai/026632.html (入居企業募集)
http://ttyvp.smrj.go.jp/guide/026605.html (公募説明会)
 [問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 東工大横浜ベンチャープラザ
 電話:045―989―2205
……………………………………………………………………………………………

6.「あなたの創業応援セミナー&個別相談会」の開催

◆中小機構中国支部と国民生活金融公庫広島支店では、標記のセミナー等を7
月11日に広島県環衛ビル(広島市中区)で開催します。「失敗しない創業の
ポイント」をテーマにした講演のほか、経営と金融に関する個別相談を行いま
す。参加は無料。定員は80名(申込順)。申込締切は6月29日。詳しくは
下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/center/chugoku/oshirase/new/026081.html
 [問い合わせ先]
 こくきん創業支援センター広島(国民生活金融公庫広島支店 内)
 電話:082−244−2236
……………………………………………………………………………………………

7.「事業承継セミナー・個別相談会」の開催

◆中小機構中国支部と米子商工会議所では、標記のセミナー等を6月26日に
米子商工会議所(鳥取県米子市)で開催します。中小企業経営者、後継者等を
対象に、事業承継対策について紹介するほか、個別相談を行います。参加は無
料。定員はセミナー50名、個別相談会5名。申し込み等詳しくは下記URL
をご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/center/chugoku/oshirase/new/027529.html
 [問い合わせ先]
 米子商工会議所 中小企業部 振興課
 電話:0859−22−5131
……………………………………………………………………………………………

8.「IT活用・売上アップセミナー個別経営相談会」の開催

◆中小機構九州支部では、標記セミナー等を7月4日に佐賀保健福祉センター
会議室(佐賀県佐賀市)で開催します。Web活用を視野に入れた経営計画の
再構築、Webサイトの立ち上げ、検索エンジン対策について事例を交えて解
説します。参加は無料。定員は50名。申込締切は6月27日。詳しくは下記
のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/kyushu/manage/consult/news/026641.html
 [問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 九州支部 中小企業・ベンチャー総合支援センター
 電話:092−771−6200
……………………………………………………………………………………………

9.賢い経営者必見!節税しながら貯蓄する経営者のための退職金制度

◆中小機構では、小規模企業の経営者の方を対象とした、事業の廃止や役員の
退職に備えてその後の生活資金をあらかじめ積み立てて準備しておくための共
済制度を運営しております。毎月の掛金がお客様のご事情にあわせて1千円〜
7万円まで自由に選択が可能で、かつ、積み立てた掛金は課税対象となる所得
から全額控除することができます。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018240.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 共済相談室
 電話:050−5541−7171
……………………………………………………………………………………………

10.レンタルビデオ・DVDを担保に融資枠設定

◆商工中金(米子支店)は、株式会社アクシス(本社:鳥取県米子市)に対して、
6月7日、レンタルビデオ・DVD等を担保とした融資枠を5,000万円設
定しました。
 商工中金は、ビデオレンタル業者が店舗内に常時大量のビデオ・DVDを保
有していることに着目し、株式会社アクシスと「動産譲渡登記制度」を活用し
た「流動集合動産譲渡担保契約」を締結しました。ビデオ・DVDは頻繁に入
れ替えを繰り返されますが、商工中金は、定期的に株式会社アクシスからビデ
オ・DVD等の在庫情報報告を受けることになっています。詳しくは下記の
URLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_yonago_20070607.html
[問い合わせ先] 
 商工組合中央金庫広報部
 電話:03-3246-9366
……………………………………………………………………………………………

11.北陸初の木質チップ燃料を主体とする蒸気タービン式バイオマス発電設備
  への融資 〜環境事業に対する積極的な取組みをサポート〜

◆商工中金(高岡支店)は、石原谷発電株式会社(本社:富山県高岡市)及び
関連会社である株式会社北陸廃材再開発公社(本社:富山県高岡市)の両社で
開始する、木質バイオマス燃料製造事業・バイオマス燃料発電設備事業の総投
資約15億円に対し、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発
機構)の債務保証により5億2千万円を融資しました。なお、本件バイオマス発
電設備事業は、経済産業省から「新エネルギー事業者支援対策費補助金」の認
定を受けいます。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_takaoka_20070611.html
[問い合わせ先] 
 商工組合中央金庫広報部
 電話:03-3246-9366
……………………………………………………………………………………………

12.「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2007」募集中!

◆独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、2007年度の「ソフトウェア・プ
ロダクト・オブ・ザ・イヤー」の募集を開始しました。本賞は、優れたソフト
ウェアが日本発世界へと羽ばたき、ソフトウェア・プロダクト市場の発展に貢
献することを期待して創設されたもので、今年で19回目を迎えます。応募受付
は、7月31日(火)17:00までです(郵送の場合は、当日必着)。皆様のご応募
をお待ちしております。詳しくは下記のURLをご参照ください。
http://www.ipa.go.jp/software/oftheyear/2007/koubo.html
[問い合わせ先] 
 独立行政法人情報処理推進機構
 ソフトウェア開発・金融推進部 SPOTY事務局
 電話:03−5978−7504

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◇◆◇ おしらせ ◆◇◆◇

新連携/モノ作り中小企業全国フォーラム開催中! 本日17時まで
於:東京国際フォーラム展示ホールEブロック(東京都千代田区)
http://shinrenkei-mono.smrj.go.jp/

「JAPANフェアin広州」出展企業募集中!
申込締切7月6日
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/kokusai/20070517.html

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆★☆★調査・研究レポート等☆★☆★

◆第3次産業活動指数(平成19年4月分/6月15日発表)
http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2v3000j.html

◆第96回中小製造業設備投資動向調査(中小企業金融公庫)
 −2006年度実績・2007年度当初計画−
http://www.jasme.go.jp/jpn/result/manufactyouyaku.pdf

◆中小公庫レポート「企業間連携を成功に導くマネジメント」
http://www.jasme.go.jp/jpn/result/c2_0702.html

◆全国小企業月次動向調査 平成19年5月実績(6月19日発表)
(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/sougou/tyousa/keikyo/doukou2_m.html

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼

☆★☆セレクト地域通信☆★☆

■東京都■ 足立区「創業プランコンテスト」参加者募集
……………………………………………………………………………………………

■埼玉県■ 第20回産学官連携セミナーin 日本工業大学の開催
……………………………………………………………………………………………

■大阪府■ 「アジアコンテンツマーケット in 関西」への出展者募集中!締
      切り間近!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■東京都■
○足立区「創業プランコンテスト」参加者募集

 足立区では、区内で新規に創業する方を対象に標記の募集を行っています。
斬新なアイデアで新規事業を始める方が事業計画書を提出、優秀な計画書の提
案者に対し、表彰するものです。また、その事業の実施状況を評価し、着実に
事業を進められた方に、最大200万円の補助金を交付します。また、事前説
明会を7月4日に開催します。受付期間は7月25日から8月24日まで。募
集要領等詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/005/d03700072.html
[問い合わせ先]
 足立区 産業経済部 中小企業支援課
 電話:03−3870−8400
……………………………………………………………………………………………

■埼玉県■
○第20回産学官連携セミナーin 日本工業大学の開催

テーマ:「無限の用途を切り拓くダイヤモンド等超硬質膜の形成技術と応用例、
     多様なマイクロ成形技術と実用化事例」
日 時: 7月13日(金)13:30〜16:30
場 所: 日本工業大学 学友会館(東武伊勢崎線東武動物公園駅下車徒歩15分)
費 用: 無料
主 催: 埼玉県(埼玉県産業技術総合センター)
 申込み方法等詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.saitec.pref.saitama.lg.jp/training/coop/seminar.html
[問い合わせ先]
 埼玉県産業技術総合センター企画室 産学官・起業化・特許担当
 電話:048−265−1312
……………………………………………………………………………………………

■大阪府■
○「アジアコンテンツマーケット in 関西」への出展者募集中!
  第一次募集(早期割引)締切り間近!

 近畿経済産業局及び大阪府が参画して、2007年10月1日(月)と2日
(火)に、マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋)にて標記のイベントを開
催します。つきましては、メインイベントである「展示商談会」への出展企業
を募集します。出展対象者は、関西、西日本地域を中心とするデジタルコンテ
ンツ関連企業で、募集数は約100社です。出典料の早期割引が適用される第
一次募集は6月末日締切となっておりますので、お早目のご応募をお待ちして
います。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.odcc.jp/information.html
[問い合わせ先]
  特定非営利法人映像産業振興機構(VIPO)大阪事務所
 (クリエイティブ・インダストリー・ショーケース in 関西 事務局)
 電話:06−6944−3747

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★お役立ち情報☆★☆★

●中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/index.html
●電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/sodan.html
●中小企業基盤整備機構ホームページ
http://www.smrj.go.jp/
●中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html
●商工中金の特別貸付のご案内(商工組合中央金庫)
http://www.shokochukin.go.jp/financing/kashitsuke.html
●国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/
●国民公庫ホームページに「こくきん創業支援センター」コーナーを新設
(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/center/index.html
●全国信用保証協会のご案内(全国信用保証協会連合会)
http://www.zenshinhoren.or.jp/access.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★☆★☆★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net 21」☆★☆★☆

「J-Net 21」の目玉はなんといっても「支援情報ヘッドライン」。補助金・助
成金のご案内はもちろん、イベントの案内、公募情報など、事業に役立つ最新
情報がいっぱい。J-Net 21のスタッフが全国各地の公的機関の支援情報を毎日
チェック。だから、地域の情報も手厚く網羅。無料でしかも素早く支援情報が
得られるJ-Net 21。たとえば、お住まいの地域名や都道府県名をキーワード検
索バーに入力すれば、身近な支援情報がすぐ見つかります。毎日更新です!!

【J-Net21】
 http://j-net21.smrj.go.jp/

【支援情報ヘッドライン】
http://j-net21.smrj.go.jp/headline/

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報室 広報課(J-Net21)
 E-mail:info@j-net21.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」の購読料は無料です。登録及び登録の解除
は、下記のアドレスから簡単に出来ます。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご感想等につきましては、以下のアドレス(e−
中小企業ネットマガジン編集局)あて電子メールにてお寄せ下さい。
E-mail: chusho-netmagazine@meti.go.jp

◎本メールマガジン記載の巻頭コラム等の記事は、出典を明らかにして頂けれ
ばご自由に引用することが可能です。詳しくは上記の編集局までお問い合せ下
さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

戻る