■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■    
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Vol.0273/2007.3.22◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆★☆★ 巻頭コラム ☆★☆★

                     職人技を先端産業に活かす

◆九州がシリコンアイランドと呼ばれ始めて30年近くになる。その黎明期に
会社を興して半導体関連分野に進出した地元の大塚精工株式会社(福岡県志免
町、大塚博社長)は、専門性を磨いて超精密加工で名を挙げ、「先端技術と職
人技が融合したベンチャー」の企業像を確立した。昨年は経済産業省の「元気
なモノ作り中小企業300社」にも選ばれ、いまではシリコンアイランドで異
彩を放つ実力企業に成長した。

◆同社の主力製品は、磁気ヘッド製造用の治具。ハードディスク駆動装置(HDD)
に使われる磁気ヘッドの製造工程で加工品などを固定する重要部品だ。その精
度は加工品の完成度や不良品率を左右するので、ミクロン単位の高い精度が要
求されるが、同社は寸法誤差0.5ミクロンを実現した。従来、1ミクロンが
限界といわれていた治具の寸法誤差を0.5ミクロンまで縮小する技術は世界
トップレベルである。磁気ヘッド用スチール製治具では国内80%のシェアを
占める。その技術力はさらに独創性を強め、20年程前に加工が難しいとされ
たセラミックス製治具も商品化した。耐摩耗性に優れたセラミックス製の需要
は根強く、この分野の製品開発でも業界の先頭に立つ。

◆1982年の創業当初は半導体不況に遭遇して苦境に立たされた。その折に
持ち込まれた製造用治具製作の話が活路を拓くきっかけとなった。技術向上に
挑戦し、発注先が求める以上の高精度の製品をつくって高い評価を得、これを
転機にIC関連の治具メーカーとして走り始めた。先端産業の競争は激しい。
その中で同社が優位に立ったのはミクロン単位の超精密加工技術にある。独創
技術を確立すると、ユーザーは広がり、事業活動も力強くなる。98年以降は
新本社工場建設や金型メーカーの子会社化、関東市場への進出など積極経営に
転じ、事業展開は新たな拡大期に入った。

◆今後は、治具に加えて、セラミックス精密加工、自動機・金型を経営の3本
柱に育て、液晶や自動車分野にも市場を広げるとの勢い。「職人技というロー
テクが当社の原動力」(大塚社長)だそうだが、技術の融合を進化させて、超
精密加工のオールマイティー企業を目指している。苦境からスタートした企業
が身に付けた技術は、ローテクを活かした本物の先端技術だ。(編集子)
                                                   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 経営者の強い見方!『経営セーフティ共済』及び『小規模企業共済』
 加入強調キャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリックしてください。
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018470.html
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018240.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆★☆★今週のトピックス☆★☆★

1.「近畿中心市街地活性化フォーラム」の開催
2.4月18日は「発明の日」! 平成19年度「発明の日」記念事業の開催
3.加入するなら今!「経営セーフティ共済」への加入を
4. 「中小企業の情報セキュリティ対策セミナー 第1回」の開催
5.「グッドカンパニー大賞」の推薦を受付けています
6.神奈川県と商工中金が連携したローンの創設について
  〜「神奈川イノベーションサポートローン」〜
7.国立大学法人茨城大学と商工中金水戸支店が「産学連携協力に関する協定
  書」を締結
8.東北地区における産業廃棄物プロジェクトとして初のシンジケートローン
  組成 〜商工中金が主幹事をつとめる宮城県で第1号〜
9.「土曜相談」の開催のお知らせ
10.「こくきん創業支援センター金沢」を新設しました

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.「近畿中心市街地活性化フォーラム」の開催

◆近畿経済産業局では、「七転八起!まちづくりは、おもつらい!」(おもつ
らい:「おもしろい」と「つらい」の造語)をテーマに標記イベントを3月
27日にプリムローズ大阪(大阪市中央区)で開催します。当日は、まちづく
りコンサルタントの肩書きももつ「桂きん太郎」氏(落語家)を始め、まちづ
くりに情熱をそそぐ方々から、おもつらいお話を伺います。参加は無料(交流
会参加の場合には、実費3000円)。定員は先着200名。申し込み方法等
詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.kansai.meti.go.jp/5ryusa/fy18forum.html
[問い合わせ先]
 近畿経済産業局 産業部 流通・サービス産業課
 電話:06−6966−6025
……………………………………………………………………………………………

2.4月18日は「発明の日」! 
   平成19年度「発明の日」記念事業の開催

◆4月18日は「発明の日」です。発明の日は日本の産業の発展の基礎となっ
た専売特許条例(現在の特許法)が明治18年4月18日に公布されたのを記念し、
産業財産権制度の普及・啓発を図ることを目的として制定されました。特許庁
では、産業財産権制度の重要性について普及・啓発を図るため、「発明の日(
4月18日)」に記念事業を開催します。また、地域団体商標制度(地域ブラ
ンド)に関する記念事業も併せて開催します。詳しくは下記のURLをご覧く
ださい。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/hiroba/hatumei_0418.htm
[問い合わせ先]
 「発明の日記念シンポジウム」事務局
 電話:03−3358−5379 
……………………………………………………………………………………………

3.加入するなら今!「経営セーフティ共済」への加入を

◆中小機構で運営する「経営セーフティ共済」では、積み立てられた掛金は税
法上、法人の場合は損金に、個人の場合は必要経費に算入できます。また、決
算期に翌年度分の掛金を納付すると本年度分の掛金として全額が経費に算入で
きるので、節税しながら強固な経営基盤づくりが可能となります。下記アドレ
スをクリックして、企業経営の切り札とも言える「経営セーフティ共済」のメ
リットを是非実感してください!
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/020676.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 共済相談室
 電話:050−5541−7171
……………………………………………………………………………………………

4.「中小企業の情報セキュリティ対策セミナー 第1回」の開催

◆本庄国際リサーチパーク研究推進機構では、標記セミナーを4月19日に早
稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター(埼玉県本庄市)で開催し
ます。「中小企業における情報セキュリティの基礎」をテーマに、セキュリテ
ィ対策の具体例、IISMSの基礎等について解説します。参加費は3千円。
定員は20名。申し込み等詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.ioc-waseda.jp/topics/details/20070419.html
[問い合わせ先]
 財団法人 本庄国際リサーチパーク研究推進機構
 電話:0495−24−7455
……………………………………………………………………………………………

5.「グッドカンパニー大賞」の推薦を受付けています

◆社団法人中小企業研究センターでは、標記推薦の受付を6月30日まで行っ
ています。本賞は、昭和42年から実施し、全国の中堅・中小企業の中から経
済的、社会的に優れた成果を挙げている企業に毎年贈られています。これまで
の受賞企業には第1回グランプリの京セラ株式会社など、今日ではわが国有数
の企業に成長した社も多く、中堅・中小企業の登竜門として知られています。
選考は、推薦機関である文部科学省、全国の経済産業局・沖縄総合事務局経済
産業部、商工会議所(連合会)、東京・名古屋・大阪中小企業投資育成株式会
社の推薦を受けた候補企業の中から行われます。詳細は下記のURLをご覧く
ださい。
http://www.chukiken.or.jp/h19_kohokigyo.html
[問い合わせ先]
 社団法人 中小企業研究センター
 電話:03−3831−9061
……………………………………………………………………………………………

6.神奈川県と商工中金が連携したローンの創設について
  〜「神奈川イノベーションサポートローン」〜

◆商工中金(横浜支店・横浜西口支店・川崎支店)は、神奈川県が推進する
「かながわスタンダード」、「創造的新技術研究開発計画」の認定事業者に対
する研究開発及びその事業化への金融支援策として、平成19年4月より独自
の融資制度「神奈川イノベーションサポートローン」を創設し、取扱いを開始
します。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_yokohama_20070314.html
[問い合わせ先]
 商工中金広報部
 電話:03−3246−9366
……………………………………………………………………………………………

7.国立大学法人茨城大学と商工中金水戸支店が「産学連携協力に関する協定
 書」を締結

◆国立大学法人茨城大学と商工中金水戸支店は、平成19年3月14日に産学
連携の推進による地域社会への貢献を目的として、「産学連携協力に関する協
定書」の締結を行いました。今後両者は協力して、地域の中小企業の技術ニー
ズと同大学における研究成果等のシーズとのマッチング・コーディネートをい
たします。また、両者は地域の中小企業の産学連携に向けた取組みの推進や技
術相談に対する支援を行います。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_mito_20070314.html
[問い合わせ先]
 商工中金広報部
 電話:03−3246−9366
……………………………………………………………………………………………

8.東北地区における産業廃棄物プロジェクトとして初のシンジケートローン
 組成 〜商工中金が主幹事をつとめる宮城県で第1号〜

◆商工中金(仙台支店)は、三井住友銀行(東北法人営業部)を共同主幹事と
して、産業廃棄物処理業の株式会社ジャパンクリーン(本社:宮城県仙台市)
に対して、安定型最終処分場拡張工事及び水・汚泥処理プラントの投資資金と
して、総額12億円のシンジケートローン(協調融資枠)を組成しました。
商工中金が主幹事を務めるシンジケートローンは、宮城県内では第1号であり、
東北地区における産業廃棄物プロジェクトとしても初めての取り組みとなりま
す。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_sendai_20070314.html
[問い合わせ先]
 商工中金広報部
 電話:03−3246−9366
……………………………………………………………………………………………

9.「土曜相談」の開催のお知らせ

◆国民生活金融公庫は、平日のご来店がむずかしいお客さまのため、平成19年
4月7日(土)から、毎週土曜日に「土曜相談」(事前予約制)を、新宿支店に
新設した「こくきんビジネスサポートプラザ新宿」で開催します。(【予約専用
ダイヤル】03-3342-3831)
詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.kokukin.go.jp/whatsnew/whatsnew070319.html
[問い合わせ先]
 国民生活金融公庫 広報室
 電話:03−3270−1389
……………………………………………………………………………………………

10.「こくきん創業支援センター金沢」を新設しました

◆国民生活金融公庫は、平成19年3月19日、金沢支店内に「こくきん創業支
援センター金沢」を設置しました。地域の創業支援機関とのネットワーク構築を
推進するとともに、ビジネスプラン作成段階からのご相談にじっくりとお応えす
るなど、創業・第二創業をお考えのみなさまを支援する取組みをさらに充実して
いきます。
http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/center/15_kanazawa/index.html
[問い合わせ先]
 国民生活金融公庫 広報室
 電話:03−3270−1389
                                                                                    
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆★☆★調査・研究レポート等☆★☆★

◆平成18年中小企業実態基本調査の結果(速報)(19年3月16日発表) 
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kihon/h18sokuhou/index.htm

◆第3次産業活動指数(平成19年1月分/3月16日発表)  
http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2v3000j.html

◆規模別製造工業生産指数1月分確報(19年3月15日発表)
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.html
           
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
 》》》》 ラジオ番組「大沢悠里のにっぽん元気カンパニー」 《《《《

放送局・放送曜日・時間はここをご覧ください
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/radio/007866.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆セレクト地域通信☆★☆

■東京都■
○「中小企業のM&Aの成功事例
    〜中小企業のM&Aの現状、M&A体験談〜」の開催

 東京商工会議所では、標記セミナーを3月29日(木)、東京商工会議所ビ
ル(東京都千代田区)で開催します。M&Aアドバイザーによる中小企業のM
&Aの現状説明に続き、今年1月にM&Aを行った譲渡側企業のオーナーから
貴重な体験談をお話頂きます。M&Aを行った譲渡側企業の社長と、後継者か
ら実体験を聞くことでM&Aの実態や成功の秘訣が分かります。参加費は会員
5千円(一般1万円)。定員は60名。詳細は下記のURLをご覧ください。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-11268.html
[問い合わせ先]
 東京商工会議所 M&Aサポートシステム事務局
 電話:03−3283−7996
……………………………………………………………………………………………

■神奈川県■
○『かながわ21世紀ビジネスフォーラム〜快進撃中小企業の秘密はこれだ〜』
 の開催 

 かながわ中小企業連携創出支援協議会は、3月26日(月)、神奈川県民ホ
ール(横浜市中区)にて、『かながわ21世紀ビジネスフォーラム〜快進撃中小
企業の秘密はこれだ〜』を開催します。今後の中小企業経営のあり方を探るべ
く、静岡文化芸術大学坂本教授による「目指すべき中小企業像〜なぜ快進撃は
続けられるのか〜」と題した基調講演、法政大学岡本教授のコーディネータに
よるパネルディスカッション並びに交流会を開催します。フォーラム参加のみ
の場合参加費は無料。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/topics/topic.asp?Id=198&wn=
[問い合わせ先]
 神奈川県中小企業団体中央会
 電話:045−633−5132

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★お役立ち情報☆★☆★

●中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/index.html
●電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/sodan.html
●中小企業基盤整備機構ホームページ
http://www.smrj.go.jp/
●中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html
●商工中金の特別貸付のご案内(商工組合中央金庫)
http://www.shokochukin.go.jp/financing/kashitsuke.html
●国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/
●国民公庫ホームページに「こくきん創業支援センター」コーナーを新設
(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/center/index.html
●全国信用保証協会のご案内(全国信用保証協会連合会)
http://www.zenshinhoren.or.jp/access.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★☆★☆★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net 21」☆★☆★☆ 

「経営革新」から、一番気になる「お金の問題」まで、あらゆる経営上の質問
にさまざまな切り口から回答する「ビジネスQ&A」。これで、創業・ベンチャ
ーを志すあなたの疑問も即座に解消!!困ったときは「ビジネスQ&A」へ。
J-Net21は、みなさまの入門をお待ちしております。

【J-Net21】
http://j-net21.smrj.go.jp/

【ビジネスQ&A】
http://j-net21.smrj.go.jp/qa/

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報室 広報課(J-Net21)
E-mail: info@j-net21.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず詳細をご確認
のうえご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」の購読料は無料です。登録及び登録の解除
は、下記のアドレスから簡単に出来ます。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご感想等につきましては、以下のアドレス(e−
中小企業ネットマガジン編集局)あて電子メールにてお寄せ下さい。
E-mail: chusho-netmagazine@meti.go.jp

◎本メールマガジン記載の巻頭コラム等の記事は、出典を明らかにして頂けれ
ばご自由に引用することが可能です。詳しくは上記の編集局までお問い合せ下
さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

戻る