■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                    http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/index.html
                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Vol.0269/2007.2.21◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆★☆★ 巻頭コラム ☆★☆★
    
                現場から生み出した土木管理ソフト

◆現場の苦労を知らずに経営ができるか!とは、トップの教訓としてよく指摘
されることだが、現場、それも土木施工の現場管理の苦労をなんとか効率化で
きないものかと管理ソフト開発に取り組み、いまや見事にソフトビジネスを軌
道に乗せたIT企業がある。株式会社建設システム(静岡県富士市、栗田富夫
社長)がその企業で、経済産業省の18年度情報化促進貢献情報処理システム表
彰で、主力商品である土木施工管理システム「デキスパート」が表彰を受ける
という大きな励みも得て、ますます意気盛んだ。

◆株式会社建設システムの設立は1992(平成4)年、創立15年のまだ若い企業
だ。若いIT企業というと、さっそうと六本木でも闊歩するトップをイメージ
しがちだが、そこは栗田社長、それとは一味もふた味も違った現場で鍛えられ
た風雪を感じさせる骨太のトップだ。栗田さん、1974(昭和49)年、建設省建
設大学校を卒業、自ら「土木の技術屋」と称する。沖縄開発庁南部国道事務所
や旧建設省沼津工事事務所などへ7年ほど出向、「役所側の代行で国の公共事
業の現場で施工管理する」仕事を重ねた。現場は「当時、危険、汚い、きつい
の3Kの典型」。昼は現場監督を行い、夜は図面修正、設計変更による数量計
算、提出書類の整理、写真の整理等々、目の回る忙しさ。年度末ともなると徹
夜に及ぶ日も少なくなかった。「官」と「民」の両方の苦労が見えるポストを
経験しただけに、土木施工業者の煩雑で大量の書類管理や施工管理業務をなん
とか効率よくできないかと痛切に思った。これが栗田さんを、土木施工管理の
システムの開発・販売会社起業に向かわせる大きな動機となった。

◆土木業界に革命を起こし、施工管理の仕組みを変えるのだ。熱情は山の様に
高まった。が、現実は甘くなかった。当初は営業に行っても受け入れてもらえ
ず門前払い、話も聞いてもらえない日々が続いた。倒産寸前の苦境も味わった。
「危機を乗りきれたのは、新しい時代をなんとか切り開くのだという熱い気持
ちがあったから。あきらめなくてよかった」としみじみ振り返る。

◆現在、「デキスパート」をはじめ約30種類のシステム商品を開発・販売し、
全国に1万9千社のユーザーを持つまでに発展。当初は5名だった従業員も180
名を越え、売り上げも順調に伸ばしている。同社では、毎朝、始業時に全員で
職場の一斉清掃を励行している。「おかげで業績も上がっています。業績落と
せませんから、全員清掃やめるわけにいかなくなりまして」と苦笑する栗田社
長、「職場を磨くとともに、心も磨くように」と創業時の苦労を忘れていない。
(編集子)         
                               
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  》》》》 「e−中小企業ネットマガジン」アンケート実施中! 《《《《
            みなさまの声をぜひお聞かせください

詳しくはこちらをクリックしてください。
https://www.enquete.gr.jp/form/enq?id=EKHLEEGLP
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  経営者の強い見方!『経営セーフティ共済』及び『小規模企業共済』
 加入強調キャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリックしてください。
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018470.html
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/018240.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆★☆★今週のトピックス☆★☆★

1. 商店街活性化に関するテレビ番組放映のお知らせ(中小企業庁)
2.九州地域実用化技術連携ナビゲーション 「九州WAZA(技術)ナビ」
  公開!!
3.「2007全国異業種交流・新連携フェア」の開催
4.「中小企業のための内部統制の考え方セミナー」の開催
5.「函館オフィス開設記念セミナー」の開催
6.「北海道釧路地域の異業種交流による地域活性化セミナー」の開催
7.「新連携創出フォーラム」の開催
8.「関西中小企業モノ作り展 2007」の開催
9.「地域ブランド・フォーラムin雲南」の開催
10.「経営セーフティ共済」を賢く活用しましょう!
11.「MICビジネスデザインスクール第7回」の開催
12. 「MIC経営実務セミナー」の開催
13.  商工中金と岐阜銀行との業務協力について
14. 岐阜大学発ベンチャー「株式会社GUNT」に対し、知的財産権を担保に
   融資 〜全国初の知財担保融資〜
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.商店街活性化に関するテレビ番組放映のお知らせ(中小企業庁)

◆この度、商店街の活性化に関するテレビ番組が、政府広報特別番組として放
映されることになりました。にぎわいを失った商店街で活性化に取り組もうと
している関係者を対象に、様々なアイデアや取組で活性化を実現している商店
街をバスツアーという形で訪問・紹介し、商店街活性化のヒントを得てもらお
うという内容の番組です。ぜひご覧下さい。詳しくは末尾のURLをご覧くだ
さい。
○「現場に急行!商店街復興バスツアー」
放映日時:
平成19年2月25日(日)16:00〜16:55<テレビ東京系6局ネット> 
平成19年3月4日(日)16:00〜16:55<BS−Japan>
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/070221tv_bus.htm
……………………………………………………………………………………………

2.九州地域実用化技術連携ナビゲーション 「九州WAZA(技術)ナビ」
  公開!!

◆九州経済産業局は、産学等連携を希望する九州地域の企業と九州地域の公設
研究機関等が保有する技術シーズを「技術分野」別に整理した広域マッチング
支援サイト『九州WAZA(技術)ナビ』をホームページ上に立ち上げました。
今後の産学等連携を希望する九州の137企業、及び事業化が待たれる1218
の技術シーズを下記のURLから探査いただき、新たな産学等連携・企業間連
携または研究機関間連携プロジェクトの創出にご活用下さい。
http://www.kyushu.meti.go.jp/db/wazanavi/
[問い合わせ先]
 九州経済産業局 地域経済部 技術企画課
 電話:092−482−5461
……………………………………………………………………………………………

3.「2007全国異業種交流・新連携フェア」の開催

◆財団法人中小企業異業種交流財団(異業種財団)及び独立行政法人中小企業
基盤整備機構関東支部では、異業種間のビジネス開拓と連携の推進を目的に、
2月28日(水)と3月1日(木)の2日間、東京都立産業貿易センター浜松
町館(東京都港区)にて標記のイベントを開催します。入場は無料です。詳し
くは下記のURLをご覧ください。
http://www.igyoshu-fdn.or.jp/h18plaza/
[問い合わせ先]
 財団法人中小企業異業種交流財団(担当:井上、小林、櫻井)
 電話:03−3584−0707
……………………………………………………………………………………………

4.「中小企業のための内部統制の考え方セミナー」の開催

◆中小機構では、標記セミナーを3月8日に同機構セミナールーム(東京都港
区)で開催します。企業活動において、事業経営の有効性・効率性を高め、財
務報告の信頼性を確保し、法規の遵守を促すことを目的とする「内部統制」に
ついて、今日的な背景、その要点と中小企業における内部統制の進め方を解説
します。参加は無料。定員は先着100名。申し込み等詳しくは下記URLを
ご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/keiei/tokutei/020515.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 経営基盤支援部 経営支援企画課
 電話:03−5470−1517
……………………………………………………………………………………………

5.「函館オフィス開設記念セミナー」の開催

◆中小機構北海道支部では、標記セミナーを2月27日にホテル函館ロイヤル
(北海道函館市)で開催します。函館とその周辺において今後北海道新幹線の
開通を契機に環境変化が予想されるなか、圏内の産業、中小企業、地域の活性
化のあり方について、講演を通じて探っていきます。参加は無料。定員は先着
100名。申込締切は2月23日。申し込み等詳しくは下記URLをご覧くだ
さい。
http://www.smrj.go.jp/kikou/branch/hokkaido/020356.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 北海道支部 函館オフィス開設準備室
 電話:0138−24−6600
……………………………………………………………………………………………

6.「北海道釧路地域の異業種交流による地域活性化セミナー」の開催

◆中小機構北海道支部では、標記のセミナーを3月7日に釧路プリンスホテル
(北海道釧路市)で開催します。北海道に集積する農林水産業と食料品製造業
の連携による新事業、新技術の創出をねらいに、講演とパネルでパネルディス
カッションを行います。参加は無料。定員は先着100名。申し込み等詳細は
下記のURLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/kikou/branch/hokkaido/020482.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 北海道支部 地域振興部
 電話:011−747−7702
……………………………………………………………………………………………

7.「新連携創出フォーラム」の開催

◆関東経済産業局と中小機構関東支部では、標記フォーラムを3月6日にホテ
ル東日本宇都宮(栃木県宇都宮市)で、3月8日に船橋グランドホテル(千葉
県船橋市)で開催いたします。基調講演、パネルディスカッションを通じて、
新連携のメリット、事業ポイントなどについて紹介いたします。参加は無料。
定員はそれぞれ先着200名。詳しくは下記のURLをご覧ください。
(栃木開催)
http://www.smrj.go.jp/shinrenkei/renraku/kanto/seminar/011270.html
(千葉開催)
http://www.smrj.go.jp/shinrenkei/renraku/kanto/seminar/011272.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 関東支部 新連携事務局
 電話:03−5470−1606
……………………………………………………………………………………………

8.「関西中小企業モノ作り展 2007」の開催

◆中小機構近畿支部では、標記イベントを2月22日と23日にインテックス
大阪3号館(大阪市住之江区)で開催します。キラリと輝いている関西の中小
企業約140社が出展し、先進技術の冴えや伝統的な匠の技、モノ作りに対す
るこだわりを展示するほか、人間国宝の紹介やモノ作りの実演、製品の販売な
どを行います。中小企業総合展2007、ENEX2007と同時開催となり
ます。入場は無料。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.monodukuri2007.com/
[問い合わせ先]
 関西中小企業モノ作り展 事務局
 電話:06−6342−1093
……………………………………………………………………………………………

9.「地域ブランド・フォーラムin雲南」の開催

◆中小機構中国支部と雲南市では、標記フォーラムを3月9日に三刀屋文化体
育館アスパル小ホール(島根県雲南市)で開催します。雲南の新たな活性化を
目指して、雲南ブランドづくりに関する講演とトークセッションを行います。
参加は無料。定員は先着50名。申し込み等詳細は下記のURLをご覧くださ
い。
http://www.smrj.go.jp/kikou/branch/chugoku/020506.html
[問い合わせ先]
 雲南市役所 産業振興部 産業推進課
 電話:0854−40−1052
……………………………………………………………………………………………

10.「経営セーフティ共済」を賢く活用しましょう!

◆中小機構で運営する「経営セーフティ共済」では、積み立てられた掛金は税
法上、法人の場合は損金に、個人の場合は必要経費に算入できます。また、決
算期に翌年度分の掛金を納付すると本年度分の掛金として全額が経費に算入で
きるので、節税しながら強固な経営基盤づくりが可能となります。下記アドレ
スをクリックし、「経営セーフティ共済」のメリットを実感してください!
http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/020676.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 共済相談室
 電話:050−5541−7171
……………………………………………………………………………………………

11.「MICビジネスデザインスクール第7回」の開催

◆MINATOインキュベーションセンター(MIC)では、標記のセミナー
を3月5日から4回にわたり同センター(東京都港区)で開催します。自らの
事業内容に関するプレゼンテーションづくりのためのワーキング、予行練習、
ブラッシュアツプなどを行います。参加は無料。定員は6名。申込締切は2月
26日。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.micim.jp/designschool.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 MINATOインキュベーションセンター
 電話:03−5444−8531
……………………………………………………………………………………………

12.「MIC経営実務セミナー」の開催

◆MINATOインキュベーションセンター(MIC)では、標記セミナーを
3月6日と9日に同センター(東京都港区)で開催します。起業間もない経営
者、起業間近の方を対象に、人材マネジメントの基本について解説します。定
員は先着24名、参加は無料。申込締切は2月27日。詳しくは下記URLを
ご覧ください。
http://www.micim.jp/seminar_accounts.html
[問い合わせ先]
 中小企業基盤整備機構 MINATOインキュベーションセンター
 電話:03−5444−8531
……………………………………………………………………………………………

13.商工中金と岐阜銀行との業務協力について

◆商工中金と岐阜銀行は、中小企業金融における相互の連携を円滑にするため、
業務協力に関する覚書を締結しました。本覚書の締結により、両者はこれまで
以上に連携を強化し、政府系金融機関と地域金融機関とがその機能面や特性で
相乗効果を発揮することで、地域経済の活性化に貢献していく方針です。詳し
くは下記URLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_gifu_bank_20070206.html
……………………………………………………………………………………………

14.岐阜大学発ベンチャー「株式会社GUNT」に対し、知的財産権を担保に
  融資 〜全国初の知財担保融資〜

◆商工中金(岐阜支店)は、株式会社GUNT(ガント)(本社:岐阜市)に
対し、知的財産権(特許権)を担保に、プロジェクト運営に要する運転資金を
融資しました。同社は、中小企業新事業活動促進法に基づき、平成18年7月
27日に中部経済産業局から新連携計画の認定を受けています。詳しくは下記
のURLをご覧ください。
http://www.shokochukin.go.jp/news/nl_gifu_20070213.html
[問い合わせ先] 
 商工組合中央金庫 広報部
 電話:03−3246−9366

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆★☆★調査・研究レポート等☆★☆★

◆全国小企業月次動向調査 平成19年1月実績(2月20日発表)(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/sougou/tyousa/keikyo/doukou2_m.html

◆官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:2月21日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

◆規模別製造工業生産指数12月分確報(19年2月15日) 
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.html

◆第3次産業活動指数(平成18年12月分/2月16日発表)
http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2v3000j.html  

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
 》》》》 ラジオ番組「大沢悠里のにっぽん元気カンパニー」 《《《《

放送局・放送曜日・時間はここをご覧ください
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/radio/007866.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       「中小企業総合展2007 in Kansai」開催中!

本日から23日までインテックス大阪6号館(大阪市住之江区)で
http://sougouten.smrj.go.jp/kansai/gaiyou/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆セレクト地域通信☆★☆

■東京都■
○第5回「勇気ある経営大賞」チャレンジ精神旺盛な中小企業の応募求む!

 東京商工会議所では、厳しい経営環境の中で勇気ある挑戦をしている、革新
的・創造的な中小企業を顕彰する「勇気ある経営大賞」を実施しており、現在、
第5回の応募企業を募集しています。
 受賞企業には、賞金を贈呈、マスコミ等を通じて広く一般にPRするととも
に、東京商工会議所がニーズに応じた支援を行い、経営を強力にサポートしま
す。募集締切は3月16日(金)。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.tokyo-cci.or.jp/chusho/keieitaisyo/index.html
[問い合わせ先]
 東京商工会議所 中小企業・支部担当部
 電話:03−3283−7719

○「国立大学法人広島大学技術シーズ発表会」の開催

 東京商工会議所では、3月16日(金)、東京商工会議所ビル地下2階講堂
(東京都千代田区丸の内)にて標記の発表会を開催します。
 本発表会は産業界への技術移転を目的としており、都内にリエゾンオフィス
を設置し、また、東京商工会議所の会員として都内企業との産学連携にも力を
入れている広島大学のものづくり分野を中心とした特色のある技術シーズを発
表するとともに、研究を担当する教員による個別面談も実施します。詳しくは
下記のURLをご覧ください。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-11029.html
[問い合わせ先]
 東京商工会議所 中小企業政策課
 電話:03−3283−7643

○第3回経営セミナー「助成金&公的融資の活用法」の開催

 財団法人東京都中小企業振興公社多摩支社では、標記セミナーを2月26日
に国分寺労政会館(東京都国分寺市)にて開催します。企業の成長段階に応じた
資金調達のポイント、公的資金の活用法について経験豊かな専門家がやさしく
解説します。併せて、講師による相談会を開催します。参加は無料。定員50
名。申込締切は2月23日。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/0702/0004.html
[問い合わせ先]
 財団法人東京都中小企業振興公社多摩支社 経営支援係
 電話:042−527−7477
……………………………………………………………………………………………

■神奈川県■
○「かながわコンソーシアム事業2006」報告会の開催

 財団法人神奈川中小企業センターでは、3月13日(火)、同センター14階多
目的ホール(横浜市中区尾上町)にて標記の報告会を開催します。「かながわ
コンソーシアム事業」とは、企業が提案したテーマのもと、産学公連携を手段
に新事業の創出促進を目的とするものです。本報告会では、今年度コンソーシ
アム事業での成果の発表と併せ、明治大学政経学部 森下正教授をお招きし、
「連携・組織化による新事業創造と経営革新」をテーマとする基調講演も開催
します。参加は無料(交流会に参加する場合は2,000円)。詳しくは下記
のURLをご覧ください。
http://www.ksc.or.jp/news/index.php?id=871
[問い合わせ先]
 財団法人 神奈川中小企業センター 企業化支援部交流支援課 
 電話:045−633−5192

○「地域連携フォーラム」の開催
 神奈川県中小企業団体中央会及び神奈川県は、3月7日(水)、神奈川中小
企業センター(横浜市中区)にて、『地域活性化の新たな形〜地域連携フォー
ラム〜』を開催します。地域がそれぞれもつ産地の技術、農林水産品、観光資
源といった地域資源を活かした地域活性化方法とこれを支援する施策活用のあ
り方を解説します。定員は100名、参加費は無料。詳しくは下記のURLを
ご覧ください。
http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/topics/topic.asp?Id=200&wn=
[問い合わせ先]
 神奈川県中小企業団体中央会 連携開発部(担当:稲葉、森川)
 電話:045−633−5132
……………………………………………………………………………………………

■大阪府■
○「ビジネスマッチングブログ・キックオフセミナー」の開催

全国自治体初の試みとして、大阪府では、デザイナーと中小企業をつなぐ
ビジネスマッチングブログサイト「BMB」の実験的運用を開始します。
つきましては、「BMB」を皆様に積極的に活用していただくための
キックオフセミナーを開催し、参加方法や操作手順についての説明を行います。
併せて、Web関連ビジネスの一線で活躍する二人の講師が、ビジネスにおけ
るブログ活用の重要性をお伝えします。詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.pref.osaka.jp/oidc/bmb/index.html
[問い合わせ先]
 大阪府産業デザインセンター
 電話:06−6949−4791

○「韓国ITビジネスセミナー」の開催

 大阪−韓国ITビジネス交流ネットワーク(OK-NET)ほかでは、韓国IT企業
とのビジネスをお考えの方々を対象に、3月7日(水)、ホテルプリムロー
ズ大阪(大阪市中央区大手前)にて標記のセミナーを開催します。韓国ITの
最新事情や韓国企業との付き合い方、韓国企業とのアライアンスの実例、韓
国での「WEB2.0」に関する事例などをご紹介し、今後の韓国IT企業とのビジ
ネスマッチングにつながるヒントをご提供します。参加費は無料ですが、事
前の申込みが必要です。詳しくは下記のURLをご覧ください。
http://www.ok-net.org/event/seminar/seminar0307.htm
[問い合わせ先]
 大阪府 にぎわい創造部 観光交流局 国際経済交流課(担当:木山)
 電話:06−6944−6149 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★お役立ち情報☆★☆★

●中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/index.html
●電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/sodan.html
●中小企業基盤整備機構ホームページ
http://www.smrj.go.jp/
●中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html
●商工中金の特別貸付のご案内(商工組合中央金庫)
http://www.shokochukin.go.jp/financing/kashitsuke.html
●国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/
●国民公庫ホームページに「こくきん創業支援センター」コーナーを新設
(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/center/index.html
●全国信用保証協会のご案内(全国信用保証協会連合会)
http://www.zenshinhoren.or.jp/access.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★☆★☆★中小企業ビジネス支援ポータルサイト「J-Net 21」☆★☆★☆ 

「J-Net 21」の目玉はなんといっても「支援情報ヘッドライン」。補助金など
の助成制度はもちろん、イベントの案内、調査報告書など、事業に役立つ最新
情報がいっぱい。J-Net 21のスタッフが全国各地の支援情報を毎日チェック。
だから、地域の情報も手厚く網羅。無料でしかも素早く支援情報が得られる
J-Net 21。「支援情報ヘッドライン」は毎日更新です!!

【J-Net21】
 http://j-net21.smrj.go.jp/

【支援情報ヘッドライン】
http://j-net21.smrj.go.jp/headline/

【問い合わせ先】中小企業基盤整備機構 広報室 広報課(J-Net21)
 E-mail:info@j-net21.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず直接詳細を確
認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」の購読料は無料です。登録及び登録の解除
は、下記のアドレスから簡単に出来ます。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご感想等につきましては、以下のアドレス(e−
中小企業ネットマガジン編集局)あて電子メールにてお寄せ下さい。
E-mail: chusho-netmagazine@meti.go.jp

◎本メールマガジン記載の巻頭コラム等の記事は、出典を明らかにして頂けれ
ば、ご自由に引用することが可能です。詳しくは上記の編集局までお問い合せ
下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

戻る