■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                中小企業庁/中小企業基盤整備機構
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0152/2004.10.20∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   <にがり>の新領域を開拓!長崎発ベンチャーのIT化戦略

◆<にがり>と言えば豆腐の凝固材が頭に浮かぶが、「ホームページ(HP)の
開設がきっかけになって、お客様から様々なアイデアや提案が寄せられ、それ
が思いも寄らぬ製品開発に発展した」と語るのは、健康食品や化粧品分野でも
<にがり製品>ブームの火を付けた(有)亀山堂(長崎県時津町、従業員約60
人)の小坂社長。

◆同社がにがり製品を売り出したのは、わずか4年前の平成12年。にがりは
海水を10%程度に濃縮して塩分を取ったあとの液体。ミネラルが多く含まれ
るので、水やお茶に溶かして飲むのが良いと言われていたが、同社はイオン交
換膜透析法という特殊工法で海水から天然にがりを製造。これを原料に用途開
発に注力し、飲用だけでなくシャンプー、石鹸、ローション、美容液、乳液、
ファンデーションなど浴用、化粧用へと製品領域を拡大した。

◆この短期間に製品開発の実効をあげたのは、にがり専業と銘打ったHPを立
ち上げて、情報を公開し、顧客とのコミュニケーションをこまめに行ったこと
が奏功したという。特に2年前からは、にがり製品が花粉症、アトピー、便秘
に有効なうえ、ダイエット効果も高いと脚光を浴びて全国的な人気に。マスコ
ミの話題も呼び、会社を設立した昨年は、にがりブームの火付役として中小企
業白書にも紹介されたほど。現在、その製品群は長崎ブランドの新産品に加え
られ、月間売上げは1億円を超える勢いだ。

◆同社の製品開発の原点は、HPを通じて入ってくる顧客の生の声にある。製
品の購入者であり利用者でもある顧客と共に「マスでなく個を対象に利用法を
開発し、問題点を解決していく」戦略が基本。しかも、専門の研究所を持って
調査・分析して製品の利用情報を公開し、共同で効用評価も行うといった顧客
参加型の市場づくりが特色ともなっている。

◆元ロックシンガーで35歳の小坂社長。もともと企業経営やにがりとは無縁
だった。「自前のHPというIT化が“黒船来襲”となり、偶然性が重なって
急成長した」と述懐するが、顧客に根ざした事業展開は極めて堅実で、決して
偶然性の延長ではない。そこには、坂本竜馬の“亀山社中”に因んだという社
名に込めた“現場主義”のビジネスモデルが見えてくる!(編集子)        
    
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆「中小企業総合展2004 in Kansai」〜大規模な中小企業総合見本市〜◆

◆期間:10月27日・28日・29日
◆場所:インテックス大阪(大阪市住之江区)
◆内容:全国から選りすぐりの中小企業約250社の優れた新商品・新技術の
展示・プレゼンテーション、基調講演・セミナー、支援機関による個別マッチ
ング支援等を実施!
◆入場料:無料
http://www.sougouten.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓        
☆☆今週のトピックス☆☆

1.10月は、中小企業退職金共済制度の加入促進強化月間です!
2.「証券化」を利用して担保・第三者保証が不要の長期資金の確保を
3.平成16年台風22号による災害に係る被災中小企業者対策 
4.「下請取引改善セミナー」の開催
5.「異業種グループネットワークフォーラム全国大会」の開催
6.産学官連携入門セミナー「大学活用の入門講座」の開催
7.「エコマネー&コミュニティビジネス語り部育成講座」の開催
8.「ロボット産業マッチングフェア2005」出展者の募集
9.「国際化対応能力開発支援セミナー 中国での人材育成と人事労務管理」
  の開催

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.10月は、中小企業退職金共済制度の加入促進強化月間です!

◆「中小企業退職金共済制度」は、安全・確実・有利で管理が簡単な国の退職
金共済制度です。この制度は適格退職年金制度からの移行先となっており、特
色として国からの掛金助成制度があります。掛金は全額非課税で、加入前の勤
務期間の通算ができます。パートタイマーの方には特例掛金があります。10
月の強化月間を機会に、ぜひご利用ください。詳しくは以下をご覧ください。
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp
[問い合わせ先]
勤労者退職金共済機構 中小企業退職金共済事業本部
電話:03−3436−0151


2.「証券化」を利用して担保・第三者保証が不要の長期資金の確保を

◆中小企業が無担保でも民間金融機関等から資金調達を行いやすくするため、
本年12月から、中小企業金融金庫では、「証券化」を通じて無担保資金の供
給を図る新規の無担保貸付(CLO融資)の貸付募集を開始する予定でおりま
す。詳しくは以下をご覧ください。
http://www.jasme.go.jp/jpn/securities/index.html
[問い合わせ先]
中小企業金融公庫証券化支援部
電話:03−3270−4247


3.平成16年台風22号による災害に係る被災中小企業者対策

◆経済産業省は、静岡県での災害救助法の適用を踏まえ、被災中小企業者対策
として、静岡県の政府系中小企業金融3機関(中小企業金融公庫、国民生活金
融公庫、商工組合中央金庫)、信用保証協会、主要商工会議所、商工会連合会
及び関東経済産業局に特別相談窓口を設置し、災害復旧貸付の実施、既往債務
の返済条件緩和等の対策を講じています。詳しくは以下をご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/antei/041014taifuu22_taisaku.htm
[問い合わせ先]
中小企業庁経営安定対策室(月舘、佐々木)
電話:03−3501−1511(内線5251)
中小企業庁金融課(西村、木村)
電話:03−3501−1511(内線5271)


4.「下請取引改善セミナー」の開催

◆全国下請企業振興協会では、改正された下請代金支払遅延等防止法及び下請
中小企業振興法を踏まえ、適正な下請取引の普及を図るため、本年度、特にサ
ービス業の親事業者の外注担当者等を対象に、同法の内容を普及するセミナー
(無料。ただし、テキスト代は実費)を、11月1日〜12月9日にかけて、
全国6ヶ所(北海道、東京、愛知、大阪、岡山、福岡)で開催します。詳しく
は以下をご覧ください。
http://www.zenkyo.or.jp/
[問い合わせ先]
(財)全国下請企業振興協会
電話:03−5800−2860


5. 「異業種グループネットワークフォーラム全国大会」の開催

◆標記フォーラム(INF)では、今年度、経済産業省の推進事業であるIT
SSP事業及びIT経営応援隊事業と連携し、11月5日にホテル日航金沢(
石川県金沢市)で大会を開催します。今年度の統一テーマは「経営戦略におけ
るデザインとIT」で、このテーマのもとに参加者が意見交換し知恵を合わせ、
新たなビジネスチャンスを探る予定ですので是非ご参加ください。詳しくは以
下をご覧ください。
http://www.inf-kanazawa.com/
[問い合わせ先]
INF第6回全国大会
異業種グループネットワークフォーラム in 石川実行委員会
電話:076−268−1919 090−8966−2306


6.産学官連携入門セミナー「大学活用の入門講座」の開催

◆東商・中小企業相談センターでは、中小企業の技術力アップや人材の補強に
大学の技術や研究者の活用方法を初歩から解説する標記講座を10月27日に
東京商工会議所ビルで開催します。助成金の活用方法など見逃せない情報もご
案内いたしますので奮ってご参加ください。参加費は無料。詳しくは以下をご
覧ください。
http://www.tokyo-cci.or.jp/venture/seminar/campus_1.html
[問い合わせ先]
東京商工会議所中小企業相談センター ベンチャー支援担当
電話:03―3283―7593


7.「エコマネー&コミュニティビジネス語り部育成講座」の開催

◆NPO法人エコミュニティ・ネットワークでは、コミュニティの再生と地
域経済の活性化を図り、新しい地域社会を再構築していく実践リーダーを育
成することを目的に、5回シリーズの講座を開講します。講師は、エコマネ
ーやコミュニティビジネス実践者、エコマネー提唱者の加藤敏春氏です。申
込の締切は、10月31日。詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.ecommunity.or.jp/kataribe_intro/index.html
[問い合わせ先]
NPO法人エコミュニティ・ネットワーク
電話:03−5978−6151


8.「ロボット産業マッチングフェア2005」出展者の募集

◆中小機構では、来年2月16日〜18日に西日本総合展示場(北九州市)で、
標記フェアを開催します。製品、部品、システムなどのロボット産業分野に事
業展開していたり、これから参入を考えている中小企業の方々の展示により、
販路開拓、取引拡大などのビジネスマッチングを促進するもので、現在出展者
を募集中。出展料は1小間は無料、募集者数は約150社・機関。申込締切り
は11月19日。詳しくは以下をご覧ください。
http://www.robotfair2005.com/
[問い合わせ先]
「ロボット産業マッチングフェア2005」事務局
電話:092―732―3960


9.「国際化対応能力開発支援セミナー 中国での人材育成と人事労務管理」
の開催

◆雇用・能力開発機構では、10月26日に生涯職業能力開発促進センター
(東京都墨田区)で標記セミナーを開催します。中国進出にともなう現地での
人事・労務管理、採用・育成などの問題点を具体例をあげて分析し、定着策な
どの今後の対応を検討します。参加費は無料。定員は40名(先着順)。詳し
くは以下をご覧ください。
http://www.ehdo.go.jp/kokusai/pdf/k041026.pdf
[問い合わせ先]
雇用・能力開発機構 職業能力開発管理部 国際協力課
電話:045―683―5440


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

●中国地方向け「知恵の輪ニッポン」

☆知恵(特許)とそれを紡ぐ「人」を紹介。特許を有効に活用している事例を
とりあげ、新事業推進のアイディアとヒントを提供します。
http://www.co-ip.jp/

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆セレクト地域通信☆☆

■宮城■
○経営力を高めるための「中小企業IT化推進フェア2004」 

月日:10月26日
場所:夢メッセみやぎ(仙台市)
内容:財務、顧客開拓、製造・設計・物流、IT化の方法等、中小企業の課題
に対応するIT化支援ソフト、サービス等の展示、説明、相談、セミナー等
参加費:無料(セミナーにつきましては事前申し込みが必要です。)
http://www.itssp.jp/ITfair04/ITfair04.html
[問い合わせ先]
情報処理推進機構(IPA)/ITSSP事務局
電話:03-3249-4103

■栃木■
○とちぎ産業創造プラザ「夕べの集い」の開催
〜地域企業、大学、官公庁との交流・連携による産学官共同研究の促進〜

日時:10月29日 14:00〜17:30
場所:とちぎ産業交流センター 特別会議室及び交流サロン
テーマ:商品におけるデザインの重要性〜デザインでこんなに変わる商品価値
対象:企業経営者、技術者、商店のオーナー、学校関係者、一般の方
参加費:講演会は無料、交流会は500円
http://www.tochigi-iin.or.jp/center/tudoi/yuubenotudoi/mousikomi3.htm
[問合わせ先]
(株)とちぎ産業交流センター研究交流部 担当:小林・鈴木
電話:028-670-2603

■広島■
○広報戦略セミナー
〜中小企業のためのマスコミ活用術〜

日時:11月5日 14:00〜16:00
場所:広島市まちづくり市民交流プラザ北棟(広島市中区)
内容:販促広報についての基礎知識・ノウハウ、広報戦略の成功事例の紹介、
効果的なプレスリリースの書き方等をわかりやすく解説
定員:50名(先着順)、受講料:無料
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/13_shoko.cgi
[問い合わせ先]
(財)広島市産業振興センター 中小企業支援センター
電話:082-278-8880
               
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート等☆☆

○企業活動と公的負担に関する緊急調査(10月18日発表)
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005698/index.html

○2003年度産業の中間投入に係る内外価格調査(10月14日発表)
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005686/index.html

○中小企業の地域別景況(2004年9月。10月13日発表)(商工中金)
「景況は、持ち直しの動きが続く」
http://www.shokochukin.go.jp/sho51h01.html#chiiki

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆中小企業向けポータルサイト「J-Net21」

中小企業施策情報やイベント情報を毎日更新。「資金調達ナビ」や「経営自己
診断システム」などのツールも提供。「にぎわい広場」では売りたい情報・買
いたい情報などのPRスペースに約2万社が登録。利用・登録は無料です。
【J-Net21】http://j-net21.smrj.go.jp/
 (URLが上記に変更になりました。)
【初めて利用される方へ】http://j-net21.smrj.go.jp/visitor.html

★「J-Net21」でRSS配信サービスを開始!★

RSS配信サービスは、あらかじめ登録しておけば、ホームページの更新情報
が、更新の都度、更新された部分だけ自動的に配信されるもので、自分からア
クセスしなくても、情報がタイムリーに入手できます。
http://j-net21.smrj.go.jp/rss/index.html
[問い合わせ先]
中小企業基盤整備機構 調査広報部 広報課
電話:03―5470―1519

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html
○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:10月20日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp
○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html
○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html
○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず直接詳細を確
認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」の購読料は無料です。登録は下記のアドレ
スから簡単に出来ます。
http://www.chusho.meti.go.jp/e_maga/

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
E-mail: chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る