■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                中小企業庁/中小企業基盤整備機構
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0148/2004. 9.22∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    斬新な発想の技術開発で活路を拓く自転車部品メーカー

◆中国製品に押されて転・廃業が後を絶たない自転車産業の中で、「生き残り
の原点は、知恵を絞って付加価値のある製品づくりを続けること」と力説する
のは、世界初の画期的な自転車部品を開発して一躍脚光を浴びている専業メー
カー(株)中野鉄工所(大阪府堺市、従業員31人)の中野社長。

◆この画期的部品は「エアーハブ」と呼ばれ、自転車をこぐとタイヤの空気を
自動的に補充する新装置。ハブ(車軸)の回転によってシリンダー内で圧縮し
た空気をチューブに送り込み、余分な空気は放出してタイヤをいつも最適な空
気圧に保つ仕組み。まさにパンクや空気漏れという自転車最大の弱点を克服す
る革新技術である。これを完成車最大手のブリジストンサイクルが採用し、そ
の搭載車が今年から全国で発売されている。海外からも引き合いが寄せられ、
自動車やバイクへの応用も研究中だ。

◆同社は昭和23年、わが国有数の自転車産業の集積地である大阪府堺市で創
業した。関連の部品メーカーが群雄割拠する同地にあって、技術力が必要なハ
ブ(車軸)専業に特化し、10年程前まで国内シェアは約50%を占めていた
が、近年は安価な中国製品が主流となって、同社のシェアも20%程度まで激
減した。その巻き返し策として独自製品の開発に特に力を入れ、今回のエアー
ハブの製品化に結び付けた。

◆何せ、自転車は成熟化して特色が出しにくいために価格競争が熾烈である。
同社も独自のプレス加工や生産工程の自動化などコスト削減を図る一方で、高
付加価値製品の開発に生き残りをかけて取り組んできたという。そして、「新
機能部品を供給することでユーザーを広げ、企業体力を強める」との経営努力
の中から画期的製品が生まれたもので、中小企業経営革新支援法の認定を受け
るなど絶えず“革新性”を重視してきた点も見逃せない。

◆国内の自転車市場は年間1100万台規模といわれ、その8割が中国製とい
う実情にある。国内製品は新技術を搭載するなど差別化しなければ競争に勝て
ない。「斬新な発想と技術力で世界に臨む」という専業メーカーの活路開拓に
エールを送りたい! (編集子) 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓        

◆「中小企業総合展2004 in Tokyo」〜大規模な中小企業総合見本市〜◆

◆期間:9月29日・30日・10月1日
◆場所:東京ビッグサイト(東京都江東区)
◆内容:全国から選りすぐりの中小企業約600社の優れた新商品・新技術の
展示・プレゼンテーション、基調講演・セミナー、支援機関による個別マッチ
ング支援等を実施!
◆入場料:無料
http://www.sougouten.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆

1.総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」の創設
2.「有限責任事業組合制度に関する研究会(日本版LLP研究会)」の設置
3.化学物質管理の改善を促進するための融資制度 〜知ってうまく活用!〜
4.海外進出中小企業へのインターンシップ派遣報告会の開催
5.「平成16年度繊維中小企業構造改革支援事業」の公募
6.絹織物等展示会「シルクストッフ」への展示品の募集
7.「中小企業総合展2004 in TOKYO」への中小機構のブース出展
8.「広島産学官連携フェア」を東京で開催

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」の創設

◆最先端の技術から伝統的・文化的な「技」までの幅広い製造現場において、
中核を担う中堅世代のうち、とくに優秀と認められる人材(ものづくり名人)
に対して、総理大臣が表彰を行う「ものづくり日本大賞」が創設されます。実
施の詳細はこれから決定いたしますが、今後、募集、選定を経て、来年9月に
第1回表彰を行う予定です。詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/0005584/index.html
[問い合わせ先]
経済産業省 製造産業局参事官室(担当:藤本、井汲(いくみ))
電話:03−3501−1511(内線3641〜4)


2.「有限責任事業組合制度に関する研究会(日本版LLP研究会)」の設置

◆有限責任事業組合(LLP)は、全ての出資者の有限責任制の下で内部自治
の徹底が図られる組織形態で、近年欧米で創設され、ベンチャー企業等が広く
活用しています。我が国でも、日本版LLP制度の提案を目的として検討する
研究会を9月17日から開催し、12月中に制度創設に向けた報告書案が取り
まとめられる予定です。詳しくは以下をご覧ください。 
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005588/index.html
[問い合わせ先]
経済産業省 経済産業政策局産業組織課(担当:石井、高市)
電話:03−3501−1511(内線2621〜4)


3.化学物質管理の改善を促進するための融資制度 〜知ってうまく活用!〜

◆経済産業省化学物質管理課では、中小企業者の皆様に対し、政府系金融機関
が実施している化学物質の管理の改善を促進するための融資制度を分かりやす
くご紹介し、ご理解・ご活用いただくための融資制度の概要を作成しておりま
す。本融資制度をご理解・ご利用いただき、中小企業者にとって化学物質の管
理をより身近に感じていただければ幸いです。詳しくは以下をご覧ください。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/information/info3.html
[問い合わせ先]
経済産業省 製造産業局化学物質管理課
電話:03−3501−1511(内線3691〜5)


4.海外進出中小企業へのインターンシップ派遣報告会の開催

◆海外貿易開発協会は、夏休みを利用して学生に中小企業の海外事業展開の現
場を体験してもらうインターンシップ派遣事業を今年度から実施し、中国・タ
イ等6か国の14社の日系企業に25名の学生を派遣しました。この報告会を
9月24日に東京の虎ノ門パストラルで開催します。詳しくは、以下をご覧く
ださい。
http://www.meti.go.jp/press/0005589/index.html
[問い合わせ先]
経済産業省 貿易経済協力局技術協力課(担当:根井、荒谷)
電話:03−3501−1511(内線3171〜4)


5.「平成16年度繊維中小企業構造改革支援事業」の公募

◆中小機構では、繊維中小企業団体等を対象に上記支援事業を公募しています。
これは、新繊維ビジョンの答申を踏まえた今後の構造改革を積極的に推進する
ための具体的な構造改革行動計画を策定する事業を委託するものです。応募の
締切りは10月1日。詳しくは以下をご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/keiei/seni/news/001595.html
[問い合わせ先]
中小企業基盤整備機構 経営基盤支援部 繊維産業課
電話:03―5470―1589


6.絹織物等展示会「シルクストッフ」への展示品の募集

◆中小機構では、絹製品の一層の需要振興を図るため、12月1日〜3日に東
京ビッグサイトで絹織物等を一堂に展示する「シルクストッフ」を開催する予
定で、現在、展示品の募集をしています。出展対象者は絹を主たる素材とする
織物を製造する中小企業者及び団体です。申込期限は10月13日。詳しくは
以下をご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/keiei/seni/news/001581.html
[問い合わせ先]
中小企業基盤整備機構 経営基盤支援部 繊維産業課
電話:03―5470―1589


7.「中小企業総合展2004 in TOKYO」への中小機構のブース出展

◆中小機構関東支部では、9月29日〜10月1日に東京ビッグサイトで開催
される「中小企業総合展」に出展します(出展ブース番号:I―1―001)。
各種事業のご案内に加え、中小企業・ベンチャー総合支援センターの専門家に
よる無料経営相談も実施します。お出かけの際は是非お立ち寄りください。詳
しくは以下をご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/utility/event/001606.html
[問い合わせ先]
中小企業基盤整備機構関東支部 中小企業・ベンチャー総合支援センター
電話:03―5470―1620


8.「広島産学官連携フェア」を東京で開催

◆産業界との共同研究や研究成果の事業化を目的とした「広島大学リエゾンフ
ェア」と、広島のベンチャー企業を紹介する「ひろしまベンチャーひろば」を
同時開催する上記フェアが、10月12日に東京都立産業貿易センターで開催
されます。中国経済産業局は、本フェアに、中国地域を産学官連携による次世
代半導体関連技術の一大開発拠点とすることを目指す「シリコンヒルズ構想」
を出展します。詳しくは、以下をご覧ください。
◆広島大学リエゾンフェア2004 in 東京
http://home.hiroshima-u.ac.jp/techrd
◆ひろしまベンチャーひろば2004 in 東京
http://www.hiwave.or.jp/topic/tokyou/bencyatokyou.htm
◆シリコンヒルズ構想についてはこちら
http://www.chugoku.meti.go.jp/jyoho/kaisai/top.htm
[問い合わせ先]
中国経済産業局地域経済部参事官(情報産業担当)付 上田(かみだ)
電話:082−224−5630


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

●「企業未来!」(中小企業庁/中小企業基盤整備機構)
http://www.jasmec.go.jp/kikou/info/mirai/index.html

◆番組概要:新しい製品で畳復活〜独自の販売戦略で売上急増〜 

福井県のダイヤロン(株)(資本金6,250万円、従業員50名)は、家業の畳屋
を継いだ現社長が、低迷する畳業界においても消費者のニーズに合った安全で
良質の畳を提供すれば需要はあるはずだと判断し、化学畳の製造販売に進出し
た。消費者の視点に立った商品作りと従来の畳の流通ルートに頼らない独自の
販売ルートの確立により売上拡大を実現し、高成長を続ける同社の経営姿勢を
紹介する。 
 
◆ビジネスHOT情報:WEB研修で新しい自分を発見!
◆放送日時・局
 ☆9月25日(土)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝5:00〜5:15
 ☆9月26日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・TVQ九州放送(19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
 ☆9月27日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞夜18:00〜18:30
◆「企業未来!」は、今回をもちまして放送終了となります。これまでご覧
いただきまして、誠にどうもありがとうございました。

●「ニッポンNavi」

☆放送日:9月25日(土)
☆日経CNBC 13:00〜13:30 
☆テーマ:起業・創業 
☆内容:日本の経済が極めて厳しい状況にある中、わが国の産業競争力を向上
させ、経済再生の原動力となるのは、創業の促進とベンチャー企業の育成とい
っても過言ではありません。番組では、起業・創業の現状を、実際に成功され
た起業家・ベンチャー企業の実例を通して見ていくと同時に、どのような支援
策があるのか等も紹介します。 


▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆セレクト地域通信☆☆

■神奈川■
○創業フォーラムin 相模原「夢の実現・起業家になる」の開催

日時:10月2日 13:30〜17:00(その後交流会)
場所:桜美林大学PFC(神奈川県相模原市)
内容:プレゼンテーション、パネルディスカッション、交流会
参加費:無料(交流会参加は1,000円)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/06/1488/h2.html
[問い合わせ先]
神奈川県厚木商工労働センター商工課
電話:046-224-1111


■三重■
○講演会「みえベンチャーカレッジ」の開催
               
日時:9月30日 13:30〜15:30
場所:アスト津「アストホール」(三重県津市)
内容:(株)コメ兵石原社長講演「消費者ニーズをつかんだ中古品ビジネス」
募集人数:200名
受講料:無料、申し込み締切:9月24日
http://www.marugoshi.com/platform/venture-kouza/16koukaikouza.htm
[問い合わせ先]
(財)三重県産業支援センター 新産業振興チーム(担当:前村、黒部)
電話:059-228-3585
 


■滋賀■
○知的財産セミナー(中小企業・ベンチャー企業向け)
〜特許を武器に売上倍増!〜

日時:9月28日 14:00〜17:00
場所:ホテルニューオウミ(近江八幡市)
内容:MOTとは何か、売れるものづくりへの戦略とは?
定員:40名、参加費:無料
http://www.kansai.meti.go.jp/2tokkyo/4fukyu-sien/1semi/chizaisemi_smav.htm
[問い合わせ先]
近江八幡商工会議所 東近江地域中小企業支援センター
電話:0748-33-4141


■大阪■
○「売れるものづくり相談会」の開催

日時:毎月第2火曜日に開催
場所:中小企業・ベンチャー総合支援センター<近畿>
内容:1社1時間程度で、新技術・新商品の販路・マーケティングなどのアド
バイスを実施
費用:無料
http://www.smrj.go.jp/dbps_data/_material_/chushou/center/kinki/pdf/0914.pdf
[問い合わせ先]
ものづくりクラスター協議会事務局
((財)大阪科学技術センター 技術・情報振興部)
電話:06-6443-5323


■沖縄■
○「ベンチャープラザ沖縄2004」でのビジネスプラン発表者の募集

開催日:12月1日
場所:沖縄産業支援センター(沖縄県那覇市)
内容:上記プラザのビジネスマッチングの場でのビジネスプランの発表
募集:6社程度、応募締切:9月30日
http://www.smrj.go.jp/ventureplaza/okinawa/index.html
[問い合わせ先]
中小企業基盤整備機構九州支部 中小企業・ベンチャー総合支援センター
電話:092-771-6200

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート等☆☆

○中小企業月次景況調査(8月期:9月21日発表)
(全国中小企業団体中央会)
「中小企業のDI値は、改善傾向にはあるが、依然としてマイナスの水準。
業種によりまだら模様で、ここ数ヶ月は一進一退で推移している。」
http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei04-08.htm
 
○第一回アジア官民パートナーシップ研究会の配布資料(9月17日発表)
http://www.meti.go.jp/press/0005582/index.html

○特定サービス産業動態統計調査(7月分確報。9月17日発表)
http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2v4000j.html

○「企業価値研究会」の設置(9月16日発表)
敵対的M&Aに対する適切な対応策及びコア人材の引抜き防止策について研究
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005578/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆J−Net21「新着情報」コーナー☆☆
http://j-net21.smrj.go.jp/mailmag/mailmag.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html
○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:9月22日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp
○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jasme.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html
○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html
○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/
○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず直接詳細を確
認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」の購読料は無料です。登録は下記のアドレ
スから簡単に出来ます。
http://www.chusho.meti.go.jp/e_maga/

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
E-mail: chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る