■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                中小企業庁/中小企業総合事業団
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0126/2004. 4.14∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      医療業界初の“出前検診”に夢をかけるパイオニア!

◆「全国津々浦々に最新鋭の医療設備を搭載した“検診車”を走らせ、何処で
も、手軽に、高度医療を受けられるようにするのが最終的目標」と、目を輝か
せて新事業の展開を語るのは、医療関連ベンチャー企業「(株)フリール」(東
京都新宿区、従業員60人)の平川社長。

◆その新事業とは「メディカル・モバイル・サービス」のことである。通常は
病院等に固定して使われるCT(断層像撮影)装置やMRI(磁気共鳴画像検
査)装置等の高度医療設備を車両に搭載し、移動検診室として専門医・技師を
伴って各地を巡回し、医療機関等へのレンタルも行うという事業である。欧米
では普及しているが、日本では同社がパイオニアにして唯一のサービス会社で
ある。

◆もともと同社は、平成4年、医師でもある平川社長が中小病院への超音波診
断装置や電子内視鏡のレンタルに着眼して創業したが、阪神大震災の際に交通
マヒや停電で病院の医療機器が利用できなかった状況を目の当たりにして、移
動式の医療装置レンタル業に本格進出した。これが評判を呼び、独自のビジネ
スモデルとして確立された。

◆医療機関が高度な医療装置を導入するとなると、多額の設備投資やメンテナ
ンス費用の負担が伴い、装置を操作する技師や読影する専門医の確保も容易で
はない。その点、検診車なら、必要な時、必要な場所で低コストで利用でき、
わざわざ都市部の総合病院にいかなくても手軽に検診が受けられる。言わば、
“出前検診”サービスの便利さがセールスポイントの事業である。

◆移動検診車は、欧米ではトレーラー型が多いが、同社は日本の道路事情を考
慮した世界最小のMRI搭載車等をメーカーと共同開発し、電源車と連結すれ
ば災害などによる停電時にも対応出来るようにしている。とりわけ過疎地域や
地方部でのニーズが強く、現在、全国11支店で17台が稼動中であり、民間
の医療機関だけでなく、行政による住民検診用にも利用されているという。

◆「より良い医療を、何処でも、誰もが、安く受けられる社会」を理念に掲げ
る同社。“社会貢献”という事業スタンスで新たなマーケットを作りつつある。
(編集子)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆
1.平成16年度「新産業創出コーディネート活動モデル事業」の公募開始
2.平成16年度版「中小企業庁リーフレット」完成!
3.「売掛債権担保融資保証制度・売掛先の皆様のためのマニュアル」<改訂
  版>のホームページ掲載について
4.「はやわかり!“改正”下請法」のホームページ掲載について
5.中小企業総合事業団が「TECHNO−FRONTIER 2004」にブースを出展
6.「平成16年度通信・放送新規事業助成金」の公募開始
7.「平成16年度研究開発助成金」の公募開始
8.「海外インターンシップ派遣事業」の受入先中小企業等募集
9.デザインモニターによるグッドデザイン賞推薦について
10.「国際物流総合展2004」の出展募集
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.平成16年度「新産業創出コーディネート活動モデル事業」の公募開始

◆中小企業庁では、平成16年度「新産業創出コーディネート活動モデル事業」
の公募を開始します。
 この事業は、中小企業の経営課題を解決するためのコーディネート活動を行
う機関に対して当該事業を委託することにより、コーディネータの育成を図る
とともに、モデル的事例を蓄積し、これを全国にフィードバックすることで、
コーディネート活動の有用性を周知し、また、これをコーディネート活動の指
針として活用してもらうことを目的としています。
 公募期間は4月19日(月)から5月21日(金)まで。対象となる事業等、
詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/koubo/16fycordinates_koubo.htm
[問い合わせ先]
□各経済産業局及び沖縄総合事務局経済産業部の担当課

2.平成16年度版「中小企業庁リーフレット」完成!

◆平成16年版「中小企業庁リーフレット」(中小企業施策の種類ごとに具体
的に、かつ、簡潔に説明したリーフレット)が完成しました。
 4月下旬頃から各地の経済産業局、都道府県中小企業担当課、中小企業支援
センター、商工会議所など、中小企業支援機関等で入手できる予定ですので、
最寄りの各機関にあらかじめお問い合せのうえ、お出かけ下さい。
 なお、リーフレットの内容は、中小企業庁ホームページでご覧いただくこと
も可能です。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/leaflet/index2004.html
[問い合わせ先]
□中小企業庁 広報室
電話:03−3501−1511(内線5161〜3)

3.「売掛債権担保融資保証制度・売掛先の皆様のためのマニュアル」<改訂
  版>のホームページ掲載について

◆中小企業庁では、この度、「売掛債権担保融資保証制度・売掛先の皆様のた
めのマニュアル」<改訂版>を中小企業庁ホームページに掲載しました。
 詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/urikake_index.htm
[問い合わせ先]
□中小企業庁 金融課
電話:03−3501−1511(内線5271〜5)

4.「はやわかり!“改正”下請法」のホームページ掲載について

◆公正取引委員会では、改正下請代金支払遅延等防止法のポイントをまとめた
「はやわかり!“改正”下請法」をホームページに掲載しています。
 是非、ご覧下さい。
http://www2.jftc.go.jp/kaiseireaf.pdf
[問い合わせ先]
□公正取引委員会 企業取引課
電話:03−3581−3373

5.中小企業総合事業団が「TECHNO−FRONTIER 2004」にブースを出展

◆中小企業総合事業団では、4月21日(水)から23日(金)まで、幕張メッ
セ(千葉県千葉市)で開催される「TECHNO−FRONTIER 2004」内の特別企画『産
学交流技術移転フォーラム(中小企業活性化プラザ)』に、ブースを出展しま
す。
 事業団事業のパンフレット配布のほか、中小企業・ベンチャー総合支援セン
ター東京による無料経営相談も行います。是非、お立ち寄り下さい。
 詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.jasmec.go.jp/event.html
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団 総務部 広報課
電話:03―5470―1515

6.「平成16年度通信・放送新規事業助成金」の公募開始

◆独立行政法人情報通信研究機構では、平成16年度通信・放送新規事業助成
金交付業務に係る助成対象事業の公募を開始しました。
 この事業は、スタートアップ段階の情報通信分野のベンチャー企業等に対し、
通信・放送事業分野における新規事業の創出を促進するため、事業実施に必要
なコンサルティング経費、試作開発費、特許申請費用などの手続き諸経費の一
部を助成するものです。
 今回の公募期限は5月25日(火)(今後、第2回公募、第3回公募の予定
あり)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h16/040412/040412.html
[問い合わせ先]
□情報通信機構 芝本部 情報通信振興部門 事業振興室
電話:03−3769−6816

7.「平成16年度研究開発助成金」の公募開始

◆(財)UFJベンチャー育成基金では、現在、「平成16年度研究開発助成
金」の公募を行っています。
 助成対象者は、新技術・新製品の研究開発を行う、原則として設立又は創業
後5年以内の中小企業及び個人事業者。助成対象事業は、現在の技術水準から
見て新規性のある機械、システム、製品等の開発で、原則として2年以内に企
業化が可能なプロジェクト。
 助成金額は、1プロジェクトにつき5百万円以内又は研究開発対象費用の1
/2以下のいずれか少ない方の金額を交付。
 公募期限は7月31日(土)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.ufjtech.or.jp/josei.html
[問い合わせ先]
□(財)UFJベンチャー育成基金
電話:03−3287−0701

8.「海外インターンシップ派遣事業」の受入先中小企業等募集

◆(財)海外貿易開発協会(JODC)では、日本の中小企業の海外現地法人
に学生を派遣し、学生に就業体験の場を提供する「海外インターンシップ派遣
事業」を実施しているところですが、現在、学生の受け入れ先となる中小企業
等を募集しています。
 第一次企業募集期限は5月10日(月)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.jodc.or.jp/intership/index.html
[問い合わせ先]
□(財)海外貿易開発協会 派遣業務部
電話:03−3549−3051
E−Mail:information@jodc.or.jp

9.デザインモニターによるグッドデザイン賞推薦について

◆(財)日本産業デザイン振興会では、優れたデザインでありながらグッドデ
ザイン賞を受賞していない商品や建築・環境等について、デザインモニターの
方から推薦していただき、その製造者等に対してグッドデザイン賞への応募を
勧誘しています。推薦期限は4月26日(月)。
 なお、推薦していただくには、あらかじめデザインモニターとして登録して
いただく必要があります。
 詳しくは以下をご覧下さい。
https://www.g-mark.org/d-monitor/recommend/list.html
[問い合わせ先]
□(財)日本産業デザイン振興会 Gマーク事業部
電話:03−3435−5626
E−Mail:webmaster@jidpo.or.jp

10.「国際物流総合展2004」の出展募集

◆(社)日本ロジスティクスシステム協会、(社)日本能率協会他では、本年
9月中旬に東京ビッグサイト(東京江東区有明)で「国際物流総合展2004」
を開催します。
 このイベントは、内外の最新物流機器・システム・情報等のソフトとハード
を一堂に結集し、交易振興・技術の向上・情報の提供・人的交流等を促進する
ことを目的としています。
 現在、このイベントの出展者を募集しています。出展申込期限は4月30日
(金)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/JP
[問い合わせ先]
□(社)日本ロジスティクスシステム協会 人材普及開発部
電話:03−3432−3291
□(社)日本能率協会 産業振興本部
電話:03−3434−3453
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

●「企業未来!」(中小企業庁/中小企業総合事業団)

◆番組概要:自社開発の自動車用品販売ソフト「カープランナー」で、顧客満
足度NO.1企業を目指す「(株)カーレックス」(広島県広島市)を訪ね、
同社の経営戦略を通じてビジネスのヒントを探る。

◆ビジネスHOT情報:「小規模企業者等設備資金制度」のご案内
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html

 ☆4月17日(土)
   ※中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝5:00〜5:15
    (前週の番組の放送)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
 ☆4月18日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・TVQ九州放送(19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
 ☆4月19日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞夜18:00〜18:30
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆セレクト地域通信☆☆

■東北■
○東北経済セミナー(4月20日(火)、パレス宮城野3階千代の間(宮城県
仙台市)。参加には事前の申込が必要(定員60名))(東北経済産業局/(財)
経済産業調査会東北支局)
http://www.tohoku.meti.go.jp/cyosa/040420.htm

■中部■
○新技術動向セミナー(4月21日(水)、名古屋商工会議所3階第1会議室
(愛知県名古屋市)。参加は無料ですが事前の申込が必要(先着60名))(名
古屋商工会議所他)
http://www.nagoya-cci.or.jp/shin/040329b.html

○デザインセミナー2004「ビジネスルールの確立に向けて」(4月23日
(金)、栄ガスビル5階会議室(愛知県名古屋市)。参加には事前の申込が必
要。参加申込期限は4月20日(火))(中部経済産業局)
http://www.chubu.meti.go.jp/service/sitauke2.pdf
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート等☆☆

○最低資本金規制特例制度利用実態調査(4月13日発表)(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005136/

○中小企業の地域別景況調査(3月期:4月12日発表)(商工中金)
「景況は、厳しいながらも改善の兆しがみられる」
http://www.shokochukin.go.jp/pdf/cb2004chiiki3.pdf

○第95回中小企業景況調査(4月8日発表)(中小企業庁)
「中小企業の業況判断は製造業、非製造業ともに3期連続マイナス幅縮小」
http://www.chusho.meti.go.jp/chousa/index.htm#keikyo

○平成15年度中小企業実態調査(3件)(中小企業総合事業団)
・「主要ベンチャーキャピタルの投資重点分野と支援の実際(最終報告)」
http://www.jasmec.go.jp/ck/cyousa/venture/index.html

・「ニュービジネス創業の動向と課題(最終報告)」
http://www.jasmec.go.jp/ck/cyousa/newbusiness/index.html

・「ビジネスマッチングの現状と課題(最終報告)」
http://www.jasmec.go.jp/ck/cyousa/cy_h15matching.html

○平成15年度ベンチャー関連情報収集・提供・調査事業(中小企業総合事
業団)
「創業支援におけるNPOの役割と活動の実態について〜EUと日本の事例
調査を中心として〜」
http://www.jasmec.go.jp/ck/cyousa/cy_15venture.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆J−Net21「新着情報」コーナー☆☆
http://j-net21.smrj.go.jp/mailmag/mailmag.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html

○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:4月14日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

○ITイベントカレンダー(各地のセミナー、フェアはここでチェック!)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/event_cal.html

○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html

○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html

○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず利用者ご自身
が問い合わせ窓口等に直接詳細を確認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」は、「e−中小企業庁&ネットワーク推進
協議会」の公式メールマガジンです。購読料、登録料は無料。登録は下記の方
法により簡単に出来ますので、未登録の方は是非この機会に登録をお願いしま
す。

●以下のインターネットアドレスにアクセスしていただき、ご自分の電子メー
ルアドレスをご登録下さい。登録した電子メールアドレスの変更・解除もこち
らからお願いします。
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/melma.html

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
mailto:chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る