■■
     ■  ■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ■
      ■■  編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
                中小企業庁/中小企業総合事業団
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0116/2004. 1.28∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆☆「e−中小企業ネットマガジン」読者アンケートにご協力下さい!☆☆
https://www.net-research.jp/airs/enquete/000020/0000208621/UAf1FLrZU-/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆がんばる中小企業なんでも相談ホットライン◇電話0570−009111
http://www.jasmec.go.jp/center/hotline/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

      職人技をデジタル化!高収益企業に変身した町工場

◆「もはや職人が機械の前に張り付いて作業する時代ではない。職人の技術を
デジタル化し、上手くプログラムを組めば、あとは工作機械がちゃんと作業し
てくれる。要は、知的労働とルーチンワークを区別することにある」と語るの
は、町工場をIT化することにより、高収益企業へと変身を遂げた「山本精工
(株)」(京都府城陽市、従業員数31人)の山本昌作副社長。
◆もともと同社は職人技が自慢の鉄工所だった。長年、自動車部品加工の下請
けを続けていたが、昭和57年、当時工場長だった山本さんが「親会社の注文
をこなすだけの単純作業から脱皮しよう」と“経営革新”を進言。以来、市場
性の高いアルミ加工主体に事業分野を絞ると共に、量産品を止めて、個数は少
なくても価格の高い特注・単品物に特化する経営に転換した。それは顧客層も、
社内体制も変革する“第二創業”への取り組みでもあった。
◆そして平成2年、職人技をデータベース化し、誰でも利用できる独自の加工
管理システム「ヒルトップ」を開発。どんな単品加工にも応じられ、ルーチン
ワークを極力排除、超短納期も可能にした。
◆同社工場の中枢は「システムルーム」と呼ばれ、そこでは若い世代の社員が
ヒルトップを組み込んだパソコンに向かってNC旋盤やマシニングセンターな
ど加工機械の制御プログラムの作成に没頭している。これらのパソコンと工場
内の各種工作機械はLANで結ばれ、昼間作成したプログラムを退社時にセッ
トしてボタンを押せば、夜間のうちに機械が無人で稼動し、翌朝には加工され
た製品が出来ているという仕組みである。
◆まさに、3K職場と言われた町工場の現場を一新。24時間操業、休日操業
を常態化し、当然、経営効率も向上した。何よりも「社員は知的労働に専念出
来るのでスキルも高まる」効果は大きく、今では業界平均を大きく上回る売上
高利益率25%という優良企業を続けている。
◆更に最近では、地域の同業者とコンソーシアムを組んでWebで試作品受注
に応じる「京都試作ネット」を立ち上げ、顧客開拓面でも新機軸を築きつつあ
る。中小企業にとってのIT化戦略の威力を目の当たりにする思いである。
(編集子)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆
1.「地域MOTシンポジウム」の開催
2.「PRTR事業者説明会」の開催
3.今後のキャッチオール規制の強化について
4.「Dream Battle 集まれ!夢への挑戦者達」の開催
5.起業家経営塾「ビジネスプランプレゼンテーションセミナー」の開催
6.「テレワーク入門講座(試作版)」のご案内
7.第2回シンポジウム「ハイテク・スタートアップス」の開催
8.「MTA2004・東南アジア総合工作機械展」の出品募集
9.「中国進出実践セミナー」の開催
10.平成16年度「産業公害防止技術開発事業」等の新規テーマ募集開始
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.「地域MOTシンポジウム」の開催

◆経済産業省では、2月から3月にかけて、全国7地域(北海道、東北、中部、
近畿、中国、四国、九州)で「地域MOTシンポジウム」を開催します。
 これまでは、首都圏(東京)においてMOT(技術経営:Management of 
Technology)に関するシンポジウムやプレスクール(試行的授業)を開催してき
たところですが、今回は各地域おけるMOT教育の一層の普及を図るべく開催
するものです。参加は無料ですが事前の申込が必要。詳しくは以下をご覧下さ
い。
http://www4.smartcampus.ne.jp/region/
[問い合わせ先]
□経済産業省 大学連携推進課
電話:03−3501−1511(内線3371〜5)

2.「PRTR事業者説明会」の開催

◆経済産業省と環境省では、2月下旬から3月上旬にかけて、全国4ヶ所で「P
RTR事業者説明会」を開催します。
 この説明会は、化学物質排出把握管理促進法(いわゆるPRTR法)に基づ
く化学物質の環境への排出量等の届出について、平成16年度から変更になる
ことから、事業者を対象に法律・制度の内容、届出方法などを説明するもので
す。参加は無料ですが事前の申込が必要。開催日時、場所など詳しくは以下を
ご覧下さい。
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4641
[問い合わせ先]
□(社)環境情報科学センター PRTR事業者説明会係
電話:03―3265―3955

3.今後のキャッチオール規制の強化について

◆経済産業省は、大量破壊兵器の拡散を防ぐため、「キャッチオール規制」の
強化を発表しました。
 国内体制の強化については、
(1)懸念貨物リストの見直し/拡充(3月を目途)
(2)外国ユーザーリストの見直し
(3)企業の輸出管理体制整備(コンプライアンスプログラム)の強化
などを行うとしています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004878/
[問い合わせ先]
□経済産業省 安全保障貿易管理課
電話:03−3501−1511(内線3271〜4)

4.「Dream Battle 集まれ!夢への挑戦者達」の開催

◆起ちあがれニッポン DREAM GATE(運営:(財)ベンチャーエンター
プライズセンター)では、2月7日(土)、梅田スカイビルステラホール(大
阪市北区)で、「元気だせ大阪!ドリームゲートがついている!Dream 
Battle 集まれ!夢への挑戦者達」を開催します。
 この企画は、自分の夢を実現する手段としての起業を紹介するとともに、夢
の実現と更なる成長を応援するもので、大阪プロレス(大阪の起業家がつくっ
た大阪のためのプロレス)の試合・トークバトルなどのイベントの他、交流会
も予定されています。イベントに参加できない近畿圏外の方々には、100名
限定のリアルタイムWeb中継も用意されています。参加申込方法等詳しくは
以下をご覧下さい。
http://www.dreamgate.gr.jp/seminar/dreambattle/
[問い合わせ先]
□DREAM GATE 大阪センター
電話:06―4707―1664

5.起業家経営塾「ビジネスプランプレゼンテーションセミナー」の開催

◆通信・放送機構(TAO)では、情報通信分野におけるベンチャー企業経営
者及び今後創業を目指す方を対象に「起業家経営塾」を開催しているところで
すが、2月6日(金)、中央青山監査法人(東京都千代田区)で、資金調達、
人材獲得、事業提携等のためにビジネスプランをプレゼンテーションする場合
の資料の作り方、プレゼンテーションの仕方に関する基本的な考え方、留意点
などを解説するセミナー形式の起業家経営塾を開催します。参加は無料ですが
事前の申込が必要。参加申込期限は2月4日(水)(定員50名程度)。詳し
くは以下をご覧下さい。
http://www.venture.tao.go.jp/topics/info040206.html
[問い合わせ先]
□通信・放送機構(TAO) 情報通信ベンチャー支援センター事務局
電話:03−3769−6815
E−mail:event2@venture.tao.go.jp

6.「テレワーク入門講座(試作版)」のご案内

◆(社)日本テレワーク協会では、「テレワーク入門講座(試作版)」の試験
運用を行っています。
 これは、これから自宅等でテレワークにより仕事を始めたいと考えている初
心者を対象とした、基本的な知識や営業スキル等を習得するインターネット上
の講座です。独立開業を目指す方に有効な内容で、受講料は無料。詳しくは以
下をご覧下さい。
http://www.e-telework.net/
[問い合わせ先]
□(社)日本テレワーク協会
電話:03−3221−7260

7.第2回シンポジウム「ハイテク・スタートアップス」の開催

◆独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)ベンチャー開発戦略研究センター
では、産総研をはじめたとした大学・公的機関の研究成果である技術シーズか
ら新たな産業や市場を切り開くベンチャー企業「ハイテク・スタートアップス」
を創出する戦略を研究しているところですが、この度、同センターの取組みを
紹介すると共に、ハイテク・スタートアップスについて議論を深めることを目
的としたシンポジウムを、2月2日(月)、丸ビルホール(東京都千代田区)
で開催します。参加は無料です。詳しくは以下をご覧下さい。
http://unit.aist.go.jp/vrc/sympo/sympoindex.html
[問い合わせ先]
□産業技術総合研究所 ベンチャー開発戦略研究センター
電話:03−5288−6897

8.「MTA2004・東南アジア総合工作機械展」の出品募集

◆独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)では、5月上旬にマレーシア・
クアラルンプールで開催される「MTA2004・東南アジア総合工作機械展」
に日本ブースを出展します。
 MTAは質の高い出品者、来場者が活用している非常に評判の高い総合工作
機械見本市で、現在、この日本ブースに出品を希望する企業等を募集していま
す。募集期限は2月13日(金)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www3.jetro.go.jp/j-messe/bosyu/mta2004/index.html
[問い合わせ先]
□日本貿易振興機構 海外見本市課
電話:03−3582−5183

9.「中国進出実践セミナー」の開催

◆(財)海外職業訓練協会では、「中国進出実践セミナー」を名古屋市と大阪
市で開催します。
 名古屋市は2月17日(火)・18日(水)、グリーンビル(名古屋市中区)
で、大阪市は2月18日(水)・19日(木)、明治生命堺筋本町ビル(大阪
市中央区)で開催します。中国ビジネスを熟知する実務家が、中国進出の検討
段階から進出後の現地企業の組織の立ち上げ・経営実務まで、実践的ノウハウ
と最新の情報を解説します。定員は各会場先着50名。詳しくは以下をご覧下
さい。
http://www.ovta.or.jp/announce/040113pdx.html
[問い合わせ先]
□(財)海外職業訓練協会 事業部 事業課
電話:043―276―7242

10.平成16年度「産業公害防止技術開発事業」等の新規テーマ募集開始

◆(財)国際環境技術移転研究センター(ICETT)では、「産業公害防止」
や「地球温暖化防止」に貢献する新規性のある技術開発への補助事業を実施し
ています。この事業は、民間企業が取り組む技術開発であって、実用化への道
筋が明確なものを対象として、技術開発費の1/2を補助するもので、経済産
業省が平成15年度から創設した事業です。
 この度、本事業の平成16年度の新規テーマの募集を開始しました。募集期
限は3月5日(金)。募集開始にあたり公募説明会を、2月3日(火)、ホテ
ルキャッスルプラザ(名古屋市中村区)、2月6日(金)、東海大学校友会館
(東京都千代田区霞ヶ関ビル)で開催します。参加には事前の申込が必要(各
会場とも先着50名)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.icett.or.jp/contentsj.nsf/Main?OpenFrameset
[問い合わせ先]
□(財)国際環境技術移転研究センター 企画調査部
電話:0593−29−3500
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

●「企業未来!」(中小企業庁/中小企業総合事業団)

◆番組概要:スピーディーかつ的確な情報提供という顧客満足度の向上を実現
するため、「ITコーディネータ」を活用した経営革新に取り組む「昭和電機
(株)」(大阪府大東市)を訪ね、同社の経営戦略を通じてビジネスのヒント
を探る。
◆ビジネスHOT情報:「中小企業創造活動促進法」のご案内
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html

 ☆1月31日(土)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
 ☆2月1日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・TVQ九州放送(19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
 ☆2月2日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞夜18:00〜18:30
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆セレクト地域通信☆☆

■東北■
○「創業意識喚起セミナー」(主要6都市を結ぶテレビ会議方式のセミナー)
(2月19日(木)、青森会場・盛岡会場・仙台会場・秋田会場・山形会場・
郡山会場の6会場。参加は無料ですが事前の申込が必要)(東北経済産業局)
http://www.tohoku.meti.go.jp/shinki/sogyo_kanki/index.htm

■関東■
○「TSUNAMIベンチャーフェア2004」(2月4日(水)〜6日(金)、
パシフィコ横浜展示ホール(神奈川県横浜市)。入場無料)((財)神奈川中小
企業センター他)
http://www.ksc.or.jp/seminar/otherseminardetail.php?id=226

○「京都元気ベンチャー企業ビジネスマッチングin東京」(2月13日(金)、
都市センターホテル5階「スバルの間、オリオンの間」(東京都千代田区)。
参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限は2月6日(金))(京都
市/(財)京都高度技術研究所/(株)京都産業振興センター)
http://www.miyakomesse.jp/bm/

○「トウホクビジネスマッチングin東証アローズ」(2月18日(水)、東
証アローズ(東京都中央区)。参加には事前の申込が必要。参加申込期限は2
月10日(火))(東北経済産業局)
http://www.tohoku.meti.go.jp/shinki/bm2004/index.html

○「東商ITウィーク2004」(2月25日(水)事例発表会「中小企業の
IT化計画実例集」、26日(木)セミナー1「実践!Eメールマーケティン
グ」、27日(金)セミナー2「Webユーザビリティ向上」、3月1日(月)
セミナー3「個人情報保護法とマーケティング」)(東京商工会議所)
http://www.tokyo-cci.or.jp/its/it2004/

■近畿■
○「阪神SOHO交流会」(2月14日(土)、エーリック1階多目的ホール
(兵庫県尼崎市)。参加は無料ですが事前の申込が必要)((財)ひょうご中小
企業活性化センター他)
http://www.npos.ne.jp/soho/2004-02-14soho.html

○「神戸市産業振興センターインキュベーション施設の入居者募集」(募集説
明会:2月16日(月)、神戸市産業振興センター8階801会議室で開催(参
加申込は不要)。入居者募集期限は2月27日(金))((財)神戸市産業振興
財団)
http://www.kobe-ipc.or.jp/inkyu/inkyuboshu0401.htm

○「中堅・中小企業のための土壌汚染コンサルティング事業スタート!」(大
阪商工会議所)
http://www.osaka.cci.or.jp/kankyo/soil/consul/index.html

○「ヒット商品開発実践セミナー〜ユニバーサルデザインからのアプローチ〜」
(3月11日(木)、大阪商工会議所402号会議室(大阪市中央区)。参加
には事前の申込が必要(先着100名))(大阪商工会議所)
http://www.osaka.cci.or.jp/b/syouhin_kaihatsu/

■四国■
○「ビジネスマッチング交流会in四国」(2月23日(月)、えひめ共済会
館(愛媛県松山市)。参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限は2
月16日(月))(四国経済産業局)
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/b7_sangyou/3_event/info160122.htm

■九州■
○「地域情報化セミナー」(2月12日(木)、福岡県中小企業振興センター
(福岡県福岡市)。参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限は2月
9日(月)(先着100名))(九州経済産業局/九州総合通信局)
http://www.kyushu.meti.go.jp/web/16_1_23_jyosei/16_1_23.htm
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート等☆☆

○平成15年度中小企業実態調査「主要ベンチャーキャピタルの投資重点分
野と支援の実際(中間報告)」(中小企業総合事業団)
http://www.jasmec.go.jp/ck/cyousa/venture/index15.html


○平成15年度中小企業実態調査「ニュービジネス創業の動向と支援課題(中
間報告)」(中小企業総合事業団)
http://www.jasmec.go.jp/ck/cyousa/newbusiness/index.html

○中小企業の動向(2004年冬号:1月23日発表)(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/pdf/cb04other01.pdf

○全国小企業月次動向調査(1月期:1月21日発表)(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/pfcj/pdf/getuji1601.pdf

○全国小企業動向調査(平成15年10−12月期実績、平成16年1−3月
期見通し:1月21日発表)(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/pfcj/pdf/zendokj15_10_12.pdf

○小規模企業景気動向調査(平成15年12月期:1月20日発表)(全国商
工会連合会)
「足踏み状態ながらも製造業の牽引力に期待」
http://compass.shokokai.or.jp/joho/chosa/keiki/keikidoukou.htm
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
◎◎施策パンフレット紹介コーナー◎◎

☆☆「新事業創出促進法(最低資本金規制の特例)」☆☆
http://www.meti.go.jp/policy/mincap/downloadfiles/pamphlet.pdf

☆☆「IT投資促進税制」☆☆
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/investment/it_inv.2.htm
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆J−Net21「新着情報」コーナー☆☆
http://j-net21.smrj.go.jp/mailmag/mailmag.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html

○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:1月28日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

○ITイベントカレンダー(各地のセミナー、フェアはここでチェック!)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/event_cal.html

○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html

○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html

○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず利用者ご自身
が問い合わせ窓口等に直接詳細を確認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」は、「e−中小企業庁&ネットワーク推進
協議会」の公式メールマガジンです。購読料、登録料は無料。登録は下記の方
法により簡単に出来ますので、未登録の方は是非この機会に登録をお願いしま
す。

●以下のアドレスをクリックしてメール返信画面を立ち上げていただき、その
まま何も記入せずに返信いただければ、自動的にあなたのアドレスが登録され
ます。
mailto:e-join@jasmec.go.jp

●上記方法でうまくいかない場合は、お手数ですが以下のインターネットアド
レスにアクセスしていただき、ご自分の電子メールアドレスをご登録下さい。
登録した電子メールアドレスの変更・解除もこちらからお願いします。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
mailto:chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る