______■■
_____■__■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
_____■
______■■__編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
________________中小企業庁/中小企業総合事業団
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0107/2003.11.19∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆☆高精密レンズで光時代をリード!「企業未来!」☆☆
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      “夢を叶えるクルマづくり”で活路を拓く!中小メーカーの挑戦

◆「社会に求められる企業でなければ存在価値はない。それを経営理念に、
オリジナル性と環境対策指向の“クルマ”ニーズに応え、新市場を創造する」
と自社の企業像を描くのは、自動車業界に参入し、自社ブランドの車を持つ
「(株)ゼロスポーツ」(岐阜県各務原市、従業員40人)のリーダー、中島
社長。
◆同社の創業は1989年。OA機器メーカーの販売員だった中島社長が独
立し、自動車の小売からスタート。その後、自分の好みで改造したカスタマ
イズ車が欧米で売れているのを見て、日本にもアフターパーツの市場がある
と目論み、94年に実績のない自動車部品業界に参入。まさにゼロからスタ
ートであった。
◆当時は、カスタマイズ車の部品と言うと、暴走族に直結するマイナスイメ
ージが強かったため、走行性能を向上する部品であることをディーラーや警
察などに説明する一方で、自社ブランドの高機能パーツの開発にも心血を注
いだ。その製品が徐々にユーザーを広げ、現在では一部車種の純正部品にも
採用され、約350品目の部品がディーラーやカーショップなどを通じて販
売されるなど、同社の柱事業へと育っている。
◆これに加えて脚光を浴びているのが、同社の電気自動車(EV)事業。
「環境対策のノウハウが乏しいのは大手自動車メーカーも同じ」と独自技術
の開発を重ね、2000年には、日本最速の時速276.6kmを記録した
EVを披露し、完成車メーカーとしての存在感を示した。今秋からは全長2.
5m弱、重量わずか370kgのスポーツタイプの1人乗りEVを販売し始
めた。家庭用のコンセントで8時間充電して70kmの走行が可能な点も話
題を呼んでいる。今後はこのEV事業に社運をかける意気込みだ。
◆大手に対抗する同社の経営戦略は、「枠を越えた発想と技術によるクルマづ
くり」が基本だが、企画・開発・販売は自社で行い、製造は外部に委託する
多品種少量生産の身軽さが強み。大手メーカーでは採算が合わない小ロット
の製品を武器に、大手の関連工場と協力関係を結ぶことで高い技術力を活用
するという方法も有効な戦略となっている。
◆自動車産業といえば巨大企業の市場と見られているが、時代を読み、ニー
ズを捉えれば、そこに中小企業の活路が拓かれ、また、求められる企業にも
なることを、同社は実証してみせている。(編集子)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆
1.会社設立ポータルサイト「創業ナビ」の実証実験の開始
2.創業・ベンチャー国民フォーラムシンポジウム「夢をカタチに!ビジネス
  に!夢・鑑定団(in神戸)」の開催
3.「パワーオブITベンチャー’03」の開催
4.「SBIR推進セミナー」(名古屋・東京)の開催
5.「研究開発型中小企業に対する特許料等軽減措置」の拡充
6.公開講座「起業・創業で仕事の夢を描く」の開催
7.「アメリカン・フィルム・マーケット」ジャパンブースの出品募集
8.「上海逆見本市」の出品募集
9.「流通情報システム化全国セミナー」の開催
10.「国際ロボット見本市2004」の出展者募集(既報)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.会社設立ポータルサイト「創業ナビ」の実証実験の開始

◆経済産業省では、電子政府の推進に向け、会社設立に関する手続きの申し込
みが1ヶ所で出来るインターネット上のホームページの開発を進めてきました
が、その開発成果を、11月17日から、会社設立ポータルサイト「創業ナビ」
として運用を開始することとなりました。本サイトでは、会社設立の手続案内、
申請書の作成支援及び申請書様式のダウンロードまでを行うことが出来ます。
また、利用者に対し、創業支援施策紹介、専門用語解説及び掲示板などの情報
提供も行っており、ベンチャー企業の創業や戦略的な子会社の創設を行うため
の企業時の負担軽減に大きく貢献することが期待されます。詳しくは以下をご
覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/sogyo/151117kaisya_sogyo_navi.htm
[問い合わせ先]
□経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室
電話:03−3501−2964

2.創業・ベンチャー国民フォーラムシンポジウム「夢をカタチに!ビジネス
  に!夢・鑑定団(in神戸)」の開催

◆創業・ベンチャー国民フォーラム(中小企業庁、(財)社会経済生産性本部)
では、創業やベンチャー企業を生み出す風土づくりを進めるための普及啓発イ
ベント「夢・鑑定団」を各地で開催しています。この度、神戸市で開催される
イベントの詳細が決まりましたのでお知らせ致します。会場では、新進気鋭の
起業家たちの「夢」を、先輩起業家や著名コンサルタント等が「鑑定」するトー
クライブが繰り広げられます。参加は無料ですが事前の申込が必要。詳しくは
以下をご覧下さい。
○「in神戸」(12月17日(水)、神戸新聞松方ホール(神戸市))
http://www.js-venture.ne.jp/conference/mcnf_20.html
[問い合わせ先]
□神戸新聞社広告局企画開発部「創業・ベンチャー国民フォーラム」係
電話:078−362−7077

3.「パワーオブITベンチャー’03」の開催

◆中小企業総合事業団、(財)全国中小企業情報化促進センター、(財)大阪
産業振興機構では、12月9日(火)、10日(水)、マイドームおおさか(大
阪市中央区)で「パワーオブITベンチャー’03」を開催します。IT関
連中小企業等142社の出展やビジネスマッチングの場の提供、専門家によ
る相談コーナーの設置などの「フェスタ」のほか、特別講演、交流会、パネ
ルディスカッションなどが多彩に繰り広げられます。参加は無料ですが一部
イベントで事前の申込みが必要。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.power-it.jp
[問い合わせ先]
パワーオブITベンチャー’03事務局
電話:03―5653−3022

4.「SBIR推進セミナー」(名古屋・東京)の開催

◆名古屋商工会議所では、12月4日(木)、名古屋商工会議所会議室(愛知
県名古屋市中区)で「SBIR推進セミナー」を開催します。また、日本商工
会議所では、12月12日(金)、東京商工会議所ビル(東京都千代田区)で
同セミナーを開催します。このセミナーは、SBIR(中小企業技術革新制度)
の普及・推進を目的に開催するもので、当日は、中小企業庁のSBIR担当者
による制度説明の他、中小企業の技術開発と事業化に資する資金調達等につい
て、関係者による説明が行われます。参加は無料ですが事前の申込が必要(名
古屋は先着120名、東京は先着200名)。詳しくは以下をご覧下さい。
○名古屋会場
http://www.nagoya-cci.or.jp/shin/031114.html
[問い合わせ先]
□名古屋商工会議所 中小企業振興部
電話:052−223−5749
○東京会場
http://www.cin.or.jp/sbir/2003/sbir2003.htm
[問い合わせ先]
□日本商工会議所内 SBIR推進協議会事務局
電話:03−3283−7826

5.「研究開発型中小企業に対する特許料等軽減措置」の拡充

◆本制度は、積極的に研究開発を行う中小企業について、その研究成果の特
許化に係る審査請求料及び第1〜3年分の特許料を1/2に軽減するもので
す。従来の対象企業要件は「前事業年度の売上高に対する試験研究費等の割
合が3%超」でしたが、平成16年4月から、これに加えて以下のいずれか
に関連した研究成果の特許化をする中小企業にも対象が拡充されます。
(1)中小創造法の認定事業
(2)SBIRに係る特定補助金等交付事業
(3)中小経営革新法の承認計画に係る研究開発事業
詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/ryoukin/genmen_kakudai.htm
[問い合わせ先]
□経済産業省 産業技術政策課(制度全般)
電話:03−3501−1511(内線3351〜6)
□特許庁 総務課(手続関係)
電話:03−3581−1101(内線2105)

6.公開講座「起業・創業で仕事の夢を描く」の開催

◆創業サポートセンター(起業・新分野展開支援センター)では、12月13
日(土)、創業サポートセンター(東京都港区芝)で、ボーイング社認定の技
術力を誇る大阪の中小企業「(株)アオキ」の青木豊彦社長を講師に向かえ、
「起業・創業で仕事の夢を描く」−人工衛星にかける夢−をテーマにした無料
講座を開催いたします。受講は無料ですが事前の申込が必要。詳しくは以下を
ご覧下さい。
http://e-support.ehdo.go.jp/5service/public-course01_tokyo.shtml
[問い合わせ先]
□創業サポートセンター(起業・新分野展開支援センター)
電話:03−5439−5551

7.「アメリカン・フィルム・マーケット」ジャパンブースの出品募集

◆日本貿易振興機構(ジェトロ)では、米国内で日本の映画やアニメへの関心
が高まりつつある中、海外展開に向けて真剣に取り組んでいる中小の映画製作
会社を支援するため、米国・サンタモニカ市にて開催される商談中心の映画見
本市として名高い「アメリカン・フィルム・マーケット(AFM2004)」
にジャパン・ブースを構成します。現在、このブースへの参加企業を募集して
います。参加申込期限は12月10日(水)。また今回は、米国流のビジネス
に必要なノウハウに関するセミナーを事前に開催し、効果的な出展が可能とな
るようサポートをします。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www3.jetro.go.jp/j-messe/bosyu/afm/index.html
[問い合わせ先]
□日本貿易振興機構(ジェトロ) 展示事業部 海外見本市課
電話:03−3582−5183

8.「上海逆見本市」の出品募集

◆日本貿易振興機構(ジェトロ)では、平成16年2月11日(水)・12日
(木)の2日間にわたり、中国(上海)で、部品や原材料の調達を目的とした
「第7回上海国際部品・材料調達展示商談会」を開催します。この展示会は、
出展企業が自社の製品・部品を展示することにより部品調達先を探す、いわゆ
る逆見本市です。現在出品企業を募集しています。募集期限は12月5日(金)。
詳しくは以下をご覧下さい。
http://www3.jetro.go.jp/j-messe/bosyu/shanghai/index.html
[問い合わせ先]
□日本貿易振興機構(ジェトロ) 展示事業部 海外見本市課
電話:03−3582−5576

9.「流通情報システム化全国セミナー」の開催

◆(財)流通システム開発センターでは、運用コストの削減やリテールサポー
トでの利用など、業務に役立つ商品情報の活用事例や、誰でも簡単に使える商
品売れ筋情報(POS情報)の活用方法をはじめ、最新の流通情報システム化
や標準化の動向などを分かり易く紹介するセミナーを全国各地で開催していま
す。
11月27日(木)は、名古屋市(内容:POSデータの活用事例等)
12月4日(木)は、福岡市(内容:小売業における商品情報活用事例等)
で開催する予定です。どなたでも参加出来ます。参加は無料ですが事前の申込
が必要。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.dsri-dcc.jp/company/jicfsifdb/jicfsifdb6.htm
[問い合わせ先]
□(財)流通システム開発センター/流通コードセンター
電話:03−5414−8505

10.「国際ロボット見本市2004」の出展者募集(既報)

◆経済産業省中小企業庁、九州経済産業局、中小企業総合事業団、中小企業・
ベンチャー総合支援センター九州では、来年2月26日(木)から28日(土)
まで、西日本総合展示場新館(福岡県北九州市)で行われる「国際ロボットフェ
ア2004」の一環として開催される「国際ロボット見本市2004」の出展
者の募集をしています。この見本市は、ロボット関連産業に関する事業を展開
しているか、参入を予定している中小・ベンチャー企業に対するビジネスマッ
チングをサポートすることを目的としています。出展申込期限は11月28日
(金)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/event/031104robot.htm
[問い合わせ先]
□「国際ロボットフェア2004」事務局
電話:092―732―3960
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

○「企業未来!」(中小企業庁/中小企業総合事業団)

◆今週の企業:高精密レンズで光時代をリードする研究開発型中小企業「(株)
マーク」(山形県長井市)を訪ね、同社の経営戦略を通じてビジネスのヒント
を探る。
◆ビジネスHOT情報:「第17回ニッポン全国むらおこし展の開催」
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html

 ☆11月22日(土)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
 ☆11月23日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・TVQ九州放送(19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
 ☆11月24日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞夜18:00〜18:30

◆動画配信:9月以降放送されたこの番組を順次配信中(映像をご覧いただく
ためには、あらかじめ「Real One Player」のインストールが必要)。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kigyo_movie/

■■内閣府・政府広報■■

●雑誌広告●
(名称)日経ビジネス
(発行)11月14日号
(内容)総合対応策(中小企業支援策)
http://www.gov-online.go.jp/publicity/magazine/np03/np03_081.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆セレクト地域通信☆☆

■北海道■
○「知的財産権セミナーin北見」(12月1日(月)、北見工業技術センター
(北見市)。参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限は11月25
日(火)(先着30名))(北海道経済産業局/北海道/北見市/(社)発明協
会北海道支部)
http://www.hkd.meti.go.jp/hokip/tizai_seminar_ki/index.htm

○国際化能力開発支援セミナー「中国ビジネス成功の秘訣」(12月3日(水)、
札幌グランドホテル東館3階「銀扇の間」(札幌市中央区)。参加は無料です
が事前の申込が必要。参加申込期限は11月28日(金)(先着70名))(雇
用・能力開発機構/(財)海外職業訓練協会/ジェトロ北海道貿易情報セン
ター)
http://www.ovta.or.jp/announce/031112pix.html

■関東■
○国際人材養成「経営者国際理解セミナー」(12月2日(火)から平成16
年1月22日(火)まで、計5日(10講座)を(財)神奈川中小企業センター
第3会議室(神奈川県横浜市)で開催。参加には事前の申込が必要(先着30
名)((社)神奈川県産業貿易振興協会)
https://www.ktpc.or.jp/seminar/15-12-02-kokusai-jinzai.html

■近畿■
○「第3回大阪版SBIR事業事前説明会」(12月3日(水)、ドーンセン
ター(府立女性総合センター)大会議室1(大阪市中央区)。参加は無料です
が事前の申込が必要)(大阪府商工労働部)
http://www.pref.osaka.jp/shinsan/venture/sbir/index.html

○「聞けば効く!ビジネス成功フォーラム」(平成16年1月19日(月)・
20日(火)、大阪産業創造館(大阪市中央区)。参加には事前の申込が必要)
(大阪産業創造館)
http://www.sansokan.jp/3eve

■中国■
○「中国機械金属セミナー」(12月2日(火)、テクノアークしまね4階大
会議室(島根県松江市)。参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限
は11月25日(火)(先着50名))((財)しまね産業振興財団/中小企業
総合事業団)
https://dbsv01.joho-shimane.or.jp/event/cgi/event.cgi?code=00000026&h=1

○「物流効率化セミナー(in松江・in広島)」、「物流ABCコスト算定マ
ニュアル講習会(松江会場・広島会場)」(物流効率化セミナー(in松江):
11月26日(水)、サンラポーむらくも(島根県松江市)。同セミナー(i
n広島):12月15日(月)、メルパルク広島(広島県広島市)。物流ABC
コスト算定マニュアル講習会(松江会場):11月27日(木)、松江商工会
議所(島根県松江市)。同講習会(広島会場):12月16日(火)、中小企業
大学校広島校(広島県広島市)。参加はいずれも無料。)(中国経済産業局/中
小企業総合事業団)
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/3pr/mokuji.htm

■九州■
○「外国(中国)工業所有権制度に関する講習会」(12月17日(水)、パ
ピヨン24・12号会議室(福岡県福岡市)。参加は無料ですが事前の申込が
必要)(特許庁/(社)発明協会福岡県支部)
http://www.kyushu.meti.go.jp/web/15_11_12_gi_kikaku/15_11_12_gi_kikaku.htm

○「中小企業国際化セミナー」(12月3日(水)、ホテルプラザ宮崎(宮崎
県宮崎市)。参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限は11月28
日(金)(先着50名))((財)宮崎県産業支援財団/中小企業総合事業団)
http://www.i-port.or.jp/events/ee_users_info.asp?event_no=03120005
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート☆☆

○「中小企業の会計の質の向上に向けた具体的取り組みに関する報告書」(中
小企業政策審議会企業制度部会報告)(11月7日発表)(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/shingikai/031107kigyo_houkoku.htm
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
◎◎施策パンフレット紹介コーナー◎◎
☆☆「中小企業の会計35問35答」☆☆
http://www.chusho.meti.go.jp/zeisei/031028kaikei35.htm

☆☆平成15年度版「上手に使おう!中小企業税制44問44答」☆☆
http://www.chusho.meti.go.jp/zeisei/faq44/jouzu_zeisei44.htm

☆☆平成15年度版「中小企業施策利用ガイドブック」☆☆
http://www.chusho.meti.go.jp/g_book/index15fy.html

☆☆平成15年度版「中小企業庁リーフレット」☆☆
http://www.chusho.meti.go.jp/leaflet/index.html
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html

○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:11月19日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

○ITイベントカレンダー(各地のセミナー、フェアはここでチェック!)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/event_cal.html

○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html

○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html

○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆J−Net21「新着情報」コーナー☆☆
http://j-net21.smrj.go.jp/mailmag/mailmag.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず利用者ご自身
が問い合わせ窓口等に直接詳細を確認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」は、「e−中小企業庁&ネットワーク推進
協議会」の公式メールマガジンです。購読料、登録料は無料。登録は下記の方
法により簡単に出来ますので、未登録の方は是非この機会に登録をお願いしま
す。

●以下のアドレスをクリックしてメール返信画面を立ち上げていただき、その
まま何も記入せずに返信いただければ、自動的にあなたのアドレスが登録され
ます。
mailto:e-join@jasmec.go.jp


●上記方法でうまくいかない場合は、お手数ですが以下のインターネットアド
レスにアクセスしていただき、ご自分の電子メールアドレスをご登録下さい。
登録した電子メールアドレスの変更・解除もこちらからお願いします。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
mailto:chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る