______■■
_____■__■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
_____■
______■■__編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
________________中小企業庁/中小企業総合事業団
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0103/2003.10.22∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆購読料無料の「中小企業ネットマガジン」好評!アドレス登録受付中!!☆
http://www.chusho.meti.go.jp/e_maga/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  女性マイスター(匠)社長、技術武装でチャンスを広げる!

◆「他社がやらないことに対応出来なければ生き残れない。苦労すればしただ
け応用が利くようになり、技術力も高めることが出来る」と、迫力ある口調で
語るのは、災難をはねのけて会社を立ち上げ、5年の短期間に自立経営を軌道
に乗せた精密機械部品加工のベンチャー企業「(株)ヤマトメック」(東広島
市、従業員7人)の女性リーダー、山崎恵子社長。
◆災難というのは5年前のこと。「金属加工が根っから好き」という山崎社長
は、“手直しの鬼”と異名をとる女性マイスター(匠)だったが、それまで夫
と一緒に勤めていた会社が、景気低迷による工場閉鎖で失業。ハローワークの
紹介で、何とか部品加工業の旧ヤマトメックに入社したものの、今度はその社
長が倒れて会社は廃業。わずか2ヵ月の間に2度の憂き目にあった山崎社長は、
ここで持ち前のマイスター魂を発揮。残った仲間と共に出資金を集めて会社の
権利を譲り受け、平成10年に新生ヤマトメックを設立、まさに波瀾に富んだ
会社設立であった。
◆企業経営の永続性を痛感した山崎社長は、新生会社を立ち上げて以降、敢え
て他社がやらない難易度の高い部品加工に挑戦し、技術武装に努めた。要求の
厳しい大手企業と渡り合って技術を修練し、限界に挑むミクロンオーダーの超
精密機械部品の加工技術を確立し、遂に大手精密機械メーカーとの取引を獲得。
今では、精密度の高い医療機器や分析機器の部品加工を任される程の技術力を
備えるまでに至っているという。
◆また、同社は公的施設の研究団地内に本社を置いているが、このことが経営
展開にも有利に作用しており、近隣の広島大学との産学連携を積極的に推進す
ると共に、情報のチャンネルも広がり、公的支援制度を活用して研究開発のピッ
チを上げている。中でも広島大学との共同研究の成果は大きく、地元では産学
連携のモデルとして高く評価されている。
◆憂き目にあった教訓から、技術武装の重要性を学んだ山崎社長。マイスター
のチャレンジ精神で、「技術の限界に挑戦するベンチャー企業」を実践し、次
なるステージにジャンプアップしようとしている。*******(編集子)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆
1.商業者のネットワーク「あきんどPLAZA」の開設
2.「小規模企業共済制度」及び「中小企業倒産防止共済制度」の全国加入促
  進強調月間について
3.「中小企業総合展2003(東京会場)」の開催
4.「中小企業IT投資促進フェア2003」の開催
5.「eラーニングモニター」の募集
6.「スピンオフ・ベンチャー推進フォーラム」の開催
7.商工会議所年金フォーラム「中小企業の活力を生む“年金再生”」の開催
8.「模倣品対策相談会」の開催
9.地域振興セミナー「“食”を活かした街づくり」の開催
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.商業者のネットワーク「あきんどPLAZA」の開設

◆中小企業庁及び経済産業局では、この度、中小商業の活性化を図るための様々
な施策を有効活用して頂くため、「あきんどPLAZA」を開設しました。「あ
きんどPLAZA」は、中小小売商業者向けのオープンなネットワークで、商
店主、従業員、商店街振興組合等の事務局職員、自治体や商工会議所・商工会
等の職員で、中小商業振興を担当している方であれば、どなたでも自由に参加
出来ます。参加者に対しては、商業情報や施策情報等、経済産業局等が主催す
るセミナーや各種説明会の開催等に関する情報をメールマガジンでダイレクト
にお届けします。また、双方向型の運営を行うため、景気動向や中小小売商業
が抱える課題等について、インターネット経由で機動的に調査することも可能
としています。本事業は、中小企業庁が全国商店街振興組合連合会に委託して
実施するもので、今年度は、実験的に10月から2月までの間に月2回程度の
メル?マガ配信を予定。また、その間に2回程度簡単なアンケート調査を実施す
る予定です。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/151017akindo_plaza.htm
[問い合わせ先]
□中小企業庁 商業課
電話:03−3501−1511(内線5361〜4)

2.「小規模企業共済制度」及び「中小企業倒産防止共済制度」の全国加入促
  進強調月間について

◆中小企業の方々のセーフティネット対策として次の制度がありますので、是
非ご活用下さい。制度の詳しい内容や加入窓口等については以下をご覧下さい。
○小規模企業共済制度(事業主の方々のための退職金共済制度)
http://www.jasmec.go.jp/info/keiei/index.html
○中小企業倒産防止共済制度(取引先の倒産に伴う連鎖倒産防止のための共済
制度)
http://www.jasmec.go.jp/info/tousan/index.html
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団
電話:03−3433−7171(共済相談室)
電話:03−5470−1541(共済推進部)

3.「中小企業総合展2003(東京会場)」の開催

◆中小企業庁・経済産業局、中小企業テクノフェア2003実行委員会、(財)
中小企業異業種交流財団では、10月29日(水)から31日(金)までの3
日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、「中小企業総合展2003
(東京会場)」を開催します。中小企業総合展とは、従来から開催している「中
小企業ビジネスフェア」、「中小企業テクノフェア」、「中小企業ビジネス・メッ
セ」を、今年度から一体的に開催するものです。入場は無料。是非ご来場下さ
い。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/event/031003sougouten_tokyo.htm
[問い合わせ先]
○総合展全体・「中小企業ビジネスフェア」について
□中小企業庁 経営支援課
電話:03−3501−1511(内線5331〜8)
○「中小企業テクノフェア」について
□中小企業庁 取引課
電話:03−3501−1511(内線5291〜7)
○「中小企業ビジネスメッセ」について
□中小企業庁 創業連携推進課
電話:03−3501−1511(内線5341〜5)

4.「中小企業IT投資促進フェア2003」の開催

◆ITSSP(ITソリューション・スクエア・プロジェクト)事務局では、
10月29日(水)から31日(金)まで東京会場・東京ビッグサイト(東京
都江東区)、11月12日(水)から14日(金)まで九州会場・西日本総合
展示場(福岡県北九州市)、11月19日(水)から20日(木)まで名古屋
会場・名古屋市中小企業振興会館(愛知県名古屋市)、12月9日(火)から
10日(水)まで大阪会場・マイドームおおさか(大阪府大阪市)の計4会場
で、「中小企業IT投資促進フェア2003」を開催します。イベント会場で
は、人材の限られた中小企業にとって大きな課題である財務及び営業の2大分
野を強化するコツ、製造業の分野で浸透しているCADを習熟するコツ、本年
度から本格的に始動している過去最大のIT投資促進税制を活用するコツ等を
その道の専門家が中小企業の経営実態に即して解説します。詳しくは以下をご
覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/event/031017it_toushi_sokushin_fea.htm
[問い合わせ先]
□ITSSP事務局
電話:03−3249−4103
□経済産業省 情報処理振興課
電話:03−3501−1511(内線3971〜6)

5.「eラーニングモニター」の募集

◆(社)日本テレワーク協会/マイクロビジネス協議会では、中小企業向け
eラーニング「eセールスUp」のモニターを募集しています。「eセールス
Up」とは、Web上で効果的なマーケティング戦略やセールス手法、アウ
トソーシング手法を習得することにより、業績アップを図ることを意図した
研修体系で、参加対象は中堅・中小企業と、対事業所サービス業を営むSO
HO/マイクロビジネス等。今回の募集は、平成16年度からの事業本格開
始にあたり、先着200名の無料モニターを募集するもので、参加申込期限
は10月28日(火)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.japan-telework.or.jp/news/news_031009.html
[問い合わせ先]
□(社)日本テレワーク協会
電話:03―3221−7260

6.「スピンオフ・ベンチャー推進フォーラム」の開催

◆経済産業省は、11月20日(木)、経団連ホール(東京都千代田区)で、
「スピンオフ・ベンチャー推進フォーラム」を開催します。このフォーラムは、
我が国産業が今まで成し遂げてきた成長の源泉を見据え、キャッチアップ型で
はない、新しいスピンオフ型のベンチャーを創出し、新たな成長を推進するた
めのものです。また、スピンオフ・ベンチャーは、大企業とWIN−WINの
関係で、親元企業の事業と共に発展させる新日本型モデルであり、日本企業再
生のイノベーションの鍵となる情報を本フォーラムで発信します。参加は無料
ですが事前の申込が必要(定員400名)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.spinoff-v.org/
[問い合わせ先]
□「スピンオフ・ベンチャー推進フォーラム」事務局
電話:03−3239−3711

7.商工会議所年金フォーラム「中小企業の活力を生む“年金再生”」の開催

◆日本商工会議所は、11月25日(火)、東商ホール(東京都千代田区)で、
商工会議所年金フォーラム2003「中小企業の活力を生む“年金再生”」を
開催します。企業年金の資産運用難による積立不足、団塊世代の退職増による
支払い増、退職給与引当金による損金算入の廃止、対応を迫られる適格退職年
金廃止問題、退職金水準の引き下げと不利益変更等、企業の「年金・退職金問
題」を取り巻く環境は厳しさを増しつつあります。払えないでは済まされない
年金・退職金。企業財務の健全化、人材活性化につなげるポイントを企業の実
務担当者、プロフェッショナルが説明します。参加は無料ですが事前の申込が
必要。参加申込期限は11月4日(火)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.cci-nenkin.jp/forum2003
[問い合わせ先]
□商工会議所年金教育センター
電話:03−5283−1285

8.「模倣品対策相談会」の開催

◆(社)発明協会では、国内外の模倣品(侵害・物マネ)対策に苦慮されてい
る方々を支援するため、全国各地で模倣品対策相談会を開催しています。どん
な些細な相談にも応じていますが、相談内容によっては模倣被害アドバイザー
(弁護士・弁理士)が助言します。相談料は無料ですが、相談にあたっては、
事前に発明協会各支部に参加申込をすることが必要。開催日、開催場所等、詳
しくは以下をご覧下さい
http://www.singai.jiii.or.jp/soudan1.html
[問い合わせ先]
□(社)発明協会 アジア太平洋工業所有権センター 外国相談チーム
電話:03−3503−3027

9.地域振興セミナー「“食”を活かした街づくり」の開催

◆日本商工会議所では、11月27日(木)・28日(金)の両日、宮城県仙
台市と山形県山形市で、第12回地域振興セミナー「“食”を活かした街づく
り」を開催します。セミナーでは、食べ物を活かした街づくりや大型空き店舗
を活用した事例などを通じて様々な取り組みについて考えます。現在、参加者
を募集しています。参加申込期限は11月12日(水)(先着30名)。詳し
くは以下をご覧下さい。
http://www.jcci.or.jp/machi/h0311semi.html
[問い合わせ先]
□日本商工会議所 流通・地域振興部
電話:03―3283−7838
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

○「企業未来!」(中小企業庁/中小企業総合事業団)

◆今週の企業:高性能医療機器であるMRI装置やCT装置を大型車両に搭載
し、日本初のレンタルサービスを考案した医療ベンチャー企業「(株)フリー
ル」(東京都新宿区)を訪ね、同社の経営戦略からビジネスのヒントを探る。
◆ビジネスHOT情報:「ベンチャーフェアJAPAN2004」
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html

 ☆10月25日(土)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
 ☆10月26日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・TVQ九州放送(?19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
 ☆10月27日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞夜18:00〜18:30

◆動画配信:9月以降放送された番組を順次配信(映像をご覧いただくために
は、あらかじめ「Real One Player」のインストールが必要)。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kigyo_movie/

■■内閣府・政府広報■■

●定期刊行物●
(名 称)「にっぽんNOW」(タブロイド判)
(発行日)10月20日号(2面)
(発行数)主に首都圏、中部圏、近畿圏で新聞折込方式で約200万部発行
(テーマ)「マル経融資制度」
http://www.gov-online.go.jp/publicity/book/nipponnow/index.html

●テレビ放送●
(番組名)政策対談「明日への架け橋」
(日 時)10月25日(土)◇21:30〜22:00
(放送局)CS朝日ニュースター
(テーマ)「中小企業金融対策」
(対談者)松井英生中小企業庁次長、村本孜成城大学経済学部教授
http://www.gov-online.go.jp/publicity/tv/asu.html

■■羽田空港「フューチャービジョン」■■

●「大型プラズマハイビジョン」による無音声映像放送●
(放送内容)テレビ番組「企業未来!チャレンジ21」スポットCM
(放送期間)9月30日(火)〜10月31日(金)
(放送場所)羽田空港搭乗待合ロビー
http://www.futurevision.jp/future/future.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆セレクト地域通信☆☆

■関東■
○「テクノTOKYOフェア2003/環境技術セミナー」(テクノTOKY
Oフェアは10月28日(火)〜30日(木)、都政ギャラリー(東京都議会
議事堂1F)。環境技術セミナーは10月28日(火)、東京都庁第二庁舎1
F大ホール)。いずれも参加無料)(東京都立産業技術研究所)
http://www.tokyo-cci.or.jp/koho/seisakujyouhou/031015.html

○特別講演会「中小企業に対する各種助成事業について」(11月10日(月)、
品川区立中小企業センター大講習室(東京都品川区)。参加は無料ですが事前
の申込が必要。参加申込期限は10月31日(金))(東京商工会議所/(財)
国民工業振興会)
http://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/031110joseikin-kouenkai.html

○経営革新講座「サービス業の経営革新戦略講座(入門編)」(11月10日
(月)、東京商工会議所ビル内会議室(東京都千代田区)。参加は無料ですが
事前の申込が必要)(東京商工会議所)
http://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/service/

○「かながわビジネスオーディション2003」(11月11日(火)、神奈
川中小企業センター(神奈川県横浜市)。参加申込期限は11月6日(木))
((財)神奈川中小企業センター)
http://www.ksc.or.jp/news/naiyou.php?id=275

○セミナー「経営者がM&Aを決断するとき」(11月12日(水)、東京商
工会議所特別会議室A(東京都千代田区)。参加には事前の申込が必要(先着
80名))(東京商工会議所)
http://www.tokyo-cci.or.jp/support_m/consult/semina11.12.html

○「組合創業フォーラム」(11月13日(木)、東京都中小企業会館9階講
堂(東京都中央区銀座)。参加は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限
は11月7日(金))(東京都中小企業団体中央会)
http://www.tokyochuokai.or.jp/topics/2003_10/kumiai_sogyo_f.html

■近畿■
○「光ナノ・マイクロデバイス研究開発シンポジウム」(10月29日(水)、
マイドームおおさか(大阪市中央区)。参加は無料ですが事前の申込が必要)
(大阪府/(財)大阪産業振興機構)
http://www.mydome.jp/seminar/sympo/sympo.html

○「国際バイオ・ビジネス・セミナー」(11月10日(月)、大阪商工会議
所401号会議室(大阪市中央区)。セミナーへの参加は無料ですが事前の申
込が必要)(大阪商工会議所他)
http://www.osaka.cci.or.jp/b/bio/index.html

○「知ってますか京のものづくり企業」(11月12日(水)、大阪全日空ホ
テル平安の間(大阪市北区)。参加は無料ですが事前の申込が必要)(京都府
中小企業総合センター他)
http://www.mtc.pref.kyoto.jp/news/2003/somu151010.htm

○「物流ABC講習会」(神戸会場:11月25日(火)、(財)神戸市産業振
興財団第1研修室(兵庫県神戸市)。京都会場:平成16年1月14(水)、(株)
京都ソフトアプリケーション第1研修室(京都府京都市)。大阪会場:平成1
6年1月15日(木)、ITソリューションセンター大阪7Fセミナールーム
(大阪府大阪市)。受講は無料ですが事前の申込が必要。参加申込期限は11
月14日(金))(近畿経済産業局/中小企業総合事業団)
http://www.kansai.meti.go.jp/3-8ryusa/abc.pdf

■中国■
○「中小繊維製造事業者の自立支援のための研修会」(12月11日(木)、
倉敷ファッションセンターイベントホール(岡山県倉敷市)。参加申込期限は
12月3日(水))(中国経済産業局)
http://www.chugoku.meti.go.jp/chushou-seni/seni-goannai.htm

■四国■
○「中小企業者のための施策活用必携2003年度版」の発刊(四国経済産業
局)
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/b5_chuushou/1_sesaku/info151014.htm

○「経営戦略のための情報化活用セミナー」(11月10日(月)、メルパル
クMATSUYAMA(愛媛県松山市)。参加は無料ですが事前の申込が必要。
参加申込期限は11月5日(水))(経済産業省/情報処理振興事業協会/(財)
えひめ産業振興財団)
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/b1_seisaku/jouhou/3_event/info151015.htm

○「中小繊維製造事業者の自立支援のための研修会」(11月27日(木)、
テクスポート今治(愛媛県今治市)。参加申込期限は11月20日(木))(四
国経済産業局)
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/b4_seizou/3_event/info151015/info151015.htm

■九州■
○国際化能力開発支援セミナー「中国ビジネス成功の秘訣」(11月5日(水)、
鹿児島県市町村自治会館402号室(鹿児島県鹿児島市)。参加は無料ですが
事前の申込が必要。参加申込期限は10月31日(金)(先着60名))(雇用
能力開発機構/(財)海外職業訓練協会/ジェトロ鹿児島他)
http://www.ovta.or.jp/announce/031006pdx.html

○「安全保障貿易管理の説明会」(11月10日(月)、アジア太平洋インポー
トマート「共同プレゼンセンター」(福岡県北九州市)。参加は無料ですが事
前の申込が必要。参加申込期限は11月5日(水))(九州経済産業局/(社)
北九州貿易協会)
http://www.kyushu.meti.go.jp/web/15_10_15.htm

○「国際ビジネス・インキュベーション・シンポジウム」(11月13日(木)、
北九州国際会議場メインホール(福岡県北九州市)。参加は無料ですが事前の
申込が必要)(九州経済産業局他)
http://www.kyushu.meti.go.jp/web/15_10_9.htm
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート☆☆

○金型の取引実態に関するアンケート調査(第2回)(10月21日発表)(経
済産業省)
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004624/

○中小企業月次景況調査(9月期:10月20日発表)(全国中小企業団体中
央会)
「DI値の水準は、若干持ち直しているものの、14年10月以降一進一退の
圏内で推移している。長引くデフレ不況、景気の先行き不透明感、急激な円高
の影響等と相まって、中小企業には景気回復の兆しは、全く実感されない状態」
http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei03-09.htm

○地域中小企業金融ヒアリング調査(10月8日発表)(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/031008kinyu_chousa.htm

○第93回中小企業景況調査(7−9月期:10月8日発表)(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/chousa/index.htm#keikyo

○中小企業の地域別景況(9月期:10月8日発表)(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho51h01.html#chiiki

○「情報技術と経営戦略会議」報告書(10月7日発表)(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004578/
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
◎◎ワンポイント施策紹介コーナー◎◎
☆物的担保に依存しない新たな資金調達。「売掛債権担保融資保証制度」の概要
http://www.chusho.meti.go.jp/g_book/guidebook017.html
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html

○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:10月22日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

○ITイベントカレンダー(各地のセミナー、フェアはここでチェック!)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/event_cal.html

○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html

○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html

○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず利用者ご自身
が問い合わせ窓口等に直接詳細を確認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」は、「e−中小企業庁&ネットワーク推進
協議会」の公式メールマガジンです。購読料、登録料は無料。登録は下記の方
法により簡単に出来ますので、未登録の方は是非この機会に登録をお願いしま
す。

●以下のアドレスをクリックしてメール返信画面を立ち上げていただき、その
まま何も記入せずに返信いただければ、自動的にあなたのアドレスが登録され
ます。
mailto:e-join@jasmec.go.jp

●上記方法でうまくいかない場合は、お手数ですが以下のインターネットアド
レスにアクセスしていただき、ご自分の電子メールアドレスをご登録下さい。
登録した電子メールアドレスの変更・解除もこちらからお願いします。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
mailto:chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る