______■■
_____■__■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
_____■
______■■__編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
________________中小企業庁/中小企業総合事業団
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0101/2003.10. 8∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆☆購読料無料の「中小企業ネットマガジン」、購読登録受付中!!☆☆
http://www.chusho.meti.go.jp/e_maga/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

        主婦社長が切り拓く!未開の“マンナビ”市場

◆「車の行先を案内する地図情報システムはカーナビ。我が社は人を目的地ま
で誘導する情報サービスが本業なので、マンナビ(マンナビゲーション)の会
社と称している」と、新造語で自社事業をアピールするのは、(株)ナビット
(東京都世田谷区、従業員18人)の女性リーダー、福井泰代社長。
◆首都圏を走る地下鉄などのホームの柱を見ると、どの車両に乗れば乗り換え
口に一番近いかが一目で分かる便利な案内ポスターが貼ってある。「乗り換え
便利マップ」という案内図である。これを制作しているのが同社であり、考案
したのは福井社長本人である。
◆福井社長が、結婚を機に専業主婦となった頃は、子育てをしながら発明に凝
り、おしゃぶり防止手袋など、育児商品を幾つも考案するアイデアママであっ
た。1996年の夏の暑い日。子供を乗せたベビーカーを押していた福井社長
は、JRのある駅で、エレベーターを探してホームの端から端まで歩き回り、
迷ってしまったという。生まれたばかりの子供がぐったりしている姿を見て、
その不便さを痛感。この時に駅構内の案内図を思い立ち、それから5ヶ月間、
およそ250もの地下鉄駅を自ら調べ歩き、遂に「乗り換え便利マップ」を完
成、これが大ヒット商品となり1997年に起業した。
◆会社設立後も“地図に載らない情報”を収集し、交通と地域に特化したマン
ナビの情報提供に徹している。交通機関に関わる多様なデータベースを主体に、
バリアフリーマップや地下街マップ、観光案内などの便利な情報、更に交通規
制の実態調査や地域ごとの空き地・路線価、現金自動受払機(ATM)設置場
所の調査なども請け負う。これらの取引先は鉄道、出版、地図ソフト、携帯電
話コンテンツ制作会社など、およそ100社にものぼると言う。
◆同社の強みは「足で稼ぐ機動力」。独自調査網による定期的なデータ収集が
基本で、地域特派員と称する外部協力者約2万5千人のネットワークを構築し、
全国市町村区分の細かなニーズにも対応できる体制を整えた。
◆主婦のアイデアからスタートした同社だが、交通コンテンツをキーワードに
未開拓のマンナビ市場を着々と開拓しつつある。まるで1本の木が森を目指し
て生長していくように!*******************(編集子)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆
1.「企業OB人材活用推進事業」の開始
2.「2003年版中小企業白書」の全文をホームページに掲載
3.平成15年度「新事業開拓助成金交付事業」の募集開始
4.「平成15年度繊維中小企業構造改革支援事業」の公募
5.「情報化導入支援研修会」の開催
6.第7回起業家経営塾「ベンチャーキャピタリストから見たベンチャー成功
  の秘訣」の開催
7.「中国ビジネス実務セミナー」の開催
8.「輸入流通シンポジウム2003」の開催
9.「本庄新事業創出型事業施設」入居者募集
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.「企業OB人材活用推進事業」の開始

◆中小企業庁は、日本商工会議所、各地商工会議所、中小企業総合事業団等と
連携して、優れた経営ノウハウ、技術開発能力等の活用を求める中小企業とそ
れらの技能等を有する“企業OB人材”のマッチングを支援し、我が国産業の
太宗を占める中小企業の活性化を図るため、「企業OB人材活用推進事業」を
開始します。10月28日(火)には、OB人材のポテンシャルやその企業経
営への活用をテーマに、基調講演、パネルディスカッションの他、各地域のO
B人材情報のデータベースなど、事業紹介を目的とした「企業OB人材活用
フォーラム」を、東京商工会議所東商ホール(東京都千代田区)で開催します。
参加は無料ですが事前の登録が必要。詳しくは以下をご覧下さい。

[問い合わせ先]
□中小企業庁 経営支援課
電話:03−3501−1511(内線5331〜8)

2.「2003年版中小企業白書」の全文をホームページに掲載

◆中小企業庁では、この度、「2003年版中小企業白書」の全文を中小企業
庁ホームページに掲載しました。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/hakusyo/index.html
[問い合わせ先]
□中小企業庁 調査室
電話:03−3501−1511(内線5241〜5)

3.平成15年度「新事業開拓助成金交付事業」の募集開始

◆中小企業総合事業団では、平成15年度「新事業開拓助成金交付事業」の募
集を開始します。この事業は、自らの技術や創造的発想を生かし、従来無かっ
た新商品・新サービスを開発したり、従来無かった革新的な方法で商品やサー
ビスを提供することによって、新たな市場を切り開く事業を実施する創業者又
は新事業開拓中小企業者の行う事業に対して、中小企業総合事業団が助成金を
交付することにより、ベンチャ−企業に脱皮しうる起業家の発掘・育成を図る
ものです。募集期間は10月14日(火)から11月10日(月)まで。詳し
くは以下をご覧下さい。
http://www.jasmec.go.jp/venture/15-2ve-josei/frame_b2.html
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団 創造的中小企業支援部 資金助成課
電話:03−3433−8811(内線42900、42901)

4.「平成15年度繊維中小企業構造改革支援事業」の公募

◆中小企業総合事業団では、「平成15年度繊維中小企業構造改革支援事業」
の公募を行っています。この事業は、繊維業界が抱える諸問題を短期間に解決
するため、内外における繊維製品の生産、流通及び消費に関する情報の収集、
処理及び提供を通じて、今後の具体的方策を探ることにより、繊維中小企業の
構造改革の円滑化を図ることを目的としています。公募期限は10月14日
(火)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.jasmec.go.jp/tira/news/tiranews30.htm
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団 繊維ファッション情報センター
電話:03−5470−1181

5.「情報化導入支援研修会」の開催

◆中小企業総合事業団では、繊維産地における情報化支援のために「情報化導
入支援研修会」を開催します。開催日程は、10月15日(水)に愛媛県今治
市、28日(火)に石川県金沢市と広島県福山市、11月11日(火)に山梨
県富士吉田市となっています。参加は無料ですが事前の申込が必要。各開催地
におけるテーマなど詳しくは以下をご覧下さい。
○今治市
http://www.jasmec.go.jp/tira/news/tiranews31.htm
○金沢市
http://www.jasmec.go.jp/tira/news/tiranews32.htm
○福山市
http://www.jasmec.go.jp/tira/news/tiranews33.htm
○富士吉田市
http://www.jasmec.go.jp/tira/news/tiranews34.htm
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団 繊維ファッション情報センター
電話:03―5470―1181

6.第7回起業家経営塾「ベンチャーキャピタリストから見たベンチャー成功
  の秘訣」の開催

◆通信・放送機構(TAO)では、情報通信分野におけるベンチャー企業経営
者及び今後創業を目指す方を対象に「起業家経営塾」を開催しているところで
すが、10月20日(月)、中央青山監査法人(東京都千代田区)にて、「ベ
ンチャーキャピタリストから見たベンチャー成功の秘訣」をテーマにした起業
家経営塾を開催します。参加は無料ですが事前の申込が必要(50名程度)。
参加申込期限は10月17日(金)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.venture.tao.go.jp/topics/info031020.html
[問い合わせ先]
□通信・放送機構(TAO) 情報通信ベンチャー支援センター事務局
E−mail:event@venture.tao.go.jp

7.「中国ビジネス実務セミナー」の開催

◆日本貿易振興機構(ジェトロ)と(財)ジェトロ厚生会では、10月20日
(月)と21日(火)の両日、ジェトロBSCホール(東京都港区赤坂)にて、
中国ビジネスに関する実務セミナーを開催します。参加には事前の申込みが必
要(先着120名)。参加申込期限は10月15日(水)。詳しくは以下をご
覧下さい。
http://www.jetro-k.or.jp/business-shosai03-1002.html
[問い合わせ先]
□(財)ジェトロ厚生会
電話:03−3582−6076

8.「輸入流通シンポジウム2003」の開催

◆(財)製品輸入促進協会(ミプロ)では、10月14日(火)、東京国際フォー
ラム(東京都千代田区有楽町)で、「輸入流通シンポジウム2003」を開催
します。このシンポジウムでは、「グローバル化の活用と日本流通企業の復活
への道〜元気印企業からの報告〜」をテーマに、グローバル化を活用し、消費
者の心をとらえている元気印の企業、生活雑貨専門店、ベンチャー企業等で、
経営者のリーダーシップで活性化している企業にスポットをあてます。また、
学識経験者からの基調報告とその成功事例のレポートを踏まえ、今後のわが国
企業の活性化への道を探ります。参加は無料ですが先着200名まで。詳しく
は以下をご覧下さい。
http://www.mipro.or.jp/information/symposiums_main.html
[問い合わせ先]
□(財)製品輸入促進協会 業務部 企画課
電話:03−3988−2791

9.「本庄新事業創出型事業施設」入居者募集

◆地域振興整備公団では、「本庄新事業創出型事業施設(インキュベーション・
オン・キャンパス本庄早稲田)」(埼玉県本庄市)の入居者を募集します。入
居は賃貸方式で、新製品の開発や新分野への進出を図ろうとする者などを対
象。募集部屋数は10室。申込受付期間は10月10日(金)から21日(火)
まで。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.region.go.jp/koubo/030926_honjowaseda.html
[問い合わせ先]
□地域振興整備公団 地域産業振興部 事業監理課
電話:03―3501―5211(内線918)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

○「企業未来!」(中小企業庁/中小企業総合事業団)

◆今週の企業:全国の浄水場のおよそ8割に「ろ過砂」を提供しているトップ
メーカーでありながら、「青年取締役制度」を導入するなど社員の意識改革に
挑戦し、企業活性化に成功した老舗企業「日本原料(株)」(神奈川県川崎市)
を訪ね、同社の経営戦略に迫る。
◆ビジネスHOT情報:「中小企業倒産防止共済制度」
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html

 ☆10月11日(土)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
 ☆10月12日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・TVQ九州放送(19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:15〜6:30
 ☆10月13日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞夜18:00〜18:30

■■内閣府・政府広報■■

●テレビ放送●
☆「ご存じですか−生活ミニ情報−」
テーマ:「下請取引を守る」
放送日時:10月10日(金)◇朝11:25〜11:30
放送局:日本テレビをキー局に全国31局ネット
http://www.gov-online.go.jp/publicity/tv/gozo.html

■■羽田空港「フューチャービジョン」■■

●「大型プラズマハイビジョン」による無音声映像放送●
放送内容:「企業未来!チャレンジ21」スポットCM
放送期間:9月30日(火)〜10月31日(金)
放送場所:羽田空港搭乗待合ロビー
http://www.futurevision.jp/future/future.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆セレクト地域通信☆☆

■東北■

○「テレビ番組「企業未来!チャレンジ21」の放送時刻変更(仙台放送)」
(10月から仙台放送での放送時刻が毎週日曜朝6:15〜6:30に変更)
(東北経済産業局)
http://www.tohoku.meti.go.jp/cyusyo/pr/miraicharenge.htm

○「平成15年度物流効率化推進セミナー」(◆秋田会場:11月6日(木)・
アキタパークホテル(秋田県秋田市)・参加申込期限10月28日(火)、◆
仙台会場:11月18日(火)・ホテルメトロポリタン仙台(宮城県仙台市)・
参加申込期限11月10日(月)、◆山形会場:11月19日(水)・ホテル
キャッスル(山形県山形市)・参加申込期限11月10日(月)。定員は各会
場100名)(東北経済産業局/中小企業総合事業団/各開催県)
http://www.tohoku.meti.go.jp/ryutsu/butsuryu/h15/index.htm

○「物流ABC講習会」(◆盛岡会場:11月7日(金)・盛岡第一生命ビル
(岩手県盛岡市)・参加申込期限10月28日(火)、◆仙台会場:12月8
日(月)・AERビル(宮城県仙台市)・参加申込期限11月27日(木)、◆
福島会場:12月9日(火)・コラッセふくしま(福島県福島市)・参加申込
期限11月27日(木)。定員は各会場20名)(東北経済産業局/中小企業
総合事業団)
http://www.tohoku.meti.go.jp/ryutsu/butsuryu/h15/kosyukai.htm

■関東■
○「中小企業にとって使いやすい大学等ホームページ」の公表(関東経済産業
局)
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/sogyo/sangakukan/20030929daigakuhp.html

○講演会「日本の知的財産について」(10月29日(水)、東京商工会議所
国際会議場(東京都千代田区)。参加は無料ですが事前の申込が必要)(東京
商工会議所)
http://www.tokyo-cci.or.jp/techno/20031029.gif

■近畿■
○「滋賀県ワールドワイド見本市(インターネット展示会)」(10月1日(水)
グランドオープン(平成16年2月5日(木)まで))((財)滋賀県産業支援
プラザ)
http://www.shigaplaza.or.jp/wwtf/

○「関西−米国中西部バイオ・シンポジウム」(10月20日(月)、ホテル・
ニューオータニ大阪(大阪市中央区)。参加は無料ですが事前の申込が必要。
参加申込期限は10月15日(水)(先着300名))(日本貿易振興機構大阪
本部)
http://www.jetro.go.jp/osa/news/2003/10/20.html

○「いきいきおおさか中小企業フェスタ2003」(11月5日(水)・6日
(木)、マイドームおおさか(大阪市中央区))(大阪商工会議所/大阪市)
http://www.osaka.cci.or.jp/Seminar_Event/festa2003/index.html

○「吹田ビジネスプラン発表会・プレゼンテーター募集」(新事業に取り組む
創業者、中小企業者を対象としたビジネスプラン(事業計画)のプレゼンテー
ター(発表者)募集。募集件数は5社程度。募集期限は10月31日(金)。
発表会は12月3日(水))(吹田商工会議所)
http://www.suita.cci.or.jp/match/

■中国■
○「TOC(制約条件の理論)体験セミナー〜生産性の最適化を図るTOC入
門講座〜」(11月5日(水)、(財)広島市産業振興センター研修室(広島県
広島市西区)。参加は無料ですが事前の申込が必要)((財)広島市産業振興セ
ンター)
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/data/pdf/toc.pdf

○「中国地域産業活性化のための技術経営セミナー」(11月6日(木)、八
丁堀シャンテ(広島県広島市)、参加は無料ですが事前の申込が必要(先着1
00名))(中国経済産業局/(独)産業技術総合研究所/中国地域産学官コ
ラボレーションセンター)
http://unit.aist.go.jp/chugoku/ibe/20031106.html

■九州■
○「産学連携・知的財産戦略セミナーin大牟田」(10月21日(火)、大
牟田市エコサンクセンター(福岡県大牟田市)。参加は無料ですが事前の申込
が必要。参加申込期限は10月10日(金)(先着100名))(特許庁/九州
経済産業局/大牟田市/(財)大牟田市地域活性化センター)
http://www.kyushu.meti.go.jp/web/15_10_1_gi_kikaku/15_10_1.htm

■沖縄■
○「テレビ番組「企業未来!チャレンジ21」の放送時刻変更(沖縄テレビ)」
(10月から沖縄テレビでの放送時刻が毎週日曜朝6:15〜6:30に変更)
(沖縄総合事務局)
http://ogb.go.jp/move/oshirase/oshirase/challenge21_tv.htm
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート☆☆

○中小企業月次景況観測調査(9月期:9月30日発表)(商工中金)
「製造業の景況感、34ヶ月振りに好転」
http://www.shokochukin.go.jp/sho51h01.html

○中小企業景況調査(9月期:9月29日発表)(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/result/keikyo.html

○中小企業設備投資動向調査(8月期:9月25日発表)(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho51h01.html#setubi

○「規模別輸出額・輸入額」、「倒産の状況」、「信用保証の状況」(9月25日
発表)(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/chousa/index.htm
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
◎◎ワンポイント施策紹介コーナー◎◎
☆物的担保に依存しない新たな資金調達。「売掛債権担保融資保証制度」の概要
http://www.chusho.meti.go.jp/g_book/guidebook017.html
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▼▲▼▲▼
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html

○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:10月8日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

○ITイベントカレンダー(各地のセミナー、フェアはここでチェック!)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/event_cal.html

○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html

○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html

○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず利用者ご自身
が問い合わせ窓口等に直接詳細を確認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」は、「e−中小企業庁&ネットワーク推進
協議会」の公式メールマガジンです。購読料、登録料は無料。登録は下記の方
法により簡単に出来ますので、未登録の方は是非この機会に登録をお願いしま
す。

●以下のアドレスをクリックしてメール返信画面を立ち上げていただき、その
まま何も記入せずに返信いただければ、自動的にあなたのアドレスが登録され
ます。
mailto:e-join@jasmec.go.jp

●上記方法でうまくいかない場合は、お手数ですが以下のインターネットアド
レスにアクセスしていただき、ご自分の電子メールアドレスをご登録下さい。
登録した電子メールアドレスの変更・解除もこちらからお願いします。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
mailto:chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る