______■■
_____■__■
〓〓〓〓〓■■■■−中小企業ネットマガジン〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
_____■
______■■__編集&発行=e−中小企業庁&ネットワーク推進協議会
________________中小企業庁/中小企業総合事業団
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ Vol.0089/2003. 7.16∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆☆異業種から集まった社員たちの挑戦!「企業未来!チャレンジ21」☆☆
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

    ヘッドハンティングで要所を固めた研究開発型企業!

◆「創業者は発想豊かな人。その周りにキャリアを積んだ技術や財務の専門家
が集まり、新製品開発のスピードをあげ、経営を安定軌道に乗せた」と、研究
開発型企業への歩みを語るのは、(株)ニッセイテクニカ(富山県上市町、従
業員数35人)の二代目、兼子社長。
◆同社は、粒径0.1〜10ミクロンというマイクロカプセル(微小球状粒子)
の特性を生かした技術が柱の企業。その代表的製品がネジやナット類の「緩み
止め剤」である。ネジを締めると、ネジの胴体に塗布された緩み止め剤に含ま
れたマイクロカプセルが破れ、中から接着剤がにじみ出てネジを緩みにくくす
るという特殊技術である。振動の激しいエンジンルームやメーター類の他、パ
ソコン、携帯電話、カメラなどにも使用されている。工業製品にとって、一本
のネジの緩みは命取りにもなりかねない。たかが緩み止め剤とは言えない重要
な技術である。
◆会社設立(1988年)当初は、この技術の生命線でもあるマイクロカプセ
ルの「原液」を大手企業からの供給に頼っていたが、安定供給確保の観点から
自社技術の開発に着手。失敗を繰り返しながらも数年の歳月を費やし、ようや
く自社による技術を確立した。以降、ネジ分野の他、木質建材の接合部分の強
度を高める接着剤、貼った後に徐々に薬が染み出る貼付薬、液晶ディスプレー
のガラス板の接着剤など、住宅、医療、電子といった分野を次々と開拓し、新
たなユーザーを獲得し続けている。
◆こうした流れを形作ってきたのが創業者でもある先代社長であった。アイデ
アを具体化するために、研究開発部門には大手企業でマイクロカプセル関係の
仕事をしていた研究者、機械部門には機械工学の専門家(現在の兼子社長)、
総務・財務部門には銀行マンと、それぞれの分野でキャリアを積んだ専門家を
同社の要所に次々とへッドハンティング。この“3本の矢”が先代社長の周り
をガッチリ固めた結果、比較的短期間に研究開発型の企業を実現出来たという。
◆今年は会社設立15周年の節目。専門家の適材配置の特徴を生かしつつ、今
度は二代目の兼子社長を軸に「技術領域を広げ、全く新しいユーザーを開拓し
ていく」という。果たして、今度はどんな“矢”が放たれるのか。同社の第2
ラウンドの事業展開が楽しみである。*************(編集子)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆今週のトピックス☆☆
1.平成15年度中小企業者に関する国等の契約の方針について
2.平成15年度「新事業開拓助成金交付事業」の募集開始
3.平成15年度「ベンチャープラザ」・ビジネスプラン発表者の募集
4.平成15年度「大学発ベンチャー創出事業」の課題募集
5.平成15年度「特許ビジネス市」のシーズ募集
6.「人づくり支援制度説明会&海外進出セミナー」の開催
7.平成15年度「研究開発助成金事業」の公募(既報)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.平成15年度中小企業者に関する国等の契約の方針について

◆国等の物品、役務等の調達に関し、中小企業者の受注の機会の増大を図るた
め、経済産業省は「官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律」
第4条の規定に基づき、毎年度、各省庁等と協議して国等の契約の方針案を作
成し、閣議決定を求めているところですが、平成15年度の方針が7月11日
(金)に閣議決定されましたのでお知らせ致します。詳しくは以下をご覧下さ
い。
○方針の概要
http://www.chusho.meti.go.jp/torihiki/030711keiyaku_houshin.htm
○閣議決定
http://www.chusho.meti.go.jp/torihiki/h15kakugi.htm
[問い合わせ先]
□中小企業庁 取引課
電話:03−3501−1669

2.平成15年度「新事業開拓助成金交付事業」の募集開始

◆中小企業総合事業団では、平成15年度「新事業開拓助成金交付事業」の募
集を開始します。この事業は、自らの技術や創造的発想を生かし、従来無かっ
た新商品・新サービスを開発したり、従来無かった革新的な方法で商品やサー
ビスを提供することによって、新たな市場を切り開く事業を実施する創業者又
は新事業開拓中小企業者の行う事業に対して、中小企業総合事業団が助成金を
交付することにより、ベンチャ−企業に脱皮しうる起業家の発掘・育成を図る
ものです。募集期間は7月17日(木)から8月22日(金)まで。詳しくは
以下をご覧下さい。
http://www.jasmec.go.jp/venture/15-1ve-josei/frame_b2.html
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団 創造的中小企業支援部 資金助成課
電話:03−3433−8811(内線42900、42901)

3.平成15年度「ベンチャープラザ」・ビジネスプラン発表者の募集

◆各経済産業局、中小企業総合事業団、各地の中小企業・ベンチャー総合支援
センターの共催による「ベンチャープラザ」は、ベンチャー企業による自社の
ビジネスプランの発表等を通じて、ベンチャー企業と投資家、事業パートナー
との出会いの機会を提供することを目的としています。現在、北海道、東北、
中部、近畿・四国、九州、沖縄の各地区において、平成15年度「ベンチャー
プラザ」のビジネスプラン発表者の募集を行っています(関東地区は募集終了
しました)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.jasmec.go.jp/venture/event/index.html
[問い合わせ先]
□中小企業総合事業団 創造的中小企業支援部 経営資源支援課
電話:03−3433−8811(内線42910)
□又は各開催地区の開催事務局

4.平成15年度「大学発ベンチャー創出事業」の課題募集

◆科学技術振興事業団では、平成15年度「大学発ベンチャー創出事業」にお
ける課題の募集を行っています。大学発ベンチャー創出事業は、大学等(国公
私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、研究開発を
行っている特殊法人、独立行政法人)の研究成果を基にした起業が実現される
ために必要な研究開発を推進することにより、大学発ベンチャーが創出され、
これを通じて大学等の研究成果の社会・経済への還元を推進することを目的と
しています。募集期限は8月8日(金)。募集開始にあたり、7月22日(火)
に(財)大阪科学技術センター(大阪府大阪市西区)で、7月28日(月)に
サイエンスプラザ(東京都千代田区四番町)で、各々募集説明会を開催します。
詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.jst.go.jp/pr/report/report331/index.html
[問い合わせ先]
□科学技術振興事業団 新規事業創出室 大学発ベンチャー創出事業担当
電話:03−5214−0016

5.平成15年度「特許ビジネス市」のシーズ募集

◆(独)工業所有権総合情報館では、新しい特許流通の場として「特許ビジネ
ス市」を、11月19日(水)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、
11月26日(水)に大阪国際会議場(大阪府大阪市北区)で開催します。「特
許ビジネス市」とは、特許技術等のシーズを保有する方々に、それを活用する
ための機会を提供する公開の場のことで、会場の参加者からは、商品開発のた
めの共同研究、商品の販売協力、事業資金の提供等の申し出を募ります。現在、
このビジネス市における特許技術等のシーズを募集中です(東京会場5件程度、
大阪会場3件程度)。募集期限は7月31日(木)。なお、本事業は(独)工
業所有権総合情報館が(社)発明協会に委託して実施するものです。詳しくは
以下をご覧下さい。
http://www.ryutu.ncipi.go.jp/ichi/
[問い合わせ先]
□(社)発明協会 特許流通促進グループ 業務企画チーム
電話:03−5402−8431

6.「人づくり支援制度説明会&海外進出セミナー」の開催

◆(財)海外職業訓練協会では、7月24日(木)、津田ホール(東京都渋谷
区千駄ヶ谷)で、「人づくり支援制度説明会&海外進出セミナー(今、ベトナ
ム進出を考える!)」を開催します。支援事業の説明にあわせて、ベトナムの
投資環境と今後の展望についての講演も開催されます。定員は70名(申込み
先着順)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.ovta.or.jp/announce/030618icx.html
[問い合わせ先]
□(財)海外職業訓練協会 交流第二課
電話:043―276―7249、7250

7.平成15年度「研究開発助成金事業」の公募(既報)

◆(財)UFJベンチャー育成基金では、現在、平成15年度の「研究開発助
成金」の公募を行っています。この事業は、新技術・新製品の開発を行い、原
則として設立又は創業後5年以内の中小企業及び個人事業者を対象に、最大5
百万円まで研究開発費を助成するものです。補助対象プロジェクトは、現在の
技術水準から見て新規性のある機械、システム、製品等の開発プロジェクト。
公募期限は7月31日(木)。詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.ufjtech.or.jp/josei.html
[問い合わせ先]
□(財)UFJベンチャー育成基金
電話:03−3287−0701
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■テレビ放送■■

○「企業未来!チャレンジ21」(中小企業庁/中小企業総合事業団)

◆メインキャスター:志垣太郎
◆今週の企業:「環境」をキーワードに、異業種から集まった社員たちのアイ
デアで新製品開発を実現した企業「アイ・ディー・コーポレーション(株)」
(山梨県境川村)を訪ね、ビジネスのヒントを探る。
◆ビジネスHOT情報:SBIR(中小企業技術革新制度)のご案内
http://www.jasmec.go.jp/information/kigyoumirai/week/index.html

 ☆7月19日(土)
   ・テレビ東京(12ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・テレビ大阪(19ch)∞∞∞朝6:45〜7:00
   ・テレビせとうち(23ch)∞朝6:45〜7:00
 ☆7月20日(日)
   ・テレビ北海道(17ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・仙台放送(12ch)∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・テレビ愛知(25ch)∞∞∞朝6:30〜6:45
   ・中国放送(4ch)∞∞∞∞∞朝6:00〜6:15
   ・TVQ九州放送(19ch)∞∞朝6:45〜7:00
   ・沖縄テレビ(8ch)∞∞∞∞朝6:00〜6:15
 ☆7月21日(月)
   ・BSジャパン(BS7ch)∞18:00〜18:30
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆セレクト地域通信☆☆

■関東■
○「企業等OB人材派遣コーディネーターの募集」(企業OB人材を中小企業
に派遣して経営支援を行う事業の管理運営、支援のコーディネートを行う者の
募集。募集人数は3名。勤務地は中小企業・ベンチャー総合支援センター本部
(東京都港区虎ノ門)。募集期限は7月18日(金))(中小企業・ベンチャー
総合支援センター)
http://www.jasmec.go.jp/center/pm/index.html

○経済講演会「企業・産業再生の具体的方向性について〜日本経済復活に果た
す役割とは〜」(7月23日(水)、東京商工会議所国際会議場(東京都千代
田区丸の内)。参加申込期限は7月18日(金))(東京商工会議所)
http://www.tokyo-cci.or.jp/techno/030723.gif

○「八王子ビジネスアイデアグランプリ・ビジネスアイデア募集」((社)八
王子青年会議所等が9月6日(土)に開催するイベントで発表するビジネスア
イデアの募集。募集期限は8月5日(火))((社)八王子青年会議所等)
http://www.hachioji-jc.or.jp/2003jc/motto_event/big_gp.htm

■甲信越■
○「地球温暖化対策推進のための6つの募集」(長野県が、県内外の企業、N
PO、個人を対象に行う地球温暖化対策推進のための6つの募集。募集期限は
9月26日(金)(「県庁舎への太陽光発電施設設置の提案募集」は8月29
日(金)))(長野県)
http://www.pref.nagano.jp/kikaku/tikyu/chikyu/teian.htm

■中部■
○「起業家フォーラムあいち2003・参加者募集」(8月19日(火)、愛
知県中小企業センター講堂(愛知県名古屋市中村区)。参加申込期限は8月5
日(火))((財)愛知県中小企業振興公社)
http://www.aibsc.jp/venture/venture/forum2003.htm

■近畿■
○「“大商企業家発見塾”交流会」(7月23日(水)、大阪商工会議所6階「末
広の間」(大阪府大阪市中央区)。参加申込期限は7月18日(金))(大阪商
工会議所)
http://www.osaka.cci.or.jp/b/kigyoka/index.html

■中国■
○「岡山テクノプラザ2003・商品展示者及びビジネスプラン発表者の募集」
(テクノプラザは10月29日(水)〜31日(金)、東京ビックサイト(東
京都江東区有明)にて開催。商品展示、ビジネスプラン発表の申込期限は8月
20日(水))((財)岡山県産業振興財団)
http://www.optic.or.jp/shingijutsu/training/venture/H15/otp/otptop/top.htm

○「産学連携フォーラムの開催」(7月22日(火)、広島全日空ホテル「万
葉の間」(広島県広島市中区))(広島商工会議所)
http://www.hiroshima-cdas.or.jp/hiroshimacci/rinji/sangakuforam/sangaku_form.htm

○「中国地域産学官コラボレーションシンポジウムinやまぐち」(8月19
日(火)・20日(水)、宇部全日空ホテル(山口県宇部市))(中国経済産業
局/山口県/宇部市/中国地域産学官コラボレーション会議他)
http://www.chugoku.meti.go.jp/topics/summit/corabo-yamaguchi/pro.htm

■九州■
○「ビジネスショウFUKUOKA2003・出展企業募集」(ビジネスショ
ウは10月9日(木)・10日(金)、福岡ファッションビル8階展示場(福
岡県福岡市博多区)にて開催。出展申込期限は8月1日(金))((社)日本経
営協会)
http://www.noma.or.jp/kyushu/bsfukuoka/index.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆調査・研究レポート☆☆

○規模別製造工業生産指数(5月分確報:7月14日発表)(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/chousa/index.htm#kibobetu

○第92回中小企業景況調査(4−6月期:7月11日発表)(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/chousa/index.htm#keikyo

○2003、2004年度経済見通し(7月1日発表)(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho51h01.html#mitosi
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆お役立ち情報☆☆

○電子相談窓口(経営上のご相談はこちらから)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/sodan.html

○官公需発注情報(全国中小企業団体中央会)(更新日:7月16日)
http://www2.chuokai.or.jp/hacchu.asp

○ITイベントカレンダー(各地のセミナー、フェアはここでチェック!)
http://www.chusho.meti.go.jp/e_chusho/event_cal.html

○中小公庫の融資制度の概要(中小企業金融公庫)
http://www.jfs.go.jp/jpn/bussiness/index_a.html

○商工中金の特別貸付のご案内(商工中金)
http://www.shokochukin.go.jp/sho21h01.html

○国民公庫の融資制度の概要(国民生活金融公庫)
http://www.kokukin.go.jp/

○J−Net21(中小企業ビジネス支援検索サイト)
http://j-net21.smrj.go.jp
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎「e−中小企業ネットマガジン」に掲載されている情報については、諸事情
により内容が変更、終了しているケースもあり得ますので、必ず利用者ご自身
が問い合わせ窓口等に直接詳細を確認のうえ、ご利用願います。

◎「e−中小企業ネットマガジン」は、「e−中小企業庁&ネットワーク推進
協議会」の公式メールマガジンです。購読料、登録料は無料。登録は下記の方
法により簡単に出来ますので、未登録の方は是非この機会に登録をお願いしま
す。

●以下のアドレスをクリックしてメール返信画面を立ち上げていただき、その
まま何も記入せずに返信いただければ、自動的にあなたのアドレスが登録され
ます。
mailto:e-join@jasmec.go.jp

●上記方法でうまくいかない場合は、お手数ですが以下のインターネットアド
レスにアクセスしていただき、ご自分の電子メールアドレスをご登録下さい。
登録した電子メールアドレスの変更・解除もこちらからお願いします。
http://mail-news.sme.ne.jp/docs/usr_reg.html

◎本メールマガジンに対するご意見・ご要望・ご感想等がありましたら、以下
のアドレス(中小企業庁広報室内:中小企業ネットマガジン編集局)あて電子
メールでお寄せ下さい。
mailto:chusho-netmagazine@meti.go.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

戻る