本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > アイデアを刺激する 最新科学技術キーワード

アイデアを刺激する 最新科学技術キーワード


睡眠時無呼吸症候群

「グォー」という大きなイビキの後に「……」。 一時的に呼吸が止まったかと思うと、ガァーと息を吸い込む。実はこれ、睡眠時無呼吸症候群(SAS=Sleep Apnea Syndrome)の典型例。このような状態が夜通し続く。症状が重いと、睡眠が浅くなり、日中に強い眠気に襲われて思わぬ事故を引き起こす恐れもある。しかし、イビキと同様に本人は症状に気がつかないことが多く、"隠れSAS"は国内だけで300万人以上との報告もある。SASを侮るなかれ―。

【メタボの陰で】

SASがクローズアップされたのは2003年2月に起きた山陽新幹線の居眠り運転事件。自動列車制御装置(ATC)が作動し、ホームからはみ出す形で新幹線が自動的に停車した。大事故には至らなかったが、居眠りの原因としてSASが取り上げられ、社会問題として注目を集めた。

SASは高齢者や肥満の人に多くみられる。こうした背景もあり、ここ数年は世間の目はメタボリック症候群に向けられていて、SASという言葉を聞く機会は少ない。例えば、きちんと眠っても睡眠不足で身体が怠い日が続いたとしても、自らを「隠れSASだ」と疑う人はほとんどいない。

かといって、やせた人がSASと無縁というわけではなく、高齢になって筋肉が緩んでくると、イビキや無呼吸などの症状が出ることが多く、人ごとではない。SASはきちんと治療を受ければ怖い病気ではないが、実際に治療を受けている人は潜在患者数の30分の1の10万人程度。こうした現状に着目し、循環器内科はもとより睡眠学会などがSAS対策の重要性を訴えている。

【あの白鵬も克服】

SASでは睡眠中に筋肉が緩んで舌(ぜつ)が下がり、気道をふさいで呼吸ができなくなる。中には無呼吸が1分以上に及ぶこともあり、酸欠状態が限界に達すると、睡眠中でも脳が指令を出して息を強く吸い込む。問題はそのときの身体の状態。酸素不足となり、心臓が体中に酸素を急いで送り込むために心拍数が急激に上がり、血圧も上昇する。

眠りの深さには周期がある。一般的に、人は眠りにつくと段階的に深い睡眠状態(ノンレム睡眠)に入っていく。1時間程度で眠りが少しずつ浅くなり、2時間前後たつと脳が覚醒(かくせい)に近い状態で活動する「レム睡眠」となる。通常はレム睡眠とノンレム睡眠を緩やかに繰り返すことで、身体が休まり、体力も回復する。しかし、SAS患者は無呼吸状態を繰り返すために脳が休まる暇はない(図参照)。

図:正常な睡眠と異常な睡眠の比較

図:正常な睡眠と異常な睡眠の比較


重症な人は1時間に無呼吸状態を40―50回も繰り返し、本人は意図せずに、脳だけが「常に徹夜のような状況」に陥る。その結果、「寝覚めが悪く、きちんと眠っても寝た気がしない」とか、「日中に集中力が低下する」といった状態になる。こうした症状を軽んじるのは禁物。力士の白鵬(はくほう)はSASを治療して優勝したという逸話もあるほどだ。

【気道閉鎖防ぐ装具】

治療機器の「CPAP」を装着した患者の例。睡眠中に鼻から強制的に空気を通し、空気の通り道を確保する

治療機器の「CPAP」を装着した患者の例。睡眠中に鼻から強制的に空気を通し、空気の通り道を確保する

通常、SASの検査は身体の各所にセンサーを装着した状態で一晩眠り、脳波や筋電図、眼球の動き、呼吸状態などについての精密なデータをとる。ただ1泊入院となるため、病院に足を運ぶ人は少ない。これが隠れSASを増やす要因にもなっているが、精密な検査が必要か否かを調べる簡易検査もある。

例えば在宅でのSAS検査サービスを提供するSMR(東京都千代田区)では、指先にセンサーを取り付けて酸素飽和度を一晩記録する小型装置の貸し出しなども行っている。 SASの治療は内科的治療法、肥満などの体質改善を目的とした生活習慣の指導のほか、気道の閉鎖を防ぐ「マウスピース」や「CPAP(シーパップ)」と呼ぶ装具を用いた治療などが一般的となっている。CPAPの原理はコンプレッサーのようなもの。無呼吸状態をセンサーで感知すると、マスクを介して鼻から強制的に空気を送り込んで空気の通り道(気道)を確保する仕組みだ。在宅酸素療法の治療器具で実績を持つ帝人ファーマ(東京都千代田区)などが医療機関向けにCPAPを販売している。

展望・この技術

予防器具の開発を

実際に特定検診制度とは別に、SASの定期検診を始める企業が増えている。とりわけ簡易検査サービスへの関心が高いのは運輸関連。鉄道会社の定期検診では「1回当たり1000人以上にのぼることも少なくない」という。もう一つは製造業。危険な機械などを扱う工場の場合、居眠りは大けがにつながる恐れがあるためだ。
 SASはメタボリック症候群の陰に隠れてしまった格好だが、高血圧などにつながるため、「SAS予防は生活習慣病のリスク回避としても重要だ」(SMR社長の阿部一佳さん)という。今後は、生活習慣の指導だけでなく、SASを予防する新たな器具の開発が期待されることになるだろう。


掲載日:2009年11月12日

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

前の記事次の記事



このページの先頭へ