本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > アイデアを刺激する 最新科学技術キーワード

アイデアを刺激する 最新科学技術キーワード


不気味の谷

ロボットの外見や動きは、人間に近くなればなるほど親しみがわく。ここまではいい。問題はロボットの姿や動きがよりいっそう人に近づくと、見ている方は一転して不快な感情を抱くようになること。研究者の間で「不気味の谷」と呼ばれる現象だ。なんとか谷を越え、人そっくりになればまた親密さが急上昇するとされるが、この摩訶不思議な現象こそ、人とロボットが共存する社会の実現には克服すべき課題らしい。さまざまなアプローチで不気味の谷に向き合うロボット研究者たちに話を聞いた。

【"想定外"も要因】

不気味の谷とは、1970年にロボット工学者の森政弘東京工業大学名誉教授が提唱した仮説。この研究で知られる大阪大学教授の石黒浩さんによると、人間は、動物や人間、ロボットを見るとき、それぞれに「それらしい」外見、動き、知能を期待する。その「こうあるべきだ」という頭の中のモデルと照らし合わせてギャップを感じれば不気味感を抱くという。

不気味の谷

この現象はコンピューターグラフィックス(CG)や映画、アニメーションでも議論の的になる。ただロボット研究に詳しい作家の瀬名秀明さんは「映像作品として見るものと、実際に近くにいるロボットは不気味さの感じ方が違う」と指摘する。映画やCGはもともと非現実的な話という前提があり、自分のそばにいるロボットより許容範囲が広い。また、画像処理が進化し、周囲の風景となじませる工夫など違和感を抱かせない技術が確立している。瀬名さんは「現実のロボットも周りとなじませる工夫や、慣れが必要になる」と課題を挙げる。

阪大の石黒さんが開発したアンドロイド(人型ロボット)は「すでに不気味の谷を超えた」と評する研究者も多い。愛娘を模したものや、女性受付嬢の役割を果たす「リプリー」のほか、06年には自分自身をコピーした「ジェミノイド」を開発、世間を驚かせた。  こうした評価に対し石黒さんは「最近開発したアンドロイドには強い不気味感を持たなくなったが、細かく見ればいくらでも不気味な点が出てくる」と分析する。

【「谷」はさむ2研究】

産総研の女性ロボット「未夢(ミーム)」

産総研の女性ロボット「未夢(ミーム)」

最近の研究で対照的な2足歩行ロボットが発表された。産業技術総合研究所の女性ロボット「未夢(ミーム)」と、いかにもロボットらしい外見を持ち、表情と全身の動きで人に感情を伝える早稲田大学の「コビアン」だ。産総研のものは不気味の谷を越える研究、早大は谷の手前で止まる研究と位置づけられる。

未夢は顔と体形を日本人の成人女性の平均に近づけ、顔の表情とポーズで驚いたり、怒ったりする。産総研ヒューマノイド研究グループ長の横井一仁さんは未夢について「外見は谷を越えたかも知れないが、動作が越えていない」と評価する。

それでも、舞台の上で動くエンターテインメント分野に活躍の場を絞り、こうした難点から逃れた格好。話題性十分で、出演依頼も多い「売れっ子」だという。

【似ずとも意思疎通】

早大が開発した「コビアン」

早大が開発した「コビアン」

一方、谷を越えなくても意思疎通は可能と主張するのが、コビアンを開発した早大教授の高西淳夫さん。不気味の谷を越える研究の必要性を認めつつも「人は点が三つあれば顔と認識するように、シンボル的な要素で感情を受け取れる」と主張する。反対に、あまり似せると「人間がロボットに依存する危険性が出てくる」(高西さん)という配慮もある。

不気味の谷は将来、ロボットが進化しなくても解消される可能性がある。瀬名さんは「生命とコミュニケーションが数学的に定義付けできれば、不気味さの正体がつかめる」と考える。地球上では有史以来「コミュニケートできること」と「生命体であること」が近い関係であったため、人間は生命とコミュニケーションを混同してしまいがち。そこにロボットが登場したため違和感が生じている。

今後、両者を明確に区分けできれば不気味さを取り除けるだろう。「20世紀に天才たちが知能や情報を定義付けたように、21世紀にはそれが可能になるかも」。瀬名さんはこう展望する。

展望・この技術

日本の"特権"生かせ

現実の顔に近いことと「似ている」ことは違う。目や口など顔の一部を誇張した似顔絵の方が、写実的な絵より似ているなと思える。東京大学名誉教授で日本顔学会会長の原島博さんは「人間は、頭の中の『この人はこういう顔』というイメージで視覚情報を補正する」ため起きる現象だという。夜や遠くから見た方が美人に見えるということわざの「夜目遠目笠の内」も、科学的な背景がある。
 また、ロボットは喜怒哀楽の中で笑いが苦手という。笑いは「社会の中で道具として進化した新しい表情」(原島さん)だからだ。例えば、スマイル(微笑)は「攻撃的ではない」ことを伝えるツール。同じ表情でも、人間が「裏の意図を読むことに慣れている」ため、とくにシビアな判断基準を持つそうだ。
 文化や宗教といった背景から人型ロボットの研究が困難な諸外国と違い、日本は人型ロボットの研究が盛ん。その"特権"の対価として「目を背けがちな問題から逃げるな」との勇気ある問題提起をしている。


掲載日:2009年10月 8日

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

前の記事次の記事



このページの先頭へ