本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック

自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック


キャベツはハチを呼び寄せて身を守ろうとする

Photo by net_efekt

SOS信号でボディーガードをおびき寄せるキャベツ

ヒントとなる自然:植物(キャベツ)

<写真>キャベツはハチを呼び寄せて身を守ろうとする
Creative Commons

何がすごいの?

葉に穴だらけのキャベツ。犯人は青虫です。こんな姿になってしまったキャベツですが、青虫に食べられ続けられるのもたまらないので、ある作戦で青虫をやっつけようとSOS信号を出して、青虫の天敵であるハチというボディーガードを呼び寄せます。キャベツの放つSOS信号はハチの好きな香りなのです。

キャベツにおびき寄せられた蜂は、青虫の体に卵を産みつけます。寄生された虫はやがて死んでしまいます。こうしてキャベツは青虫から実を守っているのです。

どうやって役立てるの?

植物が害虫の天敵を呼ぶために出す香り(化学物質)を農薬替わりに使えば、特定の害虫を退治することができるでしょう。

一般に使われる農薬は化学成分を含み、人や環境への悪影響が伴います。キャベツの出す匂いは天然由来の植物抽出成分であり、環境への負荷が低い殺虫剤です。

どんな研究をしているの?

京都大生態学研究センターの高林純示教授は、コナガの幼虫に食べられたキャベツがハチに匂い=SOS信号を送っていることを発見しました。ハチはこの信号をたどって獲物である幼虫の居場所をつきとめます。

植物が放つ信号は「みどりの香り」と呼ばれるアルコールやアルデヒド、さらにテルペン類といった揮発性の四つの化学物質のブレンドで構成されている事がわかりました。

また、キャベツにつく別の害虫に対して、キャベツは異なるブレンドの緑の香りを放出していることも分かりました。

どんな技術開発ができる?

病気や害虫から作物を守る農薬は農業に不可欠な存在ですが、効果の強い農薬ほど環境や人体への影響も大きいといえます。天敵と害虫の関係を利用する害虫駆除の研究は、新しい農業技術の開発に繋がるかもしれません。

<関連リンク>
セクロピアサンは細菌に感染しても平気
仕事の分担を指揮するミツバチダンス
山火事のときに飛んでくる甲虫の赤外線受容器
フロリダのローズマリーは山火事で生まれ変わる

掲載日:2011年10月17日

陣取りゲームが得意なセイタカアワダチソウツルツルの雪道を走ってもへっちゃらな犬

記事一覧を見る


このページの先頭へ