本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック

自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック


Pinus Longevae(長寿の松)という学術名をもつブリッスル・コーンパイン

Photo by Darcy McCarty

何千年もの歴史を刻む年輪

ヒントとなる自然:植物(樹木の年輪)

<写真>Pinus Longevae(長寿の松)という学術名をもつブリッスル・コーンパイン
Creative Commons

何がすごいの?

節くれだってねじれた姿でカリフォルニアの山に生えている松の仲間(ブリッスル・コーンパイン:写真1)は、地球上に生存する最古の植物で、樹齢4700年と言われています。長年にわたり過酷な気候に耐えてきたこのような老木は、私達の知らないその長い歴史を年輪に刻んできました。

木を横に切るとみえる円形の年輪は「成長輪」とも呼ばれ、一年に一本ずつ増えていく丸いしわのことを言います。樹木は太陽をいっぱい浴びられる春から夏にぐんぐん成長をすることで、形成層に薄い膜を持つ細胞が沢山できます(写真2の薄い茶の部分)。逆に太陽の少ない冬には成長が止まってしまうので、厚い膜を持つ細胞ができます(写真2の濃い茶の部分)。

また、細胞の成長は雨の多さや気温の変化など、その年の気候によっても大きく左右されます。そうしてできる、薄い膜と厚い膜の細胞のしわが重なって、年輪は形成されるのです。

年輪の成長はその年の気候によっても大きく左右される

<写真2>年輪の成長はその年の気候によっても大きく左右される
Photo by nsawyer
Creative Commons

どうやって役立てるの?

日本の気象データは、過去100年ほどのものまでしか保存されていません。気候や環境によって変化する年輪のパターンを調べることで、私達の知らない過去の気候変動について科学的に解明することができるかもしれません。

どんな研究をしているの?

レオナルド・ダ・ヴィンチは、樹木を観察しているうちに、降水量と年輪の成長が関係していることに気づきました。その後、アメリカの天文学者ダグラスが、太陽にある黒点の動きと地球の気候変動が関係していることに着目して、年輪年代学を確立しました。

現在では、多量の樹木のサンプルから年輪のパターンを調べ、地域ごとに年代・樹種別の年輪データバンクを作成・解析することで、過去の気候変動の推移を探ることができるようになりました。

欧米で年輪年代の測定を行う場合、数十年分のデータで年輪のパターンの照合が可能ですが、気候の違う日本では、何百年分という大きなデータを取ることで、年輪のパターンを照合できることがわかりました。今では、現在から弥生時代までに遡る年輪データが得られています。

どんな技術開発ができる?

年輪から過去の気候変動パターンを解明することで、将来の気候変動を予測したり、干ばつや水害など温暖化の影響に対する対応策が見つかったりするかもしれません。何千年という長い歴史を見てきた樹木から教わることは、これからもたくさんでてきそうです。

<参考文献>
朝日百科 植物の世界 朝日新聞社

<関連リンク>
ストレス発散が上手な樹木
上へ上へ伸びる植物
火事と共に生きるユーカリ
30階まで水を届ける木のエレベーター

掲載日:2011年8月15日

餌を引き寄せるコガネグモの巣砂漠のトカゲの温度調節と水分補給

記事一覧を見る


このページの先頭へ