本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック

自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック


ヒマワリを陰で支えるオーキシン

ヒントとなる自然:植物(ヒマワリ、オーキシン)

<写真>太陽の方向を向くヒマワリ(北海道美瑛町)
Creative Commons

何がすごいの?

ヒマワリはキク科の植物で、夏になれば黄色い花々が青空によく映え、その風景は私達を元気にしてくれます。ヒマワリ(向日葵)は名前のとおり、日=太陽の動きに向いて回ることから付けられました。ヒマワリ畑で写真を撮ると、被写体だけでなく、全てのヒマワリが見事にこっちを見てくれていますよね?

ヒマワリが太陽を追う姿は実に忠実で、それはヒマワリを一日観測してみるとよくわかります。朝は東、夕方は西、太陽が沈んだら起き上がり、夜明け前にはもう東を向いて太陽が出てくるのを待っているのです。

これは、茎の成長を促す植物ホルモン(オーキシン)が、太陽の光が当たらない部分で多く作られるためです。オーキシンが多く作られた部分は成長し、ヒマワリの頭が太陽のほうに屈折するのです。

どうやって役立てるの?

太陽を追うヒマワリのメカニズムを、光を集めてエネルギーを作る太陽電池に応用すれば、沢山のエネルギーを最大限供給することができるかもしれません。

どんな研究をしているの?

植物も動物と同じように、体を調節するホルモンを体内で分泌します。植物が分泌するホルモンの1つにオーキシンと呼ばれる成長ホルモンがあり、このホルモンは、光を避ける性質があります。

若いヒマワリ(蕾を付け始めたヒマワリ)が太陽を浴びると、光の当たらない側、つまり太陽とは反対側の茎の部分でオーキシンが多く作られ、それによって伸長成長するため、ヒマワリの頭は太陽の方に屈曲するのです。

一日を通して移動する太陽に反応し、それを避けるオーキシンが存在するために、ヒマワリの花が太陽を追いかけているように見えるのです。このオーキシンは、花が咲く頃には成長が止まり茎が硬くなるので、太陽を追って向きを変えることもなくなります。

どんな技術開発ができる?

オーキシンが太陽を避けることによって、太陽を追うヒマワリのメカニズムは、複雑な電気回路を持たない太陽熱収集システムの開発に活かされるかもしれません。

東京都の葛西水再生センターでは、太陽の向きに合わせてパネルが動く太陽光発電設備が稼働しています。

 東京都下水道局

<参考文献>
瀧本敦『ヒマワリはなぜ東を向くか』 中公新書798、1986年
植物を見る、植物に聞く(JT生命誌研究館・サイエンティストライブラリー:特別編)

<関連リンク>
光によって動く植物マランタ
上へ上へ伸びる植物
光の量を調整する植物
スマートグリッド(最新科学技術キーワード)
ソーラーパネルを採用し便利な携帯電話用充電器(起業ABC)

掲載日:2011年5月23日

上へ上へ伸びる植物フジツボが作る水中の接着剤

記事一覧を見る


このページの先頭へ