本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック

自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック


ユーカリの木

Photo by Bad Alley

火事と共に生きるユーカリ

ヒントとなる自然:植物(ユーカリ)

<写真>ユーカリの木
Creative Commons

何がすごいの?

オーストラリアの森の4分の3を占めるのがユーカリの木です。ユーカリの葉を食べているコアラの姿は、とても愛くるしいものです。

オーストラリアは1年を通してとても乾燥した地域で、山火事が頻繁に起こります。ユーカリのつぼみは、葉などから作られる成長を抑制する物質により発芽が抑えられています。山火事の炎によって、葉が焼け落ちることにより、成長を抑制する物質がなくなり、ユーカリのつぼみは発芽します。火災直後のユーカリの緑の葉は、この新しい後生芽から生産されています。

ユーカリの木が生長していく過程でも山火事は発生します。他の樹木と違って、ユーカリは火事のときも自分を守ることができます。幹の燃えやすさが、幹の外側の皮(樹皮)と内側にある層(形成層)では異なるのです。樹皮が非常に燃えやすい性質を持ち、樹皮に火がつくと幹から剥がれ落ちるので、幹の内側まで火が燃え移ることはありません。樹皮が犠牲となり、形成層とよばれる、樹木にとって大切な部分を守られるのです。

また、ユーカリの根っこの部分には栄養源や、芽の原料を蓄えています。これにより、火災の後も蓄えられた栄養源により成長し続けることができ、また新しい芽をつけることもできます。

火事で焼けたユーカリの木。樹皮が幹から剥がれ落ちている。

火事で焼けたユーカリの木。樹皮が幹から剥がれ落ちている。
Photo by al.herrmann
Creative Commons

どうやって役立てるの?

ユーカリは火を使って自分を発芽させる一方、成長した段階では火から体を守るという、複数の火に対するメカニズムを体内に持っています。その戦略は、火災との関わりあい方を私たちに教えてくれます。

どんな研究をしているの?

ユーカリには、普段は葉や枝から作られる物質(成長抑制物質)によって発芽が抑えられているつぼみが存在することがわかりました。炎によって、葉や枝が焼け落ちてしまうと、発芽を抑えられていたつぼみが発芽します。こうして火災直後にも、生きるのに必要なエネルギーを作りだす光合成を行うことができることが分かりました。

どんな技術開発ができる?

ユーカリの木がうまく火を利用し、また火によってさらに生命力を高めるというシステムを私たちの生活の中に取り入れることができるかもしれません。

ユーカリは、火に対して1つ以上の反応システムを持っていて、それを様々な場面で使い分けています。火災の色々な段階で反応できるシステムをもった、新しい火災報知機や消火器を開発できるかもしれません。

また、ユーカリのように火を利用できるような機能も備えた機器が開発できれば、火災はただの敵ではなくなります。例えば、火災が起きてしまったときに火のエネルギーで消火器が動けば、ユーカリ的戦略と言えるかもしれません。

<関連リンク>
山火事のときに飛んでくる甲虫の赤外線受容器
自動給水装置を備えたモロクトカゲ
昆虫でも鳥でもない、ハチドリの羽ばたきホバリング
ストレス発散が上手な樹木
何千年もの歴史を刻む年輪

掲載日:2011年3月 7日

暑くてもスポーツ万能なスプリングボックサメ肌で速く美しく

記事一覧を見る


このページの先頭へ