本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック

自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック


ゾウの津波予報

ヒントとなる自然:動物(ゾウ)

<写真>アフリカゾウ
Creative Commons

何がすごいの?

ゾウは人間の耳に聞こえないほど低い音を使って会話することが知られています。低いけれど、とても強い声を使って10キロ離れた相手ともコミュニケーションできるといわれています。

2004年12月におきたインド洋大津波では、ゾウたちが津波を事前に察知して集団で高台に移動するという出来事が話題を集めました。実は、ゾウが津波の襲来を予知したのも、この不思議な音をキャッチする能力に関係があると考えられています。

どうやって役立てるの?

津波の予報

どんな研究をしているの?

人間の可聴周波数20ヘルツ〜2万ヘルツに対し、ゾウが発声する超低周波音は約5ヘルツ。ゾウが力強い超低周波音を発声できる秘密はあの大きな体です。そういえば、コントラバスなど低音パートの楽器は大きいものが多いですね。 この超低音でゾウが遠距離コミュニケーションできるのは、その音の強さ(音圧)が100デシベル以上あるからでもあります。ちなみに、パチンコ店の騒音が85デシベル、応援団+ブラスバンドで100デシベルくらいです。

さらに、秘密は音を「聞く」能力にもあります。ゾウの足の裏は非常に繊細にできていて、音を30〜40キロ離れたところでもキャッチすることができるのです。津波の時にはゾウが使っているのと同じくらいの低周波音が発生して津波の二倍の速度で伝わります。スマトラ地震の時、ゾウはこの低周波音を聞く能力によって異変を察知したと考えられているのです。

また、ゾウは発声できる音域もなんと10オクターブ以上と、これまたスケールが大きい能力を持っています。ゾウの様々な声を使ったコミュニケーションについては、ジョイス・プール博士のケニアにおける長年の研究が有名です。

<参考文献>
Joyce H.Poole et al.,NATURE,VOL 434,24 MARCH 2005

どんな技術開発ができる?

私たちの身の回りの超低周波音についてはいくつかの研究があります。例えば、超低周波地震を観測することで、地殻の運動を解明する研究が進んでいます。また、機械が発生する超低周波については健康に及ぼす影響という観点から調べられています。

<関連リンク>
イルカの音響定位に学ぶ新しい水中音響通信

掲載日:2010年11月15日

軽くて頑丈!な、蜂の巣オイルを作る微細藻類

記事一覧を見る


このページの先頭へ