本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック

自然から学ぶアイデアの源泉 ネイチャーテック


ホタルの光を聞いて!虫の声を見て!

ヒントとなる自然:昆虫(ホタルの光と虫の声)

<写真>光を発するホタル
Creative Commons

何がすごいの?

闇夜でほのかに光るホタルの光や秋の夜長に鳴く虫の声は、人の心を落ち着かせる効果を持っています。これらは人間の脳波や脈拍と同じ「1/fゆらぎ」(→リンク「ゆらぎのある暮らし」)という特別なリズムを持っていて、人を安らかな気持ちにさせるのです。

こうした光や音を目や耳の不自由な人たちに楽しんでもらおうと、蛍の光を「音」に、虫の声を「光」に変換して表現する研究が始まっています。

どうやって役立てるの?

視覚障がい者に蛍の光を聞いてもらったり、聴覚障がい者に鳴く虫の音を見てもらったりして、今まで感じ取ることの出来なかった未知の世界を体感してもらえるようになります。

目や耳の不自由な方々、あるいは日常生活の中で障がいを抱えていらっしゃる方々の身近な道具として、それらの人々が日々遭遇している現代社会のストレスなどから解放されることに役立つようになります。

光を音に、音を光に変換。

光を音に、音を光に変換。

どんな研究をしているの?

たくさんの撮影機材を持って蛍が飛び回っている真っ暗な川岸や田んぼへ出掛けていき、撮影や録音したデータを加工し、そのデータに基づいてパソコンがスピーカやライトから音や光を忠実に再現させる研究を行っています。そして、これらの音や光が人の心に与える影響や効果についても考えられています。

どんな技術開発ができる?

超小型電池とマイコンチップを搭載することで、本物そっくりに光る(4〜5時間程度)手のひらサイズのホタルロボットが試作器として完成しています(下記リンク参照)。

<関連リンク>
ゆらぎのある暮らし
闘いつづける経営者たち:(株)タカショー
元気印中小企業:(株)チュウオー

掲載日:2010年11月15日

ゆらぎのある暮らし飛び込み名人カワセミのくちばしの秘密

記事一覧を見る


このページの先頭へ