本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品、技術を開発する > 創業者・中小企業ベンダーのためのソフトウェア・ジャストインタイム

創業者・中小企業ベンダーのためのソフトウェア・ジャストインタイム


勝つために何から始めるか

1. 勝つために何から始めるか

Part3-7「成長のレバレッジ」において自社がビジョンと目標を明確にし、戦略を立て実践することを想定したマップに、何から始め、どのように進めるかのアウトラインを記した。もちろん、そのとおりである必要はない。自社を新たな視点から見直した改革のシナリオを策定することが重要だ。

Part1〜Part2で記した様々な問題のいくつかは、自社にも当てはまるであろう。またPart3で記したいくつかの解決策にも採用可能なものもあるであろう。ただ、その気付きがあっても行動が変わらなければ何の意味もない。

すべて、読者に委ねられている。問題空間だけで終われば「不平」のみが残る、ソリューション空間に留まれば「夢物語」で終わる。実行空間で改革を進め勝利を収めるかどうかは、読者の選択である。客観的に言えることは、勝ち目のある内に戦うことが何千年来の鉄則である(図4-1)。

問題に対する行動図4-1 問題に対する行動

次の記事へ


このコンテンツの著作権は、匠システムアーキテクツ(株)に帰属します。著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。

このページの先頭へ