本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


札幌高級鋳物株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
高橋 典夫

北日本随一の鋼種と材質で顧客個々の
ニーズに対応する特殊鋳鋼品専門メーカー

複雑3次元形状部品、1000℃超高温耐熱部品、長寿命耐摩耗部品などを材質選定、形状検討し、単品から顧客と共に製品を改善、開発する。北日本随一の特殊鋼材料バリエーションを有する同社材料ブランドSKIASで全国へ製品を提供。

高級な品質で鋳物を製造し続けて今年で創業60周年

創業から品質の高い製品を提供するという一貫した姿勢にて、以下の3種類の鋼種に特化した特殊鋳鋼製品を全国へ提供。

高品質を要求される国内原子力発電所へ多く部品供給
(耐食ステンレス鋳鋼品)

複雑3次元形状の代表であるインペラは、特に高品質を要求される原子力発電所の心臓部に2002年より採用、1m以下サイズのインペラは札幌高級鋳物と言われるほど同社は高い評価を受けている。また、強酸等にも耐える特殊ステンレス鋼も提供している。


超高温仕様にJIS規格にはない材質選定/改良にて対応
(耐熱鋳鋼品)

耐熱材料の使用条件は年々過酷になり、1000℃を超えた超高温要求や高温腐食環境などにも対応したJIS規格にはないオリジナル材質選定や材質改良を顧客に提案している。また、同社は強度解析も加えた使用条件に対応した形状などをロジカルに提案している。


超硬質、高靭性材料でトライボロジー課題を個別改善
(耐摩耗鋳鋼品)

超硬質材料や高靭性材料などにより耐摩耗性を改善し、5mm程度の薄肉や深い凹凸形状の複雑な部品も製造する。レファイナープレートやパラクロンセルでは市場において高いシェアを維持している。



『 SKIAS: Sapporo Kokyu Imono Alloy Steel』 は、同社の各種材質の総合ブランド名称(登録商標)。古代ギリシャ語で『かげ(陰)』の意味がある。市場において陰の存在ながら各種設備、装置の重要な部位に使用されている同社製品を象徴している。
(注) 一部旧字については新字に置き換えています。

このページの先頭へ